農場系シミュレーションゲームアプリ「タウンシップ」を実際にプレイした評価と感想 - くろねこのみみ

くろねこのみみ

携帯・スマホ業界で働いています。ゲームは主にドラクエ10。趣味や日記など、色んな事を書くブログ。


農園系シミュレーションゲームアプリ「タウンシップ」を実際にプレイした評価と感想

おすすめシミュレーション&ストラテジーゲームアプリ

農場系シミュレーションゲームアプリ「タウンシップ」を実際にプレイした評価と感想

2016/11/24

「タウンシップ」は、街を作ったり、農業をしながら自分だけの街を発展させていくシミュレーションゲーム。

基本的には農場系シミュレーションゲームですが、学校を作ったり警察署や病院を作ったりと、自分だけの「タウン」を発展させていくのが大きな特徴ですね。

スポンサーリンク

タウンシップのストーリー

農園系シミュレーションゲームアプリ「タウンシップ」を実際にプレイした評価と感想

「タウンシップ」は、作物を育てて施設で加工したり、商品を売って街を発展させるシミュレーションゲーム。

少しずつ増えていく住人の要望に応えながら、喫茶店やレストラン、公共ビルを建てて、活気のあるオリジナルの街を作っていきましょう。

タウンシップのゲームの流れ

農園系シミュレーションゲームアプリ「タウンシップ」を実際にプレイした評価と感想

まずは畑で作物を育て、牛やニワトリを飼って牛乳や卵を生産します。

採れた小麦や卵を使ってパンを作ったり、牛乳を使ってチーズを作ったりなど、序盤は生産と加工を頑張る事になります。

住人の要望に応える

農園系シミュレーションゲームアプリ「タウンシップ」を実際にプレイした評価と感想

コテージなどを建設して徐々に住人が多くなってくると、様々な要望が寄せられます。

住人がほしいものを提供する事で経験値と「コイン」が貰えるので、積極的に住人の要望に応えていきましょう。

駅で物資を調達

農園系シミュレーションゲームアプリ「タウンシップ」を実際にプレイした評価と感想

駅では、自分で作った作物を納品する事でペンキや釘などの物資が貰えます。

倉庫の拡張や学校、病院の建設などには作物以外の物資が必要になってくるので、定期的に駅で物資を調達しておくとスムーズですね。

自由に街を作って楽しむ

農園系シミュレーションゲームアプリ「タウンシップ」を実際にプレイした評価と感想

基本的には、そこまで目的意識の強いゲームではないので、のんびり自分の作りたいように街を発展させていくというのも「タウンシップ」の楽しみ方のひとつです。

本格的な街を作るシミュレーションゲームのように人口が減ってしまうという事もないので、住人の要望に応えながら、のんびりと理想の街づくりを楽しみましょう。

タウンシップの課金システム

農園系シミュレーションゲームアプリ「タウンシップ」を実際にプレイした評価と感想

「タウンシップ」の課金は、建設している建物の時間短縮か、足りない素材を購入するシステム。

課金アイテムの「キャッシュ」はゲームをプレイしていると少しずつ貰えるので、のんびりプレイするならそこまで必要に迫られません。

課金に関しては、かなり良心的なゲームと言えると思います。

スポンサーリンク

タウンシップの評価と感想

農園系シミュレーションゲームアプリ「タウンシップ」を実際にプレイした評価と感想

「タウンシップ」は、街を作ったり、農業をしながら自分だけの街を発展させていくシミュレーションゲーム。
農場系シミュレーションゲームに街の発展をプラスした内容になっていて、自分のペースでのんびりとプレイする事ができます。

課金に関しても良心的で、マイペースにプレイするなら無課金でも何も困る事はないので、まったりシミュレーションゲームをプレイしたい人に最適。

キャラクターもかわいいので、自分の作った街を眺めているだけでも楽しいと思いますよー。

タウンシップ (Township)

タウンシップ (Township)
開発元:Playrix
無料
posted with アプリーチ