ドコモ・au・ソフトバンクのスマホや格安SIMなど、ガジェット系の攻略レビューサイト。

くろねこのみみ

DMM mobileの評判・メリットとデメリットを徹底解説!

DMM mobileの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

更新日:

DMM mobile は、株式会社DMM.comが運営する格安SIMの会社。

ドコモ回線のSIMを扱っていて、LINEやTwitterなどのSNSの通信量が使い放題になる「SNSフリー」オプションと、月額の料金プランが格安SIMの他社と比べても安く設定されているのが特徴の格安SIMです。

DMM mobileの料金プラン

シングルコース

データ容量 データ通信SIMプラン 通話対応SIMプラン
ライト 440円 1,140円
1GB 480円 1,260円
2GB 770円 1,380円
3GB 850円 1,500円
5GB 1,210円 1,910円
7GB 1,860円 2,560円
8GB 1,980円 2,680円
10GB 2,190円 2,890円
15GB 3,280円 3,980円
20GB 3,980円 4,680円

※ライトプランは最大通信速度200Kbpsで、データ容量が使い放題になるプラン。

シェアコース

データ容量 データ通信SIM
3枚プラン(最大)
通話対応SIM1枚
データ通信SIM2枚(最大)
通話対応SIM2枚
データ通信SIM1枚(最大)
通話対応SIM
3枚プラン
1GB 480円 1,260円 1,960円 2,660円
2GB 770円 1,380円 2,080円 2,780円
3GB 850円 1,500円 2,200円 2,900円
5GB 1,210円 1,910円 2,610円 3,310円
7GB 1,860円 2,560円 3,260円 3,960円
8GB 1,980円 2,680円 3,380円 4,080円
10GB 2,190円 2,890円 3,590円 4,290円
15GB 3,280円 3,980円 4,680円 5,380円
20GB 3,980円 4,680円 5,380円 6,080円

DMM mobileでは、1枚のSIMカードを利用する「シングルコース」と、最大3枚のSIMカードを使用してデータ容量を分け合って使用する「シェアコース」があります。

シェアコースの料金プランは、SIMカードを1枚利用した場合の料金となっていて、SIMカードを追加するごとに月額300円の追加SIM利用料が発生。

ただし、8GB~20GBでシェアコースを利用する場合は、追加SIM利用料は発生しません。

データ通信SIM

データ通信SIMは、「電話番号」がついていないSIMの事。

データ通信専用のSIMカードとなっていて、SMS(ショートメールサービス)を利用する為には月額150円(税別)のオプション料金が必要です。

通話対応SIM

通話対応SIMは、「電話番号」がついていて、SMS(ショートメールサービス)が申し込み不要で利用できるSIMの事。

新規申し込みの場合は、「通話対応SIM」で申し込む事で「新しい電話番号」が発行され、その番号を使用して通話をする事になり、乗り換え(MNP)の場合は、現在使用している電話番号をそのまま使用して、DMM mobileの「通話対応SIM」に申し込むという事になります。

DMM mobileの最低利用期間と契約解除料金

DMM mobileの評判・メリットとデメリットを徹底解説!

DMM mobileの最低利用期間は、通話対応SIMにだけ設定されていて、利用開始月の翌月から12ヵ月目までに解約したり、他社へ乗り換える場合は9,000円(税抜)の契約解除料金がかかります。

また、データ通信SIMの最低利用期間は「利用開始日を含む月の末日まで」となっていて、契約解除料金はありません。

DMM mobileのメリット

料金プランが安い

DMM mobileの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

DMM mobileの各料金プランは、価格の設定がかなり安く設定してあり、格安SIMの他社と比べても月々100円~200円程度は安い場合が多いです。

とにかく毎月の通信費を安く済ませたいという人に最適ですね。

SNSフリー

DMM mobileの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

データ容量オプション「SNSフリー」では、

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Facebook Messenger
  • Instagram

の通信をした場合に、高速データ通信量を消費せずに利用する事ができます。

月額料金は250円(税抜)。

また、2017年の12月末日までは、キャンペーン期間としてデータ容量オプション「SNSフリー」を無料で利用する事ができます。

10分かけ放題オプション

DMM mobileの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

DMM mobileには、無料でダウンロードできる専用アプリ「DMMトーク」から通話をする事で、月額料金850円(税抜)で国内通話が10分以内なら何度でもかけ放題になる「10分かけ放題オプション」があります。

データシェアプラン

DMM mobileの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

DMM mobileには、当月のデータ容量を最大3枚のSIMで分け合って使用する「シェアコース」があります。

余ったデータ容量は翌月に繰り越せる

DMM mobileの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

DMM mobileでは、1ヶ月で使い切れなかったデータ通信料を翌月に繰り越して使用することができます。

速度制限がない

DMM mobileの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

DMM mobileでは「ライトプラン」以外での速度制限はないので、当月のデータ容量を使い切るまで高速通信を行えます。

クレジットカードがなくても契約できる

DMM mobileの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

DMM mobileではクレジットカードのほかに、

  • デビットカード
  • プリペイド式クレジットカード

の支払い方法も選ぶ事ができます。

クレジットカード支払いしか対応していない格安SIMの会社でも、実際はデビットカードで契約できてしまう場合などもありますが、公式で対応可能を発表している格安SIMの会社はかなり少ないです。

DMM mobileのデメリット

通信速度の安定性

通信会社 下り実行速度平均
au 37.96Mbps
UQモバイル 34.16Mbps
ドコモ 13.44Mbps
ワイモバイル 6.7Mbps
IIJmio(タイプA) 2.21Mbps
LINEモバイル 1.77Mbps
楽天モバイル 1.33Mbps
IIJmio(タイプD) 0.83Mbps
DMM mobile 0.7Mbps
エキサイトモバイル 0.7Mbps
BIGLOBEモバイル 0.62Mbps
イオンモバイル 0.59Mbps
mineo(Dプラン) 0.58Mbps
OCN モバイル ONE 0.40Mbps
NifMo 0.27Mbps
mineo(Aプラン) 0.19Mbps

詳細ページ

これは、2017年3月29日にまったく同じ条件で、ランチタイムの混雑する時間帯に東京都千代田区で計測したデータで、主要な格安SIMの会社の通信速度を比較したものです。

初めて実測値を見た人はビックリするかもしれませんが、上記の計測は都内のビジネス街のランチタイムというかなり極端な例なので、大手キャリア以外はどの格安SIMも軒並み速度を落としている事がわかります。

DMM mobileも、人が多い場所でのランチタイムやゴールデンタイムでの通信速度は安定しているとは言えないでしょう。

ちなみに、混雑する状況でない限りは、大手キャリアと格安SIMの会社とで、通信速度に体感できるほどの差はありません。

Wi-Fiスポットの利用が有料

DMM mobileの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

全国に69,000ヶ所以上あるWi-Fiスポットを利用するには、月額362円(税抜)のオプション「DMM Wi-Fi byエコネクト」に加入する必要があります。

ドコモ端末はテザリング不可

DMM mobileの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

DMM mobileはドコモ回線を使用した格安SIMですが、ドコモで購入したスマホ端末は SIMロック解除 をしたとしてもDMM mobileで「テザリング」を使用する事はできない場合が多く、DMM mobileは公式で「ご利用できない場合がある」と発表しています。

SIMフリースマホを購入するか、DMM mobileでスマホを購入した場合に限り、端末が対応していれば「テザリング」を使用する事ができます。

専用メールアドレスがない

DMM mobileの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

DMM mobileには「○○○○@dmm.ne.jp」のようなメールアドレスはなく、新規申し込みをしたからといってメールアドレスが割り振られる事はありません。

メールを受信する事はできるので、GmailやYahoo!メールなどで代用する事になります。

スマホ端末購入時に分割購入だと高くなる

DMM mobileの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

DMM mobileでは一括購入価格と分割購入価格で違いがあり、分割購入価格のほうが価格が高く設定されている場合が多いです。

できるだけスマホ端末を安く購入したい場合は、一括購入を選びましょう。

DMM mobile スマホおすすめ機種ランキング

1位 HUAWEI P10 lite

DMM mobileの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

HUAWEI P10 liteの月額料金
プラン 通話対応SIMプラン
1GBプラン 5GBプラン 7GBプラン
基本料金 1,260円 1,910円 2,560円
端末代金 1,116円 1,116円 1,116円
月額料金 2,376円 3,026円 3,676円

※DMM mobileでは、「HUAWEI P10 lite」の分割購入には対応していないので月額料金のイメージとして参考にして下さい。

人気     ★★★★★
処理能力   ★★★☆☆
機能     ★★★☆☆
カメラ性能  ★★★★☆
電池持ち   ★★★★★
画面の綺麗さ ★★★★☆
価格の安さ  ★★★★★

2位 ZenFone 4

DMM mobile おすすめスマホ機種 比較人気ランキング

ZenFone 4の月額料金
プラン 通話対応SIMプラン
1GBプラン 5GBプラン 7GBプラン
基本料金 1,260円 1,910円 2,560円
端末代金 3,019円 3,019円 3,019円
月額料金 4,279円 4,929円 5,579円

人気     ★★★★★
処理能力   ★★★★☆
機能     ★★★☆☆
カメラ性能  ★★★★★
電池持ち   ★★★★★
画面の綺麗さ ★★★★☆
価格の安さ  ★★★☆☆

3位 HUAWEI P10

DMM mobile おすすめスマホ機種 比較人気ランキング

HUAWEI P10の月額料金
プラン 通話対応SIMプラン
1GBプラン 5GBプラン 7GBプラン
基本料金 1,260円 1,910円 2,560円
端末代金 2,325円 2,325円 2,325円
月額料金 3,585円 4,235円 4,885円

人気     ★★★★☆
処理能力   ★★★★★
機能     ★★★☆☆
カメラ性能  ★★★★★
電池持ち   ★★★☆☆
画面の綺麗さ ★★★★☆
価格の安さ  ★★★☆☆

DMM mobileの評価と感想

DMM mobileの評判・メリットとデメリットを徹底解説!

DMM mobile の特徴は、何と言っても月額の料金プランが安いところ。

全てのプランというわけにはいきませんが、半分以上のプランで主要な格安SIMの会社の中では最安値の料金となっていて、「料金の安さ」にこだわりを持っている事がわかります。

キャッシュバックやキャンペーンなど、一時的な割引よりも毎月の料金をしっかりと安くしたいという人に選ばれている印象ですね。

また、月額250円で主要なSNSが高速データ通信量を消費せずに利用できる「SNSフリー」も評判が良いです。

DMM mobileは、SNSを頻繁に利用する人や、とにかく月額料金が安い格安SIMの会社が良いという人におすすめ。

格安SIMの他社と比べても、月額の料金に不満を持つ人はほとんどいないでしょう。

DMM mobileの評判と口コミ情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「くろねこのみみ」をフォローしよう!

-DMM mobile
-,

Copyright© くろねこのみみ , 2017 All Rights Reserved.