スマホやキャリア、格安SIMなど、ガジェット系の攻略レビューサイト。

くろねこのみみ


OCN モバイル ONEのスマホ機種まとめ

「g07+」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

更新日:

「g07+(グーマルナナプラス)」は、2017年3月に発表されたシムフリーのスマホ。

作っているのは国内メーカーのCovia(コヴィア)で、コストパフォーマンスに優れた機種「g07」のバージョンアップ版となります。

g07+のカラーバリエーションとスペック

g07+のカラーバリエーションとスペック

「g07+」のカラーバリエーションは2色で、

・ホワイトパネル
・ブラックパネル

となっています。

ホワイトパネル
g07+のカラーバリエーションとスペック

ブラックパネル
g07+のカラーバリエーションとスペック

g07+のスペック詳細

g07+のスペック詳細
CPU MT6750T
外側カメラ 約1,300万画素
内側カメラ 約800万画素
ディスプレイ 約5.5インチ
フルHD(1,920×1,080)
RAM 3GB
ROM 32GB
SDカード(最大) 128GB
SIMスロット microSIM・nanoSIM
通信方式 FDD LTE:B1/3/8/19
3G: B1/6/8
GSM:850/900/1800/1900
CDMA2000:BC0/BC6
電池容量 3,000mAh
連続通話(LTE) 未発表
連続待受(LTE) 未発表
通信速度(最大) 未発表
高さ×幅×厚さ 152×75.6×7.9(mm)
重量 約150g

CPUはMediaTekの「MT6750T」でRAMが3GBという事で、処理能力は2017年春に発売されるシムフリーモデルのスマホとしてはかなり低め。

ディスプレイの綺麗さやカメラ性能などは平均的といったところでしょうか。

通信方式では、au系のCDMA2000に対応。
これは、ユーザーの要望が多かったので採用したとのことですが、せっかくなら4G、LTEにも対応してほしかったところですよね。

電池容量は、このスペックで3,000mAhもあるので、電池持ちはかなり良い機種になると思われます。

g07+の機能&サービス

g07+の機能&サービス

「g07+」の機能面では、

・Bluetooth4.1
・ジャイロセンサー
・指紋認証
・USB Type C

が利用可能ですが、

・テザリング
・おサイフケータイ
・防水/防塵
・フルセグ/ワンセグ

などは使用できないので注意して下さい。

g07+のベンチマークスコア

「g07+」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ「g07+」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめSource by Geekbench

これは「g07+」のGeekbenchでのベンチマークスコアですが、シングルスコア平均が「609」で、マルチスコア平均が「2,612」となっています。

処理能力は低いので、処理が多いアプリや3Dゲームをプレイする場合には、画面がカクつくこともあるでしょう。

あまりスマホを操作する機会がない人向けの機種と言えそうです。

g07とg07+の比較

g07 g07+
CPU MT6750T MT6750T
外側カメラ画素数 約1,300万画素 約1,300万画素
内側カメラ画素数 約800万画素 約800万画素
ディスプレイ 約5.5インチ フルHD(1,920×1,080) 約5.5インチ フルHD(1,920×1,080)
RAM 3GB 3GB
ROM 32GB 32GB
SDカード microSDXC(最大128GB) microSDXC(最大128GB)
電池容量 3,000mAh 3,000mAh
通信方式 FDD LTE:B1/3/8/19
3G: B1/6/8
GSM:850/900/1800/1900
FDD LTE:B1/3/8/19
3G: B1/6/8
GSM:850/900/1800/1900
CDMA2000:BC0/BC6
SIMスロット micro SIM+nano SIM micro SIM+nano SIM
高さ×幅×厚さ 152×75.6×7.9(mm) 152×75.6×7.9(mm)
重量 約150g 約150g

これは「g07」と「g07+」を比べたものですが、 通信方式にauが加わっている以外は、スペックとしてはほぼ同じになっています。

ただし、液晶パネルには「IGZO液晶パネル」が新たに採用され、タッチパネルの精度もアップ。
また、カメラにはRカットフィルターが追加され、細かなバージョンアップが施されています。

g07+の価格

gooのスマホ g07+ (グーマルナナプラス)

gooのスマホ g07+ (グーマルナナプラス)
Amazonと
楽天市場での現在の価格はこちら

「g07+」の本体価格は19,800円(税抜)。

「g07+」は、Amazonや楽天でも公式ショップが出店しているので購入することができますが、 現在OCN モバイル ONEでは先着907名限定で2000円オフのキャンペーンを実施しているので 、在庫があればOCN モバイル ONEから購入するのがおすすめ。

実際に購入する場合は、現在の在庫と価格を確認してから検討してくださいね。

g07+のカメラ性能

g07+のカメラ性能

今ではスマホの重要な機能となった「カメラ」。

あまり使わないから処理性能はそこまで求めていないけど、カメラ性能はできるだけ良いほうがいいって人もけっこういますよね。

ここでは、そんなカメラの性能や特徴などをまとめたいと思います。

約1,300万画素のアウトカメラ

約1,300万画素のアウトカメラ

「g07+」では、約1,300万画素のアウトカメラを採用し、

・Rカットフィルター
・SONY製のCMOSイメージセンサ

を搭載。

高画質な写真撮影を楽しむことができます。

カメラ機能

カメラ性能

メインカメラには、

・オートフォーカス機能
・HDR機能
・フラッシュ

を標準搭載。

より鮮明な写真撮影を実現します。

約800万画素のインカメラ

約800万画素のインカメラ

約800万画素のインカメラにも「LEDフラッシュ」が搭載されているので、暗いところでも綺麗に自撮り写真を楽しむことができます。

g07+の特徴

g07+の特徴

スマホにはスペックだけでなく各メーカーの特徴もあり、そのメーカーにしかない機能やこだわりなどもあったりします。

スペックや性能面にそこまでこだわりがない人は、こういった特徴で機種を選ぶのも良いかもしれませんね。

5.5インチフルHDディスプレイ

5.5インチフルHDディスプレイ

5.5インチフルHDディスプレイには、新しく「IGZO液晶パネル」を採用。

ディスプレイ消費電力を抑え、高感度で視認性の高い映像が再現可能になりました。

スリムなアルミボディ

スリムなアルミボディ

高品質なアルミ加工によって、手触りがよく高級感のある美しい質感が実現されています。

デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)

デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)

「g07+」では、micro SIM+nano SIMのデュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)に対応。

音声通話用とデータ通信用のSIMを分けて使用することができます。

ストラップホール

ストラップホール

「g07+」には、ストラップホールが本体に採用されています。

g07+の評価と感想

「g07+」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「g07+」の特徴は何と言っても、発売開始と同時に2万円を切る価格の安さでしょう。

また、格安スマホとは思えないアルミボディで高級感があるのも嬉しいですよね。

ただし、価格に比例してスペックも落とされているので、過度な期待は禁物。

特に、処理が多いアプリや3Dゲームをプレイする場合には、画面がカクつくこともあると思います。

「g07+」は、普段はあまりスマホを使用しない人におすすめ。
スマホは使用しないけれどないと不便なので、できるだけ価格を安く抑えたい人にピッタリだと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「くろねこのみみ」をフォローしよう!

-OCN モバイル ONEのスマホ機種まとめ

Copyright© くろねこのみみ , 2017 AllRights Reserved.