携帯・スマホ関連、ゲームアプリやスマホ周辺機器のレビュー、趣味や日記など、色んな事を書くブログ。

くろねこのみみ


iPhone SE用おすすめ強化ガラスフィルムまとめ

photo by amazon.co.jp

iPhone6s&iPhone SE

iPhone SE用おすすめ保護フィルムとガラスフィルムの選び方

更新日:

今回は「iPhone SE」用の保護フィルムについてです。

現在、スマホの液晶画面を保護するフィルムには、通常のフィルムとガラス素材を使ったガラスフィルムがあります。

それぞれに特徴があり、一概にどちらが良いとは言えないので、フィルムを選ぶ際には自分に合ったフィルムを選びたいところですよね。

保護フィルムのコーティングの種類

iPhone SE用おすすめ保護フィルムとガラスフィルムの選び方

通常フィルムやガラスフィルムに限らず、保護フィルムには特殊なコーティングが施されている場合がほとんどです。

コーティングには何種類かあるので、自分の生活スタイルや好みに合ったコーティングが施されている保護フィルムを選びましょう。

光沢タイプ

光沢タイプはフィルムのスタンダードと言ってもいいくらいのコーティングで、数も1番多いです。

特徴は、くもりのないキレイなフィルムなので液晶が鮮やかに見える事。

画面解像度が高いスマホに貼ると、さらに液晶をキレイに演出しますが、明るい場所では画面が反射して見えづらくなる場合も・・・。

反射防止タイプ

反射防止タイプは光沢タイプの逆の性質を持っていて、フィルムにうっすらとくもりがかかっているので、液晶を鮮やかに演出する事はありませんが、明るい場所でも画面が反射するのを防いでくれるので見やすいです。

のぞき見防止タイプ

のぞき見防止タイプは、真正面以外から見ると画面が見えづらくなるコーティングが施されているフィルム。

電車に乗っている時などに、周りの人に自分のスマホ画面を見られたくない人に最適ですね。

ブルーライトカットタイプ

ブルーライトカットタイプは、人体に悪い影響を与えると噂されている「ブルーライト」をカットしてくれるフィルム。

全体的に青みがあるフィルムが多く、液晶全体の色が少し変わるので注意が必要です。

耐衝撃タイプ

耐衝撃タイプは、衝撃に強くなるようなコーティングが施されているフィルム。

衝撃対策をまったくしていないフィルムも珍しいですが、「耐衝撃」と書かれているフィルムはさらに特化させてあるという事でしょう。

指紋防止&気泡防止タイプ

指紋防止と気泡防止は、ちょっと前までは個別のコーティングになっていましたが、現在では上記のコーティングとセットになっている場合が多いです。

激安品とかでもない限りは、セットになっていて当たり前くらいの感覚で問題ありません。

iPhone SE用おすすめフィルム

iPhone SE用おすすめ保護フィルムとガラスフィルムの選び方

まずは、通常フィルムです。

通常フィルムの良いところは、

・価格が安い
・フィルムに柔軟性があり貼りやすい
・フィルムが薄く目立たない

といったところでしょうか。

1度貼ってしまえば貼り換える事はほとんどなく経済的ですが、ガラスフィルムに比べると衝撃の吸収が低く、液晶画面を割ってしまう人の90%くらいは通常フィルムを貼っている人でしょう。

品質で選ぶiPhone SE用おすすめフィルム

iPhone SE用おすすめ保護フィルムとガラスフィルムの選び方

 

日本で一番スマホのフィルムを売っている大手メーカー「ラスタバナナ」の「iPhone SE用スーパーさらさら反射防止フィルム」がおすすめ。

なんといっても特徴は、通常フィルムならではの「さらさら」感。
指のすべりがかなり良く、スマホゲームやLINEなどを頻繁にする人に最適。

また、「さらさらな手触り」以外にも、

・反射防止
・抗菌コート加工
・気泡防止&ホコリ吸収
・指紋防止

という特徴があり、価格も安くてコストパフォーマンスに優れています。

エクスペリアの純正品も作っているメーカーですし、価格もかなり安いので、無名メーカーで粗悪なフィルムを買って後悔するかもしれないリスクを思えば、通常フィルムはこのシリーズで良いと思います。

別のコーティングタイプには、

光沢タイプ
ブルーライトカット光沢タイプ
ブルーライトカット反射防止タイプ
のぞき見防止タイプ
衝撃吸収 超耐久タイプ

などがあり、在庫がない場合や送料がかかってしまう場合は、送料無料の直営店「ラスタバナナのオンラインショップ」がおすすめです。

iPhone SE用おすすめガラスフィルム

 iPhone SE用おすすめ保護フィルムとガラスフィルムの選び方

ガラスフィルムの良いところは、

・耐久性が高い
・高級感がある

というところ。

液晶画面が割れるほどの衝撃を受けた場合は、ガラスフィルムが先に割れて衝撃を吸収するので、液晶画面を保護するという面では通常フィルムよりも優れていますが、デメリットも多く、

・価格が高め
・ガラスフィルム自体が割れやすい
・フィルムが厚く目立つ
・フィルムが硬く貼りにくい

という弱点があります。

ガラスフィルムを使っていて、液晶画面にまでヒビが入るなんて話はほとんど聞きませんが、ガラスフィルム自体がかけてしまったなんて話は頻繁に耳にしますよね。

通常フィルムと比べると貼り換える回数は多くなりがちなので、管理面が面倒な印象があります。

品質で選ぶiPhone SE用おすすめガラスフィルム

iPhone SE用おすすめ強化ガラスフィルムまとめ

品質で選ぶなら、iPhone SE用おすすめガラスフィルムは「iPhoneSE用液晶保護ガラス」がおすすめ。

こちらは、フィルムメーカー大手のELECOMが、強固なディスプレイガラスメーカーナンバー1であるCorningの「Gorilla Glass」を使用して作ったガラスフィルム。

このフィルムの特徴は、

・光沢タイプ
・衝撃吸収
・指紋防止
・気泡防止
・強靭なGorilla Glass使用
・厚さ0.2mmの極薄タイプ

です。

強度は「Gorilla Glass」ブランドで十分、厚さも0.2mmの極薄で使いやすく、ピッタリサイズなので使い心地はかなり良いと思います。

また、「Gorilla Glass」ではないものの、同じシリーズの「360°のぞき見防止タイプ」と「ブルーライト41%カットタイプ」も評判が良いです。

薄さで選ぶiPhone SE用おすすめガラスフィルム

iPhone SE用おすすめ強化ガラスフィルムまとめ

薄さで選ぶなら、フィルムメーカー大手レイ・アウトの「iPhone SE用液晶保護ガラスフィルム 9H 0.15mm 」がおすすめ。

通常のフィルムと違い厚みがあるガラスフィルムは、薄ければ薄いほど使い心地も良く見た目も良いですが、技術力が必要で生産コストも高くなります。

特に0.15mmクラスの最薄ガラスフィルムをつけるのであれば、多少値段が高くても大手メーカーの確かなものをつけたほうが無難。

このフィルムの特徴は、

・光沢タイプ
・超高硬度9Hのガラス使用
・気泡防止
・厚さ0.15mm

です。

フィルムメーカー大手レイ・アウトの製品なので安定感は抜群。
ガラスフィルムの中では最も薄い部類になるので、見た目は通常フィルムとそれほど変わらないでしょう。

 

在庫がない場合は「レイ・アウト直販ショップ」が1,500円から送料無料になっておすすめです。

コストパフォーマンスで選ぶiPhone SE用おすすめガラスフィルム

iPhone SE用おすすめ保護フィルムとガラスフィルムの選び方

コストパフォーマンスで選ぶなら、Ankerの「iPhone SE用強化ガラス液晶保護フィルム」がおすすめ。

厚さは0.38mmとそこそこあるものの、品質が良く評判も良いのでリピーターが多いガラスフィルム。

特徴は、

・超高硬度9Hのガラス使用
・指紋防止
・気泡防止

です。

このガラスフィルムの1番の特徴はコストパフォーマンスに優れているところ。

安定感があり評判の良いガラスフィルムを低価格使いたい人にピッタリですね。

安さで選ぶiPhone SE用おすすめガラスフィルム

iPhone SE用おすすめ保護フィルムとガラスフィルムの選び方

「iPhone SE」は、日本で7割のシェアを持つiPhoneシリーズの新作なので、付属品の需要はかなり高く、個人販売から海外のよくわからないメーカーのものまで多数発売されます。

また、そういった商品はガラスフィルムなのにもかかわらず300円~500円程度の激安価格で販売されていたりするので、「ガラスフィルムならなんでもいいよ」とか「よくわからないから、まずは安いもので試したい」という人にピッタリです。

ただし、この価格の商品に品質を期待して不満を持ってはいけません。
値段相応だと思って購入して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「くろねこのみみ」をフォローしよう!

-iPhone6s&iPhone SE

Copyright© くろねこのみみ , 2017 AllRights Reserved.