ドコモ・au・ソフトバンクのスマホや格安SIMなど、ガジェット系の攻略レビューサイト。

くろねこのみみ

ソフトバンク 一括0円でスマホを購入する時に注意したい「一括購入割引」とは

ソフトバンク 一括0円でスマホを購入する時に注意したい「一括購入割引」とは

更新日:

今回は、ソフトバンクでスマホを一括0円で購入する時に強制加入させられる「一括購入割引」についてです。

「一括購入割引」って名前だけ聞くと、なんか割引してくれるのかな?なんて思いますが、実際はユーザーに早期解約させない為の強烈な2年縛りとなっているので勘違いしなようにして下さいね。

「一括購入割引」の内容

ドコモ Xperia(エクスペリア)X Performance SO-04Hの評価!気になるスペックや価格・評判をレビュー!

「一括購入割引」というのは、一括0円での販売が想定される機種に対して、ソフトバンクが2年縛りをかけるというもの。

ユーザーは分割契約をせずにタダで機種を貰えるかわりに、2年以内に解約や指定プラン以外にプラン変更すると、多額の違約金をソフトバンクに支払わなければなりません。

「一括購入割引」の契約解除料(違約金)

「一括購入割引」の違約金は機種代金によって違っていて、契約当月の違約金が1番高額で本体代金と同じ金額。以降、1ヵ月ごとに本体代金÷24の金額ずつ違約金が減額していく仕組みになっています。

わかりづらいので例を挙げると、2016年8月現在でソフトバンクでは「Galaxy S6 edge 32GB」が一括購入割引対象機種となっているので、価格が安い店舗では一括0円で販売されていると思われますが、販売条件に「一括購入割引」への加入があるので、契約後1ヵ月以内に解約または対象プラン以外にプラン変更した場合は、本体代金である77,625円の違約金がかかるという事になります。

以降は、1ヵ月ごとに違約金が3,375円ずつ減っていき、24ヵ月後以降に違約金がかからなくなる仕組み。

ちなみに、この金額は「一括購入割引」のみの違約金となるので、のりかえ(MNP)で他社にのりかえる場合は、別に違約金として9,500円(税抜)がかかります。

「一括購入割引」で購入すると「月月割」が消滅する

「一括購入割引」で1番不満が多いのは「月月割」が消滅するという事。

「月月割」が消滅するという事は、実質0円でも一括0円でも、月額支払う料金に差はないという事になりますよね。

つまり、

ゼンゼン安くない

という事です。

「一括購入割引」対象機種になって喜ぶユーザーは、分割NGで一括でしかスマホを購入できない人くらいですかね。

まあ、多額のキャッシュバックがついているなら話は別ですが・・・。

なので、一括0円という言葉に惑わされないように気をつけて下さいね。

最後に

ソフトバンク 一括0円でスマホを購入する時に注意したい「一括購入割引」とは

「一括購入割引」対象機種というのは、そもそも売れ残った機種でないと対象にならないので、購入する場合には注意が必要です。

売れ残りの機種で「月月割」なしの機種を購入するのであれば、最新のiPhoneを購入しても月額料金的には400円程度しか変わりませんよー。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「くろねこのみみ」をフォローしよう!

-softbank(ソフトバンク)

Copyright© くろねこのみみ , 2017 All Rights Reserved.