スマホやキャリア、格安SIMなど、ガジェット系の攻略レビューサイト。

くろねこのみみ


IIJmio(みおふぉん)の評判・メリットとデメリットを徹底解説!

IIJmio(みおふぉん)の口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

更新日:

IIJmio は、株式会社インターネットイニシアティブが運営する格安SIMの会社。

ドコモ回線のSIMとau回線のSIMを両方扱っていて、サービスやオプションが豊富なのが特徴です。

格安SIMでは歴史が長く、シェアが高くて有名な会社ですね。

IIJmioの料金プラン

タイプD(ドコモ)の料金

 ミニマムスタート
(3GB)
 ライトスタート
(6GB)
ファミリーシェア
(10GB)
 データ通信専用SIM  900円  1,520円 2,560円
 SMS機能付きSIM  1,040円  1,660円 2,700円
音声通話機能付きSIM 1,600円 2,220円 3,260円

タイプA(au)の料金

 ミニマムスタート
(3GB)
 ライトスタート
(6GB)
ファミリーシェア
(10GB)
 SMS機能付きSIM 900円 1,520円 2,560円
音声通話機能付きSIM 1,600円 2,220円 3,260円

IIJmioは、ドコモ回線を使用する「タイプD」と、au回線を使用する「タイプA」のどちらも選べる格安SIM。

通信できる電波が違うだけで品質に違いはありませんが、「タイプA」のプランには「データ通信専用SIMのみ」の契約が存在しないので注意して下さい。

データ通信専用SIM

データ通信専用SIMは、「電話番号」がついていないSIMの事。

データ通信以外の事はできないので、通話ができないほか、SMS(ショートメールサービス)も使用する事ができません。

SMS機能付きSIM

SMS機能付きSIMは、「データ通信専用SIM」にSMS(ショートメールサービス)を使用できるようにしたSIMの事。

通話はできませんが、データ通信に加えSMS(ショートメールサービス)を使用する事ができます。

音声通話機能付きSIM

音声通話機能付きSIMは、「電話番号」がついているSIMの事。

新規申し込みの場合は、「音声通話機能付きSIM」で申し込む事で「新しい電話番号」が発行され、その番号を使用して通話をする事になります。

乗り換え(MNP)の場合は、現在使用している電話番号をそのまま使用して、IIJmioの「音声通話機能付きSIM」に申し込むという事になります。

IIJmioの最低利用期間と契約解除料金

IIJmio(みおふぉん)の評判・メリットとデメリットを徹底解説!

IIJmioの最低利用期間は、音声通話機能付きSIMにだけ設定されていて、利用開始月の翌月を1カ月目として12ヵ月目までに解約したり、他社へ乗り換える場合は「(12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,000円(税抜)」の音声通話機能解除調定金がかかります。
※例・2017年4月に利用開始し、2017年5月に解約すると音声通話機能解除調定金は11,000円になります。

・データ通信専用SIM
・SMS機能付きSIM

には最低利用期間はありません。

IIJmioの月額料金シミュレーション

HUAWEI nova liteの月額料金

HUAWEI nova liteの月額料金
プラン 音声通話機能付きSIM
3GBプラン 6GBプラン 10GBプラン
基本料金 1,600円 2,220円 3,260円
端末代金 850円 850円 850円
月額料金 2,450円 3,070円 4,110円

これは、本体価格が安くて人気のある「HUAWEI nova lite」を、新規申し込みと同時に購入した場合の月額料金のシミュレーションです。

価格の安いスマホを選べば2,400円程度の月額料金で使用できる事がわかりますね。

iPhone 7の月額料金

iPhone 7の月額料金
プラン 音声対応SIM
3GBプラン 6GBプラン 10GBプラン
基本料金 1,600円 2,220円 3,260円
端末代金 3,033円 3,033円 3,033円
月額料金 4,633円 5,253円 6,293円

「iPhone 7」はIIJmioで取り扱いがないので、「iPhone 7」の32GBモデル72,800円をAppleストアで購入し、IIJmioの「音声対応SIM」を使用した場合の月額料金のシミュレーション。

「iPhone 7」であっても、大手キャリアと比べるとかなり安い金額になる事がわかります。

IIJmioのメリット

エコプラン

IIJmio(みおふぉん)の評判・メリットとデメリットを徹底解説!

IIJmioでは、端末購入と一緒に「タイプA」のプランに申し込む事で、

・エコプランミニマム(3GB)
・エコプランスタンダード(7GB)

に申し込む事ができます。

「エコプラン」では、余ったデータ容量を翌月に繰り越せないかわりに、余ったデータ容量0.5GBごとに100円の割引を受ける事が可能。

これにより、毎月同じ基本料金を支払う事なく、使った分だけを支払うという使い方ができるようになります。

IIJmio(みおふぉん)の評判・メリットとデメリットを徹底解説!

ドコモ回線とau回線で選べる

IIJmio(みおふぉん)の評判・メリットとデメリットを徹底解説!

IIJmioは、ドコモ回線を使用する「タイプD」と、au回線を使用する「タイプA」のどちらも選べる数少ない格安SIMです。

みおふぉんダイアル

IIJmio(みおふぉん)の評判・メリットとデメリットを徹底解説!

IIJmioでは、無料で使える専用アプリ「みおふぉんダイアル」から通話をするだけで、通常30秒20円の通話料を30秒10円にする事ができます。

選べる「かけ放題オプション」

IIJmio(みおふぉん)の評判・メリットとデメリットを徹底解説!

IIJmioには、月額料金600円(税抜)で国内通話が3分以内なら何度でもかけ放題になる「3分かけ放題オプション」と、月額料金830円(税抜)で国内通話が10分以内なら何度でもかけ放題になる「10分かけ放題オプション」があります。

どちらも専用アプリから通話をする必要があり、同一契約であれば3分かけ放題は10分に、10分かけ放題は30分に通話時間が延長されます。

大容量オプション

IIJmio(みおふぉん)の評判・メリットとデメリットを徹底解説!

2017年6月1日から「大容量オプション」が追加され、月額プラン料金に追加して、

・データオプション20GB 月額3,100円
・データオプション30GB 月額5,000円

の「大容量オプション」を好みによって追加できるようになりました。

データシェアプラン

IIJmio(みおふぉん)の評判・メリットとデメリットを徹底解説!

IIJmioでは、

・ミニマムスタートプラン(3GB)
・ライトスタートプラン(6GB)

では2枚まで、

・ファミリーシェアプラン(10GB)

では、最大10枚までSIMカードを発行でき、データ容量をみんなで分け合うという使い方ができます。

クーポンのON/OFF

IIJmio(みおふぉん)の評判・メリットとデメリットを徹底解説!

専用アプリで簡単にクーポン(データ容量)のON/OFFの切り替えをする事ができ、ツイッターやLINEなど、高速通信でなくても快適に使用できるものは、クーポンをOFFにする事でデータ通信量を節約する事ができます。

余ったデータ容量は翌月に繰り越せる

IIJmio(みおふぉん)の評判・メリットとデメリットを徹底解説!

余ったデータ容量は、翌月まで繰り越す事が可能です。

速度制限がない

IIJmio(みおふぉん)の評判・メリットとデメリットを徹底解説!

全プランで速度制限がないので、当月のデータ容量を使い切るまで高速通信を行えます。

IIJmioのデメリット

通信速度の安定性

通信会社 下り実行速度平均
au 37.96Mbps
UQモバイル 34.16Mbps
ドコモ 13.44Mbps
ワイモバイル 6.7Mbps
IIJmio(タイプA) 2.21Mbps
LINEモバイル 1.77Mbps
楽天モバイル 1.33Mbps
IIJmio(タイプD) 0.83Mbps
DMM mobile 0.7Mbps
エキサイトモバイル 0.7Mbps
BIGLOBE SIM 0.62Mbps
イオンモバイル 0.59Mbps
mineo(Dプラン) 0.58Mbps
OCN モバイル ONE 0.40Mbps
NifMo 0.27Mbps
mineo(Aプラン) 0.19Mbps

詳細ページ

これは、2017年3月29日にまったく同じ条件で、ランチタイムの混雑する時間帯に東京都千代田区で計測したデータで、主要な格安SIMの会社の通信速度を比較したものです。

初めて実測値を見た人はビックリするかもしれませんが、上記の計測は都内のビジネス街のランチタイムというかなり極端な例なので、大手キャリア以外はどの格安SIMも軒並み速度を落としている事がわかります。

IIJmioの通信速度の安定性は、格安SIMの中では平均的なレベルなので、人が多い場所でのランチタイムやゴールデンタイムでの通信速度は安定しているとは言えないでしょう。

ちなみに、混雑する状況でない限りは、大手キャリアと格安SIMの会社とで、通信速度に体感できるほどの差はありません。

メールアドレスが有料

IIJmio(みおふぉん)の評判・メリットとデメリットを徹底解説!

IIJmioで「○○○○@iijmio-mail.jp」のメールアドレスを使用する為には、月額324円(税込)の「mio セーフティメールサービス」を利用する必要があり、無料でのメールアドレス提供は行っていません。

Wi-Fiスポットが使用できない

IIJmio(みおふぉん)の評判・メリットとデメリットを徹底解説!

IIJmioでは、「Wi-Fiスポット」を自社で用意したり、他社との提携などがない為、外出先などにある「Wi-Fiスポット」を原則利用できません。

無料で開放されている公衆無線LANのみ、使用する事が可能です。

キャリア端末はテザリング不可

IIJmio(みおふぉん)の評判・メリットとデメリットを徹底解説!

IIJmioでは、ドコモやauなど、キャリアで購入したスマホ端末はSIMロック解除をしたとしても「テザリング」を使用する事はできない場合が多く、公式でも「原則ご利用いただけません」と発表しています。

SIMフリースマホを購入するか、IIJmioでスマホを購入した場合に限り、端末が対応していれば「テザリング」を使用する事ができます。

クレジットカードでしか契約できない

IIJmio(みおふぉん)の評判・メリットとデメリットを徹底解説!

IIJmioでは、料金の支払い方法にクレジットカードしか選ぶ事ができません。

IIJmioおすすめ機種一覧

IIJmio(みおふぉん)の評判・メリットとデメリットを徹底解説!

IIJmioの取り扱い機種を、おすすめ順にランキング形式で紹介しています。

スマホを購入する場合は参考にしてみて下さい。

IIJmioの評価と感想

IIJmio(みおふぉん)の評判・メリットとデメリットを徹底解説!

IIJmio は、「エコプラン」と幅広いサービス内容が特徴の格安SIMです。

「タイプA」のプランだけにはなるものの、使った分だけ料金を支払うといった使い方ができるのはIIJmioの大きな特徴。

また、ドコモ回線とau回線のどちらも選べる事はもちろん、「かけ放題」や「シェアプラン」、「高速通信の切り替え」など、オプションサービスが充実しているのも魅力だと思います。

取り扱い機種が多いのも嬉しいですね。

数少ないドコモ回線とau回線の両方を取り扱っている会社なので、どちらの回線も試してみたい人におすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「くろねこのみみ」をフォローしよう!

-IIJmio(みおふぉん)
-,

Copyright© くろねこのみみ , 2017 All Rights Reserved.