シミュレーションゲームアプリ「キングダム -英雄の系譜-」を実際にプレイした評価と感想 - くろねこのみみ

くろねこのみみ

携帯・スマホ業界で働いています。ゲームは主にドラクエ10。趣味や日記など、色んな事を書くブログ。


シミュレーションゲームアプリ「キングダム -英雄の系譜-」を実際にプレイした評価と感想

おすすめシミュレーション&ストラテジーゲームアプリ

シミュレーションゲームアプリ「キングダム -英雄の系譜-」を実際にプレイした評価と感想

「キングダム -英雄の系譜-」は、マンガ「キングダム」を題材にしたシミュレーションゲーム。

シナリオモードでは、原作に沿ったシナリオ展開となっていて、会話シーンや名シーンも再現され、キングダムファン必見のシミュレーションゲームになっています。

スポンサーリンク

キングダム -英雄の系譜-のストーリー

シミュレーションゲームアプリ「キングダム -英雄の系譜-」を実際にプレイした評価と感想

時は紀元前、古代中国大陸には覇権を争って戦った七つの国々があった。

燕・斉・楚・趙・韓・魏...そして大陸を制した秦である。

長きに渡って続く戦乱の世は、綺羅星の如く数々の英傑たちを産み落とした。

「キングダム -英雄の系譜-」のメインとなるシナリオでは、アニメに沿ったシナリオ展開となっているで、キングダムファンから「キングダム」を知らない人まで、誰でも楽しめるようになっています。

キングダム -英雄の系譜-のゲームの流れ

シミュレーションゲームアプリ「キングダム -英雄の系譜-」を実際にプレイした評価と感想

クエストには大きくわけて、シナリオなどを進める「戦場」と、他プレイヤーの部隊と戦う「軍事」があります。

「戦場」にはストーリーを進める「シナリオ」以外にも、曜日限定イベントや期間限定イベントなどもあり、クエストはかなり豊富。

初期レベルでは「軍事」はまだプレイできない状態なので、「戦場」でシナリオをどんどん進めていきましょう。

内政で施設を強化

シミュレーションゲームアプリ「キングダム -英雄の系譜-」を実際にプレイした評価と感想

「内政」では、開発担当武将を配置する事で技術開発をする事ができます。

戦闘を有利に進めるものから、士気を高めるものまで6種類の施設があるので、しっかりと強化しておきたいところ。

武将を強化

シミュレーションゲームアプリ「キングダム -英雄の系譜-」を実際にプレイした評価と感想

「ガチャ」やクエストで獲得した武将は「金」を使ってレベルを上げる事ができます。

また、「英傑継承」でレベル上限やステータス上限を上げる事も可能。

装備する武具はクエストで獲得した専用アイテムを使って「武具作成所」で作成するなど、育成に関してはかなりやり込み要素の多い内容となっています。

キングダム -英雄の系譜-のバトル

シミュレーションゲームアプリ「キングダム -英雄の系譜-」を実際にプレイした評価と感想

「キングダム -英雄の系譜-」のバトルは、出陣する武将をタップするだけの簡単操作。

「必殺技」の発動もスワイプするだけなので、迷う事がありません。

攻撃タイプには剣、弓、槍の三種類があり、こちらから敵に接触する事で先制攻撃になるので、敵に先手をとられないように動くことが勝利への鍵となります。

キングダム -英雄の系譜-のガチャ

シミュレーションゲームアプリ「キングダム -英雄の系譜-」を実際にプレイした評価と感想

「キングダム -英雄の系譜-」のガチャには、1日3回引ける「無料登用」と、クエストクリアで手に入るアイテム「宝物」を使って引く「宝物登用」、課金アイテムの「玉」を使って引く「登用」があります。

武将のレアリティは☆1~☆4の4段階。

シミュレーションゲームアプリ「キングダム -英雄の系譜-」を実際にプレイした評価と感想
回数限定や期間限定でかなりの低課金でガチャを引けるほか、「宝物」はそこそこ手に入るので、ガチャを引く機会はそれなりにあります。

スポンサーリンク

キングダム -英雄の系譜-の評価と感想

シミュレーションゲームアプリ「キングダム -英雄の系譜-」を実際にプレイした評価と感想

「キングダム -英雄の系譜-」は、マンガ「キングダム」を題材にしたシミュレーションゲーム。

シナリオモードでは、原作に沿ったシナリオ展開となっていて、会話シーンや名シーンも再現され、「キングダム」を知っている人も知らない人も楽しめる内容になっています。

春秋戦国時代の歴史が好きな人や、歴史シミュレーションゲームが好きな人におすすめ。

キングダム -英雄の系譜-
キングダム -英雄の系譜-
開発元:DeNA Co., Ltd.
無料
posted with アプリーチ