【ドラクエ10】調理職人 ミニ料理の現状 - くろねこのみみ

くろねこのみみ

携帯・スマホ業界で働いています。ゲームは主にドラクエ10。趣味や日記など、色んな事を書くブログ。


調理職人物語

【ドラクエ10】調理職人 ミニ料理の現状

【ドラクエ10】調理職人 ミニ料理の現状

バージョンアップ後に追加されたミニ料理ですが、あまり話題にも上がらず放置ぎみだったんですが、実装して数日経ったのでこの機会に取り上げてみたいと思います。

そもそもミニ料理というのは今回のバージョンアップで実装されたシステムで、ステータス上昇時間が10分間になった料理の事なんですね。(通常の料理は30分間)
現状では、どんな使われ方をしていくのか未知数ですが、今後が楽しみなシステムとなっています。
[ad]

スポンサーリンク

一通りのミニ料理を作ってみたよ!

【ドラクエ10】調理職人 ミニ料理の現状

ミニ料理のレシピはメギストリスのレシピ屋さんで1つ3,200Gで販売。
種類は全4種類で、1つのレシピで3~6個の料理のレシピが覚えられます。つまり12,800Gでミニ料理のレシピ17種類全てが覚えられるという事ですね。

作り方は通常レシピとまったく一緒で、必要素材も半分に。素材が奇数個必要だった場合は繰り上げになっています。(びっくりトマト3個使用だった場合は2個になる

レベル上限が開放された現在はけっこう重要ですが、料理1つあたりの獲得経験値も約半分になっていますので、レベル上げには不向きという事になりそうですね。

ミニ料理の現在の相場

【ドラクエ10】調理職人 おすすめレベル上げ方法

一通りの作ったミニ料理をバザーに出してみましたが、売れるスピードは体感で通常料理の倍以上かかる印象です。
ただし、全体的に通常料理と比べると利益率は高めの水準を維持しているんですね。

作る時間は変わらないのに経験値は半分だとか、売れるスピードがかなり遅いだとか、そもそもミニ料理って何に使われてるの?とか、いろんな要因から、現状ではあまり作られてはいないようです。

現状で、通常の料理をガンガン売っている人には不向きですが、通常料理よりも1つあたりの利益率が大きい料理がほとんどですので、1日1回調理して次の日にインするまでに売れればいいやなんて人には向いているかもしれませんね。