ドコモ・au・ソフトバンクのスマホや格安SIMなど、ガジェット系の攻略レビューサイト。

くろねこのみみ

日本で1番売れている!?人気モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000」を評価!スペックや評判をレビュー!

大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 13000」を評価!スペックや評判をレビュー!

更新日:

今回はモバイルバッテリー「Anker PowerCore 13000」をレビューしてみたいと思います。

「Anker PowerCore 13000」は、Anker(アンカー)が作っているモバイルバッテリー。

かなり売れているメーカーで、Amazonの人気ランキングでは、常にトップ10に入っている印象があります。

「Anker PowerCore 13000」の概要

大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 13000」を評価!スペックや評判をレビュー!photo by jp.anker.com

「Anker PowerCore 13000」のスペック

「Anker PowerCore 13000」のスペック詳細
容量 13,000mAh
入力 5V/2A
出力 5V/3A(各ポート毎に最大2.4A)
高さ×幅×厚さ 約97×80×22(mm)
重さ 約240g
カラー ブラック・ホワイト
保証期間 18ヵ月間

1番重要な容量ですが、名前のとおり13,000mAhまで充電する事が可能です。

「iPhone6s」の電池容量は1,715mAhとなっているので7.5回のフル充電、電池容量が1番多いスマホの「Galaxy S7 edge」で3,600mAhとなっているので、3.6回フル充電できる計算になりますね。

・・・実際は、放電とかの関係で電池容量の70%くらいの容量となりますので目安程度に考えて下さい。

入力と出力について

入力は5V/2A、出力が5V/3Aなので、 iPadのようなタブレットの受電も可能

入力とか出力とかわかりにくいですが、左側の「5V」の部分はUSB規格の電圧の事なのでUSBを使用していれば、どのモバイルバッテリーも共通です。

入力とは、モバイルバッテリーが一定時間で受け取れる電流値で、この数字が大きいほどモバイルバッテリー自体の充電が早くなります。

出力とは、モバイルバッテリーが一定時間で出力できる電流値で、この数字が大きいほどスマホやタブレットへの充電時間が早くなります。

一般的に、「急速充電」と言われているポートは「5V/2A」以上。

また、出力は充電する機器のほうも対応していないと充電時間が早くならないので、「5V/3A」と記載されているからといって全ての機器で「5V/3A」のスピードで充電できるわけではありません。

iPadのような電池容量の大きいタブレットは2A対応なので、「Anker PowerCore 13000」であれば最大速度の2Aの速さで充電できるという事ですね。

「Anker PowerCore 13000」のサイズと重さ

大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 13000」を評価!スペックや評判をレビュー!photo by jp.anker.com

「Anker PowerCore 13000」は、従来サイズから30%以上の軽量化を実現し、片手にも収まるコンパクトサイズ。また、丸みを帯びたデザインなのでとても持ちやすく作られています。

「Anker PowerCore 10000」の特徴

大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 13000」を評価!スペックや評判をレビュー!photo by jp.anker.com

2つのUSBポートで同時充電も可能

「Anker PowerCore 10000」は「5V/2.4A」の出力USBポートが2つ搭載されているので、「iPad」と「iPhone」など、2つの機器を同時に充電する事が可能です。

PowerIQ&VoltageBoost

Ankerの独自技術、デバイスの充電特性を認識して最適な出力を行う「PowerIQ」と、使用しているケーブルの抵抗を検知して電圧を上げる「VoltageBoost」で、充電する全ての機器に対して2.4Aまで急速充電が可能。

パナソニック製セル

大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 13000」を評価!スペックや評判をレビュー!photo by jp.anker.com

高い安全製を誇る国内メーカーのパナソニック製バッテリーセルを採用。

同梱品

同梱されるアクセサリーは、

・「Anker PowerCore 13000」本体
・トラベルポーチ
・Micro-USBケーブル

です。

Lightningケーブルは同梱されていないので、iPhoneに充電したい場合は、iPhoneを購入した時に同梱されているLightningケーブルを使う事になります。

androidスマホの場合は、そのまま「Anker PowerCore 10000」に同梱されているMicro-USBケーブルで充電が可能。

また、「Anker PowerCore 10000」本体を充電する場合は、別途「USB電源アダプタ」が必要ですが、androidスマホでもiPhoneでも、現在スマホを充電する為に使っている「USB電源アダプタ」を使えば問題ありません。

「Anker PowerCore 13000」の評価

大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 13000」を評価!スペックや評判をレビュー!photo by jp.anker.com

急速充電にも対応していて、2台同時充電可能。また、電池容量も13,000とかなり大容量になっているので、スペック的にはほぼ完璧って感じでしょうか。

スマホとタブレットを1台ずつ持っている人が旅行や出張に持っていく分には「Anker PowerCore 13000」1台あれば十分でしょう。

価格も安く、18ヶ月保証もついて評判や評価もかなり良いので、おすすめのモバイルバッテリーだと思います。

Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー)

Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー)
Amazonと楽天市場での現在の価格はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「くろねこのみみ」をフォローしよう!

-おすすめモバイルバッテリー

Copyright© くろねこのみみ , 2017 All Rights Reserved.