2019年「ドコモの学割」の割引内容と申込み方法をわかりやすく解説

Source by docomo

ドコモの料金プランや割引キャンペーン

2019年「ドコモの学割」は最安で月額280円!(機種変更は不可)申し込み条件と料金プランを徹底解説!

更新日:

2019年の「ドコモの学割」は、25歳以下の利用者が、

  • 乗り換え(MNP)
  • 新規契約
  • 契約変更(FOMA→Xi)

のいずれかで契約した場合に毎月1,500円の割引が1年間受けられるキャンペーン。

キャンペーン期間は、

2018年12月1日~2019年5月31日まで

となっていて、シェアプランの子回線であれば月額料金280円で利用できるのが特徴です。

この記事では、2019年「ドコモの学割」の適用条件やiPhoneを購入した場合の月額シミュレーション、契約する場合の必要書類をわかりやすく解説していきます。

ただし、機種変更は2019年「ドコモの学割」の割引対象外になっているので注意して下さいね!

2019年「ドコモの学割」の割引内容

2019年「ドコモの学割」の割引内容と申込み方法をわかりやすく解説

2019年「ドコモの学割」は、25歳以下の人が対象契約で申し込をした場合に、申込み当月(日割り計算)+12か月間、毎月の利用料金から1,500円が割引されるキャンペーンです。

条件を満たす事で自動適用になるので、申込みは不要。

ただし、人気の割引キャンペーンdocomo with」や「ウェルカムスマホ割」との併用は不可で、同時に適用条件を満たした場合には割引期間の長い「docomo with」が優先されるので注意して下さい。

2019年「ドコモの学割」の対象契約

2019年「ドコモの学割」の対象契約は、

  • 乗り換え(MNP)
  • 新規契約
  • 契約変更(FOMA→Xi)

のみ。

現在ドコモを利用している25歳以下のユーザーが機種変更と同時に「ドコモの学割」に加入する事はできないので注意して下さい。

2019年「ドコモの学割」の適用条件

2019年「ドコモの学割」の適用条件は、

  • 基本プランのいずれかに加入
    1. カケホーダイプラン(スマホ/タブ)
    2. カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)
    3. シンプルプラン(スマホ)
  • spモードの契約
  • 契約者または利用者が25歳以下である事
  • 対象パケットパックのいずれかに加入
    1. ベーシックパック
    2. ウルトラデータLパック
    3. ウルトラデータLLパック
    4. ベーシックシェアパック
    5. ウルトラシェアパック30
    6. ウルトラシェアパック50
    7. ウルトラシェアパック100
    8. シェアパック子回線で「シェアオプション」

となっています。

くろねこ
対象プランがたくさんあってややこしく感じますが、ほぼ全ての料金プランが対象です

シェアグループ全員にdポイント2,500ptプレゼント

2019年「ドコモの学割」の割引内容と申込み方法をわかりやすく解説

ドコモでは「ドコモの学割」対象の人がシェアパックへ加入する事で、シェアグループの全員にdポイントが2,500ptプレゼントされるキャンペーンも同時に発表されました。

ただし、データプランとデバイスプラスの契約回線は対象外なので注意して下さい。

dポイントは、2019年1月以降、毎月1日に適用条件を満たしている回線に対し、翌月上旬を目途に進呈されます。

くろねこ
2019年2月1日(金)までに条件を満たした場合は、さらに1,000ポイントが追加され一人あたり3,500ポイントになっていましたが、現在は終了しています

2019年「ドコモの学割」の注意事項

機種変更は対象外

2019年「ドコモの学割」の割引内容と申込み方法をわかりやすく解説

2019年「ドコモの学割」は機種変更では適用させる事ができません。

現在、キッズケータイや昔のガラケーなどのFOMA契約を利用している人の機種変更(契約変更)のみ「ドコモの学割」の対象となっていますが、その場合も18か月以上利用している事が条件になっているので注意して下さい。

初月は日割り計算なので月初に申し込みがお得!

2019年「ドコモの学割」の割引と申し込み方法をわかりやすく解説‐月額料金をシミュレーション

2019年「ドコモの学割」は申込み当月(日割り計算)+12か月間、毎月の利用料金から1,500円が割引されるキャンペーンなので、申し込み日が1月1日なら「31日間+12か月間」の割引、1月30日の申し込みだと「2日間+12か月間」の割引になります。

申し込みをする日にちで、最大で1,500円程度の違いが出てくるので、少しでもお得に「ドコモの学割」を申し込みたい場合は月初に契約するのがおすすめです。

「docomo with」と「ウェルカムスマホ割」は併用不可

2019年「ドコモの学割」の割引内容と申込み方法をわかりやすく解説

2019年「ドコモの学割」は、人気の割引キャンペーンdocomo with」や「ウェルカムスマホ割」と併用する事ができません

「docomo with」や「ウェルカムスマホ割」の適用条件を同時に満たした場合は、「docomo with」や「ウェルカムスマホ割」が優先的に適用されます。

貰えるdポイントは期間・用途限定

2019年「ドコモの学割」の割引内容と申込み方法をわかりやすく解説

2019年「ドコモの学割」でシェアグループ全員にプレゼントされるdポイントは通常のdポイントとは違い「期間・用途限定」となっていて、有効期限はポイント進呈日より翌々月の月末まで

また、使用用途は、

  • dマーケット
  • dポイント加盟店
  • スマホなどのドコモ商品の購入
  • d払い加盟店でのネットショッピング

などで使用する事ができますが、

  • ケータイ料金の支払い
  • データ量の追加
  • ポイント交換商品(JALのマイルやPontaポイントなど)

などでは使用できないので注意して下さい。

26歳になっていなければ学生でなくても問題なし!

2019年「ドコモの学割」の割引内容と申込み方法をわかりやすく解説

2019年「ドコモの学割」は、26歳になっていなければ誰でも申し込む事ができます。

「学生であるか」や「学年」などは一切関係がないので、26歳の誕生日を迎えていない人は誕生日までに「ドコモの学割」に申し込みましょう。

ハイエンドモデルでも実質19,440円の割引が受けられるのは大きいですよ!

2019年「ドコモの学割」の維持費と月額料金シミュレーション

一人で利用する場合の維持費と月額料金最安値

シンプルプラン 1,058円
spモード 324円
ベーシックパック(1GB未満) 3,132円
iPhone XR 64GB 1,080円
ドコモの学割
(1年間)
-1,620円
ずっとドコモ割プラス
(プラチナステージ)
-216円
ドコモ光セット割 -108円
月額料金 3,650円
(2年目以降5,270円)

これは、一人でドコモを利用している人が「ドコモの学割」を適用させた場合の月額料金を最安値で計算した料金シミュレーション。

購入する端末は、「ドコモの学割」発表のタイミングで大幅値下げされた「iPhone XR 64GB」にしてみました。

「iPhone XR 64GB」を購入したとして、月に使用するデータ容量を1GB未満に収めれば1年間の月額料金が3,650円(税込)、「ドコモの学割」の割引が終わる2年目以降は5,270円(税込)で利用できる事がわかります。

ただし、「ベーシックパック」は使用したデータ容量によって 7,560円まで料金が上がり、月額料金は最大で8,078円(税込)になる可能性があるので注意して下さい。

家族で利用する場合の維持費と月額料金最安値

シンプルプラン 1,058円
spモード 324円
シェアオプション 540円
iPhone XR 64GB 1,080円
ドコモの学割
(1年間)
-1,620円
月額料金 1,382円
(2年目以降3,002円)

これは、家族でドコモを利用している人が「ドコモの学割」を適用させた場合の月額料金を最安値で計算した料金シミュレーション。

iPhone XR 64GB」を購入したとして、パケットパックを「シェアオプション」で申し込めば1年間の月額料金は1,382円(税込)、「ドコモの学割」の割引が終わる2年目以降は3,002円(税込)で利用できる事がわかります。

くろねこ
「iPhone XR 64GB」を購入しても月額1,382円(税込)で利用できれば、かなりお得感がありますね

2019年「ドコモの学割」とdocomo with(ドコモウィズ)はどっちがお得か

ドコモの学割 docomo with
割引額 1,500円 / 月 1,500円 / 月
dポイント 最大3,500pt なし
割引期間 当月(日割り計算)+12か月間 機種変更しない限りずっと
2年間の割引合計 21,500円(税抜) 36,000円(税抜)

2019年の「ドコモの学割」と docomo with(ドコモウィズ) は併用する事ができないので、どちらにしようか悩む人も多いですよね。

上記の計算は2年間の割引額で計算していますが、「ドコモの学割」は1年間で割引が終わってしまうのに対し、docomo with(ドコモウィズ)は機種変更しない限りずっと割引が継続するキャンペーンなので、割引額だけで考えるとdocomo with(ドコモウィズ)のほうが圧倒的にお得という事になります。

ただし、docomo with(ドコモウィズ)にはスペックが低めなスタンダードモデルスマホを購入と同時でないと加入する事ができないというデメリットがあり、現在は、

の9種類の中からしか機種を選べません。

くろねこ
docomo with(ドコモウィズ)を適用させて人気機種の「iPhone XS」や「Xperia XZ3」を購入する事はできませーん!

ここがポイント

  • 割引額だけならdocomo with(ドコモウィズ)のほうがお得
  • docomo with(ドコモウィズ)は対象機種が決まっている
  • 人気機種が欲しいなら「ドコモの学割」

2019年「ドコモの学割」を申し込む為の必要書類

ドコモの2018年学割は安い?「ドコモの学割」をわかりやすく解説

実際に「ドコモの学割」に申し込む事が決まったら、必要書類の確認を忘れずに行っておきましょう。

対象者が未成年の場合が多い「学割」では、

  • 12歳以上の利用者本人の名義で契約する
  • 親の名義で契約して利用者を登録する

という2種類の契約方法から好きなほうを選ぶ事ができます。
※12歳未満の利用者本人の名義で契約する事はできません。

本人名義で契約する場合の必要書類

本人名義での契約は12歳から可能で、

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード

のいずれか1点が必要です。

また、本人確認書類に

  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書

を使用する場合や、本人確認書類に記載の住所と現住所が違う場合は、補助書類として発行してから3ヶ月以内の「公共料金領収書」か住民票も必要で、さらに支払いに使用するキャッシュカードかクレジットカードも必要になります。

また、未成年者名義での契約には「親権者同意書」なども必要になる為、店舗で契約する場合には必ず親権者同伴で契約しましょう。

親の名義で契約して利用者を登録する場合の必要書類

親の名義で契約して利用者を登録する場合は、上記の親の必要書類にプラスして子供の、

  • 健康保険証
  • 住民票

などの名前と生年月日、住所が確認できるもののいずれかが必要になります。

2019年「ドコモの学割」と併用できる割引キャンペーン

家族まとめて割

2019年「ドコモの学割」の割引と申し込み方法をわかりやすく解説‐月額料金をシミュレーション

「家族まとめて割」は、同一シェアグループ内で2台以上対象機種を購入した場合に、それぞれ5,184円(税込)が割引されるキャンペーン。

キャンペーン期間は、

2019年4月1日(月)~2019年5月31日(金)

となっていて、適用条件は、

  • シェアパックかシェアオプションで同一シェアグループ内の契約である事
  • キャンペーン期間内に2台以上の「家族まとめて割」対象機種の購入

です。

対象機種には、割引対象になる機種と、2台以上の購入の計上対象にはなるが割引対象にはならない機種があるので、必ず購入予定の端末が「家族まとめて割」の対象機種になっているか確認をしておきましょう。

ドコモオンラインショップ SPECIAL CAMPAIGN

ドコモのスマホ 契約前に確認しておきたい割引キャンペーンまとめ

ドコモオンラインショップ「SPECIAL CAMPAIGN」は、

  1. 対象機種購入で5,184円割引
  2. 648円~のお得な機種の追加
  3. 5月5日~15日限定で抽選で5,000ptプレゼント
  4. 機種別の購入特典

の4つの特典が受けられるドコモ公式オンラインショップ 限定の割引キャンペーン。

キャンペーンの受付期間は、

2019年2月1日~2019年5月31日

までで、特に月曜日限定で抽選でdポイント5,000ptがプレゼントされるSPECIAL MONDAY(スペシャルマンデイ)がお得なので、ぜひチェックしてみて下さい。

ドコモのご家族紹介特典

2019年「ドコモの学割」の割引と申し込み方法をわかりやすく解説‐月額料金をシミュレーション

「ドコモのご家族紹介特典」は、すでにドコモを契約している人が家族を紹介してドコモで乗り換え(MNP)契約をした場合に、一人紹介につき10,000ptのdポイントが貰えるキャンペーン。

キャンペーン期間は、

2019年4月1日(月)~2019年5月31日(金)

までとなっていて対象機種は、

  • iPhone
  • Google Pixel
  • androidスマートフォン
  • ドコモらくらくホン
  • 通常ケータイ(ガラケー)※キッズケータイ除く

のほぼ全機種。

dポイントの進呈は、対象機種を購入した月の翌々月上旬に行われます。

機種変更応援プログラム/プラス

2019年「ドコモの学割」の割引と申し込み方法をわかりやすく解説‐月額料金をシミュレーション

ドコモには、購入した端末の24ヵ月の割賦支払い終了を待たずに機種変更をする事ができるオプションサービスとして、

があります。

機種変更応援プログラムプラス」は「iPhone 8」以降のiPhone専用のオプションサービスで、「機種変更応援プログラム」がそれ以外の機種に適用できるオプションサービスとなっていて、端末の購入時にしか加入する事ができません。

どちらのサービスも、ずっとドコモを利用し続ける人にとってはお得なオプションとなっているので、端末を購入する前に加入するかどうかを決めておきましょう。

ケータイ補償サービス

2019年「ドコモの学割」の割引と申し込み方法をわかりやすく解説‐月額料金をシミュレーション

現在ドコモでは、購入した携帯電話が画面割れや水没などで故障してしまった時の補償サービスとして、

  • androidスマホやガラケーなら「ケータイ補償サービス」
  • iPhoneやiPadなら「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」

を提供しています。

月額料金と補償内容は購入する機種によって異なりますが、「ケータイ補償サービス」も「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」も申し込み日から31日間は無料となっているので、心配な人はとりあえず加入しておいて無料期間内でじっくりと考えて継続するか決めましょう。

途中で解約した場合には、次に端末を購入する時まで加入する事ができないので注意して下さい。

下取りプログラム

ドコモの契約前に確認しておきたい割引キャンペーンまとめ

ドコモの「下取りプログラム」は、機種変更や乗り換えで新しく携帯電話を購入した際に、以前使用していた携帯電話を下取りに出す事で「機種に応じたdポイント」が受け取れる割引サービスです。

受付方法には、

  • 店頭方式
  • 郵送方式

の2種類があり、店頭方式の場合はその場で値引き、郵送方式の場合は後日dポイントが進呈され、受け取ったdポイントは機種の購入代金や毎月の利用料金で「1ポイント=1円」として使用する事ができます。

下取り価格は毎月変動しているので、あらかじめドコモの公式サイトで確認しておくとスムーズだと思います。

ずっとドコモ割プラス

2019年「ドコモの学割」の割引と申し込み方法をわかりやすく解説‐月額料金をシミュレーション

「ずっとドコモ割プラス」は、dポイントクラブ のステージに応じて、

  • 毎月の利用料金から割引
  • 毎月dポイント進呈

のどちらかの割引が受けられるサービス。

申し込みは不要・自動適用となっていて、dポイント進呈を選んだ場合には料金割引の1.2倍のdポイントが受け取れます。ただし、シェアパックを利用している人は、代表回線のステージに応じた料金割引またはdポイント進呈になるので注意して下さい。

また、2年契約の満了後に「ずっとドコモ割コース」を選ぶと「更新ありがとうポイント」が3,000円分のdポイントがプレゼントされ、ドコモ商品の購入、dマーケット、dポイント加盟店で使用する事ができます。

シェアパック(料金割引/ポイント進呈)
料金プラン/ステージ 1st 2nd 3rd 4th プラチナ
ウルトラシェアパック100 -1,000円/1,200pt -1,200円/1,440pt -1,800円/2,160pt -2,500円/3,000pt
ウルトラシェアパック50 -800円/960pt -1,000円/1,200pt -1,200円/1,440pt -1,800円/2,160pt
ウルトラシェアパック30 -600円/720pt -800円/960pt -1,000円/1,200pt -1,200円/1,440pt
ベーシックシェアパック30GB -600円/720pt -800円/960pt -1,000円/1,200pt -1,200円/1,440pt
ベーシックシェアパック15GB -600円/720pt -800円/960pt -1,000円/1,200pt -1,200円/1,440pt
ベーシックシェアパック10GB -400円/480pt -600円/720pt -800円/960pt -1,000円/1,200pt
ベーシックシェアパック5GB -100円/120pt -200円/240pt -600円/720pt -900円/1,080pt
データパック(料金割引/ポイント進呈)
料金プラン/ステージ 1st 2nd 3rd 4th プラチナ
ウルトラデータLLパック -200円/240pt -400円/480pt -600円/720pt -800円/960pt
ウルトラデータLパック -100円/120pt -200円/240pt -600円/720pt -800円/960pt
ベーシックパック20GB -100円/120pt -200円/240pt -600円/720pt -800円/960pt
ベーシックパック5GB -100円/120pt -200円/240pt -600円/720pt -800円/960pt
ベーシックパック3GB -600円/720pt
ベーシックパック1GB -200円/240pt

ドコモ光セット割

2019年「ドコモの学割」の割引と申し込み方法をわかりやすく解説‐月額料金をシミュレーション

「ドコモ光セット割」は、自宅のインターネット回線とドコモの携帯回線をセットで利用している場合に、契約しているプランに応じて割引が受けられるサービス。

割引内容は、

家族でシェアパックを利用する場合
利用中のパケットパック 割引額/月
(マンション/戸建)
ウルトラシェアパック100 -3,500円
ウルトラシェアパック50 -2,900円
ウルトラシェアパック30 -2,500円
ベーシックシェアパック30GB -1,800円
ベーシックシェアパック15GB -1,800円
ベーシックシェアパック10GB -1,200円
ベーシックシェアパック5GB -800円
一人で利用する場合
利用中のパケットパック 割引額/月
(マンション/戸建)
ウルトラデータLLパック -1,600円
ウルトラデータLパック -1,400円
ベーシックパック20GB -800円
ベーシックパック5GB -800円
ベーシックパック3GB -200円
ベーシックパック1GB -100円
ケータイパック -500円(1年間のみ)

となっていて、インターネット回線と携帯回線をセットで利用している限りずっと割引が受けられるのが特徴です。

 

【公式サイト】で最新情報をチェック

 ドコモ公式オンラインショップ

 ⇒au公式オンラインショップ

 ソフトバンク公式オンラインショップ

-ドコモの料金プランや割引キャンペーン
-, ,

Copyright© おすすめスマホを徹底比較レビュー!くろねこのみみ , 2019 All Rights Reserved.