ドコモ iPhone XRが機種変更で34,344円!料金・価格からお得なキャンペーンまで徹底解説

Source by nttdocomo

docomo(ドコモ) ドコモ 2018-2019年冬春モデル

ドコモ iPhone XRが機種変更で34,344円!料金・価格からお得なキャンペーンまで徹底解説

ドコモが2018年10月26日に「iPhone XR」の発売を開始しました。

本体価格は64GBモデルで98,496円。

割引を引いた機種変更での本体価格は34,344円となり、24回払いの分割で購入する場合、月額の実質負担金は1,431円となります。

この記事では「iPhone XR」に機種変更した場合の月額料金や価格、お得な割引キャンペーンを紹介していきます。

ドコモの「iPhone XR」への機種変更を検討している人は参考にしてみて下さい。

くろねこ
実質負担金とは、毎月の請求から割引額を引いた「実際に支払う本体代金」の事です

ドコモ iPhone XR の機種変更時の本体価格

iPhone XR 機種変更時の本体価格

ドコモ iPhone XR の機種変更時の本体価格

機種変更時の本体価格(Xi→Xi)
64GB 128GB 256GB
本体価格 98,496円 104,976円 116,640円
SPECIAL特典 -5,184円 -5,184円 -5,184円
月々サポート -58,968円 -58,968円 -58,968円
実質負担金 34,344円
(1,431円×24)
40,824円
(1,701円×24)
52,488円
(2,187円×24)

ドコモの「iPhone XR」の本体価格は、

  • 64GBモデル:98,496円(税込)
  • 128GBモデル:104,976円(税込)
  • 256GBモデル:116,640円(税込)

です。

実際に支払う金額はここから「月々サポート」という割引きを引いた「実質負担金」となり、機種変更での「iPhone XR 64GB」の本体価格は24回払いの分割で月額1,431円になります。

ただし、ドコモ公式オンラインショップ の「SPECIAL特典」5,184円割引はすでに価格に反映されているので注意して下さい。

iPhone XR 64GB の機種変更時の月額料金シミュレーション

1人で契約する場合 家族に代表回線を契約
している人がいる場合
通話プラン  1,058円
(シンプルプラン)
 1,058円
(シンプルプラン)
 spモード  324円 324円
データプラン 3,132円
ベーシックパック(1GB未満)
540円
(シェアオプション)
端末代金 1,431円 1,431円
月額料金 5,945円(税込) 3,353円(税込)

これは、「iPhone XR 64GB」を24回払いで購入したとして、ドコモの料金プランの中でできるだけ料金が安くなるように計算した月額料金のシミュレーションです。

1人で利用する場合には、毎月使用するデータ容量を1GB未満に抑えれば月額5,945円から、シェアオプションで利用する場合には月額3,353円から利用する事ができます。

くろねこ
ただし、「ベーシックパック」は使用したデータ容量によって最大で7,374円まで料金が上がる可能性があるので注意して下さいね!

ドコモ iPhone XR の本体カラーとスペック

iPhone XR のカラーバリエーション

iPhone XR のカラーバリエーション

「iPhone XR」のカラーバリエーションは、

  • ホワイト
  • ブラック
  • ブルー
  • イエロー
  • コーラル
  • (PRODUCT)RED

の6色。

iPhoneシリーズの中では最もカラーバリエーションの多いモデルとなっています。

iPhone XR のスペック詳細

iPhone XR iPhone XS
CPU Apple A12 Bionic Apple A12 Bionic
外側カメラ 約1,200万画素 約1,200万画素×2
内側カメラ 約700万画素 約700万画素
ディスプレイ 約6.1インチ(1,792×828) 約5.8インチ(2,436×1,125)
RAM 3GB 4GB
ROM 64GB / 128GB / 256GB 64GB / 256GB / 512GB
SDカード 非対応 非対応
電池容量 2,942mAh 2,658mAh
高さ×幅×厚さ 約150.9x75.7x8.3(mm) 約143.6x70.9x7.7(mm)
重量 約194g 約177g

「iPhone XR」には、appleの最新CPU「Apple A12 Bionic」が搭載され、「iPhone X」から処理能力が15%アップ。

カメラはアウトカメラに、「iPhone XS」に搭載されている広角カメラと同じものが採用され、インカメラには700万画素 F値2.2のTrueDepthカメラを搭載しています。

ディスプレイは約6.1インチの液晶ディスプレイとなっていて、電池容量は2,942mAhで「iPhone XS」よりも284mAhアップ。

iPhone XS」からカメラとディスプレイの性能は落とされているものの、処理能力が同じなのは嬉しいですね。

ただし、6.1インチの画面と194gの重量は片手でスイスイ操作できるサイズではないので、スマホの中でも「大きめサイズ」という事を意識して購入しないと後悔するかもしれません。

ドコモ iPhone XR のおすすめポイント

肉眼で見た印象と変わらない写真が撮れる

iPhone XRで撮影した噴水

「iPhone XR」のカメラは肉眼で見た印象と変わらない写真が撮れるという特徴があります。

iPhone XS」で評判だった「スマートHDR」もしっかりと搭載しているので、逆光や夜景など、明暗差の高い場面でも高画質な写真が撮れるのが嬉しいですね。

iPhone XRで撮影したパンケーキ

最近の「AI」を搭載したハイスペック機は「加工感」の強い仕上がりになる機種もあるので、「肉眼で見た印象と変わらない」というのは「iPhone XR」の大きな特徴のひとつだと思います。

コストパフォーマンスが良い

iPhone XR

「iPhone XR」は上位モデルの「iPhone XS」から、望遠カメラと「3D Touch」がなくなり、RAMの容量が3GBになっている以外にスペック的にはほとんど違いがありません。

処理能力もほぼ同じで「iPhone XS」よりも3万円近く本体価格が安くなっているので、コストパフォーマンスはかなり良いと思います。

くろねこ
個人的にはカメラのズーム機能を使わないのであれば「iPhone XS」よりも「iPhone XR」のほうがおすすめです

ポートレートモードが使いやすい

iPhone XRで撮影したポートレート写真

これまでのスマホのポートレートモードは望遠レンズで撮影される為、ポートレートモードに切り替えた後に距離をとらないといけないのが面倒だったんですが、「iPhone XR」はソフトウェアの処理技術だけで背景をぼかすので、被写体との距離を自由に設定できて使いやすかったです。

試しにデュアルカメラの「iPhone XS」と撮り比べてみましたが、

iPhone XR

iPhone XS

※クリックで拡大できます

こんな感じ。

記載しなければ、どちらの機種で撮影したかわからないほどのクオリティで撮影できました。

「背景ボケ」の精度も良く、後からボケの強さを調整する事もできて、かなり使いやすいと思います。

処理能力が高い

iPhone XRでゲームをしている様子

「iPhone XR」のCPUにはAppleの「A12 Bionic」が搭載されていて、2019年春時点では全スマホの中でも最高の処理能力になっています。

特に「iPhone XR」は大きい画面になっているので、大画面でゲームをプレイしたい人や、サクサク動作するスマホがほしい人におすすめですね。

くろねこ
「iPhone XR」なら最新ゲームでもサクサク快適にプレイする事ができます

ドコモ iPhone XR のデメリット

夜の撮影だと暗くなりがち

iPhone XRで撮影した夜景

「iPhone XR」の夜の撮影は、白飛びや滲みがない高画質な写真が撮れますが、肉眼で見た景色よりも暗い印象の仕上がりになるという特徴があります。

試しに夜景撮影が得意な「Google Pixel 3」と比べてみると、

iPhone XR

Google Pixel 3

※クリックで拡大できます

こんな感じに。

キラキラした光が多くて撮影が難しい環境なので、これだけ綺麗に撮れていれば十分優秀なんですが、「Google Pixel 3」と比べると「iPhone XR」のほうが暗い印象になってしまっているのが確認できると思います。

「iPhone XR」の夜のカメラ性能は、他メーカーのハイスペックモデルと比べると少し劣る印象です

本体が大きくて重い

iPhone XRを持っている様子

「iPhone XR」は6.1インチの大きめ画面になっているので、その分だけ重く、厚めの本体サイズになっています。操作していても片手では無理があったり、ズッシリと重い為、両手で操作する事を前提に購入するのがおすすめ。

「iPhone 8」や「iPhone XS」というよりは、「iPhone 8 Plus」や「iPhone XS Max」に近いイメージですね。

くろねこ
手に取ると厚みも感じるので、かなり「大きくて太い」印象です

ディスプレイのベゼルが太い

iPhone XRのディスプレイの様子

「iPhone XR」のベゼル(画面端の黒い部分)は、「iPhone XS」の2倍くらいの太さがあります。

ベゼル部分が狭い「iPhone XS」と並べるとけっこう違うので、気になる人は1度実機を手にとって確認してみるのがおすすめです。

顔認証だけでは不便

iPhone XRで顔認証をしている様子

2018年に発売されたiPhoneでは、ついに全ての機種で指紋認証センサーがなくなりFace ID(顔認証)のみとなりました。

現在のandroidスマホのハイスペック機は、顔認証と指紋認証を合わせた生体認証システムが主流となっていて、顔認証のみではけして他機種と比べて便利とは言えないでしょう。

実際に使用していても、本体が横になっていたり寝転んでいる時に頻繁に認証に失敗してイライラする場面がありました

また、マスクを着用する習慣のある人は、マスクをしたままではロック解除はできないので注意して下さいね。

くろねこ
花粉症の人は注意ですよ!

 

【公式サイト】で最新情報をチェック

 ドコモ公式オンラインショップ

 ⇒au公式オンラインショップ

 ソフトバンク公式オンラインショップ

-docomo(ドコモ), ドコモ 2018-2019年冬春モデル
-, , ,

Copyright© おすすめスマホを徹底比較レビュー!くろねこのみみ , 2019 All Rights Reserved.