【購入レビュー】Xperia 5 IV デメリットはここだ!スペックや評価・カメラ性能まとめ

Source by docomo

au docomo(ドコモ) SIMフリースマホ softbank(ソフトバンク) スマホ評価レビュー ドコモ 2022-2023年冬春モデルまとめ

【購入レビュー】Xperia 5 IV デメリットはここだ!スペックや評価・カメラ性能まとめ

「Xperia 5 IV」をレビューします。

SONY(ソニー)はドコモの2022年夏モデルとして、

の3機種を発表しましたが、「Xperia 5 IV」は「Xperia 1 IV」からスペックを落とし価格を抑えたハイスペックモデル。

「Xperia 10 IV」は「Xperia 1 IV」からスペックと価格が大幅に落とされたミドルレンジスマホなので、「Xperia 5 IV」は「Xperia 1 IV」と「Xperia 10 IV」の中間帯となるややハイスペックよりのスマホになります。

この記事では「Xperia 5 IV」を実際に購入して、カメラの性能や使用感などを徹底レビューしています。

くろねこ
「Xperia 5 IV」の購入を検討している人はぜひ参考にしてみて下さいね!

※現在更新中です

Xperia 5 IV

ドコモ公式サイトで詳細をチェック

Xperia 5 IV の発売日と本体価格

Xperia 5 IV の発売日と本体価格

楽天モバイル版 Xperia 5 IV の発売日と本体価格

楽天モバイル版 Xperia 5 IV の発売日と本体価格

楽天モバイル版「Xperia 5 IV」の発売日は2022年10月22日で、本体価格は税込みで119,900円です。
※本体価格は発売日に発表されたものです

Xperia 5 IV のカラーバリエーション

Xperia 5 IV のカラーバリエーション

「Xperia 5 IV」のカラーバリエーションは、

  • エクリュホワイト
  • ブラック
  • グリーン
  • ブルー(ドコモ限定)
  • パープル(ドコモ限定)

の5色です。

くろねこ
今回レビューするのはエクリュホワイトになります

エクリュホワイト
Xperia 5 IV のカラーバリエーションブラック
Xperia 5 IV のカラーバリエーショングリーン
Xperia 5 IV のカラーバリエーションブルー
Xperia 5 IV のカラーバリエーションパープル
Xperia 5 IV のカラーバリエーション

Xperia 5 IV の外観とデザイン

Xperia 5 IV の外観とデザイン

「Xperia 5 IV」にはサラサラしたマット調のフロストガラスが採用されていて、背面には左上に、

  • フラッシュ/フォトライト
  • RGB-IRセンサー
  • 超広角カメラ
  • 広角カメラ
  • 望遠カメラ

が並んでいて、本体上部カメラの横に「おサイフケータイ」があります。

Xperia 5 IV の外観とデザイン

ディスプレイ面には画面上部に左から、

  • フロントカメラ
  • 受話口/スピーカー
  • 近接/照度センサー
  • 通知LED

が並んでいて、画面下部にもスピーカーがあります。

Xperia 5 IV の外観とデザイン

右側面には上から

  • 音量キー/ズームキー
  • 電源キー/指紋センサー
  • シャッターキー

があり、

Xperia 5 IV の外観とデザイン

左側面には何もなし。

Xperia 5 IV の外観とデザイン

本体上部には「イヤホンジャック」と「セカンドマイク」。

Xperia 5 IV の外観とデザイン

本体下部には左から、

  • USB Type-C接続端子
  • 送話口/マイク
  • SIMカードトレイ

が並んでいます。

Xperia 5 IV のスペック詳細

Xperia 5 IV Xperia 5 III
CPU Snapdragon 8 Gen1 Snapdragon 888
外側カメラ 約1,200万画素:広角
約1,200万画素:超広角
約1,200万画素:望遠
約1,220万画素:広角
約1,220万画素:超広角
約1,220万画素:望遠
内側カメラ 約1,200万画素 約800万画素
ディスプレイ 約6.1インチ FHD+
120Hz 有機ELディスプレイ
約6.1インチ FHD+
120Hz 有機ELディスプレイ
RAM 8GB 8GB
ROM 128GB 128GB
SDカード microSDXC(最大1TB) microSDXC(最大1TB)
電池容量 5,000mAh 4,500mAh
高さ×幅×厚さ 約156x67x8.2(mm) 約157x68.5x8.2(mm)
重さ 約172g 約168g

「Xperia 5 IV」にはクアルコムの最新CPU「Snapdragon 8 Gen1」が搭載され、RAMは8GB。

アウトカメラは、

  • 広角
  • 超広角
  • 望遠

と前作「Xperia 5 III」と構成は同じですが、これまで広角カメラしか対応していなかった120fpsの高速読み出しセンサーが3つのカメラ全てに対応しています。

ディスプレイには「Xperia 5 III」から50%輝度が向上したフルHD有機ELディスプレイが採用されていて、電池容量は5,000mAh。

ROMは128GBで、本体サイズは「Xperia 5 III」よりも少しだけ小さく、本体重量は4g重くなっています。

Xperia 5 III から進化したポイント

外観デザイン

Xperia 5 III から進化したポイント

「Xperia 5 III」では側面に光沢のある丸みを帯びたアルミフレームが採用されていましたが、「Xperia 5 IV」ではフラットになり光沢もなくなりました。

その影響から、本体重量はバッテリーの増量やワイヤレス充電対応により4g増しましたが、本体サイズは上下に1mm小さくなっています。

アウトカメラの大幅進化

Xperia 5 III から進化したポイント

「Xperia 5 IV」のアウトカメラは、

  • 広角
  • 超広角
  • 望遠

という構成になっていて、全てのレンズで120fps読み出しと瞳AFやオブジェクトトラッキング、20fpsの高速連写が利用できるようになりました。

また、新しい動画撮影アプリ「Videography Pro」も搭載されています。

ディスプレイの最大輝度が50%向上

Xperia 5 III から進化したポイント

「Xperia 5 IV」の最大輝度は「Xperia 5 III」比で50%向上しています。

輝度というは明るさのことで、最大輝度が50%向上したということは「Xperia 5 III」に比べて1.5倍明るいディスプレイになったということ。

最大輝度は室内で使う分にはまったく影響しませんが、屋外の太陽の下で画面をみる際に大きく影響し、画面が明るいほど見やすくなります。

スピーカー性能が向上

Xperia 5 III から進化したポイント

「Xperia 5 IV」ではスピーカー構造が刷新され、スピーカーユニットを区分けされた専用インナーボックスに格納することで、スマホの筐体全体に不要な振動が伝わらないようにする技術「フルステージステレオスピーカー」が採用されました。

これにより、音のクリアさが向上しているほか、最大音圧が約30%向上。

「Xperia 5 III」ではスピーカー性能がいまいちでしたが、この強化によってかなりハイエンド「Xperia 1 IV」に近いスピーカー性能になっています。

Xperia 5 IV と Xperia 1 IV との違い

Xperia 5 IV Xperia 1 IV
CPU Snapdragon 8 Gen1 Snapdragon 8 Gen1
外側カメラ 約1,200万画素:広角
約1,200万画素:超広角
約1,200万画素:望遠
約1,220万画素:広角
約1,220万画素:超広角
約1,220万画素:望遠
内側カメラ 約1,200万画素 約1,220万画素
ディスプレイ 約6.1インチ FHD+
120Hz 有機ELディスプレイ
約6.5インチ 4K
120Hz 有機ELディスプレイ
RAM 8GB 12GB
ROM 128GB 256GB
SDカード microSDXC(最大1TB) microSDXC(最大1TB)
電池容量 5,000mAh 5,000mAh
高さ×幅×厚さ 約156x67x8.2(mm) 約165x71x8.2(mm)
重さ 約172g 約187g

画面解像度と本体サイズ

Xperia 5 IV と Xperia 1 IV との違い

Xperiaのハイスペックモデルは、

  • Xperia 1シリーズ
    大きいサイズ、大型画面で4K映像を楽しめる
  • Xperia 5シリーズ
    持ちやすいコンパクトサイズで映像はフルHD

という特徴があり、「Xperia 5 IV」もシリーズの特徴どおり「Xperia 1 IV」から一回り小さい本体サイズになっています。

くろねこ
業界最高水準の4K超高画質映像は「Xperia 1 IV」でしか楽しめないので、理解した上で購入しましょう

RAMとROM

Xperia 5 IV と Xperia 1 IV との違い

「Xperia 5 IV」では本体価格を下げる戦略から、

  • RAM(Random Access Memory)
    Xperia 1 IV 12GB → Xperia 5 IV 8GB
  • ROM(Read Only Memory)
    Xperia 1 IV 256GB → Xperia 5 IV 128GB

というスペックダウンがおこなわれています。

RAMはたくさんのアプリを同時に起動した場合の処理の速さに、ROMは音楽や写真のデータを保存できる容量に影響します。

RAMとROMとは

  • RAM(Random Access Memory)
    一時的にデータを保存しておけるメモリー。ROMよりも速くデータを取り出すことができ、RAMが大きいとその分だけ多くのアプリを高速で使う事ができます。
  • ROM(Read Only Memory)
    写真やアプリを保存しておくメモリー。ROMが大きいとその分だけ写真やアプリ、音楽をスマホに保存しておく事ができます。

アウトカメラのスペックダウン

Xperia 5 IV と Xperia 1 IV との違い

「Xperia 5 IV」には、上位モデル「Xperia 1 IV」とほぼ同等のアウトカメラが搭載されていますが、「Xperia 1 IV」にはあった3D iToFセンサーは「Xperia 5 IV」ではなくなっています。

3D iToFセンサーは、暗い場所でも物体を立体的に検知しオートフォーカスの性能を高めるという役割があり、「Xperia 5 IV」は暗い場所でのオートフォーカスの性能が「Xperia 1 IV」に劣ります。

また、望遠カメラは、

  • Xperia 1 IV
    85mm~125mmの間で可変式のシームレス光学ズームに対応。それ以降は光学とデジタルのハイブリットズームで最高15.6倍
  • Xperia 5 IV
    60mmの単焦点で、それ以降は光学とデジタルのハイブリットズームで最高7.5倍

という違いがあります。

Xperia 1 IV のみミリ波に対応

Xperia 5 IV と Xperia 1 IV との違い

「Xperia 5 IV」は5Gの電波に対応していますが、ミリ波に対応しているのは「Xperia 1 IV」のみになります。

5Gは、現在普及している電波のほとんどがSub6と呼ばれるn78、n79なので使用上はまったく問題ありませんが気になる人は注意して下さい。

くろねこ
n257(ミリ波)は電波の届く範囲が狭く、障害物の影響を受けやいという特徴があり、普及したとしてもイベント会場やスポーツ観戦時に使われる性質の電波であり、環境が整うのも2、3年後と言われているので、よくわからないよ!って人は今は無視してしまっても問題ありません

Xperia 5 IV の便利機能

Xperia 5 IV の便利機能
テザリング
おサイフケータイ
ワンセグ:フルセグ ✕:✕
ハイレゾ
ワイヤレス充電
イヤホンジャック
防水:防塵 IP68
耐衝撃
スピーカー ステレオスピーカー
生体認証 指紋認証センサー

「Xperia 5 IV」の機能面では、

  • テザリング
  • おサイフケータイ
  • ハイレゾ
  • ワイヤレス充電
  • イヤホンジャック
  • 防水:防塵

には対応していますが、

  • ワンセグ:フルセグ
  • 顔認証

には対応していません。

Xperia 5 IV のベンチマークスコア

  • Xperia 5 IV のantutuベンチマークスコア

    antutu 9.4.4

  • Xperia 5 IV のGeekbenchベンチマークスコア

    Geekbench 5.4.4

  • Xperia 5 IV のGeekbenchベンチマークスコア

    Geekbench 5.4.4

これは、実際に計測した「Xperia 5 IV」のベンチマークスコアですが、

  • antutu 9.3.2:834,611
  • Geekbench 5.4.4:シングル 1,143 / マルチ 3,296
  • Geekbench Compute:5,438

になりました。

上位モデル「Xperia 1 IV」とほぼ同じスコアとなっていて、androidスマホとしてはトップクラスの処理能力になっています。

くろねこ
ベンチマークスコアはスマホの処理能力を数値化した点数です

Xperia 5 IV の電池もち(バッテリー持ち)

Xperia 5 IV の電池もち(バッテリー持ち)

「Xperia 5 IV」には5,000mAhのバッテリーが搭載されていますが、電池持ちはかなり良いです。

試しに充電して100%の状態からリフレシュレート120Hzで、

  • You Tube
  • ゲーム
  • ネット検索
  • 音楽

を2時間ずつ使ってみましたが、27時間経過して電池残量は46%も残っていました。

この電池持ちは全スマホの中でもトップクラス。

今作からワイヤレス充電にも対応したので、充電方法や電池持ちにこだわりがある人でもかなり使いやすいと思います。

Xperia 5 IV の良いところ(メリット)

ゲームに最適な機能が豊富

Xperia 5 IV の良いところ(メリット)

「Xperia 5 IV」には理想のゲーム環境を実現するアプリ「ゲームエンハンサー」が備わっていて、ゲームをするにはかなり便利です。

リフレッシュレート120Hz、タッチサンプリングレート240Hzのディスプレイに加えて、

Xperia 5 IV の良いところ(メリット)

Xperia 5 IV の良いところ(メリット)

画質を細かく調整したり、オーディオイコライザーを使って音質を調整する事も可能。

また、「HSパワーコントロール」っていう機能をオンにしておけば、バッテリーを介さず給電する事もできるので、充電による熱発生や劣化などを防ぐ事ができます。

スピーカー性能が良くなった

Xperia 5 III から進化したポイント

スピーカー構造が刷新された「Xperia 5 IV」のスピーカーでは、音のクリアさが向上し、最大音圧が約30%向上しました。

実際に「Xperia 1 IV」と聴き比べてみましたが、「Xperia 1 IV」には及ばないものの、「Xperia 5 III」からは大きく向上していて、かなり高音質になっていました。

設定では、立体的な音を楽しめるDolby Surround(ドルビーサラウンド)に加え、ライブステージ最前列にいるかのような臨場感を楽しめる360 Reality Audioにも対応しているので、イヤホンをしなくても高音質な音楽を楽しむことができます。

くろねこ
実際に「Xperia 1 IV」と聴き比べてる様子は You Tube で10:27~から確認できます

自然でリアリティのある写真

それなりに弱点のある「Xperia 5 IV」のカメラですが、得意な環境なら自然でリアリティのある超高画質な写真が撮れます。

例えばこの馬の銅像の写真。

Xperia 5 IV の良いところ(メリット)

Xperia 5 IV

Xperia 5 IV の良いところ(メリット)

Galaxy S22

※クリックで拡大できます

無理に明るくする調整ではなく本当に見たままの明るさで撮影されるので、すごくリアリティのある写真になっています。

「Galaxy S22」も高画質に撮れているんですけど、「Xperia 5 IV」のほうが肉眼でみた印象に近いだけでなく、銅像の質感が伝わってくるような1枚になっています。

Xperia 5 IV の良いところ(メリット)

Xperia 5 IV

Xperia 5 IV の良いところ(メリット)

Galaxy S22

※クリックで拡大できます

食べ物の写真も見たままに少し明るさをプラスしたような調整になっていて、「Galaxy S22」よりも格段に美味しそうに撮ることができました。

得意な環境での写真は、さすがαのソニーと思わせる画質になっていると思います。

電池持ちが良い

Xperia 5 IV の電池もち(バッテリー持ち)

「Xperia 5 IV」には5,000mAhのバッテリーが搭載されていますが、電池持ちはかなり良いです。

試しに充電して100%の状態からリフレシュレート120Hzで、

  • You Tube
  • ゲーム
  • ネット検索
  • 音楽

を2時間ずつ使ってみましたが、27時間経過して電池残量は46%も残っていました。

この電池持ちは全スマホの中でもトップクラス。

「Xperia 5 III」からバッテリー容量が500mAh増量されたのもありますが、それにしても劇的に電池持ちは改善されています。

-au, docomo(ドコモ), SIMフリースマホ, softbank(ソフトバンク), スマホ評価レビュー, ドコモ 2022-2023年冬春モデルまとめ
-, , , , , ,