スマホやキャリア、格安SIMなど、ガジェット系の攻略レビューサイト。

くろねこのみみ


ソフトバンク 新料金プラン「ギガモンスター」を発表!

ソフトバンク 新料金プラン「ギガモンスター」を発表!

更新日:

ソフトバンクが新料金プラン「ギガモンスター」を発表しました。

かなり独自路線を進むような内容なので正直びっくりしましたが、なかなか新しい内容となっているので解説したいと思います。

新料金プラン「ギガモンスター」の内容

ソフトバンク 新料金プラン「ギガモンスター」を発表!photo by softbank.jp

スマホの料金は通話プラン+データ定額で構成されているわけですが、今回の新料金プラン「ギガモンスター」はデータ定額のほうに設定されたプランです。

内容は、新たに月額6,000円で20GBまでデータを使用できる「データ定額 20GB」と、月額8,000円で30GBまでデータを使用できる「データ定額 30GB」を追加するというもの。

これにともない、データ定額パック8、大容量10~30の新規申し込み受け付けを終了

「家族データシェア」でのみ、大容量10~30の申し込みを受け付けるという事です。

月額8,000円で20GBのデータ通信が楽しめるので、スマホで動画などを観る習慣のある人なんかには、かなり嬉しい新プランとなりそうですね。

新料金プラン「ギガモンスター」の注意点

携帯キャリアがこういった新料金プランを発表した時は、重要な事は「※」なんかで小さく下のほうに書いてあったりするので、気を付けなければいけませんが、今回の新料金プラン「ギガモンスター」で注意しなければいけない事は、

・「家族データシェア」での申し込みは不可
直近3日間のデータ使用料に対する通信制限の撤廃
余ったデータ容量は5GBまで翌月へ繰り越し可能
※auの「スーパーデジラ」に対抗し全て繰り越し可能
テザリングオプションの月額使用料はプラス1,000円になる
※auの「スーパーデジラ」に対抗し2017年4月末まで無料

という事。

これまでテザリングオプションは、料金はかかるもののキャンペーン適用で無料というスタイルでしたが、「データ定額 20GB」と「データ定額 30GB」で使用する場合には別途1,000円がかかります。
※auの「スーパーデジラ」に対抗し2017年4月末まで無料になりました。

また、「家族データシェア」での申し込みもできなくなっているので、個人的なスマホ使用でデータ通信を多くする人に向けたサービスという事になりそう。

最近では珍しい、ソフトバンクだけの独創的な新料金プランとなりましたが、1人で大容量のデータ通信をするヘビーユーザーに向けたサービスとなっていて、一般的な使用をしている客層にはほとんど影響がないのが残念なところですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「くろねこのみみ」をフォローしよう!

-ソフトバンクの料金プランやサービス

Copyright© くろねこのみみ , 2017 AllRights Reserved.