ドコモ「機種変更応援プログラム」は損?デメリットと注意点を解説

Source by nttdocomo

ドコモの料金プランや割引キャンペーン

ドコモ「機種変更応援プログラム」は損?デメリットと注意点を解説

更新日:

「機種変更応援プログラム」は、月額300円を支払う事で24ヵ月の割賦支払い終了を待たずに機種変更をする事ができるオプションサービス。

端末の購入時にしか申し込みができない為、「損はしないのか」や「デメリットはないのか」など、心配になる人も多いと思いますが、基本的にドコモを利用し続ける限り加入したユーザーは損をしない仕組みになっています。

ここでは、「機種変更応援プログラム」のデメリットや注意点について詳しく解説していきます。

機種変更応援プログラムの概要

ドコモ「機種変更応援プログラム」は損?デメリットと注意点を解説

「機種変更応援プログラム」は、月額300円を最大24ヵ月間支払う事で、18ヵ月以上使用したスマホ端末を機種変更した場合に、利用した期間に応じてdポイントが受け取れるというサービス。

ただし、iPhoneのみ「前倒し料」2,000円を支払う事で13ヵ月目から機種変更が可能となっています。

「機種変更応援プログラム」で受け取れるdポイント

受け取れるdポイントは購入した機種によってカテゴリーA~Cに分類され、利用期間によって、

13~18か月目 19か月目 20か月目 21か月目 22か月目 23か月目 24か月目 25か月目
A 27,000pt 27,000pt 23,000pt 19,000pt 15,000pt 11,000pt 9,000pt 9,000pt
B 21,000pt 21,000pt 18,000pt 15,000pt 12,000pt 9,000pt 9,000pt 9,000pt
C 18,000pt 18,000pt 15,500pt 13,000pt 10,500pt 9,000pt 9,000pt 9,000pt

となっていて、機種の購入代金や毎月の利用料金に「1ポイント=1円」として使用する事ができます

「機種変更応援プログラム」の適用条件

「機種変更応援プログラム」に加入して、実際に適用させる為には、

  • 旧機種を正常な状態で回収
  • 携帯電話代金の未払いがないこと
  • 18ヵ月以上同一機種を利用して、19か月目以降に新たな機種に機種変更すること

という条件を満たしている必要があります。

特に、故障や水濡れ、画面割れなどがある機種の場合には「機種変更応援プログラム」を適用させる事ができないので注意して下さい。

「機種変更応援プログラム」の利用料金と申込み方法

「機種変更応援プログラム」の利用料金は月額300円で機種の購入時にのみ加入が可能

また、申し込みは

のみとなっていて、機種変更時に特典を利用しなかった場合には全額がdポイントとして返金されます。

dポイントの受取方法

「機種変更応援プログラム」で発生するdポイントの受取方法は、機種変更をした場所によって変わり、

となります。

ドコモショップとドコモ取扱い店舗ではその場でdポイントを受け取る事ができるので、新しく購入する携帯端末の代金に充てる事もできますが、ドコモ公式オンラインショップは後日受け取りの為、新しく購入する携帯端末の代金に充てる事はできません。

ただし、ドコモ公式オンラインショップで契約する場合には頭金や事務手数料が無料になるので、店舗での契約に比べて8,000~10,000程度安く購入できるという特徴があります。

それぞれにメリットとデメリットがあるので、受取方法を理解した上で好みの場所を選びましょう。

dポイントは、次回の機種変更時の購入代金や毎月の利用料金に「1ポイント=1円」として使用できるので、そちらで使用しましょう。

「機種変更応援プログラム」の利用例

ドコモ「機種変更応援プログラム」は損?デメリットと注意点を解説

契約方法 のりかえ(MNP) 新規契約 機種変更
本体価格 82,296円
(3,429円×24)
82,296円
(3,429円×24)
82,296円
(3,429円×24)
月々サポート -71,928円
(-2,997円×24)
-71,928円
(-2,997円×24)
-71,928円
(-2,997円×24)
実質負担金額 10,368円
(432円×24)
10,368円
(432円×24)
10,368円
(432円×24)

概要だけでは分かりづらいと思うので、ドコモ公式オンラインショップ で「iPhone 7 32GB」を機種変更で購入した場合を例に解説します。

19カ月目に機種変更して特典を利用した場合

「iPhone 7 32GB」を購入してから19カ月目に機種変更をする場合は、本体代金82,296円のうち61,722円(3,429円×18カ月)は支払いが終わっている状況なので、残りの本体代金は20,574円。

「機種変更応援プログラム」を適用させて機種変更をする場合には、

  • dポイント27,000ptを受け取る
  • 旧機種である「iPhone 7 32GB」は回収される
  • 「iPhone 7 32GB」の 月々サポート はなくなり、19~24ヶ月目の機種代金20,574円(3,429円×6)は今後も支払い続ける

という事になり、19カ月目まで支払っている「機種変更応援プログラム」の利用料金5,400円(300円×18カ月)を差し引いても、実質的には残債なしで機種変更できる事がわかります。

「機種変更応援プログラム」と「下取りプログラム」との違い

ドコモ「機種変更応援プログラム」は損?デメリットと注意点を解説

「機種変更応援プログラム」と「下取りプログラム」との違いは、

  • 月額300円がかかる
  • 「機種変更応援プログラム」は機種購入直後から下取り価格が保証されている

という点です。

ただし、「機種変更応援プログラム」に加入したとしても、機種変更時に「下取りプログラム」と「機種変更応援プログラム」の好きなほうを選んで適用させる事ができ、「機種変更応援プログラム」の特典を利用しなかった場合は全額がdポイントとして返金されるので、ユーザーが損をする事はありません。

「機種変更応援プログラム」のデメリットと注意点

乗り換えや解約時には最大7,200円が無駄になる

「機種変更応援プログラム」は、月額300円を支払ったとしてもドコモを利用し続ける限りユーザーが損をする事はありませんが、乗り換えや解約をする場合のみ、それまでに支払った「機種変更応援プログラム」の月額料金(最大で7,200円)が無駄になります。

故障端末は回収できない

小さなキズなどは問題ありませんが、電源が入らなかったり画面割れなどがある機種は「機種変更応援プログラム」を適用させる事ができません。

「機種変更応援プログラム」は加入するべきか

ドコモ「機種変更応援プログラム」は損?デメリットと注意点を解説

「機種変更応援プログラム」は月額料金がかかる為に「損をする事があるんじゃないか」と思われがちですが、

  • 料金は最大で7,200円(300円×24ヵ月)
  • 機種変更時に受け取れるdポイントは9,000~27,000pt
  • 利用しなかった場合は全額dポイント返金
  • dポイントは機種の購入代金や毎月の利用料金に使用可能

という事で、「前倒し料」2,000円を支払ったとしても、ドコモを利用し続ける限りは損をしない仕組みになっています。

ただし、1番お得なのは「月々サポート」の割引を全て受け取れる25カ月目以降での機種変更なので、「機種変更応援プログラム」はどうしても25カ月目まで待てずに機種変更したくなってしまう人用の割引サービスといったところでしょうか。

毎回、購入した機種を2年以上使用している人には必要のない割引サービスですが、2年を待たずに機種変更したくなる人は加入しておいて損のない割引サービスだと思います。

 

【公式サイト】で最新情報をチェック

 ドコモ公式オンラインショップ

 ⇒au公式オンラインショップ

 ソフトバンク公式オンラインショップ

よく読まれている記事一覧



-ドコモの料金プランや割引キャンペーン

Copyright© おすすめスマホを徹底比較レビュー!くろねこのみみ , 2018 All Rights Reserved.