ドコモ・au・ソフトバンクのスマホや格安SIMなど、ガジェット系の攻略レビューサイト。

くろねこのみみ

ワイモバイル iPhone5sを評価!スペックや評判をレビュー!

ワイモバイル iPhone5sを評価!スペックや評判をレビュー!

更新日:

ワイモバイルが発売を決めた事で再度注目されているiPhone5s。
現行機種と比べてどうだったっけ?って人も多いと思いますので、改めてレビューしたみたいと思います。

ちなみにiPhone5sの発売日は2013年9月20日ですので、もう2年半くらい前の機種という事になりますね。

ワイモバイル iPhone5sのスペックとカラーバリエーション

ワイモバイル iPhone5sを評価!スペックや評判をレビュー!

2013年に発売されたiPhone5sのカラーバリエーションは3色でシルバー、ゴールド、スペースグレイでしたが、今回ワイモバイルから発売が発表されたのはシルバーとスペースグレイの2色のみです。

ゴールドは世界的にも1番売れていましたから、在庫的にも厳しいのかもしれませんね。
実際に接客していても、外国人はゴールドを好む印象がすごくありましたよ。

iPhone5sのスペック

ワイモバイル iPhone5sを評価!スペックや評判をレビュー!

さすがに2年半前の機種だけあって、スペックを数字だけで見てしまうとかなり見劣りしてしまいますよね。
発売当時でさえ、おお!みたいなインパクトのある数字ではなかった事を、今でもすごく覚えています。
ちなみに、これでも2016年春に発売されたスマホの中では中間レベルくらいの処理能力があります。
iPhoneのスペックを眺めるたびに「CPUから全て自社で開発すれば、ここまで無駄が省けるんだなあ」なんて思うんですよねえ。

電池容量は少ないですが、ハイスペックスマホではないので消費電力も低く不便に思う事はありません。
弱点といえば、大きく分けて2つ。

・インカメラの画質
・RAMの少なさ

です。
2016年現在のスマホの流れとして、自撮りブームからか各メーカーがインカメラを強化してきているんですね。
その為、最新機種ではアウトカメラにも負けないほどの画素数があったりしますが、iPhone5sのインカメラは120万画素。
最新機種と比べてしまうと、明らかに画質が悪いです。

それとRAMの少なさはiPhoneの弱点と言ってもいいくらいの少なさです。
同時にアプリを何個も起動させたり、超高負荷な3Dゲームをしたい場合は注意が必要です。
できないわけではありませんが、それなりに不便な瞬間があるでしょう。

iPhone5sのベンチマークテストの結果

次に、実際の処理性能を示すAntutuのベンチマークテストの結果です。

iPhone5Sのベンチマークテストのスコアは41,000前後

となっています。
もうね。
最新機種だ!って言いながらスコア20,000くらいの処理能力しかないスマホを発売するメーカーは、爪の垢を煎じて飲んでほしいですね。
このスコアで2016年春モデルの中間くらいの処理能力でしょうか。
iPhoneが売れる理由がわかりますよね。

まとめ

今回、ワイモバイルがiPhone5Sを発売するという事でレビューしてみましたが、コストパフォーマンスが圧倒的に高いので、単純にスペックだけで最新機種と比べてはいけません。
3大キャリアでは、どんなに頑張っても月々料金が6,000円くらいはかかってしまうなか、月々2,980円でiPhone5sが持てるという事が重要です。

ただし、それでもインカメラとRAMの低スペックに変わりはありませんので、この2つを重要視する人には向かないと思いますので注意して下さいね。
普通に2年間使用するだけであれば問題なく満足できる値段とスペックだと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「くろねこのみみ」をフォローしよう!

-ワイモバイルのスマホ機種まとめ

Copyright© くろねこのみみ , 2017 All Rights Reserved.