ソフトバンク「半額サポート for iPhone」は本当にお得なのか解説!

Source by softbank

ソフトバンクの料金プランや割引キャンペーン

「半額サポート for iPhone/Android」には加入するな!デメリットと48回払いの注意点を解説

投稿日:

「半額サポート for iPhone/Android」は、ソフトバンクのスマホ端末を48回払いにした場合に25カ月目以降の残債の支払いが免除されるという割引サービス。

購入する携帯端末がiPhoneかandroidスマホかで、

  • 半額サポート for iPhone
  • 半額サポート for Android

と名称は変わりますが、条件や金額に差はありません。

この記事では、「半額サポート for iPhone/Android」の割引内容やデメリット、注意点をわかりやすく解説していきます。

「半額サポート for iPhone/Android」の概要

ソフトバンク「半額サポート for iPhone」は本当にお得なのか解説!

「半額サポート for iPhone/Android」は、端末購入の支払いを48回払いにして、24カ月以上利用する事で、その後に機種変更をした場合に残債が免除されるというオプションサービス。

月額料金は無料で、「月月割」も適用されます。

「半額サポート for iPhone/Android」の加入条件

「半額サポート for iPhone/Android」の加入条件は、

  • 対象機種を48回払いで購入
  • データ定額プランで申し込む

となっていて、2018年以降に発売されたスマホであればほぼ全ての機種が対象機種となっています。

※対象データ定額プランは、データ定額(おてがるプラン専用)、データ定額1GB/2GB/5GB/20GB/30GB/50GBです。ただし、家族データシェアの子回線は対象外。

「半額サポート for iPhone/Android」の利用条件

「半額サポート for iPhone/Android」の利用条件は、

  • 対象機種を購入してから25ヵ月目以降に機種変更をする事
  • 機種変更後も「半額サポート for iPhone/Android」または「機種変更先取りプログラム」に加入する事
  • 旧機種を回収、査定完了する事

となっています。

ただし、回収機種がソフトバンクの査定基準を満たしていない場合に「半額サポート for iPhone/Android」の利用を希望する場合は、20,000円(あんしん保証パックに加入の人は2,000円)を一括で支払う必要があるので注意して下さい。

下取りプログラムとの違い

ソフトバンクのおすすめ料金プランと月額料金を安くする方法

「半額サポート for iPhone/Android」と「下取りプログラム」との違いは、

  • 機種購入直後から下取り価格が保証されている

という点です。

「半額サポート for iPhone/Android」だと申し込み時から2年後に機種変更する事で半額になる事が保証されていますが、下取り価格は変動する為にその時になってみないと価格がわかりませんよね。

ただし、「半額サポート for iPhone/Android」に加入したとしても、機種変更時に下取り価格のほうが高かった場合には「下取りプログラム」を適用させる事ができるので、契約時には「半額サポート for iPhone/Android」に加入するかどうかだけ決めていれば問題ありません。

「半額サポート for iPhone/Android」は本当にお得なのか

iPhone 8 64GB 機種変更
半額サポート for iPhone 適用時
(48回払い)
24回払い
本体価格 94,320円
(1,965円×48)
94,320円
(3,930円×24)
月月割 -67,440円
(-1,405円×48)
-67,440円
(-2,810円×24)
実質負担金額 26,880円
(560円×48)
26,880円
(1,120円×24)

これは「iPhone 8 64GB」の機種変更での実質負担を、通常の24回払いと「半額サポート for iPhone」を利用した場合の48回払いとで比較したもの。

支払い回数を48回にすると「月月割」の金額も48回割引になるという特徴があるものの、どちらも最後まで支払う事でトータルの実質負担金に変わりはありません

それでは、「半額サポート for iPhone」でユーザーが1番お得になる25カ月目に機種変更した場合の実質負担金はどうなるかというと、

iPhone 8 64GB 機種変更
半額サポート for iPhone 適用時
(25カ月目時点)
24回払い
本体価格 47,160円
(1,965円×24)
94,320円
(3,930円×24)
月月割 -33,720円
(-1,405円×24)
-67,440円
(-2,810円×24)
実質負担金額 13,440円
(560円×24)
26,880円
(1,120円×24)

となり、26カ月以降の支払いが免除になる為、通常の24回払いに比べると13,440円お得に機種変更ができる計算になります。

ただし、旧機種は回収され、さらに機種変更後も新たに「半額サポート for iPhone/Android」または「機種変更先取りプログラム」に加入する必要があるので注意。

24回払いだった場合には、契約から2年後の更新月のタイミングで乗り換えをするという選択肢があるだけでなく、支払いの終わった旧端末を買取に出したり下取り機種にする事もできます。

ちなみに2018年時点の「iPhone 6s」の下取り価格は17,280円なので、旧機種が「iPhone 6s」だった場合には48回払いに比べ3,840円お得に機種変更ができる計算になりますね。

簡単に言ってしまえば「半額サポート for iPhone/Android」はまったくお得ではないという事です。

1年で機種変更が可能になる「1年買い替えオプション」

ソフトバンク「半額サポート for iPhone/Android」は本当にお得なのか解説!

さらに、「半額サポート for iPhone/Android」には「1年買い替えオプション」というサービスがあります。

「1年買い替えオプション」は、「半額サポート for iPhone/Android」に加入した人が13ヵ月目以降に機種変更できるようにしたオプションで、月額料金は無料、申し込み手続きも必要ありません。

ただし、「1年買い替えオプション」を適用させて13ヵ月目以降に機種変更をする場合でも、14ヵ月目~25ヵ月目までの機種代金は引き続き支払う必要があるので注意して下さい。

「1年買い替えオプション」を使用した場合はお得なのか

iPhone 8 64GB 機種変更
半額サポート for iPhone 適用時
(13カ月目時点)
24回払い
(13カ月目時点)
本体価格 47,160円
(1,965円×24)
94,320円
(3,930円×24)
支払済金額 23,580円
(1,965円×12)
47,160円
(3,930円×12)
月月割 -16,860円
(-1,405円×12)
-33,720円
(-2,810円×12)
実質負担金額 6,720円
(560円×12)
13,440円
(1,120円×12)
残債額 23,580円
(1,965円×12)
47,160円
(3,930円×12)
総支払額 30,300円 60,600円

これは「iPhone 8 64GB」を購入して13カ月目に機種変更した場合の「総支払額」を、通常の24回払いと「半額サポート for iPhone」を利用した場合の48回払いとで比較したもの。

24回払いでも48回払いでも、13カ月目に機種変更した場合は、残りの14ヵ月目~25ヵ月目までの機種代金を「月月割」がなくなった状態で支払う必要があります

13カ月目までに支払った機種代金に「月月割」がなくなった残債額をプラスして計算すると「半額サポート for iPhone」を利用したほうが30,300円お得に機種変更ができる事がわかります。

ただし、旧機種は回収され、さらに機種変更後も新たに「半額サポート for iPhone/Android」または「機種変更先取りプログラム」に加入する必要があるので注意。

ちなみに2018年時点の「iPhone 7」の下取り価格は31,200円なので、旧機種が「iPhone 7」だった場合には48回払いに比べ900円お得に機種変更ができる計算になりますね。

つまり、「1年買い替えオプション」を使用しても「半額サポート for iPhone/Android」はまったくお得ではないという事になります。

「半額サポート for iPhone/Android」にメリットはないのか

48回払いの「半額サポート for iPhone/Android」はお得?デメリットと注意点を解説

実際に支払う金額を計算してみるとまったくお得ではなかった「半額サポート for iPhone/Android」ですが、考え方によってはメリットもそれなりにあります。

ここでは、「半額サポート for iPhone/Android」のメリットについて紹介しますね。

毎月の料金が安く感じる

24回払いと48回払いとでは、毎月に支払う機種の実質負担金が500円程度違うので、48回払いのほうが通信料を合わせた月額料金が500円程度安くなり、毎月の料金が安く感じます。

ただし、24回払いの場合には、旧機種を買取や下取りに出した時にそれ以上の金額が返ってくる為、実際に安くなっているわけではないので注意ですね。

「半額サポート for iPhone/Android」のデメリットと注意点

48回払いの「半額サポート for iPhone/Android」はお得?デメリットと注意点を解説

クレジットカードの「リボ払い」のような「半額サポート for iPhone/Android」のメリットがわかったところで、今度はデメリットや注意点をまとめていきます。

「月月割」も48回割引になる

「半額サポート for iPhone/Android」の1番のデメリットは「月月割」も48回割引になってしまう事。

これにより、「半額サポート for iPhone/Android」に加入してから4年間同じ端末を使用するか2年後に機種変更をしない限り、24回払いよりも損をしてしまうので注意ですね。

それでも損をする可能性のほうが高いですが・・・。

「半額サポート for iPhone/Android」に加入し続ける必要がある

「半額サポート for iPhone/Android」に1度加入してしまうと、特典を利用する為には機種変更後も「半額サポート for iPhone/Android」か「機種変更先取りプログラム」に加入し続ける必要がある為、損せずに24回払いに戻す方法が4年間特典を利用せずに同じ機種を使用し続ける以外にありません

また、他社への乗り換え時にも「半額サポート for iPhone/Android」の特典は利用できない為、ずっとソフトバンクを利用し続ける予定の人でない限りはデメリットとなるでしょう。

故障端末は20,000円かかる場合がある

小さなキズなどは問題ありませんが、電源が入らなかったりキズが大きい端末は、「半額サポート for iPhone/Android」の特典利用時に20,000円の支払いが必要な場合があります

そもそも、そこまでお得ではない割引額なのにさらに20,000円の支払いが発生してしまったらかなり損をしてしまう事になるので、「半額サポート for iPhone/Android」に加入するのなら、スマホ端末をレンタルしている感覚で大事に利用したほうが良いと思います。

「半額サポート for iPhone/Android」は加入するべきか

ソフトバンク「半額サポート for iPhone」は本当にお得なのか解説!

「半額サポート for iPhone/Android」は、「毎月の料金が安く感じる」というメリットに魅力を感じる人以外は加入しないのがおすすめ。

割引の仕組みが複雑なので解説を読んでもよくわからない人も多いと思いますが、「半額サポート for iPhone/Android」に加入しなければよかったと後悔する人はたくさんいるかもしれませんが、「半額サポート for iPhone/Android」に加入しとけばよかったと後悔する人はほとんどいないでしょう。

ドコモが追従せず、公正取引委員会に「4年縛り」として問題視されている事からも、ユーザーの選択肢を狭めてメリットの少ないサービスである事がわかりますよね。

ソフトバンクのスタッフや家電量販店の店員に接客される場合は、全力で「半額サポート for iPhone/Android」をおすすめしてくると思うので、あらかじめ加入するかどうかを決めておくとスムーズだと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ソフトバンクの料金プランや割引キャンペーン

Copyright© ドコモ・au・ソフトバンクのおすすめスマホを徹底比較!くろねこのみみ , 2018 All Rights Reserved.