スマホやキャリア、格安SIMなど、ガジェット系の攻略レビューサイト。

くろねこのみみ


ドコモの料金プランやサービス

ドコモ 新料金プラン「カケホーダイライトプラン」って結局安くなるの?

更新日:

au Qua tab(キュア タブ) 01の評判とスペックをレビュー

ドコモが9月25日のiPhone6sの発売と同時に、新料金プラン「カケホーダイライトプラン」を発表しました。

こちらは、iPhone6sユーザーの取り込みを狙った実質的な値下げとなっています。
条件付きですが、今までより月々1,000円も安くなりますので、長電話をする習慣でもないかぎりは早めにプラン変更したほうがお得になりそうですね。

「カケホーダイライトプラン」に申し込む為の条件と内容

ドコモ 新料金プラン「カケホーダイライトプラン」って結局安くなるの?

今までは、ドコモでスマホを契約すると強制的に「カケホーダイプラン」に加入する事になっていたので、みんなが月々2,700円支払っていたはずですよね。

通話なんかほとんどしないから料金を下げてよ!

って思っていた人も多いと思います。
そんなユーザーを取り込む為にドコモが発表したのが「カケホーダイライトプラン」なんですね。

「カケホーダイライトプラン」の内容

「カケホーダイライトプラン」は、1回5分以内の通話なら何度かけても無料、5分以上の通話は30秒ごとに20円(税抜)の通話料金がかかるというもの。

「カケホーダイプラン」と比べると、5分以内という制限が加わりますが、月々の料金が1,000円安い1,700円で使えます。
通話をする習慣があまりなかったり、そもそもLINEやスカイプでの通話がメインだったりするユーザーにとっては、かなり嬉しい新料金プランになると思われます。

「カケホーダイライトプラン」に申し込む為の条件

「カケホーダイライトプラン」に申し込む為には、 データMパック、データLパック、シェアパック15、シェアパック20、シェアパック30、ビジネスシェアパック15~3000(※シェアパックの場合子回線契約を含みます。) に申し込む必要があります。

ここで注意したいのは、 データSパックとシェアパック10、らくらくパックが対象外 という事。
たぶん、ドコモのほうでデータSパックとシェアパック10は採算がとれないと判断したんでしょうね。

まとめ

au Qua tab(キュア タブ) 01の評判とスペックをレビュー

1番需要があると思われるシェアパック10と子回線契約のセットを「カケホーダイライトプラン」の対象から外すあたりは、ドコモらしい中途半端な感じで不満も多そうですが、今現在対象プランを契約中の人にとっては月々1,000円の値下げとなります。

対象プランを契約中で、あまり電話する習慣がないよー!って人は、早めに申し込みましょうね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「くろねこのみみ」をフォローしよう!

-ドコモの料金プランやサービス

Copyright© くろねこのみみ , 2017 AllRights Reserved.