携帯・スマホ関連、ゲームアプリやスマホ周辺機器のレビュー、趣味や日記など、色んな事を書いています。

くろねこのみみ


ドラクエ10

「幻界の四諸侯」に魔法構成で行ってみました!

更新日:

幻界の四諸侯に魔法構成で行ってみたよ!

本日、グレンのふくびきに「幻界の四諸侯コイン」が登場しましたね。
先行して挑戦した人達の構成は武闘家2人、魔法戦士、僧侶という、三悪魔構成が多い印象でした。

ただ、この構成だと1枚35万ゴールドするコインを持ち寄るには、ちょっと難易度が高い印象を受けたんですよね。

そこで、話題になっていたのが踊り子を入れた構成ですよね。
たしかに武闘家構成に比べると安定しているような印象でしたが、こちらは幻界の四諸侯戦のためだけに踊り子の装備やスキルを整えなければならず、ちょっと敷居が高そう・・・。

という事で、今回はピラミッド8霊廟でおなじみの魔法構成で挑んでみる事にしました。
この構成であれば、新たに装備を買う必要もありませんし、スキルを振りなおす必要もないですもんね。

幻界の四諸侯戦の構成は魔法2人と僧侶2人

「幻界の四諸侯」に魔法構成で行ってみたよ!

幻界の四諸侯に挑んだ構成は魔法2人と僧侶2人という構成です。

魔法使いは両手杖、僧侶はスティックと盾のみ。
序盤は乱戦になるので、攻撃魔力よりもHPを優先するようなアクセサリーや装備にしたほうが安全です。

必要耐性装備は特にありません。
あるのであれば攻撃呪文耐性とマヒ耐性くらいでしょうか。
ただ、必須というものでもありませんので、ない場合は「魔結界」で対応しましょう。

戦闘中の立ち回り

「幻界の四諸侯」に魔法構成で行ってみたよ!

魔法使い

開幕はバイキルトとドルマドンを封印する為、早詠みの杖や魔力覚醒よりも先にアクバーにマホトーンをします。
マホトーン後は魔結界→早詠みの杖→魔力覚醒からメラゾーマやマヒャデドスでジャミラス→アクバー→グラコス→デュランの順で倒していくとスムーズに倒す事ができました。

序盤が1番全滅のリスクが高い為、イオナズンなどの全体攻撃よりも1体ずつメラゾーマで確実に倒していくほうが安定すると思います。
乱戦時はグラコスから離れるように位置取りして、「海魔神の怒り」を確実に避けられるようにしましょう

グラコスを倒す前にデュランが動き出してしまいますが、デュランにヘナトスをしてピラミッド8霊廟のように距離をとりながら戦う事で、問題なく倒す事ができました。

デュラン1体になれば、後は魔法僧侶構成のダークドレアム戦のように十字に離れて戦う事で「グランドクロス」は1人でくらう事が容易になりますので、ダークドレアム戦に慣れているメンバーであれば全滅する事はないと思います。

僧侶

開幕はスクルトやフバーハなどのバフ担当と、聖なる祈り→ベホマラーなどの回復担当で分かれるとスムーズだと思います。

乱戦中はべホイミなどの単体回復よりも、1人でも回復する場合はベホマラーを唱えておくと、詠唱中に誰かがダメージを受けてしまった時も安心。
また、一気にHPを削られる場面がかなり少ないので聖女の守りよりも天使の守りを優先、聖女の守りは余裕ができてからで大丈夫だと思います。

グラコスとデュランの2体になって余裕があるようであれば、ぶきみなひかりで2体の魔法耐性を下げると効果的でした。
デュラン1体になったら、十字に離れて戦う事でかなり安定しますので、「グランドクロス」に備えて天使の祈りを忘れずに。

まとめ

「幻界の四諸侯」に魔法構成で行ってみたよ!
最初にこの構成で挑んだ時は、私がグラコスの「海魔神の怒り」を避けれなかったり、序盤からイオナズンで全体攻撃ばかりしてしまったりで全滅してしまいまいたが、「海魔神の怒り」をしっかり避けてメラゾーマやメラガイアーで1体ずつ倒していく事でかなり安定して倒せるようになりました。

初回の全滅以降は4戦して全勝。
全滅しそうな場面もまったくなく、安定して倒す事ができました。
討伐タイムも5分以内で安定すると思いますので、装備にお金をかけたくない場合や、スキルの振り直しに抵抗がある人は試してみてはどうでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「くろねこのみみ」をフォローしよう!

-ドラクエ10

Copyright© くろねこのみみ , 2017 AllRights Reserved.