スマホやキャリア、格安SIMなど、ガジェット系の攻略レビューサイト。

くろねこのみみ


「ZenFone AR」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

Source by asus

「ZenFone AR」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

更新日:

「ZenFone AR」は、台湾メーカーのASUS(エイスース)が発売するスマホ。

日本でも人気のZenFoneシリーズとなっていて、Googleが発表しているAR技術「Tango」とVRプラットフォーム「Daydream」の両方をサポートしている世界初のスマホという事で注目されている機種ですね。

ZenFone ARのカラーバリエーションとスペック詳細

「ZenFone AR」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「ZenFone AR」のカラーバリエーションはブラックのみとなっています。

ZenFone ARのスペック詳細

ZenFone ARのスペック詳細
CPU Snapdragon 821
外側カメラ 約2,300万画素
内側カメラ 約800万画素
ディスプレイ 約5.7インチ
QHD(2,560×1,440)
RAM 6GB/8GB
ROM 64GB/128GB
SDカード(最大) 2TB
SIMスロット nanoSIMスロット×2
通信方式 FDD LTE:B1/2/3/5/7/8/18/19/20/26/28
TDD LTE:B38/40/41
W-CDMA: B1/2/5/6/8
GSM:850/900/1,800/1,900MHz
2CA/3CA対応
電池容量 3,300mAh
連続通話(3G) 約930分
連続待受(3G) 約240.6時間
通信速度(最大) 600Mbps
高さ×幅×厚さ 約158.98×77.7×8.95(mm)
重量 約170g

「ZenFone AR」は、VRやARなど、最新の映像コンテンツを楽しめるのが特徴の為か、ディスプレイの高解像度が目立ちます。

RAMの容量が6GBと8GBのモデルがあり、どちらも現行のスマホでは見慣れないほどの大容量となっていて話題を集めた機種ですね。

SIMフリースマホとしてはかなりの高スペックとなっていますが、その影響からか電池持ちはあまり良くない事がわかります。

また、CPUが「Snapdragon 821」なのもちょっと物足りない印象。

「Snapdragon 821」であれば処理能力は十分なものの、ここまでの高スペックにするのであれば、最新の「Snapdragon 835」を搭載してほしかったところですね。

ZenFone ARの機能&サービス

「ZenFone AR」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

機能面では、

・Bluetooth4.2
・ジャイロセンサー
・テザリング
・指紋センサー
・USB Type C

が利用可能ですが、

・フルセグ/ワンセグ
・防水/防塵
・おサイフケータイ
・デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)

などは使用できないので注意して下さい。

ZenFone ARのベンチマークスコア

「ZenFone AR」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ「ZenFone AR」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめSource by Geekbench

これは、「ZenFone AR」と同じCPUの「Google Pixel」のベンチマークスコアですが、シングルスコア平均が「1,675」で、マルチスコア平均が「4,013」となっています。

「Snapdragon 821」は、2017年春までは各有名メーカーのフラッグシップモデルに搭載されていたCPUなので処理能力は十分でしょう。

3Dゲームや処理が多いアプリなどを使う習慣がある人にとっても、快適に操作できるレベルだと思います。

ZenFone ARの価格

「ZenFone AR」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

SIMフリーの「ZenFone AR」の価格は82,800円(税抜)

すでにSIMを持っていて「ZenFone AR」の本体のみがほしい場合は「Amazon」が便利ですが、本体と一緒にSIMも契約する予定であれば格安SIMの会社で購入したほうがキャンペーンなども適用されるのでお得になります。

格安SIM会社別本体価格

通信会社 価格(税抜)
IIJmio 79,800円
NifMo 80,000円

※↑の価格は2017年7月現在のものです。時期によって本体価格と割引金額は変動するので注意して下さい。

ZenFone ARのカメラ性能

約2,300万画素のアウトカメラ

「ZenFone AR」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「ZenFone AR」の外側には、F値2.0の明るいレンズを採用した約2,300万画素のアウトカメラを搭載。

薄暗い場所であっても、細かい部分まで再現した美しい写真を撮影できます。

レーザーオートフォーカスと手ぶれ補正

「ZenFone AR」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

写真の撮影時には、「レーザーオートフォーカス」により約0.03秒で被写体を捉え、光学式と電子式の両方の手ぶれ補正で、ブレのない綺麗な写真を撮る事が可能です。

TriCamシステム

「ZenFone AR」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「ZenFone AR」には、

・約2,300万画素カメラ
・モーショントラッキングカメラ
・深度カメラ

の3つの背面カメラで構成された「TriCam(トライカム)システム」を採用。

これにより、周囲の環境を認識したり、3Dモデルを作成して動きを追跡したりする事ができるようになっています。

ZenFone ARの特徴

高級感溢れるレザーデザイン

「ZenFone AR」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「ZenFone AR」では、伝統工芸の技を駆使した背面レザーとメタルフレームを採用し、高級感溢れるデザインになっています。

2K解像度ディスプレイ

「ZenFone AR」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「ZenFone AR」では、2Kの超高解像度ディスプレイが採用され、高画質な映像を楽しむ事ができます。

SonicMaster 3.0

「ZenFone AR」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「ZenFone AR」には、臨場感溢れる大迫力のサウンドを実現する「SonicMaster 3.0」が搭載され、ハイレゾ音源にも対応。

音の歪みを軽減し高音質な音楽が楽しめます。

指紋認証センサー

「ZenFone AR」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「ZenFone AR」には指紋認証センサーが搭載されていて、0.3秒で画面のロックを解除する事ができます。

Tango

Source by YouTube

「ZenFone AR」は、GoogleのAR技術「Tango」に対応。

ARとはAugmented Reality(拡張現実)の事で、背面カメラに映し出された現実の映像にバーチャルな映像を「拡張」する事で楽しめる技術です。

Daydream

Source by YouTube

「ZenFone AR」は、GoogleのVRプラットフォーム「Daydream」にも対応。

VRとはVirtual Reality(仮想現実)の事で、専用のゴーグルを使用する事で「仮想」の世界に自分が入り込んだような体験が可能になる技術です。

ただし、「Daydream」を使用する為には専用のゴーグルが必要となりますが、2017年6月現在では日本での発売はされていません。

ZenFone ARの評価と感想

「ZenFone AR」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「ZenFone AR」は、SIMフリーとしてはかなりハイスペックで高級感のあるスマホ。

スマホでは世界初となるGoogleのAR技術「Tango」とVRプラットフォーム「Daydream」の両方に対応した機種として注目を集めている機種です。

ハイスペックなだけに、価格帯としては2017夏モデルとして発売された「Galaxy S8」や「Xperia XZ Premium」と比べてしまいますが、CPUが1世代古く、機能面でもできない事が多い為に割高に感じられてしまいます。

また、「Daydream」に対応したのは良いですが、肝心の専用ゴーグルが2017年6月現在で日本では未発売なのも時代を先取りしすぎた印象がありますね。

「Tango」と「Daydream」を1日でも早く体験したい人は良いかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「くろねこのみみ」をフォローしよう!

-IIJmioのスマホ機種まとめ, NifMoのスマホ機種まとめ

Copyright© くろねこのみみ , 2017 AllRights Reserved.