ドコモのスマホを徹底比較!おすすめ機種人気ランキング 2018

docomo(ドコモ)

ドコモのスマホを徹底比較!機種変更おすすめ人気ランキング 2018

更新日:

ドコモでスマホを機種変更したいけれど、種類が多すぎてどれを選んで良いかわからないって意見は多いですよね。

特に、最近のスマホは昔に比べて機種代金が高くなってきているので、2年以上使う事を前提に後悔しない機種を購入したいと思う人も多いはず。

そこでこの記事では、実際に購入してレビューしたスマホの中で、

  • とにかく安いスマホがほしい
  • 高性能なカメラを搭載した機種がほしい
  • ゲームがヌルヌル動く機種がほしい

などの、特徴別におすすめの機種を紹介しています。

紹介しているスマホ機種は個別にレビューが確認できるようになっているので、自分が重視している機能を把握して後悔のない機種変更にして下さいね!

ドコモ スマホ週間売り上げトップ10

2018年8月6日~8月12日の売り上げトップ10
順位 前週 機種名
1 1 Xperia XZ1 SO-01K
2 3 arrows Be F-04K
3 4 Xperia XZ1 Compact SO-02K
4 2 Xperia XZ2 Premium SO-04K
5 5 Xperia XZ2 Compact SO-05K
6 6 AQUOS sense SH-01K
7 9 LG style L-03K
8 7 Xperia XZ2 SO-03K
9 8 Galaxy S9+ SC-03K
10 10 AQUOS R2 SH-03K

先週までの売り上げトップ10はこちら

これは ドコモ公式オンラインショップ の週間売り上げランキングです。

8月6日~8月12日の週は、先週2位だった「Xperia XZ2 Premium」が4位にランクダウンした以外は特に大きな動きのない週でした。

「Xperia XZ2 Premium」は少しずつランクダウンしていっていますが、どこまで下がるのかに注目ですね。

2018年の夏モデルが全機種発売され順位も落ち着いてきているので、今後は「iPhone 9」や「Galaxy Note9」などの秋冬モデルが発売されるまで大きな動きはなさそうです。

ドコモ おすすめ高性能スマホ 総合ランキング

このランキングは、ドコモで発売されているスマホの総合ランキングです。

スマホメーカーの最上位モデルが並び高性能ですが、それに比例して本体価格も上がっているので、値段は高くても高性能スマホが欲しい人向けの機種ですね。

おすすめスマホ1位 Galaxy S9+ SC-03K

ドコモ スマホおすすめ比較ランキング【2018総合版】

Galaxy S9+ SC-03Kのスペック
CPU Snapdragon 845
外側カメラ 約1,220万画素(デュアルカメラ)
内側カメラ 約800万画素
ディスプレイ 約6.2インチ Quad HD+(2,960×1,440)
RAM/ROM 6GB/64GB
SDカード microSDXC(最大400GB)
電池容量/連続待受(LTE) 3,500mAh/約400時間
高さ×幅×厚さ/重さ 約158x74x8.5(mm)/約187g
発売日 2018年5月18日

処理能力   ★★★★☆
カメラ性能  ★★★★★
電池持ち   ★★★★☆
画面の綺麗さ ★★★★☆
価格の安さ  ★☆☆☆☆

「Galaxy S9+」は2018年に2機種発表されたサムスンのフラッグシップ機の最上位モデル。

「背景ボケ撮影」やワンタッチで操作できる光学2倍ズームなどのカメラ性能が優秀で、処理能力やステレオスピーカーなど、ほぼ全ての機能で世界でもトップレベルの性能を体験できるのが特徴です。

本体サイズが大きい事と価格が高い事が悩みどころですが、価格に見合った超高スペックスマホが欲しい人におすすめです。

「Galaxy S9+」の実機レビューはこちら

おすすめスマホ2位 HUAWEI P20 Pro HW-01K

ドコモ スマホおすすめ比較ランキング【2018総合版】

HUAWEI P20 Pro HW-01Kのスペック
CPU HUAWEI Kirin 970
外側カメラ 最大約4,000万画素(トリプルカメラ)
内側カメラ 約2,400万画素
ディスプレイ 約6.1インチ フルHD+(2,240×1,080)
RAM/ROM 6GB/128GB
SDカード 非対応
電池容量/連続待受(LTE) 3,900mAh/約330時間
高さ×幅×厚さ/重さ 約155×74×7.9(mm)/約180g
発売日 2018年6月15日

処理能力   ★★★☆☆
カメラ性能  ★★★★★
電池持ち   ★★★☆☆
画面の綺麗さ ★★★☆☆
価格の安さ  ★★☆☆☆

「HUAWEI P20 Pro」は、トリプルカメラを搭載したP20シリーズの最上位モデル。

カメラ性能はかなり優秀で、静止画撮影は2018年夏の時点では間違いなくナンバーワンの性能だと思います。また、フラッグシップの最上位モデルは大きくて重い機種が多いですが、薄く軽い設計になっているのも操作しやすくて良いですね。

「Snapdragon 845」搭載機種と比べると処理能力が若干低かったり、動画撮影に弱いという弱点はあるものの、それを補って余りあるほどのカメラ性能になっているので、静止画の画質を最優先している人には超おすすめ。

特に「背景ボケ写真」と暗い場所での撮影では、1枚撮るだけで次元の違いを実感できると思います。

「HUAWEI P20 Pro」の実機レビューはこちら

おすすめスマホ3位 iPhone 8

ドコモ スマホおすすめ比較ランキング【2018総合版】

iPhone 8のスペック
CPU apple A11 Bionic
外側カメラ 約1,200万画素
内側カメラ 約700万画素
ディスプレイ 約4.7インチ HD(1,334×750)
RAM/ROM 2GB/64GB・256GB
SDカード 非対応
電池容量/連続待受(LTE) 1,821mAh/約240時間
高さ×幅×厚さ/重さ 約138.4×67.3×7.3(mm)/約148g
発売日 2017年9月22日

処理能力   ★★★★★
カメラ性能  ★★★☆☆
電池持ち   ★★★☆☆
画面の綺麗さ ★★☆☆☆
価格の安さ  ★★★☆☆

「iPhone 8」は、「iPhone 7」の後継モデル。

前作からそこまで大きな進化はしていませんが、最新のCPUを搭載して処理能力が上がっていたり、「True Toneディスプレイ」や「ワイヤレス充電」などの最新機能が搭載されていて、全体的なスペックが底上げされています。

本体価格も容量を考慮すれば、「iPhone 8」が発表されて値下げする前の「iPhone 7」とほぼ同価格なので、お得感がありますよね。

ただし、カメラの性能や使用感は前作の「iPhone 7」とほぼ変わらないので、「iPhone 7」から買い替える必要性はあまりないと思います。「iPhone 7」と「iPhone 8」でどちらを購入するか悩んだ場合には間違いなく「iPhone 8」がおすすめですよ。

「iPhone 8」の実機レビューはこちら

おすすめスマホ4位 iPhone 8 Plus

ドコモ スマホおすすめ比較ランキング【2018総合版】

iPhone 8 Plusのスペック
CPU apple A11 Bionic
外側カメラ 約1,200万画素(デュアルカメラ)
内側カメラ 約700万画素
ディスプレイ 約5.5インチ フルHD(1,920×1,080)
RAM/ROM 3GB/64GB・256GB
SDカード 非対応
電池容量/連続待受(LTE) 2,691mAh/約384時間
高さ×幅×厚さ/重さ 約158.4×78.1×7.5(mm)/約202g
発売日 2017年9月22日

処理能力   ★★★★★
カメラ性能  ★★★★☆
電池持ち   ★★★★☆
画面の綺麗さ ★★★☆☆
価格の安さ  ★★☆☆☆

「iPhone 8 Plus」は、「iPhone 7 Plus」からのスペックを残しつつ、処理能力の向上や新機能を加えた後継モデル。

「iPhone 8」と比べると、カメラ性能やディスプレイの解像度、電池持ちが向上していて、本体サイズが大きくなっているのが特徴です。

特に背景をぼかすポートレートモードは評判も良く綺麗に撮れるので「背景ボケ写真」が好きな人におすすめ。ただし、片手では操作しづらい大画面モデルなので、女性は常に両手で操作する事を想定して購入したほうが良いと思います。

「iPhone 8 Plus」の実機レビューはこちら

おすすめスマホ5位 iPhone X

ドコモ スマホおすすめ比較ランキング【2018総合版】

iPhone Xのスペック
CPU apple A11 Bionic
外側カメラ 約1,200万画素(デュアルカメラ)
内側カメラ 約700万画素
ディスプレイ 約5.8インチ 2,436×1,125ピクセル
RAM/ROM 3GB/64GB・256GB
SDカード 非対応
電池容量/連続待受(LTE) 2,716mAh/未発表
高さ×幅×厚さ/重さ 約143.6×70.9×7.7(mm)/約174g
発売日 2017年11月3日

処理能力   ★★★★★
カメラ性能  ★★★★☆
電池持ち   ★★★★☆
画面の綺麗さ ★★★☆☆
価格の安さ  ★☆☆☆☆

「iPhone X」は、iPhone発売から10周年を記念したスペシャルモデル。

CPUには最新の「A11 Bionic」を搭載して、ディスプレイは高解像度の「Super Retinaディスプレイ」を採用、機能面では新技術の「顔認証」や「アニ文字」が搭載され、現在のAppleの技術がふんだんに盛り込まれた超高スペックモデルとなっています。

欠点をあげるとすれば、本体価格の高さと生体認証で顔認証しか選べない点。

特に1日に何回もロック解除をしなければならない生体認証で、頻繁に認証に失敗したり、マスク着用時にロック解除ができなくなるのが不便でした。

「顔認証」しか選べない事でかなり損をしている印象の「iPhone X」ですが、スペックや性能は間違いなく世界でもトップレベルの性能だと感じました。

「iPhone X」の実機レビューはこちら

おすすめスマホ6位 Galaxy Note8 SC-01K

ドコモ スマホおすすめ比較ランキング【2018総合版】

Galaxy Note8 SC-01Kのスペック
CPU Snapdragon 835
外側カメラ 約1,220万画素(デュアルカメラ)
内側カメラ 約800万画素
ディスプレイ 約6.3インチ WQHD(2,960×1,440)
RAM/ROM 6GB/64GB
SDカード microSDXC(最大256GB)
電池容量/連続待受(LTE) 3,300mAh/約310時間
高さ×幅×厚さ/重さ 約163x75x8.6(mm)/約190g
発売日 2017年10月26日

処理能力   ★★★☆☆
カメラ性能  ★★★★☆
電池持ち   ★★★☆☆
画面の綺麗さ ★★★★☆
価格の安さ  ★☆☆☆☆

「Galaxy Note 8」は、超高スペックなサムスンのノート型スマートフォン。

処理能力やカメラ性能、ディスプレイの綺麗さなど、全てのスペックが高性能なのが特徴です。

特に、Galaxyシリーズでは初となる「デュアルカメラ」の評判が良く、カメラの画質にこだわる人におすすめ。

ただし、性能に比例して価格も高くなっているので、多少高くても高性能なスマホを購入したい人向けですね。価格が高くても問題ないのであれば、ノートタイプのandroidスマホは「Galaxy Note 8」で間違いありません。

「Galaxy Note 8」の詳細レビューはこちら

おすすめスマホ7位 Galaxy S9 SC-02K

ドコモ スマホおすすめ比較ランキング【2018総合版】

Galaxy S9 SC-02Kのスペック
CPU Snapdragon 845
外側カメラ 約1,220万画素(デュアルカメラ)
内側カメラ 約800万画素
ディスプレイ 約5.8インチ Quad HD+(2,960×1,440)
RAM/ROM 4GB/64GB
SDカード microSDXC(最大400GB)
電池容量/連続待受(LTE) 3,000mAh/約390時間
高さ×幅×厚さ/重さ 約148x69x8.5(mm)/約161g
発売日 2018年5月18日

処理能力   ★★★★☆
カメラ性能  ★★★☆☆
電池持ち   ★★★★☆
画面の綺麗さ ★★★★☆
価格の安さ  ★★★☆☆

「Galaxy S9」は2018年に発表されたサムスンのフラッグシップモデル。

最上位モデルの「Galaxy S9+」からカメラ性能がスペックダウンされ、その分本体サイズがコンパクトになり、価格も安くなっているのが特徴です。

「背景ボケ撮影」やワンタッチで操作できる光学2倍ズームなどの機能にこだわらないのであれば、軽くて片手で操作できる分「Galaxy S9」のほうが使いやすいと思います。

「Galaxy S9」の実機レビューはこちら

おすすめスマホ8位 AQUOS R2 SH-03K

ドコモ スマホおすすめ比較ランキング【2018総合版】

AQUOS R2 SH-03Kのスペック
CPU Snapdragon 845
外側カメラ 約2,260万画素+約1,630万画素
内側カメラ 約1,630万画素
ディスプレイ 約6.0インチ WQHD+(3,040×1,440)
RAM/ROM 4GB/64GB
SDカード microSDXC(最大400GB)
電池容量/連続待受(LTE) 3,130mAh/約530時間
高さ×幅×厚さ/重さ 約156×74×9(mm)/約181g
発売日 2018年6月8日

処理能力   ★★★★☆
カメラ性能  ★★★☆☆
電池持ち   ★★★★★
画面の綺麗さ ★★★★☆
価格の安さ  ★★★☆☆

「AQUOS R2」は、「静止画用」と「動画用」の2つのカメラを搭載したシャープの2018年フラッグシップモデル。

デュアルカメラを搭載する機種は、標準カメラの他に望遠カメラやモノクロカメラを搭載するのが一般的ですが、「AQUOS R2」の場合は動画用カメラを搭載しているのが大きな特徴ですね。

肝心の超広角動画撮影に手振れ補正が機能していなくて、カメラの1つを「動画用」に充ててしまっている分、静止画用カメラの性能は他機種と比べると見劣りしてしまう事から評価は低め。

電池持ちの良さやシャープならではの便利機能は健在なので、機能的には使いやすいと思います。

「AQUOS R2」のレビューはこちら

おすすめスマホ9位 Xperia XZ1 SO-01K

ドコモ スマホおすすめ比較ランキング【2018総合版】

Xperia XZ1 SO-01Kのスペック
CPU Snapdragon 835
外側カメラ 約1,920万画素
内側カメラ 約1,320万画素
ディスプレイ 約5.2インチ フルHD(1,920×1,080)
RAM/ROM 4GB/64GB
SDカード microSDXC(最大256GB)
電池容量/連続待受(LTE) 2,700mAh/約420時間
高さ×幅×厚さ/重さ 約148×73×7.4(mm)/約156g
発売日 2017年11月10日

処理能力   ★★★☆☆
カメラ性能  ★★★☆☆
電池持ち   ★★★★☆
画面の綺麗さ ★★★☆☆
価格の安さ  ★★★★☆

「Xperia XZ1」は、前作から処理能力を向上させ、カメラの新機能を搭載したソニーのフラッグシップモデル。

特に処理能力は最新のCPU「Snapdragon 835」を搭載して、androidスマホとしては最高レベルで、高画質のゲームや処理の多いアプリを操作する機種としては最適だと思います。

Xperia XZs」から騒がれていたカメラの「歪み問題」も改善された事で、不安要素なく安心して購入できるのも嬉しいですよね。

シングルカメラなのが残念な部分ですが、処理能力やカメラ性能など、androidスマホとしてはかなり高性能で、1番人気のあるandroidスマホです。

「Xperia XZ1」の詳細レビューはこちら

おすすめスマホ10位 Xperia XZ1 Compact SO-02K

ドコモ スマホおすすめ比較ランキング【2018総合版】

Xperia XZ1 Compact SO-02Kのスペック
CPU Snapdragon 835
外側カメラ 約1,900万画素
内側カメラ 約800万画素
ディスプレイ 約4.6インチ HD(1,280×720)
RAM/ROM 4GB/32GB
SDカード microSDXC(最大256GB)
電池容量/連続待受(LTE) 2,700mAh/約430時間
高さ×幅×厚さ/重さ 約129×65×9.3(mm)/約143g
発売日 2017年11月17日

処理能力   ★★★☆☆
カメラ性能  ★★★☆☆
電池持ち   ★★★★☆
画面の綺麗さ ★★☆☆☆
価格の安さ  ★★★★☆

「Xperia XZ1 Compact」は、同時に発表された「Xperia XZ1」の本体サイズが小さくなったコンパクトバージョン。

インカメラの性能とディスプレイの解像度は下げられているものの、処理能力と電池容量はフラッグシップモデルの「Xperia XZ1」と変わらない、ややハイスペックよりのミドルスペックスマホとなっています。

最も重要視される処理能力とアウトカメラの性能が「Xperia XZ1」と変わらない為、ハイスペックでコンパクトなスマホが欲しい人には最適ですね。

「Xperia XZ1 Compact」の実機レビューはこちら

ドコモのスマホの選び方

ドコモのスマホを徹底比較!おすすめ機種変更人気ランキング 2018

ドコモのスマホを購入する場合に、どれを選んで良いかわからないって人は、まず自分がどんな機能が優れているスマホが欲しいのかを把握するのがおすすめです。

現在スマホを選ぶ際にユーザーが重要視している特徴は、

  • 本体価格
  • 処理能力
  • カメラ性能
  • 電池持ち

辺りなので、例えばゲームが好きなので処理能力が高くてヌルヌル動くスマホが欲しいとか、写真をいっぱい撮るのでカメラは高性能なほうが良いなど、現在使用しているスマホを普段どんなふうに使っているかで考えるとわかりやすいと思います。

スマホとしての機能はほとんど使わないから、できるだけ安いスマホが欲しいという人も多いですよね。

また、ドコモの新機種は毎年5月ごろに「夏モデル」、11月ごろに翌年の春くらいまでに発売される「冬春モデル」が発表されるので、新しい機種が好きな人は5月と11月に近い場合、新機種の発表を待ってから購入したほうが安心です。

購入してからガッカリする事がないように、重要視している特徴を把握して、普段の生活がより快適になるようなスマホを選んで下さいね!

ドコモ ゲーム向けおすすめスマホランキング

おすすめスマホ1位 iPhone 8

ドコモ スマホおすすめ比較ランキング【2018総合版】

ドコモのスマホを徹底比較!おすすめ機種変更人気ランキング 2018

ドコモのスマホを徹底比較!おすすめ機種変更人気ランキング 2018

ゲームを快適にプレイする事に特化するなら「iPhone 8」がおすすめ。

「iPhone 8 Plus」や「iPhone X」と処理能力はほぼ同じで、両機種に比べると本体価格が安いのでコストパフォーマンスが良いです。

Antutuのベンチマークスコアでは、「GPUスコア」で2018年夏モデルのandroidスマホより低くなっていますが、CPUの処理能力が優れている為か、2018年夏モデルの最上位モデルと比べてもiPhone 8シリーズのほうがサクサク動きます。

ゲームが快適にプレイできて、その他の機能が平均レベル程度で良いという人に最適ですね。

「iPhone 8」の実機レビューはこちら

おすすめスマホ2位 iPhone 8 Plus

ドコモ スマホおすすめ比較ランキング【2018総合版】

ドコモのスマホを徹底比較!おすすめ機種変更人気ランキング 2018

ドコモのスマホを徹底比較!おすすめ機種変更人気ランキング 2018

「iPhone 8 Plus」は、「iPhone 7 Plus」からのスペックを残しつつ、処理能力の向上や新機能を加えた後継モデル。

「iPhone 8」と比べると、カメラ性能やディスプレイの解像度、電池持ちが向上していて、本体サイズが大きくなっているのが特徴です。

ゲームを快適にプレイするだけでなく、カメラ性能にもこだわりたいという人向けですね。

ただし、片手では操作しづらい大画面モデルなので、女性は常に両手で操作する事を想定して購入したほうが良いと思います。

「iPhone 8 Plus」の実機レビューはこちら

おすすめスマホ3位 iPhone X

ドコモ スマホおすすめ比較ランキング【2018総合版】

ドコモのスマホを徹底比較!おすすめ機種変更人気ランキング 2018

ドコモのスマホを徹底比較!おすすめ機種変更人気ランキング 2018

「iPhone X」は、iPhone発売から10周年を記念したスペシャルモデル。

ゲームなどの処理能力に加え、「顔認証」や「アニ文字」が搭載され、現在のAppleの技術がふんだんに盛り込まれた超高スペックモデルとなっています。

ゲームの性能を重視する高性能スマホが欲しい人におすすめですが、本体価格が高いのと生体認証で「顔認証」しか選べないという欠点があるので注意ですね。

ゲーム向けの高性能スマホが欲しい人向けの高スペックスマホです。

「iPhone X」の実機レビューはこちら

おすすめスマホ4位 Galaxy S9+ SC-03K

ドコモ スマホおすすめ比較ランキング【2018総合版】

ドコモのスマホを徹底比較!おすすめ機種変更人気ランキング 2018

ドコモのスマホを徹底比較!おすすめ機種変更人気ランキング 2018

「Galaxy S9+」は2018年に2機種発表されたサムスンのフラッグシップ機の最上位モデル。

数値上のベンチマークスコアは優秀で、特に「GPUスコア」が高くてゲーム向けでしたが、実際にプレイした実感ではiPhone 8シリーズには及ばない結果となりました。

ただし、処理能力は高く、androidスマホとしては最高レベルのゲーム性能なので、androidスマホの中で選ぶなら高スペックで「Snapdragon 835」を搭載した「Galaxy S9+」がおすすめです。

「Galaxy S9+」の実機レビューはこちら

おすすめスマホ5位 AQUOS R2 SH-03K

ドコモ スマホおすすめ比較ランキング【2018総合版】

ドコモのスマホを徹底比較!おすすめ機種変更人気ランキング 2018

ドコモのスマホを徹底比較!おすすめ機種変更人気ランキング 2018

「AQUOS R2」は、CPUに「Snapdragon 835」を搭載したシャープの2018年フラッグシップモデル。

「Snapdragon 835」はGalaxy S9シリーズ以外にもXperia XZ2シリーズが搭載していますが、Xperia XZ2シリーズはデザインの評判が悪く好みが分かれる為「AQUOS R2」のほうが無難だと思います。

解像度の高い大きめの画面になっているので、操作がしやすく見やすいのも良いですね。

androidスマホでGalaxy S9シリーズ以外の国内メーカーでゲーム向けスマホを購入するなら「AQUOS R2」がおすすめです。

「AQUOS R2」のレビューはこちら

ドコモ おすすめスマホ カメラ性能ランキング

おすすめスマホ1位 HUAWEI P20 Pro HW-01K

ドコモ スマホおすすめ比較ランキング【2018総合版】

HUAWEI P20 Proのカメラスペック詳細
カメラ画素数 カラー:約4,000万画素
モノクロ:約2,000万画素
望遠:800万画素
内側:約2,400万画素
F値 カラー:1.8
モノクロ:1.6
望遠:2.4
内側:2.0
オートフォーカス機能 静止画:○
動画:○
ズーム(最大)
※外側カメラのみ
静止画:光学3倍/デジタル10倍
動画:デジタル6倍
ISO感度(最大) 静止画:ISO10,2400
動画:ISO6,400
手ブレ補正機能 外側カメラ 静止画:光学式
動画:光学式/電子式
内側カメラ 静止画:なし
動画:電子式

「HUAWEI P20 Pro」は、トリプルカメラを搭載したP20シリーズの最上位モデル。

とにかくカメラ性能がかなり優秀で、静止画撮影は2018年夏の時点では間違いなくナンバーワンの性能だと思います。また、フラッグシップの最上位モデルは大きくて重い機種が多いですが、薄く軽い設計になっているのも操作しやすくて良いですね。

「Snapdragon 845」搭載機種と比べると処理能力が若干低かったり、動画撮影に弱いという弱点はあるものの、それを補って余りあるほどのカメラ性能になっているので、静止画の画質を最優先している人には超おすすめ。

特に「背景ボケ写真」と暗い場所での撮影では、1枚撮るだけで次元の違いを実感できると思います。

「HUAWEI P20 Pro」の実機レビューはこちら

おすすめスマホ2位 Galaxy S9+ SC-03K

ドコモ スマホおすすめ比較ランキング【2018総合版】

Galaxy S9+のカメラスペック詳細
カメラ画素数 外側カメラ:約1,220万画素×2
内側カメラ:約800万画素
F値 広角レンズ:1.5/2.4
望遠レンズ:2.4
内側カメラ:1.7
オートフォーカス機能 静止画:○
動画:○
ズーム(最大)
※外側カメラのみ
静止画:光学2倍/デジタル10倍
動画:光学2倍/デジタル10倍
ISO感度(最大) 静止画:ISO2,500
動画:ISO2,500
手ブレ補正機能 外側カメラ 静止画:光学式/電子式
動画:光学式/電子式
内側カメラ 静止画:×
動画:電子式

「Galaxy S9+」は2018年に2機種発表されたサムスンのフラッグシップ機の最上位モデル。

広角レンズと望遠レンズのデュアルカメラを搭載していて、ワンタッチで操作できる光学2倍ズームや「背景ボケ撮影」など、世界でもトップレベルのカメラ性能を体験できるのが特徴です。

カメラ以外のスペックも超高性能になっているので、総合力で選ぶなら「Galaxy S9+」がおすすめです。

「Galaxy S9+」の実機レビューはこちら

おすすめスマホ3位 iPhone X

ドコモ スマホおすすめ比較ランキング【2018総合版】

iPhone Xのカメラスペック詳細
カメラ画素数 外側カメラ:約1,200万画素×2
内側カメラ:約700万画素
F値 広角レンズ:1.8
望遠レンズ:2.4
内側カメラ:2.2
オートフォーカス機能 静止画:○
動画:○
ズーム(最大)
※外側カメラのみ
静止画:光学2倍/デジタル10倍
動画:光学2倍/デジタル6倍
ISO感度(最大) 未発表
手ブレ補正機能 外側カメラ 静止画:光学式
動画:光学式
内側カメラ 未発表

「iPhone X」は、iPhone発売から10周年を記念したスペシャルモデル。

広角レンズと望遠レンズのデュアルカメラとなっていて、背景をぼけさせる「ポートレートモード」が流行るきっかけとなった機種ですね。

夜間撮影での画質では上位の2機種には及ばないものの、それ以外のカメラ性能ではトップレベルの高画質を誇ります。

特に、カメラの撮影スピードが速くサクサク撮影したい人にもおすすめです。

「iPhone X」の実機レビューはこちら

おすすめスマホ4位 iPhone 8 Plus

ドコモ スマホおすすめ比較ランキング【2018総合版】

iPhone 8 Plusのカメラスペック詳細
カメラ画素数 外側カメラ:約1,200万画素×2
内側カメラ:約700万画素
F値 広角レンズ:1.8
望遠レンズ:2.8
内側カメラ:2.2
オートフォーカス機能 静止画:○
動画:○
ズーム(最大)
※外側カメラのみ
静止画:光学2倍/デジタル10倍
動画:光学2倍/デジタル6倍
ISO感度(最大) 未発表
手ブレ補正機能 外側カメラ 静止画:光学式
動画:光学式
内側カメラ 未発表

「iPhone 8 Plus」は、「iPhone 7 Plus」からのスペックを残しつつ、処理能力の向上や新機能を加えた後継モデル。

「iPhone X」と比べると望遠レンズの性能が若干劣っていたり望遠カメラ使用時に手ぶれ補正がなかったりするものの、その他のカメラ性能はほぼ同等です。

大きめのデザインになっているので、カメラ性能が優秀な大画面スマホが欲しい人におすすめですね。

「iPhone 8 Plus」の実機レビューはこちら

おすすめスマホ5位 Xperia XZ2 Premium SO-04K

ドコモのスマホを徹底比較!おすすめ機種変更人気ランキング 2018

Xperia XZ2 Premiumのカメラスペック詳細
カメラ画素数 カラーセンサー:約1,920万画素
モノクロセンサー:約1,220万画素
内側カメラ:約1,320万画素
F値 カラーセンサー:1.8
モノクロセンサー:1.6
内側カメラ:2.0
オートフォーカス機能 静止画:○
動画:○
ズーム(最大)
※外側カメラのみ
静止画:デジタル8倍
動画:デジタル8倍
ISO感度(最大) 静止画:ISO51,200
動画:ISO12,800
手ブレ補正機能 外側カメラ 静止画:電子式
動画:電子式
内側カメラ 静止画:電子式
動画:電子式

「Xperia XZ2 Premium」はXperiaシリーズでは初となるデュアルカメラを搭載したソニーの最上位モデル。

カラーセンサーとモノクロセンサーのデュアルカメラとなっていて、特に暗い場所に強い「高感度撮影」が優秀です。

ただし、期待されていた背景をぼかす撮影やモノクロでの撮影は8月以降のアップデートでの対応となっていて、現在は使用できません。

カメラ機能が全て使えるようになったら評価が変わる可能性があるので注意して下さい。

「XPERIA XZ2 Premium」の実機レビューはこちら

ドコモ おすすめスマホ 電池持ちランキング

おすすめスマホ1位 AQUOS sense SH-01K

docomo with対象スマホ おすすめ機種ランキング 月額料金とポイントを解説!

AQUOS sense SH-01Kのスペック
CPU Snapdragon 430
外側カメラ 約1,310万画素
内側カメラ 約500万画素
ディスプレイ 約5.0インチ フルHD(1,920×1,080)
RAM/ROM 3GB/32GB
SDカード microSDXC(最大256GB)
電池容量/連続待受(LTE) 2,700mAh/約650時間
高さ×幅×厚さ/重さ 約144×72×8.6(mm)/約148g
発売日 2017年11月10日

「AQUOS sense」は、シャープが発表したスペックと価格を抑えた docomo with対象スマホ

電池持ちは現在発売しているスマホの中でもダントツとなっているので、とにかく電池持ちが良いスマホが欲しい人におすすめです。

ただし、処理能力はかなり低いので、ゲームや処理の多いアプリを使用する習慣がある人には不向きなので注意。

「IGZOディスプレイ」や防水、「エモパー」など、シャープならではの機能がたくさん搭載されているので、普段はスマホをあまり使わないけれど、機能が充実していて使いやすい機種を探している人におすすめです。

「AQUOS sense」のレビューはこちら

おすすめスマホ2位 MONO MO-01K

docomo with対象スマホ おすすめ機種ランキング 月額料金とポイントを解説!

MONO MO-01Kのスペック
CPU Snapdragon 435
外側カメラ 約1,320万画素
内側カメラ 約500万画素
ディスプレイ 約5.0インチ HD(1,280×720)
RAM/ROM 3GB/32GB
SDカード microSDXC(最大256GB)
電池容量/連続待受(LTE) 2,800mAh/約550時間
高さ×幅×厚さ/重さ 約142×69×8.9(mm)/約153g
発売日 2017年11月30日

「MONO MO-01K」は、スペックと価格を抑えた docomo with対象スマホ

電池持ちの良さは「AQUOS sense」の次に優秀で、何と言っても現在発売しているドコモのスマホの中で1番価格が安いのが特徴です。

処理能力はかなり低くく、ゲームや処理の多いアプリを使用する人には不向きですが、とにかく安くて電池持ちが良い機種を探している人におすすめです。

「MONO MO-01K」のレビューはこちら

おすすめスマホ3位 AQUOS R2 SH-03K

ドコモ スマホおすすめ比較ランキング【2018総合版】

AQUOS R2 SH-03Kのスペック
CPU Snapdragon 845
外側カメラ 約2,260万画素+約1,630万画素
内側カメラ 約1,630万画素
ディスプレイ 約6.0インチ WQHD+(3,040×1,440)
RAM/ROM 4GB/64GB
SDカード microSDXC(最大400GB)
電池容量/連続待受(LTE) 3,130mAh/約530時間
高さ×幅×厚さ/重さ 約156×74×9(mm)/約181g
発売日 2018年6月8日

電池持ちランキングでは唯一の高スペック機種となった「AQUOS R2」。

WQHD+の高解像度ディスプレイを搭載していながら、シャープの独自技術「IGZO液晶ディスプレイ」で驚異的な電池持ちを実現しています。

動画用と静止画用の2つのカメラを搭載したデュアルカメラ仕様となっていて、他スペックも高いので、電池持ちが良い高性能なスマホが欲しい人におすすめです。

「AQUOS R2」のレビューはこちら

おすすめスマホ4位 arrows Be F-04K

ドコモ おすすめスマホ人気機種ランキング/2018年夏モデル~2017年冬春モデル

arrows Be F-04Kのスペック
CPU Snapdragon 450
外側カメラ 約1,220万画素
内側カメラ 約500万画素
ディスプレイ 約5.0インチ HD(1,280×720)
RAM/ROM 3GB/32GB
SDカード microSDXC(最大400GB)
電池容量/連続待受(LTE) 2,580mAh/約530時間
高さ×幅×厚さ/重さ 約144x72x8.3(mm)/約146g
発売日 2018年5月25日

「arrows Be F-04K」は堅牢設計と使いやすい機能が充実した docomo with対象スマホ

docomo with対象機種の中では比較的処理能力が高めになっているので使いやすいと思います。

「日本の企業が日本での使いやすさを第一に考えて日本で作った」というだけあって、ワイヤレス充電とフルセグ以外はほぼ全ての機能が使えるのが良いですね。

「arrows Be F-04K」のレビューはこちら

おすすめスマホ5位 Galaxy Feel SC-04J

docomo with対象スマホ おすすめ機種ランキング 月額料金とポイントを解説!

Galaxy Feelのスペック
CPU Exynos 7870
外側カメラ 約1,600万画素
内側カメラ 約500万画素
ディスプレイ 約4.7インチ HD(1,280×720)
RAM/ROM 3GB/32GB
SDカード microSDXC(最大256GB)
電池容量/連続待受(LTE) 3,000mAh/約500時間
高さ×幅×厚さ/重さ 約138×67×8.3(mm)/約149g
発売日 2017年6月15日

「Galaxy Feel SC-04J」は、コストパフォーマンスに優れた docomo with対象スマホ

大容量バッテリーを搭載して電池持ちが良く、低価格スマホとは思えないほどの高画素カメラを搭載しているのが特徴です。

処理能力はそこまで低くはないので最新ゲームや処理の多いアプリも楽しむ事ができ、カメラ機能も充実、防水や防塵機能も搭載で国内モデル並みに使いやすいと思います。

「Galaxy Feel」のレビューはこちら

ドコモ 価格が安いスマホランキング

おすすめスマホ1位 MONO MO-01K

docomo with対象スマホ おすすめ機種ランキング 月額料金とポイントを解説!

家族に代表回線を契約
している人がいる場合
1人で利用する場合
通話プラン  1,058円
(シンプルプラン)
 1,058円
(シンプルプラン)
 spモード  324円 324円
データプラン 540円
(シェアオプション)
3,132円
ベーシックパック(1GB未満)
端末代金 1,053円 1,053円
docomo with -1,620円 -1,620円
月額料金 1,355円
(3年目以降302円)
3,947円
(3年目以降2,894円)

現在発売されているドコモのスマホで1番価格が安いのは「MONO MO-01K」。

「MONO MO-01K」は、docomo with対象機種となっていて毎月1,620円の割引を受けられますが、「MONO MO-01K」の本体代金の請求が1,053円ですんでしまう為、毎月567円もユーザーが得をするという驚異的な安さが特徴です。

とにかく安い機種を探している人におすすめですね。

「MONO MO-01K」のレビューはこちら

おすすめスマホ2位 AQUOS sense SH-01K

docomo with対象スマホ おすすめ機種ランキング 月額料金とポイントを解説!

家族に代表回線を契約
している人がいる場合
1人で利用する場合
通話プラン  1,058円
(シンプルプラン)
 1,058円
(シンプルプラン)
 spモード  324円 324円
データプラン 540円
(シェアオプション)
3,132円
ベーシックパック(1GB未満)
端末代金 1,269円 1,269円
docomo with -1,620円 -1,620円
月額料金 1,571円
(3年目以降302円)
4,163円
(3年目以降2,894円)

現在発売されているドコモのスマホで2番目に価格が安いのは「AQUOS sense」。

「AQUOS sense」はdocomo with対象機種となっていて、シェアオプションであれば最安値で毎月1,571円、1人で利用しても毎月4,163円で利用できるお手軽さと、圧倒的な電池持ちの良さを兼ね備えているのが特徴です。

価格の安さだけでなく、機能面にも優れたスマホが欲しい人におすすめですね。

「AQUOS sense」のレビューはこちら

おすすめスマホ3位 arrows Be F-04K

ドコモ おすすめスマホ人気機種ランキング/2018年夏モデル~2017年冬春モデル

家族に代表回線を契約
している人がいる場合
1人で利用する場合
通話プラン  1,058円
(シンプルプラン)
 1,058円
(シンプルプラン)
 spモード  324円 324円
データプラン 540円
(シェアオプション)
3,132円
ベーシックパック(1GB未満)
端末代金 1,404円 1,404円
docomo with -1,620円 -1,620円
月額料金 1,706円
(3年目以降302円)
4,298円
(3年目以降2,894円)

「arrows Be F-04K」は堅牢設計と使いやすい機能が充実した docomo with対象スマホ

docomo with対象機種の中ではかなり人気のある機種で、価格の安さ以外にも比較的処理能力が高めになっているので使いやすいと思います。

「日本の企業が日本での使いやすさを第一に考えて日本で作った」というだけあって、ワイヤレス充電とフルセグ以外はほぼ全ての機能が使えるのが良いですね。

「arrows Be F-04K」のレビューはこちら

おすすめスマホ4位 LG style L-03K

ドコモのスマホを徹底比較!おすすめ機種人気ランキング 2018

家族に代表回線を契約
している人がいる場合
1人で利用する場合
通話プラン  1,058円
(シンプルプラン)
 1,058円
(シンプルプラン)
 spモード  324円 324円
データプラン 540円
(シェアオプション)
3,132円
ベーシックパック(1GB未満)
端末代金 1,674円 1,674円
docomo with -1,620円 -1,620円
月額料金 1,976円
(3年目以降302円)
4,568円
(3年目以降2,894円)

「LG style L-03K」は、基本的なスペックが底上げされたLG Electronics(エルジーエレクトロニクス)の docomo with対象スマホ

流行りの18:9フルHD+ディスプレイを搭載していて、RAMの容量やカメラ性能が他のdocomo with対象機種と比べると高性能なのが魅力です。

ただし、本体価格は実質0円程度と、docomo with対象機種にしてはやや高めの設定になっていますね。

「LG style L-03K」のレビューはこちら

おすすめスマホ5位 Xperia XZ1 Compact SO-02K

ドコモ スマホおすすめ比較ランキング【2018総合版】

家族に代表回線を契約
している人がいる場合
1人で利用する場合
通話プラン  1,058円
(シンプルプラン)
 1,058円
(シンプルプラン)
 spモード  324円 324円
データプラン 540円
(シェアオプション)
3,132円
ベーシックパック(1GB未満)
端末代金 3,240円 3,240円
月々サポート -2,592円 -2,592円
月額料金 2,570円
(3年目以降1,922円)
5,162円
(3年目以降4,514円)

「Xperia XZ1 Compact」は、同時に発表された「Xperia XZ1」の本体サイズが小さくなったコンパクトバージョン。

2017年冬モデルの高スペック機で、2018年に後継機「Xperia XZ2 Compact」が発売された事で大幅に値下げされました。

ただし、かなり人気ある機種なので、在庫の終了に注意ですね。

値下げされた高性能スマホが欲しい人におすすめです。

「Xperia XZ1 Compact」の実機レビューはこちら

ドコモのスマホを1万円以上安く買う方法

ドコモのスマホを徹底比較!おすすめ機種人気ランキング 2018

ドコモでスマホを購入するなら ドコモ公式オンラインショップ で購入するのがおすすめです。

公式オンラインショップでの購入には、

  • 送料無料
  • 頭金なし
  • 機種変更なら事務手数料無料

というメリットがあり、ドコモショップや店頭で購入する際に通常5,000円~10,000円程度かかる「頭金」もかかりません

ドコモのスマホを徹底比較!おすすめ機種人気ランキング 2018

さらに、機種変更であれば「事務手数料」も無料になるので、ドコモショップや店頭との差は10,000円以上になる事も・・・。

操作方法など、ショップで接客を受けたい場合も、オンラインショップでお得に購入してから、受け取り方法を近隣のドコモショップにする事で「無料」で接客を受けられるので、ドコモオンラインショップを活用してお得にスマホを購入しましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-docomo(ドコモ)

Copyright© おすすめスマホを徹底比較レビュー!くろねこのみみ , 2018 All Rights Reserved.