「iPhone X」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価まとめ/10周年を記念したスペシャルモデル

Source by Apple

Apple iPhone 8&iPhone X

「iPhone X」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価まとめ/10周年を記念したスペシャルモデル

更新日:

Appleは、現地時間の2017年9月12日に、Appleの新本社「Apple Park」で「Apple Special Event」を開催し、iPhoneの新モデル

の3機種を発表しました。

「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」は、「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」の後継モデルとなっていて、「iPhone X」はiPhone発売から10周年を記念したスペシャルモデルとなっています。

iPhone Xのカラーバリエーションとスペック詳細

「iPhone Ⅹ」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「iPhone X」のカラーバリエーションは2色で、

  • スペースグレイ
  • シルバー

です。

スペースグレイ
「iPhone X」の評価!スペックや評判のレビューまとめ

シルバー
「iPhone X」の評価!スペックや評判のレビューまとめ

iPhone Xのスペック詳細

iPhone Xのスペック詳細
CPU A11 Bionic
外側カメラ 約1,200万画素+約1,200万画素
内側カメラ 約700万画素
ディスプレイ 約5.8インチ
2,436×1,125ピクセル
RAM 3GB
ROM 64GB・256GB
SDカード(最大) 未対応
電池容量 2,716mAh
連続通話(LTE) 約1,260分
連続待受(LTE) 未発表
高さ×幅×厚さ 約143.6×70.9×7.7(mm)
重量 約174g

「iPhone Ⅹ」はiPhone発売から10周年を記念したスペシャルモデル。

CPUは最新の「A11 Bionicチップ」が搭載され、アウトカメラは縦に並んだデュアルカメラ仕様になっています。

ディスプレイには有機ELが採用されたベゼル部分がほとんどない「Super Retina HDディスプレイ」が搭載されていて、「iPhone 8 Plus」の5.5インチよりも大画面の5.8インチながら、4.7インチの「iPhone 8」とそれほど変わらない本体サイズが特徴ですね。

また、機能面では新技術の「顔認証」が搭載された事により、指紋認証が使用できなくなっています。

iPhone Xの機能&サービス

「iPhone X」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価まとめ/10周年を記念したスペシャルモデル

機能面では、

  • おサイフケータイ
  • Bluetooth
  • テザリング
  • 防水/防塵
  • 顔認証
  • ワイヤレス充電

が利用可能ですが、

  • フルセグ/ワンセグ
  • イヤホンジャック
  • 指紋認証センサー

は利用できないので注意して下さい。

また、防水/防塵の保護等級もIEC規格にもとづくIP67等級となっていて、水没に対する保護機能では連続的に水中に置いても有害な影響がないという最高ランクの防水性能となっています。

iPhone Xの同梱品

「iPhone X」には、

  • EarPods(専用イヤホン)※コードあり
  • Lightning - usb ケーブル
  • Lightning - イヤホンジャック変換アダプタ
  • USB電源アダプタ

が同梱されています。

「iPhone 7」からイヤホンジャックはなくなりましたが、Lightningコネクタで接続できるマイク機能付きの専用のイヤホンが付属されるので、購入してすぐにイヤホンで電話をしたり音楽を聴く事ができます。

iPhone Xのベンチマークスコア

「iPhone X」の評価!スペックや評判のレビューまとめ

「iPhone X」の評価!スペックや評判のレビューまとめ

これは、実際に計測した「iPhone X」のベンチマークスコアですが、

  • Antutu 6.3:209,816
  • Geekbench 4:シングル 4,277/マルチ 10,416

となっています。

処理能力はかなり高く、現時点の国内で販売されているスマホの中ではダントツの処理能力ですね。

iPhone 8/iPhone 8 Plus/iPhone Xのスペックの比較

iPhone 8 iPhone 8 Plus iPhone X
CPU Apple A11 Apple A11 Apple A11
外側カメラ 約1,200万画素 約1,200万画素+約1,200万画素 約1,200万画素+約1,200万画素
内側カメラ 約700万画素 約700万画素 約700万画素
ディスプレイ 約4.7インチ 約5.5インチ 約5.8インチ
HD(1,334×750) フルHD(1,920×1,080) 2,436×1,125ピクセル
RAM 2GB 3GB 3GB
ROM 64GB・256GB 64GB・256GB 64GB・256GB
SDカード(最大) 未対応 未対応 未対応
電池容量 1,821mAh 2,691mAh 未発表
連続通話(LTE) 約840分 約1,260分 約1,260分
連続待受(LTE) 約240時間 約384時間 未発表
通信速度(最大) 800Mbps 800Mbps 800Mbps
高さ×幅×厚さ 約138.4×67.3×7.3(mm) 約158.4×78.1×7.5(mm) 約143.6×70.9×7.7(mm)
重量 約148g 約202g 約174g

これは、今回発表された新iPhone3モデルのスペックを比較したものです。

1番の違いは、「iPhone 8 Plus」と「iPhone X」はデュアルカメラなのに対して「iPhone 8」はシングルカメラだという事。

「iPhone X」は、処理能力やディスプレイの綺麗さ、機能面など、ほぼ全てのスペックで1番高性能になっていて、さすが10周年記念のスペシャルモデルといった感じですね。

ただし、「iPhone 8/8 Plus」には搭載されているホームボタンと指紋認証は「iPhone X」にはない機能なので注意して下さい。

iPhone Xの発売日と本体価格

「iPhone X」の評価!スペックや評判のレビューまとめ

「iPhone X」は2017年11月3日に発売され、日本国内におけるSIMフリー版の本体価格は、

  • 64GB  :112,800円(税別)
  • 256GB:129,800円(税別)

です。

ドコモ版「iPhone X」の販売価格

iPhone X 新規/乗り換え(MNP)/機種変更
64GB 256GB
本体価格 125,064円
(5,211円×24)
143,856円
(5,994円×24)
月々サポート -57,024円
(-2,376円×24)
-57,672円
(-2,403円×24)
実質負担金 68,040円
(2,835円×24)
86,184円
(3,591円×24)

ドコモで「iPhone X」を購入する場合には「月々サポート」という割引が適用され、ユーザーが実際に支払う金額は割引総額を引いた「実質負担金」となります。

au版「iPhone X」の販売価格

iPhone X 乗り換え(MNP) 新規/機種変更
64GB 256GB 64GB 256GB
本体価格 128,160円
(5,340円×24)
146,400円
(6,100円×24)
128,160円
(5,340円×24)
146,400円
(6,100円×24)
毎月割 -73,560円
(-3,065円×24)
-73,560円
(-3,065円×24)
-64,080円
(-2,670円×24)
-64,080円
(-2,670円×24)
実質負担金 54,600円
(2,275円×24)
73,560円
(3,065円×24)
64,080円
(2,670円×24)
82,320円
(3,430円×24)

auで「iPhone X」を購入する場合には「毎月割」という割引が適用され、ユーザーが実際に支払う金額は「毎月割」を引いた「実質負担金」となります。

また、新料金プラン「ピタットプラン/フラットプラン」で申し込む場合は、「毎月割」が発生しないかわりに アップグレードプログラムEX(a)に加入する事ができ、最大で半額の本体価格になります。

ソフトバンク版「iPhone X」の販売価格

iPhone X 新規/乗り換え(MNP) 機種変更
64GB 256GB 64GB 256GB
本体価格 131,040円
(5,460円×24)
149,280円
(6,220円×24)
131,040円
(5,460円×24)
149,280円
(6,220円×24)
月月割 -77,040円
(-3,210円×24)
-77,040円
(-3,210円×24)
-67,440円
(-2,810円×24)
-67,440円
(-2,810円×24)
実質負担金 54,000円
(2,250円×24)
72,240円
(3,010円×24)
63,600円
(2,650円×24)
81,840円
(3,410円×24)

ソフトバンクで「iPhone X」を購入する場合には「月月割」という割引が適用され、ユーザーが実際に支払う金額は「月月割」を引いた「実質負担金」となります。

また、端末代金の支払いを48回払いにして、24ヵ月以上利用する事で、その後に機種変更をした場合に残債が免除されるというオプションサービス「半額サポート for iPhone」で申し込む場合は、上記の金額からさらに半額になります。

iPhone Xのカメラ機能

広角レンズと望遠レンズのデュアルカメラ

「iPhone X」には、約1,200万画素・f値1.8の広角カメラと、約1,200万画素・f値2.4の望遠カメラが搭載されていて、通常の撮影の場合は広角カメラ、ズーム撮影の場合は望遠カメラと、状況によって「iPhone X」が自動で切り替えてくれます。

また、どちらのレンズで撮影したとしても光学式手ブレ補正が搭載されているので、手ブレを気にせずに撮影できるのもポイントですね。

カメラの性能については超優秀で、私のような素人が撮影したとしてもかなり綺麗な写真を撮る事ができるので楽しいです。

カメラ性能の評価サイトで「iPhone X」が高評価に

iPhone Ⅹのカメラ性能が世界台2位の高評価を受ける

カメラの評価サイト「DxOMark」でスコアが更新され、スコア97で「iPhone X」が発売日時点で1位になりました。

本体価格の高い「iPhone X」ですが、実際の評価が伴う期待どおりのカメラ性能となっていますね。

ポートレートライティング

  • 自然光
  • スタジオ照明
  • 輪郭強調証明
  • ステージ照明
  • ステージ照明(モノ)

「ポートレートライティング」は「iPhone X」から新たに加わった、写真の撮影時に様々なライティングを演出できるという新機能。

ライティングの種類は、

  • 自然光
  • スタジオ照明
  • 輪郭強調証明
  • ステージ照明
  • ステージ照明(モノ)

の5種類で、ポートレートモードでの撮影時にのみライティング効果を選択する事ができ、撮影後の写真にライティング効果を付け足す事もできます。

使ってみた感想としては、全体的に明るくなる「スタジオ照明」が料理を撮影する時に便利かなくらいで、他のライティング効果は面白さはあるものの、あまり使用していません。被写体や使用する場面も限られている為、おまけ程度に考えておいたほうが良いと思います。

4K動画撮影とスローモーション撮影

「iPhone Ⅹ」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「iPhone Ⅹ」のアウトカメラでは最大60fpsの4K動画を撮影する事が可能。

さらに、最大240fpsのスローモーション撮影も行う事ができます。

FaceTime HDカメラ

「iPhone Ⅹ」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「iPhone Ⅹ」のインカメラには、約700万画素、f値2.2の開口部の「FaceTime HDカメラ」を搭載。

自動手ぶれ補正もあり、高画質なセルフィーを撮影が楽しめます。

アニ文字

「アニ文字」は、ユーザーの表情を様々な生き物で再現するという絵文字。

自分の表情と連動した動物に声を吹き込んでメッセージで送信できるので、やりとりの幅が広がってかなり楽しいです。

ただし、メッセージのやりとりとしての機能は現状では「iMessage」しか対応していないのが残念なところ。LINEやメールで送信する場合は動画扱いとなり「アニ文字」としては送信できないので注意して下さい。

すごく面白い機能なので、SMSやLINEで使用できるようになったら一気に流行りそうですよ!

iPhone Xの特徴と使用感

ガラスパネルとアルミニウムフレーム

「iPhone X」では、背面パネルがガラス素材になり、光沢のあるアルミフレームが採用されています。

これまでより50パーセント深い強化層を持つカスタムガラスと、航空宇宙産業で使われているものと同じグレードのアルミニウム製フレームを使用していて、高級感もあってカッコイイですよね。

ただし、落とした場合にはディスプレイだけでなく背面も割れてしまう可能性があるので注意。

本体価格も高額なので、過去に落として画面が割れてしまった経験がある人はカバーを付けたほうが安心だと思います。

Super Retinaディスプレイ

「iPhone X」の評価!スペックや評判のレビューまとめ

ディスプレイはiPhoneで初めてとなる有機ELディスプレイが採用され、切り欠き(エッジ)部分を残してベゼル部分を極力削った全画面スクリーン「Super Retinaディスプレイ」になりました。

解像度も従来のiPhoneと比べるとかなり上がっていて超綺麗な映像が楽しめますが、エッジ部分を残した大画面化に対応している映像コンテンツやゲームは少ないのが現状で、ほとんど場合では写真のような通常のスマートフォンと変わらない画面で視聴する事になります。

True Tone


「True Tone」とは、周囲の光に合わせてホワイトバランスを自動的に調整してくれるという機能の事。

「iPad Pro」で初めて採用され評判の良かった技術が、「iPhone X」からiPhoneにも搭載されるようになりました。

昼間は明るさを抑えたり、薄暗い場所では柔らかい明るさになったりなど、従来のiPhoneと比べるとかなり画面が見やすくなっていますよ!

Face ID(顔認証)

「iPhone X」には従来の指紋認証のかわりに、見るだけですぐに画面ロックを解除する事ができるという新技術「Face ID(顔認証)」が搭載されました。

顔認証自体はかなり精度が高くて、基本的には快適にロック解除を行えるようになっていますが、

  • マスク着用時に機能しない
  • 毎回顔の正面に「iPhone X」を持ってこなくてはならない
  • 暗い場所ではロック解除できない
  • 普通に使用しても15回に1回くらいロック解除に失敗する

というデメリットがあり、どんな状況でもほぼ100%ロック解除ができる指紋認証のかわりにはならないかなというのが正直な感想。

動画は、双子の別人でもロック解除できてしまうという場面を撮影したものですが、生体認証が顔認証しか選べない事は「iPhone X」の1番のデメリットだと思います。

ホームボタンの消失

「iPhone X」の評価!スペックや評判のレビューまとめ

「iPhone X」にはホームボタンがなく、どんな画面からでも下から上にスワイプをする事でホーム画面に戻れるように設計されています。従来のiPhoneに慣れてしまっていると違和感がありますが、使い続けていくうちに慣れてきてスムーズに操作できるようになりました。

ホームボタンがないほうが快適というわけではありませんが、ホームボタンある機種と比べて不便という事はまったくありません。

ワイヤレス充電

「iPhone X」の評価!スペックや評判のレビューまとめ

「iPhone X」は、iPhoneシリーズで初めて「ワイヤレス充電」に対応しました。

置くだけで充電ができて、一般的なケースカバーであれば付けたままでも充電できるのは便利ですね。ワイヤレス充電器は安いものなら2,000円以下で購入できるのでおすすめ。

Appleの公式サイトで紹介されている mophie製Belkin製 のワイヤレス充電器は最大出力7.5Wの高速充電に対応しているので、値段も高い分、高性能になっています。

iPhone Xの評価と感想

「iPhone X」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価まとめ/10周年を記念したスペシャルモデル

「iPhone X」は、iPhone発売から10周年を記念したスペシャルモデル。

CPUには最新の「A11 Bionic」を搭載して、ディスプレイは高解像度の「Super Retinaディスプレイ」を採用、機能面では新技術の「顔認証」や「アニ文字」が搭載され、現在のAppleの技術がふんだんに盛り込まれた超高スペックモデルとなっています。

特にカメラ性能は優秀で、広角レンズと望遠レンズの両方に光学式手ぶれ補正が搭載され、ブレのない高画質な写真を気軽に撮影できるのが良いですね。

欠点をあげるとすれば、本体価格の高さと生体認証で顔認証しか選べない点。

特に1日に何回もロック解除をしなければいけない生体認証で、頻繁に認証に失敗するというのはストレスを感じました。また、マスクを着用する機会も多いので、マスク着用中に顔認証が使えない点も使いづらいですね。

超高スペックモデルとはいえ、64GBモデルで112,800円(税別)というのはかなり高い買い物になると思うので、生体認証の不便さを理解した上で購入したほうが良いと思います。

処理能力やカメラ性能などは世界でもトップレベルなので、スペック面では最高レベルのスマホですけどね。

-Apple, iPhone 8&iPhone X
-

Copyright© くろねこのみみ , 2018 All Rights Reserved.