iPhone XR 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

Source by apple

au 2018-2019年冬春モデル iPhone XS&iPhone XR スマホ評価レビュー ソフトバンク 2018-2019年冬春モデル ドコモ 2018-2019年冬春モデル

iPhone XR 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

更新日:

appleは2018年9月12日に行われたスペシャルイベントにて、

の3機種を発表しました。

「iPhone XS」と「iPhone XS Max」は「iPhone X」の後継モデルとなっていて、「iPhone XR」は本体価格が抑えられた廉価モデルとなります。

この記事では、「iPhone XR」を実際に購入してカメラの性能や使用感などを徹底レビューしているので、購入を検討している人はぜひ参考にしてみて下さい。

iPhone XR のカラーバリエーション

「iPhone XR」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「iPhone XR」のカラーバリエーションは、

  • ホワイト
  • ブラック
  • ブルー
  • イエロー
  • コーラル
  • (PRODUCT)RED

の6色。

iPhoneシリーズの中では最もカラーバリエーションの多いモデルとなりました。

iPhone XR のスペック詳細

iPhone XR iPhone XS
CPU Apple A12 Bionic Apple A12 Bionic
外側カメラ 約1,200万画素 約1,200万画素×2
内側カメラ 約700万画素 約700万画素
ディスプレイ 約6.1インチ(1,792×828) 約5.8インチ(2,436×1,125)
RAM 3GB 4GB
ROM 64GB / 128GB / 256GB 64GB / 256GB / 512GB
SDカード 非対応 非対応
電池容量 2,942mAh 2,658mAh
高さ×幅×厚さ 約150.9x75.7x8.3(mm) 約143.6x70.9x7.7(mm)
重量 約194g 約177g

「iPhone XR」には、appleの最新CPU「Apple A12 Bionic」が搭載され、「iPhone X」から処理能力が15%アップ。

カメラはアウトカメラに、「iPhone XS / XS Max」に搭載されている広角カメラと同じものが採用され、インカメラには700万画素 F値2.2のTrueDepthカメラを搭載しています。

ディスプレイは約6.1インチの液晶ディスプレイとなっていて、電池容量は2,942mAhで「iPhone XS」よりも284mAhアップ。

iPhone XS / XS Max」からカメラとディスプレイの性能は落とされているものの、処理能力が同じなのは嬉しいですね。

ただし、6.1インチの画面と194gの重量は片手でスイスイ操作できるサイズではないので、スマホの中でも「大きめサイズ」という事を意識して購入しないと後悔するかもしれません。

iPhone XS / XS Max との違い

望遠カメラ非搭載のシングルカメラ

iPhone XR 評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

iPhone XS」と「iPhone XR」では、デュアルカメラとシングルカメラという違いがあり、「iPhone XR」には望遠レンズが搭載されていません。

「iPhone XR」に採用されている広角カメラは「iPhone XS」とまったく同じ性能な為、ほとんどの場面では同じクオリティの写真が撮れますが、

ズーム(最大)
iPhone XS / XS Max 静止画:光学2倍/デジタル10倍
動画:光学2倍/デジタル6倍
iPhone XR 静止画:デジタル5倍
動画:デジタル3倍

という違いがあり、ズーム性能にはかなり違いがあるので注意して下さい。

iPhone XR 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

通常撮影

iPhone XR 5倍ズーム

iPhone XS 10倍ズーム

※クリックで拡大できます

これは、東京駅を同じ位置から最大ズームで撮影した「iPhone XR」と「iPhone XS」の写真です。

どちらも最大ズームはデジタルズームなのでそれなりに画質が粗くなりますが、より遠くの被写体を撮影したい場合は望遠レンズを搭載した「iPhone XS」のほうが便利ですね。

また、実際に撮影しているとワンタッチで切り替えできる「2倍光学ズーム」がかなり便利で頻繁に使用するので、個人的には2倍光学ズームが使えないという事が「iPhone XS / XS Max」との1番の違いだと感じています。

ポートレートモード

iPhone XR 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

被写体を強調させて背景をぼかすポートレートモードは「iPhone XR」にも搭載されていますが、「iPhone XS / XS Max」は2つのカメラを使用して被写界深度を測り望遠レンズで撮影するのに対し、「iPhone XR」はソフトウェアの処理技術だけで背景をぼかすという違いがあります。

「iPhone XR」で実際に撮影してみましたが、「iPhone XS」とほとんどクオリティが変わらないばかりか、通常撮影と同じ距離感でそのまま撮れるので「iPhone XR」のほうが撮影しやすかったです。

iPhone XS」に限らず、これまでのスマホのポートレートモードは望遠レンズで撮影される為、ポートレートモードに切り替えた後に距離をとらないといけないのが面倒だったんですよね。

試しに「iPhone XS」と撮り比べてみましたが、

iPhone XR

iPhone XS

※クリックで拡大できます

記載しなければ、どちらの機種で撮影したかわからないほどのクオリティで撮影できました。

「背景ボケ」の精度も良く、後からボケの強さを調整する事もできて、かなり使いやすいと思います。

ただし、「iPhone XR」にはポートレートモードで人物以外を撮れないという大きなデメリットがあるので注意!

iPhone XR 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

iPhone XS / XS Max」では問題なく撮影できるので、今後のソフトウェアで改善する可能性もありますが、現在はその予定すらもないようです。

RAM容量の違い

iPhone XR 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

iPhone XR

iPhone XR 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

iPhone XS

「iPhone XR」と「iPhone XS」とでは、

  • iPhone XR:RAM 3GB
  • iPhone XS:RAM 4GB

という違いがあり、「iPhone XR」のほうがRAM容量が1GB少ない仕様になっています。

RAMというのは、一時的に情報を記憶しておくメモリーの事で、RAMの空き容量が多いほど一度にたくさんのアプリを起動したり、ネットを開いた際の情報を多く記憶しておく事ができます。

実際に空き容量を計測してみましたが、「iPhone XR」はアプリをほとんどインストールしていない状態ですでに空き容量が555MGしかないのに対して、それなりにアプリをインストールしている「iPhone XS」でも空き容量は約倍の1025MBありました。

購入直後でRAMの空き容量が0.5GBしかないのは、今後2年以上使用する事を考えるとちょっと不安ですね。

ディスプレイの綺麗さとベゼルの太さ

iPhone XR 評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

ディスプレイでは、

  • iPhone XS / XS Max:有機ELディスプレイ
  • iPhone XR:液晶ディスプレイ

という違いがあり、「iPhone XS」のほうが解像度も高く高画質な映像が楽しめます。

ただし、実際に比べてみましたが明らかな違いは実感できないので、そこまで気にする必要はないかもしれません。

どちらかと言えば目立つのはベゼル(画面端の黒い部分)で、「iPhone XS」の2倍くらいある「iPhone XR」のベゼルの太さは気になりました

iPhone XR 評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

ベゼル部分が狭い「iPhone XS」のほうがスマートで見栄えが良いので、気になる人は1度実機を手にとって比較してみるのがおすすめです。

3D Touch非搭載

iPhone XR 評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

通常の操作に加え、指を画面に押し込む事でさらに「押し込み」を認識して、操作をより簡単にする「3D Touch」は「iPhone XR」では非搭載となりました。

あまり使われていない機能ですが、これまでのiPhoneシリーズで「3D Touch」を愛用していた人は、画面を押し込んでも反応しないので注意して下さい。

防水性能

「iPhone XR」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

防水性能では、「iPhone XS / XS Max」が「IP68」に進化したのに対し、「iPhone XR」では従来の機種と同じく「IP67」となりました。

性能的には、

  • IP67:30分間水中に浸けても有害な影響がない
  • IP68:連続的に水中に置いても有害な影響がない

という違いですが、正直ユーザーがこの違いを体感する事はほとんどないと思うので、気にしなくても良いかもしれませんね。

iPhone XR のカメラ性能レビュー

iPhone XRのカメラスペック詳細
カメラ画素数 外側カメラ:約1,200万画素
内側カメラ:約700万画素
F値 外側カメラ:1.8
内側カメラ:2.2
オートフォーカス機能 静止画:○
動画:○
ズーム(最大)
※外側カメラのみ
静止画:デジタル5倍
動画:デジタル3倍
ISO感度(最大) 静止画:未発表
動画:未発表
手ブレ補正機能 外側カメラ 静止画:光学式
動画:光学式
内側カメラ 静止画:×
動画:電子式

約1,200万画素のアウトカメラ

iPhone XR 評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「iPhone XR」のアウトカメラには、約1,200万画素 F値1.8の「iPhone XS」に搭載されているものとまったく同じ広角カメラが採用されています。

価格を抑えた廉価版という位置づけながら、広角カメラの性能がフラッグシップモデルと変わらないのは嬉しいですよね。

iPhone XR 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

これは昼間の東京周辺の様子を撮影した写真。

iPhoneのカメラは肉眼で見たままのカラーバランスで撮影ができるという特徴がありますが、広角カメラの歪みもなく綺麗に撮影できています。

iPhone XR 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

もちろん「iPhone XS」で評判だった「スマートHDR」もしっかりと搭載しているので、逆光や夜景など、明暗差の高い場面でも高画質な写真が撮れます。

これは、逆光になっている噴水を撮影した写真ですが、綺麗に撮れていますよね。

夜の撮影

iPhone XR 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

夜の撮影では東京駅を撮ってみました。

肉眼で見た印象よりもちょっと暗いですが、夜景撮影ではありがちなザラつきや白飛びがほとんど感じられないのが良いですね。

iPhone XR

iPhone XS

※クリックで拡大できます

「スマートHDR」が1番活躍するネオン系の光が多い景色の撮影でも、白飛びがかなり抑えられていて、高画質な写真が撮れます。

試しに「iPhone XS」と撮り比べてみましたが、同じ品質の写真になっていて、カメラ性能に違いがない事がわかりますね。

料理の撮影

iPhone XR 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

iPhone XR 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

スマホで写真を撮る習慣のない人でも、料理の写真は頻繁に撮影するという人は多いですよね。

「iPhone XR」での料理の撮影は、肉眼で見たカラーバランスをそのまま再現したって感じです。

上の2枚の写真はどちらも同じカフェで撮影したもので、店内が薄暗かったので心配でしたがかなり高画質に撮影できました。

より明るくしたり、鮮やかにしたりといった機能はありませんが、十分美味しそうな料理の写真が撮れると思います。

動画撮影の性能

「iPhone XR」の動画撮影では、

  • 4K:24 / 30 / 60fps
  • フルHD:30 / 60fps
  • HD:30fps

の解像度を選ぶ事ができ、光学式手ぶれ補正機能を搭載してズーム以外は「iPhone XS」とまったく同じ画質の動画を撮影する事ができます。

実際に撮影してみましたが、「iPhone X」から手振れ補正が強化されていて、手持ちでもより滑らかに撮影できるようになっているのが良いですね。

また、「スマートHDR」もよく機能していて、暗い場所にも強く、白飛びも抑えられていて、かなり高画質な動画が撮れました。

夜の撮影では環境によってライトの光で「ゴースト現象」が発生してしまうものの、画質はかなり良く、現在発売されているスマホの中でも最高レベルだと感じました。

ただし、相変わらず最高画質の「4K / 60fps」には手振れ補正がなく、「スマートHDR」も利きづらくなっているので、実質的な最高画質は「4K / 30fps」と思っておいたほうが良いと思います。

インカメラの自撮り撮影

通常撮影

ポートレートモード

※クリックで拡大できます

「iPhone XR」のインカメラでは、通常の撮影に加え、ポートレートモードでの自撮り撮影が行えます。

カラーバランスはアウトカメラと同じく肉眼で見た印象とほぼ変わらず、ボケの精度も良くて使いやすいですね。

美肌補正などの補正機能はありませんが、画質はかなり綺麗だと思います。

iPhone XR の特徴と使用レビュー

テザリング
おサイフケータイ
ワンセグ:フルセグ ×:×
赤外線通信 ×
ハイレゾ ×
ワイヤレス充電
イヤホンジャック ×
Bluetooth
防水:防塵 IP67
スピーカー ステレオスピーカー
生体認証 顔認証センサー

「iPhone XR」のデザイン

iPhone XR 評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「iPhone XR」の背面はワイヤレス充電に対応する為のガラスパネルとなっていて、左上部分に、

  • アウトカメラ
  • True Tone フラッシュ

と並んでいます。

iPhone XR 評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

ディスプレイ面には、画面上部に左から、

  • 近接センサー
  • ステレオスピーカー内蔵マイク
  • インカメラ / FaceID

が配置され、

iPhone XR 評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

右側面にはサイドボタンとSIMカードトレイ。

iPhone XR 評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

左側面には「サウンドオン/オフスイッチ」と「音量ボタン」が並んでいます。

iPhone XR 評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

本体上部にボタン配置はなし。

iPhone XR 評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

本体下部には左から、

  • 内蔵マイク
  • Lightningコネクタ
  • 内蔵ステレオスピーカー

が搭載されています。

デザインは「iPhone XS」と同じく、アルミフレームが本体カラーと同じ色になっているのが特徴的ですね。

本体サイズと重さ

iPhone XR 評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「iPhone XR」は6.1インチの大きめ画面になっているので、その分だけ重く、厚めの本体サイズになっています。操作していても片手では無理があったり、ズッシリと重い為、両手で操作する事を前提に購入するのがおすすめ。

「iPhone 8」や「iPhone XS」というよりは、「iPhone 8 Plus」や「iPhone XS Max」に近いイメージですね。

手に取ると厚みも感じるので、かなり「大きくて太い」印象です。

電池容量と電池持ち

iPhone XR 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

「iPhone XR」の電池容量は2,942mAhで「iPhone XS」よりも284mAh大きいバッテリーが搭載されています。

実際に使用してみましたが、電池持ちはかなり良いですね。

大画面なので、動画を観たりゲームをすればそれなりに減っていきますが、使ってない時はほとんど電池の消費は実感できず、まったく使用しない日が続けば3日以上は普通に電池が持ちます。

朝100%にした充電は、適度に動画を観たり音楽を聴いたりして、家に帰ってくる夜7時ごろに確認しても40%~50%残っているので、スマホの「電池持ち」を重視する人におすすめです。

生体認証は顔認証のみ

iPhone XR 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

2018年に発売されたiPhoneでは、ついに全ての機種で指紋認証センサーがなくなりFace ID(顔認証)のみとなりました。

現在のandroidスマホのハイスペック機は、顔認証と指紋認証を合わせた生体認証システムが主流となっていて、顔認証のみではけして他機種と比べて便利とは言えないでしょう。

実際に使用していても、本体が横になっていたり寝転んでいる時に頻繁に認証に失敗してイライラする場面がありました

また、マスクを着用する習慣のある人は、マスクをしたままではロック解除はできないので注意して下さいね!

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)

iPhone XR 評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「iPhone XR」では、iPhoneシリーズで初めてnano SIMと埋め込み型SIM「eSIM」によるDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応しました。

DSDSは2枚のSIMを本体に挿入して、両方のSIMで同時に待受けができる機能。

ただし、eSIMは発売後のソフトウェア更新によって提供され、日本のキャリアでは現在未対応の為、DSDSの機能を実際に利用できるかは不明です。

iPhone XR の処理能力とベンチマークスコア

Galaxy Note9 評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ(SC-01L / SCV40)

Galaxy Note9 評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ(SC-01L / SCV40)

これは、実際に計測した「iPhone XR」のベンチマークスコアですが、

  • Geekbench 4.3.0:シングル 4,826 / マルチ 11,345
  • Geekbench Compute:21,449

となっています。

iPhone XS」でも、ほぼ同じ計測結果になっていますが、現在発売されているスマホの中でもダントツの性能ですね。

「Compute」というのはGPUの処理能力を表すスコアですが、CPUとGPUともに最高性能という事になります。

※Antutuベンチマークはなぜか落ちてしまい計測できない状態なので、計測できるようになったら追記したいと思います。

ゲームアプリで動作テスト

iPhone XR 評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

最後に動作テストとして、最新3Dゲームで有名な「PUBGモバイル」をプレイしてみました。

グラフィックの設定は最高画質となる、

  • クオリティ:HDR
  • フレーム設定:ウルトラ
  • アンチエイリアス:有効
  • グラフィックの自動調整:無効

です。

処理能力の良さはゲームを立ち上げた後すぐに実感する事ができ、明らかにサクサク動作しました。

特に他の機種と違うのはマップや風景を初めて読み込む時で、これまでの機種だとゲームを初めてすぐに画面を左右に大きく振ると、ハイスペック機であっても一瞬画面にカクつきが見られましたが、「iPhone XR」ではほとんどありませんでした。

負荷のかなり多い最新の3Dゲームの最高画質設定でこれだけ動いてくれれば、現状ではどんなゲームアプリでも快適に楽しめると思います。

iPhone XR の付属品

iPhone XR 評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「iPhone XR」には、

  • EarPods(専用イヤホン)※コードあり
  • Lightning - usb ケーブル
  • USB電源アダプタ

が同梱されています。

ただし、「iPhone XR」になって、「iPhone X」までは同梱されていた「Lightning - イヤホンジャック変換アダプタ」はなくなっているので注意して下さい。

iPhone XR の本体価格

「iPhone XR」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「iPhone XR」の発売日は2018年10月26日で、SIMフリー版の本体価格は税別で、

  • 64GBモデル:84,800円
  • 128GBモデル:90,800円
  • 256GBモデル:101,800円

です。

SIMフリー版「iPhone XR」にはSIMロックがかかっていないというメリットがありますが、2年間以上使用する事が前提であればドコモ、au、ソフトバンクで購入したほうが割引がある分だけお得に購入する事ができます。

ドコモ版「iPhone XR」の本体価格

iPhone XR 新規/乗り換え(MNP) 機種変更
64GB 128GB 256GB 64GB 128GB 256GB
本体価格 98,496円
(4,104円×24)
104,976円
(4,374円×24)
116,640円
(4,860円×24)
98,496円
(4,104円×24)
104,976円
(4,374円×24)
116,640円
(4,860円×24)
割引 -72,576円 -72,576円 -72,576円 -58,968円
(-2,457円×24)
-58,968円
(-2,457円×24)
-58,968円
(-2,457円×24)
実質負担金 25,920円
(1,080円×24)
32,400円
(1,350円×24)
44,064円
(1,836円×24)
39,528円
(1,647円×24)
46,008円
(1,917円×24)
57,672円
(2,403円×24)

※上記の価格は2018年11月現在の金額です。時期によって本体価格と割引金額は変動するので注意して下さい。

ドコモ版「iPhone XR」の本体価格は98,496円~116,640円(税込)

実際に購入する場合には「月々サポート」という割引が適用され、ユーザーが支払う金額は「月々サポート」を引いた「実質負担金」となります。

また、ドコモでは2019年1月30日(木)までに ドコモ公式オンラインショップ で購入した人全員を対象に、5,184円の割引が受けられる 10th Anniversary キャンペーン を実施していて、「iPhone XR」も対象機種になっています。

上記の価格からさらに割引を受けられるので、購入予定の人は活用してみて下さい。
※新規/乗り換えの価格には含まれています

au版「iPhone XR」の本体価格

新規/乗り換え(MNP) 機種変更
64GB 128GB 256GB 64GB 128GB 256GB
本体価格 98,400円
(4,100円×24)
104,880円
(4,370円×24)
116,640円
(4,860円×24)
98,400円
(4,100円×24)
104,880円
(4,370円×24)
116,640円
(4,860円×24)
毎月割 -74,640円
(-3,110円×24)
-74,640円
(-3,110円×24)
-74,640円
(-3,110円×24)
-65,040円
(-2,710円×24)
-65,040円
(-2,710円×24)
-65,040円
(-2,710円×24)
実質負担金 23,760円
(990円×24)
30,240円
(1,260円×24)
42,000円
(1,750円×24)
33,360円
(1,390円×24)
39,840円
(1,660円×24)
51,600円
(2,150円×24)

※上記の価格は2018年11月現在の金額です。時期によって本体価格と割引金額は変動するので注意して下さい。

au版「iPhone XR」の本体価格は98,400円~116,640円(税込)

実際に購入する場合には「毎月割」という割引が適用され、ユーザーが支払う金額は「毎月割」を引いた「実質負担金」となります。

また、「auピタットプラン / フラットプラン」で申し込む場合は、「毎月割」が発生しないかわりに アップグレードプログラムEXに加入する事ができ、最大で半額の本体価格になります。

ただし、「アップグレードプログラムEX」が適用されるのは次回機種変更をした場合のみで、その場合も購入した「iPhone XR」の本体は回収されるので注意して下さい。

ソフトバンク版「iPhone XR」の本体価格

容量 64GB 128GB 256GB
本体価格 106,560円
(4,440円×24)
112,800円
(4,700円×24)
124,800円
5,200円×24)
月月割 -73,200円
(-3,050円×24)
-73,200円
(-3,050円×24)
-73,200円
(-3,050円×24)
実質負担金 33,360円
(1,390円×24)
39,600円
(1,650円×24)
51,600円
(2,150円×24)

※上記の価格は2018年11月現在の金額です。時期によって本体価格と割引金額は変動するので注意して下さい。

ソフトバンク版「iPhone XR」の本体価格は106,560円~124,800円(税込)

月月割」の割引が適用されるのは、機種変更で現在利用中の旧プランを継続した場合のみ。その他のプランでは、端末代金の支払いを48回払いにして「半額サポート for iPhone」を適用させる事で、25カ月目以降の機種変更時に最大で半額にする事ができます。

ただし、「半額サポート for iPhone」が適用されるのは次回機種変更をした場合のみで、その場合も購入した「iPhone XR」の本体は回収されるので注意して下さい。

iPhone XR の評価と感想まとめ

ココがおすすめ

  • 顔認証の精度が優秀
  • 電池持ちがかなり良い
  • 動画がすごく綺麗に撮れる
  • デザインが好きならコスパは最強
  • ポートレートが手軽で綺麗に撮れる
  • 写真のカラーバランスが自然で肉眼に近い
  • 処理能力は発売日時点の全スマホの中でナンバー1

ココがダメ

  • 顔認証だけでは不便
  • RAM 3GBではちょっと不安
  • 夜の撮影だと暗くなりがち
  • ベゼルが太くて違和感がある
  • 片手で操作するには本体が厚くて重い
  • ポートレートモードで人物以外を撮れない

よく読まれている記事一覧



-au 2018-2019年冬春モデル, iPhone XS&iPhone XR, スマホ評価レビュー, ソフトバンク 2018-2019年冬春モデル, ドコモ 2018-2019年冬春モデル
-,

Copyright© おすすめスマホを徹底比較レビュー!くろねこのみみ , 2018 All Rights Reserved.