携帯・スマホ関連、ゲームアプリやスマホ周辺機器のレビュー、趣味や日記など、色んな事を書いています。

くろねこのみみ


ドラクエ10

今週のピラミッド第9霊廟は戦士構成で行ってきました。

更新日:

今週のピラミッド第9霊廟は戦士構成で行ってきました。

今週のピラミッド第9霊廟は、戦士2人、旅芸人、僧侶という構成で行って来ました。
もう何度か戦士構成で行ってるんですけどね。
記事にした事がなかったので、今回は書いてみる事にしました。

本格的に流行りだしたのは2週間前くらいからでしょうか。
戦士構成ならサポでも余裕だなんて動画まで出始めて一気に火がついた感じですね。(ちょっとサポで行ってみましたが、ゼンゼン余裕じゃないですよ)

ピラミッド第9霊廟に参加する戦士の耐性装備と宝珠

今週のピラミッド第9霊廟は戦士構成で行ってきました。

戦士の装備は、全て☆2の装備でいけるので上記のものがおすすめです。
ガチの耐性装備を目指すのであれば、上記以外に眠り、おびえ、魅了、混乱の耐性をつければ完封。(現実的に無理ですので取り捨てが必要です)

呪いガードはファラオ・ヘルマの「呪いの踊り」対策、マヒ耐性はファラオ・カーメンの「ジゴスパーク」対策ですので、避ける前提の場合は他の耐性に変えるか、なくても大丈夫です。

ピラミッド第9霊廟に参加する戦士のおすすめ宝珠

ピラミッド第9霊廟に参加する戦士のおすすめ宝珠は

・真・やいばくだきの技巧(光)
・蒼天魔斬の極意(闇)

です。

「オノむそうの極意(闇)」と「真・オノむそうの極意(闇)」もあればいざという時に便利ですが、使用頻度がかなり低いのでなくても問題ないと思います。

ピラミッド第9霊廟に参加する戦士の戦闘中の立ち回り

今週のピラミッド第9霊廟は戦士構成で行ってきました。

ファラオ・ナジャまでは敵が出てくる度に「蒼天魔斬」で各個撃破していけば比較的楽に進めると思います。
ファラオ・ラーとファラオ・ヘッドは、旅芸人が短剣を装備して「おたけび」をするとかなりの確率で入りますので楽ですが、仲間呼びに備えて戦士も「チャージタックル」を意識しながら攻撃できると安心ですね。

ファラオ・ヘルマ&ニビス戦

「真・やいばくだき」と「チャージタックル」、「たいあたり」などを使いながら「蒼天魔斬」でニビスから倒していきます。
「真・やいばくだき」がヘルマに入っていれば「ゴールドシャワー」をくらっても聖女がはがれる事なく生き残りますので安心ですね。

ヘルマ1体になり、HPを4分の1程度まで削ったらカーメン戦に備えてMP回復や聖女配り、キラポンなどの準備をしましょう。
戦闘開始から8分後にカーメンが出現しますので、それまでにはヘルマを倒して下さいね。

ファラオ・カーメン戦

カーメン戦は常に「真・やいばくだき」が入っている状態が好ましいので、戦士で交互に「真・やいばくだき」をして攻撃力ダウン状態を維持します。

カーメンの「ファラオの召喚」の連発が怖いので、できれば「チャージタックル」は「ファラオの召喚」に合わせたいところ。
また、戦闘が長引くほど「ファラオの召喚」連発からの壊滅リスクが増えますので、「ジゴスパーク」は避けずにくらいながら「蒼天魔斬」で攻撃したほうが結果的に戦闘時間が短くなり、リスク回避につながると思います。

まとめ

今週は「ファラオの召喚」5連発くらいをされてしまい、1度全滅してしまいましたが、そんな事でもないかぎりは比較的簡単にピラミッド第9霊廟をクリアできる構成だと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「くろねこのみみ」をフォローしよう!

-ドラクエ10

Copyright© くろねこのみみ , 2017 AllRights Reserved.