スマホやキャリア、格安SIMなど、ガジェット系の攻略レビューサイト。

くろねこのみみ


ワイモバイルのiPhone5sを乗り換え(MNP)で月々料金2,480円で契約する方法!

ワイモバイルのスマホ機種まとめ

ワイモバイルのiPhone5sを乗り換え(MNP)で月々料金2,480円で契約する方法!

更新日:

総務省からの指摘によって携帯各社から実質0円機種がなくなって1ヶ月。

乗り換えだろうがスペックの低い機種だろうが、月々の携帯料金は6,000円弱くらいが底値となってしまいましたよね。

2年前の学割シーズンに乗り換えでスマホを買って、月々4,000円くらいで維持してきた人にとって今年の学割シーズンの期待ハズレ感は計り知れません。

そんな中、本日ワイモバイルからiPhone5sが発売され、上手く契約すれば月々の料金が2,480円で持てて、しかもデータ通信容量2倍という事だったので詳しく調べてみました。
総務省の指摘は大手3キャリアだけでワイモバイルには関係ないのかな?

iPhone5sは2013年9月発売の機種だけどスペックは大丈夫?

ワイモバイルのiPhone5sを乗り換え(MNP)で月々料金2,480円で契約する方法!

スマホシェアの半分以上を占めるiPhoneですが、iPhone5sといえば2013年9月発売の機種です。
発売した当初は間違いなく最先端のスマホでしたが、現在発売されている2016年春モデルのスマホと比べると、どの程度のスペックなのか気になる人も多いと思うので再レビューしてみました。

iPhone5sを本体代金込みで月々料金2,480円にする方法と注意点

ワイモバイルのiPhone5sを乗り換え(MNP)で月々料金2,480円で契約する方法!

まあ、ビックリする事に見積もりしてみると本当に本体料金込みで月々料金2,480円で契約する事が可能でした。
ただし、この価格にする為には

・乗換えか学割適用の新規契約である事
・「家族割引サービス」か「光おトク割」を適用させる事(併用はできません)
・スマホプランSで契約する事(料金が上がってもいいならMでもLでも可)
・iPhone5sの本体容量は16GBにする事(料金が上がってもいいなら32GBでも可)

が条件です。
ワイモバイルはソフトバンクの子会社なので、ソフトバンクからの乗り換えは乗り換え扱いにならないので注意して下さいね。

まずはiPhone5s本体代金込みで月々料金2,980円の内訳

ワイモバイルのiPhone5sを乗り換え(MNP)で月々料金2,480円で契約する方法!

まずは、iPhone5s本体代金込みで月々料金2,980円の内訳です。
※これに「家族割引サービス」か「光おトク割」を適用させる事で月々料金2,480円になります。

iPhone5sの本体代金が63,504円で24回払いの割賦契約になるので月々の本体代金の請求は2,646円。
スマホの基本使用量は1GB契約で月々2,980円(税込み3,218円)なので、月々の請求額は2,646+3,218=5,864円になりますが、月額割引が2年間毎月-1,566円あるのとMNP特別割引で1年間毎月-1,080円の割引きが入るので、月々の請求金額は2,980円(税込み3,218円)となります。

上記の計算は乗り換えの場合の計算ですが、学割適用の新規契約でも1年間毎月-1,080円の割引きが受けられるので、乗り換えの時と同条件で申し込みできます。
※学割とMNP特別割引は併用不可。

ただし、注意が必要なのはMNP特別割引も学割の割り引きも1年で終わってしまうので、残りの1年間の請求金額は税込み4,298円になるというところですね。

スマホプランS(1GB)の契約内容

スマホプランS(1GB)の契約内容は、1GB分のパケット通信量と通話料無料の通話プランのセットの事です。
1GBと書いてありますが、乗り換えか学割適用の新規契約で契約した場合はキャンペーンが適用されて2年間毎月2GBまで高速通信が可能

また、通話料無料というのは制限時間が設けられていて、詳しく書くと「国内であれば、どこにかけても10分以内なら通話料無料(月300回まで)」という契約になっています。

実際にちゃんと使うならスマホMプラン(3GB)がおすすめ

ワイモバイルのiPhone5sを乗り換え(MNP)で月々料金2,480円で契約する方法!

月々2,480円なんて聞くと飛びついてしまいがちですが、実際ちゃんとiPhone5sを使うとなったら月々2GBのデータ使用量では不便な場合が多々出てくると思います。
ユーチューブなどの動画や大容量のアプリのダウンロードなんてしていたらすぐに使い切ってしまうでしょう。

スマホMプランであれば月々3GBまで、乗り換えか学割適用の新規契約であれば6GBまで使用可能なので、大手3キャリアの標準プラン5GBよりも多くデータ使用量を使う事ができますし、月額割引の金額もスマホSプランより500円アップしているので、実際の料金は月々500円しか変わらないんですね。
契約を検討する場合は、どのくらいデータ通信量が必要か考えておいて、後で後悔しないようにしたいですね。

「家族割引サービス」でさらに500円割り引きされてiPhone5sの月々料金2,480円が可能に

ワイモバイルのiPhone5sを乗り換え(MNP)で月々料金2,480円で契約する方法!

月々料金2,980円でも十分安いですが、「家族割引サービス」を適用させる事で、さらに毎月500円割り引きさせる事が可能です。

家族にワイモバイルケータイやポケットwifiを持っている人がいれば、今回契約するiPhone5sに「家族割引サービス」を適用する事ができますので、忘れずに申し込みましょう。
今回、新たに2回線以上の同時契約をする人も対象になっていますので、家族で乗り換えるとかなりお得ですね。

「光おトク割」適用でも500円割り引きされますが「家族割引サービス」との併用は不可

ワイモバイルのiPhone5sを乗り換え(MNP)で月々料金2,480円で契約する方法!

「家族割引サービス」と同じように、iPhone5sの月々料金からさらに500円割り引きを受けられる「光おトク割」。
しかし「家族割引サービス」との併用はできませんので注意して下さいね。

iPhone5sを単独で契約予定の人や、家族で違うキャリアのスマホを使っている人などは検討してみてはいかがでしょうか。

ワイモバイルの電波って実際どうなの?

ワイモバイルのiPhone5sを乗り換え(MNP)で月々料金2,480円で契約する方法!

意外と知られていないのが、ワイモバイルがソフトバンク系列の会社であるという事。
ソフトバンクの900MHz帯を利用した「プラチナバンド」をそのまま使用する事ができるので、ソフトバンクスマホが普通に使える場所であれば問題なく使用できます。

実はワイモバイルの通信環境は、大手3大キャリアとほぼ変わらないんですね。

iPhone5sを契約するならおすすめのプランは

ワイモバイルのiPhone5sを乗り換え(MNP)で月々料金2,480円で契約する方法!

実際に2年間使う事を想定した場合のおすすめプランはこんな感じ↑
2年半前とはデータの大きさなども違う為、音楽や写真を本体に保存しながら、普通に楽しみたいならiPhone5s本体の容量は32GB。
16GBとの差は月々わずか270円です。
スマホプランは、データ通信量がいくら2倍になるといっても2GBのデータ通信量では満足なスマホ生活はおくれないと思うのでMプランがおすすめ。

上記のプランで月々料金が4,028円(税込)ですが、「家族割引サービス」か「光おトク割」のどちらかを適用させて月々料金3,488円(税込)にもっていきたいところですよね。

このプランで月々の料金は最初の1年間が3,488円(税込)、残りの1年間が4,568円となります。
最安値プランと比べると月々1,000円程度高くなってしまいますが、これから2年間使うとしても十分満足できると思います。
インターネットで購入する場合は、この記事とまったく同じように記入するだけで簡単にiPhone5sが購入できて便利ですよ↓

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「くろねこのみみ」をフォローしよう!

-ワイモバイルのスマホ機種まとめ

Copyright© くろねこのみみ , 2017 AllRights Reserved.