スマホやキャリア、格安SIMなど、ガジェット系の攻略レビューサイト。

くろねこのみみ


UQ mobile「DIGNO Phone」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

Source by uqwimax.jp

UQモバイル「DIGNO Phone」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

更新日:

「DIGNO Phone」は、UQ mobileが2017春モデルとして発表した通常ケータイ(ガラケー)。

作っているのは国内メーカーの京セラで、同じ2017年のUQ mobileの春モデルだと「DIGNO W」も発表しているメーカーです。

UQ mobile「DIGNO Phone」のカラーバリエーションとスペック

UQ mobile「DIGNO Phone」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「DIGNO Phone」のカラーバリエーションは2色で、

・ホワイト
・グレイ

となっています。

ホワイト
UQ mobile「DIGNO Phone」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

グレイ
UQ mobile「DIGNO Phone」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

DIGNO Phoneのスペック詳細

DIGNO Phoneのスペック詳細
CPU Snapdragon 210
外側カメラ画素数 約800万画素
内側カメラ画素数
ディスプレイ 約3.4インチ
RAM 1GB
ROM 8GB
SDカード microSDHC(最大32GB)
電池容量 1,500mAh
連続通話時間 約530分
連続待受時間(LTE) 約530時間
通信速度(最大) 150Mbps
高さ×幅×厚さ 113×51×16.7(mm)
重量 約130g

CPUはクアルコムの「Snapdragon 210」でRAMが1GBという事で、処理能力はガラケーの中では低め。

まあ、実際にはガラケーで処理能力が必要な場面はほとんどないと思うので、気にしなくても大丈夫だと思います。

ガラケーであっても重要視する人が多いカメラ機能は約800万画素のカメラという事で平均レベル。

電池持ちも平均的なので、ガラケーであれば十分だと思います。

DIGNO Phoneの機能&サービス

UQ mobile「DIGNO Phone」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「DIGNO Phone」は、

・おサイフケータイ
・防水/防塵
・ワンセグ
・赤外線通信

が使えて、機能面ではほぼ全ての機能が使用可能。

また、防水/防塵の保護等級は、防水(IPX5/8)、防塵(IP5X)となっていて、水没に対する保護機能では、連続的に水中に置いても有害な影響がないという最高ランクの防水性能となっています。

UQ mobile「DIGNO Phone」の価格

UQ mobile「DIGNO Phone」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「DIGNO Phone」の本体価格は27,700円です。

auのサブブランドであるUQ mobileでは、auの「毎月割」と同じように、「ぴったりプラン」か「おしゃべりプラン」への加入と同時にスマホも購入することで「マンスリー割」という割引が受けられます。

実際に支払う金額は、本体代金から「マンスリー割」という割引きを引いた金額となるので注意して下さい。

DIGNO Phoneの実質負担金額

DIGNO Phoneの実質負担金額
おしゃべりプラン/ぴったりプラン プランS・M・L
本体価格 27,700円(1,125円×24)
マンスリー割 -27,600円(-1,125円×24)
実質負担金額 100円

上記の表は分割契約にした場合の金額ですが、契約時に本体代金を一括で支払うこともできます。

その場合でも「マンスリー割」は適用されるので、24ヵ月間使用した場合は分割にしても一括にしても支払う金額に違いはありません。

DIGNO Phoneの月額料金

DIGNO Phoneの月額料金
通話プラン おしゃべりプラン/ぴったりプラン
データ容量 プランS プランM プランL
基本料金 1,980円 2,980円 4,980円
本体価格 1,150円 1,150円 1,150円
マンスリー割 -1,150円 -1,150円 -1,150円
月額料金 1,980円
(2年目以降2,980円)
2,980円
(2年目以降3,980円)
4,980円
(2年目以降5,980円)

※↑の価格は2017年3月現在のものです。
時期によって「マンスリー割」の割引金額と本体価格は変わるので注意して下さい。

「DIGNO Phone」の現在の価格はこちら: UQモバイル

UQ mobile「DIGNO Phone」の特徴

防水・防塵・耐衝撃

UQ mobile「DIGNO Phone」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「DIGNO Phone」は、ポケットやバッグから取り出すときに、万一落としても壊れにくい耐衝撃設計。

また、防水・防塵対応で、急な雨で濡れたときやチリやホコリで汚れたときも安心です。

スマートソニックレシーバー

UQ mobile「DIGNO Phone」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

音と振動で相手の声を伝える京セラの独自機能「スマートソニックレシーバー」搭載。

周りの音を遮蔽できるので、騒がしい場所でも相手の声がクリアに聞こえます。

また、聞える音を好みに合わせることができる「聞こえ調整」機能によって

・甲高い音を軽減する「やわらかく」
・こもった音を明瞭にする「はっきりと」
・うるさく感じる音を小さくする「おさえめに」

など、細かい調整も可能です。

カスタマイズキー

UQ mobile「DIGNO Phone」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

本体下部にある3つのキーに、よく使う機能を割り当てることができます。

タッチポインター

UQ mobile「DIGNO Phone」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

キー部分を指で軽くなぞると画面のポインターが移動。

ブラウザ画面などでタッチパッドのように使え、WEBの閲覧でパソコンのような直感的な操作ができます。

Wi-Fiとテザリング機能

UQ mobile「DIGNO Phone」の特徴

「DIGNO Phone」は、

・Wi-Fi
・テザリング

機能が搭載されているので、自宅のインターネットにWi-Fi経由でつないでデータ容量を気にせずに使用したり、外出先でノートパソコンなどを「DIGNO Phone」につないでインターネットを使用したりする事ができます。

UQ mobile「DIGNO Phone」の評価と感想

UQ mobile「DIGNO Phone」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「DIGNO Phone」は、2017年春モデルとして発表された通常ケータイの中では処理能力がやや低めの機種となります。

ただし、ガラケーとして普通に使用する分には処理能力を必要とする場面はほとんどないので問題ないでしょう。

ガラケー対応のアプリやゲームをしたい人だけ注意して下さい。

カメラの画質も良く、防水/防塵対応で丈夫に作られているので、ガラケーとしての機能は十分に果たしてくれると思います。

「カスタマイズキー」や「スマートソニックレシーバー」が搭載されているので、年配の人でも安心して使用することができます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「くろねこのみみ」をフォローしよう!

-UQモバイル, UQモバイルのスマホ機種まとめ
-

Copyright© くろねこのみみ , 2017 All Rights Reserved.