ドコモの2018年学割は安い?「ドコモの学割」をわかりやすく解説

Source by nttdocomo

ドコモの料金プランや割引キャンペーン

2018年「ドコモの学割」の割引内容をわかりやすく解説

更新日:

ドコモが2018年の学割となる「ドコモの学割」を発表しました。

キャンペーン受付期間は、

2017年12月27日(水)~2018年5月31日(木)まで

「ドコモの学割」は、25歳以下の利用者が、

  • 乗り換え(MNP)
  • 新規契約
  • 「カケホーダイ&パケあえる」へのプラン変更

のいずれかで対象のパケットパックに申し込みをした場合に受けられる割引キャンペーンとなっています。

2018年「ドコモの学割」の割引内容

ドコモの2018年学割は安い?「ドコモの学割」をわかりやすく解説

「ドコモの学割」は、申込み当月(日割り計算)+12か月間、毎月の利用料金から1,500円割引されるという割引サービス。

条件を満たす事で自動適用となり、1番安いシェアパック子回線の「シンプルプラン」であれば月額280円から利用する事ができます。

ただし、人気の格安プラン「docomo with」との併用は不可で、同時に適用条件を満たした場合には割引期間の長い「docomo with」が優先されるので注意して下さい。

2018年「ドコモの学割」の対象契約

「ドコモの学割」の対象契約は、

  • 乗り換え(MNP)
  • 新規契約
  • 「カケホーダイ&パケあえる」へのプラン変更

です。

現在ドコモを利用している25歳以下のユーザーが機種変更と同時に「ドコモの学割」に加入する事はできないので注意。

ただし、現在FOMA契約か旧プランを利用していて、「カケホーダイ&パケあえる」へのプラン変更を含む25歳以下の機種変更に限り「ドコモの学割」を申し込む事ができます。

2018年「ドコモの学割」の適用条件

「ドコモの学割」の適用条件は、

  • 基本プランのいずれかに加入
    1. カケホーダイプラン(スマホ/タブ)
    2. カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)
    3. シンプルプラン(スマホ)
  • spモードの契約
  • 契約者または利用者が25歳以下である事
  • 対象パケットパックのいずれかに加入
    1. データSパック(2GB)
    2. データMパック(5GB)
    3. ウルトラデータLパック(20GB)
    4. ウルトラデータLLパック(30GB)
    5. シェアパック5(5GB)
    6. シェアパック10(10GB)
    7. シェアパック15(15GB)
    8. ウルトラシェアパック30(30GB)
    9. ウルトラシェアパック50(50GB)
    10. ウルトラシェアパック100(100GB)
    11. シェアパック子回線で「シェアオプション」

となっています。

対象プランがたくさんあってややこしく感じますが、適用条件は機種変更以外の25歳以下のスマホ契約の場合と覚えておくと分かりやすいでしょう。

シェアグループ全員にdポイントを3,000ポイントプレゼント

ドコモの2018年学割は安い?「ドコモの学割」をわかりやすく解説

さらに、「ドコモの学割」対象の人がシェアパックへ加入する事で、シェアグループ全員(「ドコモの学割」対象者を含む)にdポイントが3,000ポイントされます。

ただし、データプランとデバイスプラスの契約回線は対象外なので注意。

dポイントは、2018年2月以降、毎月1日に適用条件を満たしている回線に対し、翌月上旬を目途に進呈されます。

2018年「ドコモの学割」の月額料金の目安

一人で利用する場合の月額料金の目安

一人で利用する場合の最安値料金
契約から12ヵ月間 13~24ヵ月目 25ヵ月目以降
カケホーダイライトプラン 1,700円 1,700円 1,700円
spモード 300円 300円 300円
データSパック(2GB) 3,500円 3,500円 3,500円
端末代金 3,425円 3,425円 支払終了
月々サポート -2,225円 -2,225円 割引終了
ドコモの学割 -1,500円 割引終了 割引終了
月額料金 5,200円 6,700円 5,500円

これは、一人でドコモを利用している人が「ドコモの学割」を適用させて、 ドコモ公式オンラインショップ で「iPhone 8 64GB」を購入した場合の月額料金シミュレーション。

月額料金が一番安くなるように計算していますが、料金が上がっても良いのなら「カケホーダイプラン」にしたり、データパックの容量を増やす事もできます。

家族で利用する場合の月額料金の目安

家族で利用する場合の最安値料金
契約から12ヵ月間 13~24ヵ月目 25ヵ月目以降
シンプルプラン 980円 980円 980円
spモード 300円 300円 300円
シェアオプション 500円 500円 500円
端末代金 3,425円 3,425円 支払終了
月々サポート -2,225円 -2,225円 割引終了
ドコモの学割 -1,500円 割引終了 割引終了
月額料金 1,480円 2,980円 1,780円

これは、家族でドコモを利用している人が「ドコモの学割」を適用させて、 ドコモ公式オンラインショップ で「iPhone 8 64GB」を購入した場合の月額料金シミュレーション。

月額料金が一番安くなるように計算していますが、料金が上がっても良いのなら「カケホーダイプラン」や「カケホーダイライトプラン」にしたり、データパックを個別に申し込む事もできます。

2017年「ドコモの学割」との比較

2018年「ドコモの学割」の割引内容をわかりやすく解説

2017年の「ドコモの学割」は、25歳以下の人が新たに「カケホーダイ&パケあえる」を申し込んだ場合に、通信料から毎月1,000円を1年間割引するというものでした。

対象契約と適用条件は2018年の「ドコモの学割」と変わりませんが、2017年の「ドコモの学割」では、シェアグループ全員にdポイントプレゼントの特典がなかったかわりに、「ウルトラパック」に加入中の25歳以下の既存スマホユーザーに12,000ポイントのdポイントがプレゼントされました。

「ドコモの学割」は2018年版のほうがお得

2017年「ドコモの学割」 2018年「ドコモの学割」
基本プラン 1,700円
(カケホーダイプラン)
980円
(シンプルプラン)
spモード 300円 300円
シェアオプション 500円 500円
ドコモの学割 -1,000円 -1,500円
月額料金 1,500円 280円

これは、2017年と2018年の「ドコモの学割」を適用させた場合の最安値プランの比較。

2017年の学割シーズンには「シンプルプラン」がなかった事と、割引額が2018年のほうが500円多い事で月額1,220円も違い、1年間の総額だと14,640円も2018年版「ドコモの学割」のほうがお得となっています。

「ドコモの学割」を申し込む為の必要書類

ドコモの2018年学割は安い?「ドコモの学割」をわかりやすく解説

実際に「ドコモの学割」に申し込む事が決まったら、必要書類の確認を忘れずに行っておきましょう。

対象者が未成年者の「学割」では、

  • 12歳以上の利用者本人の名義で契約する
  • 親の名義で契約して利用者を登録する

という2種類の契約方法から好きなほうを選ぶ事ができます。
※12歳未満の利用者本人の名義で契約する事はできません。

本人名義で契約する場合の必要書類

本人の名義での契約は12歳から可能で、

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード

のいずれか1点が必要です。

また、本人確認書類に

  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書

を使用する場合や、本人確認書類に記載の住所と現住所が違う場合は、補助書類として発行してから3ヶ月以内の「公共料金領収書」か住民票も必要で、さらに支払いに使用するキャッシュカードかクレジットカードが必要になります。

親の名義で契約して利用者を登録する場合の必要書類

親の名義で契約して利用者を登録する場合は、上記の親の必要書類にプラスして子供の、

  • 健康保険証
  • 住民票

などの名前と住所が確認できるもののいずれかが必要になります。

また、未成年者名義での契約には「親権者同意書」なども必要になる為、店舗で契約する場合には必ず親権者同伴で契約しましょう。

ドコモのスマホならネット予約&購入が断然お得!

ドコモの2018年学割は安い?「ドコモの学割」をわかりやすく解説

ドコモで携帯電話を購入するなら ドコモ公式オンラインショップ で購入するのがお得です。

公式オンラインショップでの購入には、

  • 「頭金」がかからない
  • 発売日に自宅に届く
  • ショップでの待ち時間がない
  • 余計なオプションを勧められない
  • 送料無料
  • 機種変更なら事務手数料無料

というメリットがあり、特にドコモショップ特有の「頭金」という名前の「手数料」がかからないので、ドコモショップでの購入に比べて3,000円~5,000円も安く購入できるというのが最大の特徴。

さらに、機種変更であれば「事務手数料」も無料になるので、ショップとの差は8,000円を超える事も珍しくありません。

操作方法など、ショップで接客を受けたい場合も、オンラインショップでお得に購入してから、受け取り方法を近隣のドコモショップにする事で、「無料」で接客を受けられるのでおすすめです。

 

【公式サイト】で最新情報をチェック

 ドコモ公式オンラインショップ

 ⇒au公式オンラインショップ

 ソフトバンク公式オンラインショップ

-ドコモの料金プランや割引キャンペーン

Copyright© おすすめスマホを徹底比較レビュー!くろねこのみみ , 2018 All Rights Reserved.