「Xperia XZ3」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

au 2018-2019年冬春モデル スマホ評価レビュー ソフトバンク 2018-2019年冬春モデル ドコモ 2018-2019年冬春モデル

「Xperia XZ3」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

更新日:

ソニーモバイルコミュニケーションズは、2018年8月30日にドイツのベルリンで行われた「IFA 2018」でフラッグシップモデル「Xperia XZ3」を発表しました。

「Xperia XZ3」は2018年夏モデルとして発売された「Xperia XZ2」の後継機となっていて、2018年の秋以降に各キャリアからの発売が予想されています。

「Xperia XZ3」のカラーバリエーション

「Xperia XZ3」のカラーバリエーションは、

  • ブラック
  • ホワイトシルバー
  • フォレストグリーン
  • ボルドーレッド

の4色。

Xperia XZ2」からアッシュピンクがなくなり新たにボルドーレッドが追加されましたね。

また、シルバー色もリキッドシルバーからホワイトシルバーになり、より白が強調されたカラーになっています。

ブラック
「Xperia XZ3」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

ホワイトシルバー
「Xperia XZ3」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

フォレストグリーン
「Xperia XZ3」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

ボルドーレッド
「Xperia XZ3」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「Xperia XZ3」のスペック詳細

Xperia XZ3のスペック詳細
CPU Snapdragon 845
外側カメラ 約1,920万画素
内側カメラ 約1,320万画素
ディスプレイ 約6.0インチ QHD+(2,880×1,440)
RAM / ROM 4GB / 64GB
SDカード microSDXC(最大400GB)
電池容量 3,330mAh
連続通話(LTE) 未発表
連続待受(LTE) 未発表
高さ×幅×厚さ 約158x73x9.9(mm)
重量 約193g

CPUは「Snapdragon 845」、RAMが4GBという事で現行の「Xperia XZ2」から変化なし。

アウトカメラは「Xperia XZ2 Premium」に使用されたデュアルカメラを期待した声も大きかったですが、シングルカメラとなり、「Xperia XZ2」と同じものが搭載されています。

ただし、インカメラは約1,320万画素にスペックアップし、電池容量も3,330mAhに増量されました。

また、Xperiaシリーズでは初となる有機ELディスプレイが採用され、ソニーの有機ELテレビ「BRAVIA」で培った技術を活用した美しい画面が楽しめるのが最大の特徴ですね。

「Xperia XZ2」との違いと進化したポイント

有機ELディスプレイ採用のQHD+ディスプレイ

「Xperia XZ3」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「Xperia XZ3」では、Xperiaシリーズで初めて有機ELディスプレイが採用されました。

解像度はQHD+(2,880×1,440)、アスペクト比は縦長の18:9で、有機ELテレビ「BRAVIA」で培った技術を活用して超高画質な映像を楽しむ事ができます。

また、ディスプレイの両サイドが湾曲する曲面形状が採用されているのも大きな変更点。

「Xperia XZ3」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

ぱっと見た印象だと「Galaxy S9」とそっくりですね・・・。

両サイドが湾曲する曲面形状のディスプレイには、画面両端の文字がほんの少しだけ斜めに見えるという特徴があり、人によってはデメリットに感じる場合もあるので注意して下さい。

薄くなった本体デザイン

「Xperia XZ3」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

Xperia XZ2」の不評の大きな要因のひとつだった本体の「厚さ」は11.1mmから9.9mmになりました。

ただし、指紋認証センサーの位置に変更はなし。

また、本体重量も198gから195gと3gしか変わりがないので、引き続き重く使いづらい「アンビエントフローデザイン」が続く事になります。

新たな操作法「サイドセンス」

操作方法では、新たに「サイドセンス」と名付けられた「AI機能」が搭載されました。

「サイドセンス」は、画面のサイド部分をダブルタップする事で、ユーザーが起動したいアプリを推定して一覧で表示してくれる機能

「Facebookを利用した後はLINEを利用する事が多い」など、ユーザーの行動をAIが解析して表示してくれます。

構えるだけでカメラが起動する「スマートカメラ起動」

「Xperia XZ3」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

アウトカメラでは前作の「Xperia XZ2」とまったく同じものが搭載されていますが、「Xperia XZ3」では新たにスマホを取り出し横に構えるだけでカメラが起動する「スマートカメラ起動」が搭載されました。

約1,320万画素のインカメラ

「Xperia XZ3」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「Xperia XZ3」では、「Xperia XZ2」から大きく進化して、約1,320万画素・F値1.9のインカメラが採用されています。

機能面でも、従来からあった美肌補正に加え、新たに背景をぼかしたり輪郭や目の大きさを補正する「ポートレートセルフィーモード」が搭載され、より快適な自撮り撮影が行えるようになりました。

スピーカー性能が20%向上

「Xperia XZ3」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「Xperia XZ3」では、「Xperia XZ2」からスピーカー性能が向上し、最大音量が20%大きくなりました。

引き続き「ダイナミックバイブレーション」にも対応して、迫力のあるサウンドを振動付きで楽しむ事ができます。

電池容量が3,330mAhにアップ

「Xperia XZ3」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「Xperia XZ2」で3,060mAhだった電池容量は、「Xperia XZ3」では3,330mAhに増量されています。

ただし、画面解像度も上がっている為、電池持ちが良くなるかは微妙ところ。

少なくとも、超高画質ディスプレイなった事で大幅に電池持ちが悪化するという事はなさそうですね。

「Xperia XZ3」のカメラ性能

Motion Eyeカメラシステム

「Xperia XZ3」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「Xperia XZ3」のアウトカメラには、ソニーが誇る最先端のテクノロジー「Motion Eyeカメラ」が搭載されていて、撮影モードは、

  • プレミアムおまかせオート
  • ビデオ
  • スーパースローモーション
  • カメラアプリ
  • マニュアル

から選ぶ事ができます。

基本的には「プレミアムおまかせオート」で写真を撮影する事になり、「料理」や「背景」など、被写体によって最大52パターンの中からAIが最適な設定を選び、綺麗に撮影できるようになっています。

また、マニュアルモードではシャッタースピードやISO感度、ホワイトバランスなどを手動で調整して、より自分好みの設定で撮影する事も可能です。

4KHDR動画撮影

「Xperia XZ3」の動画撮影では、

  • 4K/30fps
  • フルHD/60fps
  • フルHD/30fps
  • HD/30fps
  • VGA

の中から解像度を選ぶ事ができ、4K動画撮影では世界初となるHDR撮影に対応しました。

上の動画は「Xperia XZ2」で撮影したものですが、4K動画ではソニー独自の手ぶれ補正「インテリジェントアクティブ」が使用できないものの、手振れ補正自体はしっかりと機能していてかなり優秀。

4K画質になると、そもそも手振れ補正が機能しない機種が多い中、「Xperia XZ2」は安定した4K撮影を高画質で楽しむ事ができます

また、「インテリジェントアクティブ」をオンできるフルHD/30fps撮影では、さらに手ぶれ補正の安定度が増し、手持ちでもほとんどぶれないなめらかな撮影が行えました。

フルHD スーパースローモーション

「Xperia XZ3」では、最大960fpsのスーパースローモーション動画として、フルHD画質では0.1秒を3秒間として、HD画質では0.2秒間を6秒間として再生する事が可能。

スローモーション部分を撮影後に変更などはできませんが、滑らかで高画質なスーパースローモーション撮影が楽しめます。

3Dクリエーター

「Xperia XZ2」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価まとめ

「Xperia XZ2」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価まとめ

詳細ページはこちら

「3Dクリエーター」は、カメラで顔をスキャンする事でアバターを作り、「AR」に登場させたりSNS用のスタンプとして活用する事ができる機能。

Xperia XZ2」では真顔でのアバターしか作成できませんでしたが、「Xperia XZ3」では新たに「表情」が追加できるようになりました。

「Xperia XZ3」の特徴

テザリング
おサイフケータイ
ワンセグ:フルセグ 〇:〇
赤外線通信 ×
ハイレゾ
ワイヤレス充電
イヤホンジャック ×
Bluetooth
防水:防塵 IP65 / 68
PS4リモートプレイ
生体認証 指紋認証センサー

ダイナミックバイブレーション

「Xperia XZ3」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「Xperia XZ2」から新たに搭載された「ダイナミックバイブレーション」は「Xperia XZ3」にも採用されています。

ダイナミックバイブレーションは、動画やゲーム、音楽の再生時に振動を連動させる機能。

特に、映画や動画はバイブレーションとの相性が良く、迫力のある映像が楽しめます。

イヤホンジャック非搭載

「Xperia XZ3」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「Xperia XZ3」ではイヤホンジャックが復活するという噂もありましたが、残念ながら「Xperia XZ2」に引き続き非搭載となりました。

ただし、イヤホンジャックを使用する為の「USB Type C-イヤホンジャック変換アダプタ」は引き続きスマホ本体に同梱されます。

「Xperia XZ3」のベンチマークスコア

「Xperia XZ2」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価まとめ

「Xperia XZ2」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価まとめ

これは、実際に計測した「Xperia XZ2」のベンチマークスコアですが、

  • Antutu 7.0.8:260,031
  • Geekbench 4.2.3:シングル 2,339/マルチ 8,312

となっています。

「Xperia XZ3」にも「Xperia XZ2」と同じCPU「Snapdragon 845」が搭載されているので、ほぼ同じ処理能力でしょう。

「Xperia XZ2」では、発熱テストでは44度くらいまでバッテリー温度が上昇しましたが、「Xperia XZ3」でもほぼ同程度の発熱が予想されます。

「Xperia XZ3」の発売日と価格

「Xperia XZ3」のヨーロッパでの発売日は2018年10月5日で、本体価格は799ユーロ

日本では、2018年の秋以降にドコモ、au、ソフトバンクからの発売が予想されていて、価格は未定ですが799ユーロは「Xperia XZ2」が発表された時と同じ価格なので、日本でも「Xperia XZ2」とほぼ同価格での発表が予想されています。

例年通りであれば、「Xperia XZ3」の発売日は11月上旬になる予定ですね。

「Xperia XZ3」の評価と感想

「Xperia XZ3」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「Xperia XZ3」の印象を一言でいうなら、

ディスプレイの画質が上がった「Xperia XZ2」

といったところでしょうか。

アウトカメラも新機能「スマートカメラ起動」はあるものの、静止画・動画ともに画質面での進化はまったくしていません。ただし、インカメラに関しては画素数の大幅な向上に加え、背景ボケや輪郭補正などの新機能が搭載されているのは嬉しいですね。

個人的には、「Xperia XZ2」の販売不振の大きな要因になっているアンビエントフローデザインが「Xperia XZ3」でも採用されているのが残念な部分。

1.2mm薄くなったとはいえ、9.9mmのぶ厚い本体に193gの重さ、指紋認証センサーの使いづらい位置はそのままなので、「Xperia XZ3」で売り上げが回復するというのは難しそうというのが正直な感想です。

オリジナルデザインの不評に加え、「Galaxy S9」の曲面ディスプレイや、iPhoneのイヤホンジャック廃止など、どちらかというと各メーカーの弱点部分に追従してしまっているXperiaの低迷期はまだまだ続きそうですね。

 

【公式サイト】で最新情報をチェック

 ドコモ公式オンラインショップ

 ⇒au公式オンラインショップ

 ソフトバンク公式オンラインショップ

-au 2018-2019年冬春モデル, スマホ評価レビュー, ソフトバンク 2018-2019年冬春モデル, ドコモ 2018-2019年冬春モデル
-,

Copyright© おすすめスマホを徹底比較レビュー!くろねこのみみ , 2018 All Rights Reserved.