ドコモ・au・ソフトバンクのスマホや格安SIMなど、ガジェット系の攻略レビューサイト。

くろねこのみみ

格安SIM・格安スマホの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

【初心者におすすめ】格安SIMのメリットやデメリット・口コミや評判を徹底解説!

更新日:

携帯料金が安くなるという事で注目を集めている「格安SIM」。

あまりネットを使用しない人であれば月々1,200円程度から、通常使用の範囲と言われている5GB以内のネットの使用であれば2,200円程度の料金で利用ができるという事で、大手キャリアと比べるとかなり安い格安SIMですが、安いなりにメリットやデメリットも存在します。

ここでは、格安SIMの仕組みや料金が安い理由、よく耳にする評判を、初心者にもわかりやすく解説していきますので、これから格安SIMを検討している人は参考にしてみて下さい。

格安SIMとは

格安SIM・格安スマホの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!詳細ページ

一般的に「格安SIM」というのは、ドコモ、au、ソフトバンクの国内3大キャリア以外の通信会社と契約したSIMカードの事を言います。

「格安SIM」の会社の正式な名称は「仮想移動体通信事業者」で、英語では「Mobile Virtual Network Operator」と言い「MVNO」と略されるのが一般的ですが、「仮想移動体通信事業者」も「MVNO」もわかりにくいので、格安で利用できるSIMカードという事で「格安SIM」と呼ばれているんですね。

格安SIMの通信会社は2017年現在で国内で200社以上存在し、ユーザーはその中から自由に選んで契約する事が可能です。

  • 格安SIMは3大キャリア以外の「SIMカード」の事
  • 格安SIMの会社は国内で200社以上ある

格安SIMの料金はなぜ安いのか

 月額料金の比較
ドコモ 楽天モバイル
通話プラン カケホーダイライトプラン
1,700円
楽天でんわ5分かけ放題
800円
ネット接続 spモード
300円
無料
データプラン
(5GB)
データMパック
5,000円
通話SIM
2,150円
月額料金 7,000円 2,950円

これは、格安SIMのなかではトップレベルのシェアを持つ 楽天モバイル とドコモの月額料金を同条件の契約プランで比較したもの。

楽天モバイルでは有料オプションとなる「楽天でんわ5分かけ放題」をつけたとしてもドコモの月額料金の半額以下、「かけ放題」がいらないのであれば月額料金は2,150円となり、ドコモの月額料金の3分の1以下で利用する事が可能です。

なぜ格安SIMの月額料金がこんなに安いのかというと、

  • 自社で通信設備を持っていない
  • ショップではなくネットでの販売が主流な為、人件費が大幅に削減できる

という理由があります。

MVNOは3大キャリアから通信設備を借りている

自社設備を一切持っていない格安SIMの会社は、ドコモやau、ソフトバンクから料金を支払って通信設備を借りる事でサービスを提供しています。

各格安SIMの会社のホームページに「ドコモと同じように使えます」や「auと同じように使えます」と書かれているのはこの為ですね。

通信設備を借りる事で、自社のユーザーに必要な分の設備投資で済むという事が、低価格を実現する大きな要因になっています。

  • 格安SIMの料金は大手の3分の1程度
  • MVNOは3大キャリアから通信設備を借りている

格安SIMの通信速度は遅いのか

格安SIM・格安スマホの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!詳細ページ

よく耳にする格安SIMの評判で多いのは「格安SIMは通信速度が遅い」というもの。

これは自社で通信設備を持たない格安SIMの会社の最大のテーマとなっていて、正確には「格安SIMは混雑時に通信速度が遅くなる事がある」というものです。

ドコモやauと同じ電波を使用している為、混雑時以外では通信速度に体感できるほどの差はありませんが、混雑時に通信速度が遅くなる事があるのは「格安SIMの最大のデメリット」と言えるでしょう。

格安SIMの通信速度の仕組み

格安SIM・格安スマホの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

格安SIMの会社は、ドコモやau、ソフトバンクの3社から料金を支払い通信回線を借りて運営をしています。

解りやすいように「トンネル」を例に説明すると、通信量が少ない時間帯やユーザー数が少ないうちは余裕があるので、小さいトンネルのほうが貸出料金が安く済みコストが抑えられるわけです。

しかし、ユーザー数が増えたり通信量が多くなってくると、小さなトンネルでは渋滞が起きてしまう為に、さらに通信回線を借りてトンネルを大きくしなければなりません。

この渋滞状態になっている状況が「格安SIMは通信速度が遅い」と言われている状況です。

格安SIMの会社が設備投資を行い、さらにトンネルを大きくすれば通信環境は改善しますが、設備投資には莫大なお金がかかる為に、各格安SIMの会社で通信量と設備投資のバランスをとりながら運営しているわけですね。

つまり、現在の通信速度が良好だからといって、ユーザー数が増えているのに設備投資を怠れば、通信速度が下がってしまうという可能性は、どの格安SIMの会社にもあるわけです。

  • 常に通信速度が安定しているのは大手キャリア
  • 格安SIMは混雑時に通信速度が遅くなる事がある
  • 混雑時以外では通信速度に体感できるほどの差はない

格安SIMと大手キャリアとの通信速度の違い

格安SIM・格安スマホの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

現状では、極端に混雑した状況でもストレスなく安定した通信速度を維持できるのは、3大キャリアのドコモ、au、ソフトバンクと、auのサブブランド「 UQモバイル 」と、ソフトバンクのサブブランド「 ワイモバイル 」の5社だけ。

そのほかの格安SIMの会社とこの5社には、通信速度の安定性にはかなり大きな違いがあると覚えておいて下さい。

都内のランチタイムやゴールデンタイムなどの混雑時間帯に、しっかりとした通信速度を確保したい場合は、おとなしくこの5社の中から選びましょう。

料金面でも、UQモバイルとワイモバイルであれば、3大キャリアと比べて、月々の料金を半額程度に抑える事ができるはずです。

格安SIMの会社を選ぶ際のポイント

格安SIMの会社を選ぶ際のポイントは、自分はどの程度の通信環境がほしいのかをしっかりと理解する事です。

まずは1番大事な「通信速度」が自分の生活でどの程度重要なのかを把握しましょう。

考え方としては、通信速度は常に最高の状態が良いという場合は3大キャリア、最高までは求めないけれど常に快適な通信速度を維持してほしいならUQモバイルかワイモバイル、時間帯や場所によって多少の不便はあるけれど、できる限り月額料金を安くしたいなら格安SIMといったイメージで間違いありません。

  • 通信速度が最高で料金が高いのが3大キャリア
  • 通信速度と料金のバランス型がUQモバイルとワイモバイル
  • 料金重視型がその他の格安SIM

格安SIMのメリット

月額料金の安さ

格安SIM・格安スマホの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

格安SIMの1番のメリットは間違いなく「料金の安さ」です。

家族がそれぞれ1台ずつスマホを持つようになった現在では、月に占める通信費の金額も大きくなりがちですが、その金額が大手キャリアと比べて3分の1以下になるのは魅力的でしょう。

通信会社が多い分、激しい価格競争になっているところもユーザーとしては嬉しいですよね。

サービスが豊富

格安SIM・格安スマホの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

ユーザー数が圧倒的に多い大手キャリアではなかなか実現が難しい魅力的なサービスが豊富なのも格安SIMの特徴。

代表的なのは、「YouTube」や「AbemaTV」などの動画が見放題になるサービスを提供する BIGLOBEモバイル や、「LINE」や「Twitter」などのSNSが使い放題になるサービスを提供する LINEモバイル など。

自分のライフスタイルに合った格安SIMの会社を選ぶ事で、大手キャリアよりも快適にスマホを使用する事ができます。

2年契約の自動更新ではない

au 新キャンペーン「初スマホ割」と「夏のキャッシュバックキャンペーン」を発表!

大手キャリアでは大きなデメリットとなっている「2年契約の自動更新」。

「2年契約の自動更新」とは、2年ごとに訪れる2ヵ月間の更新月以外で解約をすると約1万円の契約解除料金が発生するというものですが、格安SIMの会社には基本的に「自動更新」というシステムはなく、最低利用期間を1年としている会社が多いです。

最低利用期間中の解約には約1万円の契約解除料金がかかりますが、2年目以降はいつ解約しても契約解除料金が発生する事はありません。

格安SIMのデメリット

通信速度の安定性

格安SIM・格安スマホの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

格安SIMの最大のデメリットは「混雑状況だと通信速度が遅くなること」。

ただし、通信速度の低下を実感できるのは「YouTube」などの動画や、大容量のデータを通信するゲームアプリくらいなので、ネット検索やLINE、メールを使用するくらいでは通信速度が遅くなった事を実感する事はないでしょう。

また、混雑する時間帯と言われるランチタイムや夕方以降に、会社や自宅のWi-Fiを使用して通信できる環境の人は、通信速度で不便に感じる事はほとんどないと思われます。

大手キャリアで購入した端末はテザリング不可

格安SIM・格安スマホの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

ドコモ、au、ソフトバンクで購入したスマホは SIMロック を解除したとしても格安SIMでテザリングする事はできない事が多く、格安SIMの各社でも「できない場合がある」と発表しています。

確実にテザリングしたい場合は、格安SIMの会社で新たにスマホを購入するか、「SIMフリースマホ」を購入する事になります。

キャリアメールが使えない

格安SIM・格安スマホの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

格安SIMでは「キャリアメール」を使用する事ができません。

申し込みと同時にメールアドレスが付与される格安SIMが多いので、それで代用するか「Gmail」などのWEBメールを使用する事になります。

「キャリアメール」と「WEBメール」の大きな違いは、「キャリアメール」はメールが届いたタイミングでプッシュ通知でお知らせしてくれるのに対して、「WEBメール」はメールソフトを開いたタイミングで受信を確認するところ。

現在、キャリアのメールアドレスを使用していて、メールが届いたタイミングでプッシュ通知が来ないと困るという人は注意して下さい。

ショップがない

格安SIM・格安スマホの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

格安SIMには、ドコモショップやauショップのような専門のショップはない事が多く、あったとしてもかなり店舗数は少ないです。

大手キャリアのショップのように、店員に対面で接客してもらうというのは難しいので注意して下さい。

ほとんどの格安SIMでは、電話での問い合わせとリアルタイムチャットが利用できるので、そちらで代用する事になります。

支払い方法が基本的にクレジットカード

格安SIM・格安スマホの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

格安SIMの会社で契約する場合は、基本的にクレジットカード支払いしか受け付けていない場合が多く、デビットカードについては記載されていなかったり「不可」と記載されている格安SIMがほとんどです。

会社自体がなくなる事がある

格安SIM・格安スマホの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

格安SIMの会社は国内で200社以上あり、小さな会社から通信とはまったく関係のない業種の会社までが参入していたりします。

事業が軌道に乗らず格安SIMから撤退するといった企業は珍しくないので、なるべくそういったリスクの少ない大手企業や、以前から通信事業を展開している企業を選ぶのがおすすめ。

ある程度はユーザー数が多い格安SIMの会社を選ぶようにしましょう。

格安SIMが選ばれる理由

 4人家族の月額料金の比較
ドコモ BIGLOBEモバイル
通話プラン シンプルプラン
980円×4
データプランに
含まれる
ネット接続 spモード
300円×4
無料
データプラン
(30GB)
ウルトラシェアパック
13,500円
音声通話プラン
7,450円
シェアSIM シェアオプション
500円×3
シェアSIM
900円×3
月額料金 20,120円 10,150円

大手キャリアと比べると多少不便な面がある格安SIMがこんなにシェアを伸ばしている最大の理由は「価格」です。

上記の比較表は、家族4人で大容量データプランを分け合いながら使用した場合のドコモの月額料金と BIGLOBEモバイル の月額料金を比較したもの。

ドコモの料金は、シェアプランを使用すると1人あたりの月額料金が安くなるように設計されていますが、それでもBIGLOBEモバイルの2倍の月額料金になる事がわかりますね。

「格安SIMのデメリット」を一通り見てみて不便に感じないようであれば、格安SIMに乗り換えたほうが圧倒的に月々の通信費は安くなります。

スマホの料金は安くしたいけれど通信速度が遅くなるのは不安という場合は、auのサブブランド UQモバイル か、ソフトバンクのサブブランド ワイモバイル で試してみるのがおすすめ。

格安SIMに乗り換えても、常に動画を観ている人やゲームを頻繁にプレイする人でもない限りは、「大手キャリアと何も変わらない」と思う人も多いはずですよ。

格安SIMの申し込み方法

【初心者におすすめ】格安SIMの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

格安SIMに申し込みをする流れは、

  1. 必要書類を準備する
  2. 選んだ格安SIMに申し込み
  3. SIMカードを挿してスマホを起動する

の3段階となっていて、誰でも簡単に手続きできるようになっています。

必要な書類も大手キャリアと変わらないので、1度でも携帯ショップで契約した事のある人であれば、家に居ながら15分程度で申し込みを完了させる事ができるでしょう。

必要書類を準備する

【初心者におすすめ】格安SIMの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

まずは、必要な書類を準備します。

格安SIMの契約には、

  • 本人確認書類
  • クレジットカード
  • MNP予約番号(乗り換えの場合のみ)

が必要です。

ドコモやauなどの大手キャリアでは、支払い方法で銀行引き落としも選べましたが、格安SIMの場合はクレジットカード決済しか対応していない会社がほとんどなので、クレジットカードを用意しておきましょう。

本人確認書類には、

  • 運転免許証
  • パスポート(日本国旅券)
  • 身体障がい者手帳または療育手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード

のいずれか1点が必要です。

また、本人確認書類に「健康保険証」を使用する場合や、本人確認書類に記載の住所と現住所が違う場合は、補助書類として発行してから3ヶ月以内の、

  • 公共料金領収証
  • 住民票
  • 届出避難場所証明書
  • 行政機関発行の領収証

のいずれか1点も必要になります。
※通信会社によって異なる

どの本人確認書類を使用して契約するのか確認しておくとスムーズですね。

また、現在使用している電話番号をそのまま使用したい場合には「MNP予約番号」も用意しておく必要があります。

「MNP予約番号」というのは、現在使用している電話番号をそのまま使って他社へ乗り換えをする為の予約番号で、現在契約している携帯会社に連絡して発行してもらうんですね。

大手キャリアの問い合わせ先

  • ドコモ 0120-800-000
  • au 0077-75470
  • ソフトバンク 0800-100-5533

各キャリアに電話をすると、音声ガイダンスで案内をされるので、オペレーターに繋がったら「MNP予約番号」を発行してもらいましょう。

MNP予約番号は間違えると大変なのでしっかりとメモをとり、後からくるショートメールでも確認して下さいね。

また、この時点では「MNP予約番号を発行しただけ」なので、スマホが使えなくなったりする事もありません。

選んだ格安SIMに申し込み

【初心者におすすめ】格安SIMの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

申し込みに必要な書類が用意できたら、格安SIMの会社と契約する前に、

  • 今現在使用しているスマホをそのまま使うか
  • 新しくスマホを買い替えるか

を決めておきましょう。

今現在使用しているスマホをそのまま使いたい場合は、現在のスマホが格安SIMの会社の電波に対応している事と「SIMロック解除」を済ませておく事が条件となるので、よくわからない場合は、申し込む前に格安SIMの会社に問い合わせて、使用できるかどうかの確認をしておくと確実です。

使用するスマホと格安SIMの会社が決まったら「公式ホームページ」に行って申し込みをするだけ。

どの格安SIMでも丁寧に解説されているので、初心者でも20分程度で申し込みを完了させる事ができます。

SIMカードを挿してスマホを起動する

【初心者におすすめ】格安SIMの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

申し込みが完了すると2~3日程度でSIMカードが自宅に郵送されてくるので、スマホにSIMカードを挿入し、初期設定を行う事ですぐに利用を開始する事ができます。

初期設定は格安SIMの会社によって違いますが、指定された格安SIMの会社の電話番号に電話をしたり、数字を入力したりなどの簡単な操作なので、難しく考える必要はありません。

以上が格安SIMを申し込む流れとなります。

契約する会社さえ決まってしまえば、公式ページからリアルタイムチャットでわからない事を聞いたり、電話で問い合わせをする事で丁寧に教えてもらう事が可能なので、「ショップに直接行く事ができない」以外は大手キャリアと変わらない対応で、簡単に申し込む事ができるようになっています。

おすすめの格安SIMの会社

1位 BIGLOBEモバイル

格安SIM おすすめ比較人気ランキング 2017年9月版

BIGLOBEモバイルの料金プラン
プラン データ通信のみ データ通信SMS付き 音声通話
(データ+SMS+音声通話)
1GB 1,400円
3GB 900円 1,020円 1,600円
6GB 1,450円 1,570円 2,150円
12GB 2,700円 2,820円 3,400円
20GB 4,500円 4,620円 5,200円
30GB 6,750円 6,870円 7,450円

通信速度    ★★★★☆
サービス    ★★★★☆
端末の種類   ★★★★☆
割引還元額   ★★★★★
月額料金の安さ ★★★★★

BIGLOBEモバイルは、ビッグローブ株式会社が運営する格安SIMの会社。

「YouTube」や「AbemaTV」が見放題になる「エンタメフリー・オプション」が人気で、スマホで動画を観る習慣のある人にとってはかなりお得になる格安SIMです。

BIGLOBEモバイルでは、現在最大15,600円のキャッシュバックが貰える期間限定のキャンペーンを実施しているので、トータルで節約できる通信費はかなりの金額になるでしょう。

格安SIMで動画を観るならBIGLOBEモバイルで間違いありません。

  • 動画が月額480円で見放題
  • 最大15,600円のキャッシュバック
  • 月額料金が安い

2位 UQモバイル

【初心者におすすめ】格安SIMのメリットやデメリット・口コミや評判を徹底解説!

 UQモバイルの料金プラン
おしゃべりプラン/ぴったりプラン
プラン プランS プランM プランL
 データ容量  2GB
(3年目以降1GB)
 6GB
(3年目以降3GB)
 14GB
(3年目以降7GB)
 月額料金  1,980円
(2年目以降2,980円)
2,980円
(2年目以降3,980円)
4,980円
(2年目以降5,980円)

通信速度    ★★★★★
サービス    ★★★★☆
端末の種類   ★★★★☆
割引還元額   ★★★★☆
月額料金の安さ ★★★☆☆

UQモバイルはauのサブブランドで、KDDIグループの格安SIMの会社。

サービスが充実していて、大手キャリアと変わらないくらいの使い勝手で利用する事ができますが、その分、格安SIMとしては料金がワンランク高くなっているのが特徴です。

格安SIMの他社と比べて圧倒的に通信速度が安定しているので、料金は安くしたいけれど通信速度が不安という人におすすめ。

現在、UQモバイルでは期間限定で 初期費用無料と最大13,000円がキャッシュバック されるキャンペーンを開催中です。

格安SIMというよりは料金が安くなったauなので、初心者の人はUQモバイルを選んでおけば後悔する事はないでしょう。

  • auのサブブランド
  • 通信速度が圧倒的に安定している
  • 初期費用無料
  • 最大13,000円がキャッシュバック

3位 楽天モバイル

【初心者におすすめ】格安SIMのメリットやデメリット・口コミや評判を徹底解説!

楽天モバイルの料金プラン
 プラン 通話SIM 050データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
ベーシック 1,250円 645円 525円
3.1GB 1,600円 1,020円 900円
5GB 2,150円 1,570円 1,450円
10GB 2,960円 2,380円 2,260円
20GB 4,750円 4,170円 4,050円
30GB 6,150円 5,520円 5,450円

通信速度    ★★★★☆
サービス    ★★★★☆
端末の種類   ★★★★★
割引還元額   ★★★★☆
月額料金の安さ ★★★★★

楽天モバイルは、楽天市場や楽天トラベルなどを運営する楽天グループの格安SIMの会社。

楽天モバイルを使っているだけで「楽天市場」のポイントが2倍になったり、楽天スーパーポイントで携帯料金が支払えたりなど、グループ企業ならではの便利さが特徴です。

格安SIMでのシェア率もトップクラスで、取り扱い機種も多く、デビットカードでも契約できるので人気ですね。

楽天モバイルを利用しているだけで「楽天スーパーポイント」の還元率がかなり上がるので、普段から「楽天市場」や「楽天トラベル」など、楽天グループで買い物をする習慣のある人には間違いなく1番おすすめです。

  • 楽天スーパーポイントがかなりお得に貯まる
  • 格安SIMでのシェア率トップクラス
  • デビットカードでも申し込める

格安SIMの評判と口コミ情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「くろねこのみみ」をフォローしよう!

-格安SIM・格安スマホ
-,

Copyright© くろねこのみみ , 2017 All Rights Reserved.