【ドラクエ10】ダークドレアムのおすすめ構成はこれだ! - くろねこのみみ

くろねこのみみ

携帯・スマホ業界で働いています。ゲームは主にドラクエ10。趣味や日記など、色んな事を書くブログ。


プレイ日記

【ドラクエ10】ダークドレアムのおすすめ構成はこれだ!

【ドラクエ10】ダークドレアムのおすすめ構成はこれだ!

今日のニコ生放送でダークドレアム討伐に行ってきたんですが、リスナーさんに教えてもらった構成を試してみたら、かなり楽で1度も全滅せずに倒せたので紹介したいと思います。
[ad]

スポンサーリンク

ダークドレアムおすすめの構成は僧侶4魔法4の構成

【ドラクエ10】ダークドレアムのおすすめ構成はこれだ!

この構成、めちゃくちゃ楽でした。
基本的には僧侶と魔法使いが2人1組になって東西南北に離れて戦います。

魔法使いのおすすめ耐性装備と動き

魔法使いのおすすめ耐性装備は即死と封印くらい。
意識的に4方に離れて戦うので、ばくだん岩のメガンテを無視できる即死耐性はかなり有利だと感じました。マヒ耐性はあったほうがギガスローをくらった時に戦闘不能にならずに便利ですが、時間はかなり余裕がありますのでなくても問題ありません。

動きに関しては、

覚醒→早読み→攻撃魔法

という流れ。
味方の密集を防ぐため、あえてタゲ下がりなどはせず、ドレアムが近づいてきたらおとなしく攻撃されましょう。
死んでしまう頻度が高いため、暴走魔方陣と超暴走魔方陣のダブルで使うのは効率が悪そうですが、超暴走魔方陣くらいは使ったほうが良さそう。
早読みに関しても意見が分かれるところですが、時間に余裕がありますのでお好みで。

僧侶のおすすめ耐性装備と動き

僧侶のおすすめ耐性装備も即死と封印くらいです。
完璧を望めばキリがないですが、意外とキラポンをする余裕があるみたいなので、そこまで気にする必要もないようです。

僧侶の仕事は自分と自分の隣にいる魔法使いのHPとMP、バフの管理となります。
重要だと思ったのは「天使の祈り」で、これを必ず初手で使用する事によって、魔法使いと2人一緒に壊滅的なダメージを受けても「天使の祈り」で蘇った時には、ダークドレアムは離れた他のパーティメンバーのところに行っているという状況を作る事ができます。
これにより、離れているパーティメンバーの事はまったく考えなくてよくなるので、自分に天使、魔法に聖女、2人にキラポン、HP回復、魔法使いにせいすい使用など、落ち着いて行動する事が可能なようです。

討伐タイムは13分20秒あっさり討伐する事ができました

【ドラクエ10】ダークドレアムのおすすめ構成はこれだ!

この方法だとグランドクロスも多くても3~4人くらいしかくらわないので、パーティ全体で壊滅的な状況になる事も1度もなく、安定してダークドレアムを倒す事ができると思います。

基本的には僧侶が魔法使いのMP管理をしますが、使ったせいすいの数は僧侶1人あたり6~8個くらい、パーティ全体で考えても1人3~4個くらいに抑えられそうです。
かかった時間もトータルで30分程度となっており、これならダークドレアムを日課にしてもいいかもしれませんね。