携帯・スマホ関連、ゲームアプリやスマホ周辺機器のレビュー、趣味や日記など、色んな事を書いています。

くろねこのみみ


photo by Apple

iPhone7&iPhone7 Plus

iPhone7とiPhone7 Plusの防水・防塵性能「IP67」規格の意味とは

更新日:

「iPhone7」と「iPhone7 Plus」に防水・防塵機能が搭載され、喜んでいる人も多いんじゃないでしょうか。

これまでのiPhoneといえば、性能で魅力的でも「防水・防塵」や「おサイフケータイ」が搭載されていなかった事から、機能面ではandroidスマホに劣っている印象がありましたよね。

でも、今回の「iPhone7」からは「IP67規格」の防水・防塵機能が搭載されるので、「水濡れ」や「ホコリ」を心配する必要がなくなりました。

そこで、「IP67規格」の防水・防塵機能っていうのがいったいどの程度の防水・防塵性能なのかわからない人もたくさんいると思うので解説したいと思います。

防水・防塵性能「IP67」規格の意味

iPhone7とiPhone7 Plusの防水性能「IP67」規格の意味photo by Apple

そもそも、防水・防塵性能はIEC(国際電気標準会議)やJIS(日本工業規格)で保護等級が定められているんですね。

保護等級っていうのは、このくらい耐えられれば○級っていうふうに、条件に合わせた等級の事です。

「IP67」でいうと、「IP」の部分がこの規格の等級の事ですよって意味で、最初にくる数字の「6」が防塵の等級、あとの数字の「7」っていうのが防水の等級の事をあらわしています。

ちなみに「IPX7」みたいな表記もみた事あると思いますが、「X」はまったく備わっていない事を意味しているので、例えば「IPX7」であれば防塵機能はないという事を意味します。

防塵の等級表

等級 保護の程度
0 特に保護されていない
1 直径50mmを超える固形物体が内部に侵入しない
2 直径50mmを超える固形物体が内部に侵入しない
3 直径または厚さが2.5mmを超える固形物体が内部に侵入しない
4 直径または厚さが1.0mmを超える固形物体が内部に侵入しない
5 粉塵が内部に侵入することを防止する
6 粉塵が内部に侵入しない

防水の等級表

等級 保護の程度
0 特に保護されていない
1 鉛直に落下する水滴によって有害な影響を受けない
2 15°以内の範囲で傾斜した時、鉛直に落下する水滴によって有害な影響を受けない
3 鉛直から60°以内の噴霧上に落下する水によって有害な影響を受けない
4 いかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響を受けない
5 いかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響を受けない
6 いかなる方向からの水の強い直接噴流によっても有害な影響を受けない
7 規定の圧力、時間で水中に浸漬しても有害な影響を受けない
8 原則として完全密閉構造である

「IP67規格」の防水・防塵機能

iPhone7とiPhone7 Plusの防水・防塵性能「IP67」規格の意味とはphoto by Apple

つまり「iPhone7」や「iPhone7 Plus」に備わっている「IP67規格」の防水・防塵機能は、

・防塵6等級の「粉塵が内部に侵入しない」防塵
・防水7等級の「規定の圧力、時間で水中に浸漬しても有害な影響を受けない」防水

という事になり、防水7等級の「規定の圧力、時間」というのは、公表されているとおり「常温で水深1mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置した後に取り出しだしても正常に動作する」という事になります。

「iPhone7」や「iPhone7 Plus」には、最高ランクの防塵機能と、最高から2番目の防水機能が備わっているという事ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「くろねこのみみ」をフォローしよう!

-iPhone7&iPhone7 Plus

Copyright© くろねこのみみ , 2017 AllRights Reserved.