iPhone 8」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価まとめ/進化したポイントをチェック!

Source by Apple

Apple iPhone 8&iPhone X

「iPhone 8」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価まとめ/進化したポイントをチェック!

更新日:

Appleは現地時間の2017年9月12日に新本社「Apple Park」で「Apple Special Event」を開催し、iPhoneの新モデル

の3機種を発表しました。

「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」は、「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」の後継モデルとなっていて、「iPhone X」はiPhone発売から10周年を記念したスペシャルモデルとなっています。

iPhone 8の本体カラーとスペック詳細

iPhone 8の本体カラー

「iPhone 8」の本体カラーは4色で、

  • シルバー
  • ゴールド
  • スペースグレイ
  • (PRODUCT) RED 期間限定モデル

です。

シルバー
iPhone 8の本体カラーシルバー

ゴールド
iPhone 8の本体カラーゴールド

スペースグレイ
iPhone 8の本体カラースペースグレイ

(PRODUCT) RED
iPhone 8の本体カラー(PRODUCT) RED

iPhone 8のスペック詳細

iPhone 8のスペック詳細
CPU A11 Bionic
外側カメラ 約1,200万画素
内側カメラ 約700万画素
ディスプレイ 約4.7インチ
HD(1,334×750)
RAM 2GB
ROM 64GB・256GB
SDカード(最大) 未対応
電池容量 1,821mAh
連続通話(LTE) 約840分
連続待受(LTE) 約240時間
高さ×幅×厚さ 約138.4×67.3×7.3(mm)
重量 約148g

「iPhone 8」は、「iPhone 7」の後継モデル。

CPUが最新の「A11 Bionicチップ」になり、高性能コアが25%、高効率コアは70%の高速化を実現した事により処理能力が大幅に向上。

さらに、デザインにガラスパネルが採用され「ワイヤレス充電」に対応した事が「iPhone 7」からの大きな変更点となっています。

また、ディスプレイには、新たに「True Toneディスプレイ」が採用され、解像度は変わらないものの、より見やすい画面に進化。

カメラ性能と電池持ちは、「iPhone 7」とほぼ同程度となっています。

iPhone 8の機能&サービス

iPhone 8」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価まとめ/進化したポイントをチェック!

機能面では、

  • おサイフケータイ
  • Bluetooth
  • テザリング
  • 防水/防塵
  • 指紋センサー
  • ワイヤレス充電

が利用可能ですが、

  • フルセグ/ワンセグ
  • イヤホンジャック

は利用できないので注意して下さい。

また、防水/防塵の保護等級はIEC規格にもとづくIP67等級となっていて、水没に対する保護機能では連続的に水中に置いても有害な影響がないという最高ランクの防水性能となっています。

iPhone 8の同梱品

iPhone 8の同梱品

「iPhone 8」には、

  • EarPods(専用イヤホン)※コードあり
  • Lightning - usb ケーブル
  • Lightning - イヤホンジャック変換アダプタ
  • USB電源アダプタ

が同梱されています。

「iPhone 7」からイヤホンジャックはなくなりましたが、Lightningコネクタで接続できるマイク機能付きの専用のイヤホンが付属されるので、購入してすぐにイヤホンで電話をしたり音楽を聴く事ができます。

iPhone 8のベンチマークスコア

「iPhone 8」の評価!スペックや評判のレビューまとめ

「iPhone 8」の評価!スペックや評判のレビューまとめ

これは、実際に計測した「iPhone 8」のベンチマークスコアですが、

  • Antutu 6.3:209,589
  • Geekbench 4:シングル 4,249/マルチ 9,826

となっています。

処理能力はかなり高く、現時点の国内で販売されているスマホの中ではダントツの処理能力ですね。

iPhone 8/iPhone 8 Plus/iPhone Xのスペック比較

iPhone 8 iPhone 8 Plus iPhone X
CPU Apple A11 Apple A11 Apple A11
外側カメラ 約1,200万画素 約1,200万画素+約1,200万画素 約1,200万画素+約1,200万画素
内側カメラ 約700万画素 約700万画素 約700万画素
ディスプレイ 約4.7インチ 約5.5インチ 約5.8インチ
HD(1,334×750) フルHD(1,920×1,080) 2,436×1,125ピクセル
RAM 2GB 3GB 3GB
ROM 64GB・256GB 64GB・256GB 64GB・256GB
SDカード(最大) 未対応 未対応 未対応
電池容量 1,821mAh 2,691mAh 未発表
連続通話(LTE) 約840分 約1,260分 約1,260分
連続待受(LTE) 約240時間 約384時間 未発表
通信速度(最大) 800Mbps 800Mbps 800Mbps
高さ×幅×厚さ 約138.4×67.3×7.3(mm) 約158.4×78.1×7.5(mm) 約143.6×70.9×7.7(mm)
重量 約148g 約202g 約174g

これは、今回発表された新iPhone3モデルのスペックを比較したものです。

1番の違いは、「iPhone 8 Plus」と「iPhone X」はデュアルカメラなのに対して「iPhone 8」はシングルカメラだという事。

「iPhone 8」でもかなり高画質な写真が撮影できますが、カメラの性能にこだわるなら「iPhone 8 Plus」か「iPhone X」を選んだほうが良いと思います。

「iPhone X」にはさらに「顔認証」や「AR機能」などの最先端技術が搭載されているのが特徴ですね。

「iPhone 8」は、基本性能のパワーアップした「iPhone 7」と考えるとわかりやすいでしょうか。

iPhone 8の発売日と本体価格

iPhone 8の発売日と本体価格

「iPhone 8」は2017年9月22日に発売され、日本国内におけるSIMフリー版の本体価格は、

  • 64GB  :78,800円(税別)
  • 256GB:95,800円(税別)

です。

ドコモ版「iPhone 8」の販売価格

iPhone 8 新規/乗り換え(MNP) 機種変更
64GB 256GB 64GB 256GB
本体価格 88,776円
(3,699円×24)
106,920円
(4,455円×24)
88,776円
(3,699円×24)
106,920円
(4,455円×24)
割引総額 -66,096円
-66,096円 -57,672円
(-2,403円×24)
-57,024円
(-2,376円×24)
実質負担金 22,680円
(945円×24)
40,824円
(1,701円×24)
31,104円
(1,296円×24)
49,896円
(2,079円×24)

ドコモで「iPhone 8」を購入する場合には「月々サポート」という割引が適用され、ユーザーが実際に支払う金額は割引総額を引いた「実質負担金」となります。

また、新規契約とMNP契約のみ、「月々サポート」よりも割引率の高い「端末購入サポート」が適用されますが、「端末購入サポート」は端末購入日の翌月から12ヵ月間以上使用しなかった場合に、利用期間に応じた解除料金がかかるので注意して下さい。

au版「iPhone 8」の販売価格

iPhone 8 乗り換え(MNP) 新規/機種変更
64GB 256GB 64GB 256GB
本体価格 91,440円
(3,810円×24)
109,680円
(4,570円×24)
91,440円
(3,810円×24)
109,680円
(4,570円×24)
毎月割 -73,560円
(-3,065円×24)
-73,560円
(-3,065円×24)
-64,080円
(-2,670円×24)
-64,080円
(-2,670円×24)
実質負担金 17,880円
(745円×24)
36,120円
(1,505円×24)
27,360円
(1,140円×24)
45,600円
(1,900円×24)

auで「iPhone 8」を購入する場合には「毎月割」という割引が適用され、ユーザーが実際に支払う金額は「毎月割」を引いた「実質負担金」となります。

また、新料金プラン「ピタットプラン/フラットプラン」で申し込む場合は、「毎月割」が発生しないかわりに アップグレードプログラムEX(a)に加入する事ができ、最大で半額の本体価格になります。

ソフトバンク版「iPhone 8」の販売価格

iPhone 8 新規/乗り換え(MNP) 機種変更
64GB 256GB 64GB 256GB
本体価格 94,320円
(3,930円×24)
112,560円
(4,690円×24)
94,320円
(3,930円×24)
112,560円
(4,690円×24)
月月割 -77,040円
(-3,210円×24)
-77,040円
(-3,210円×24)
-67,440円
(-2,810円×24)
-67,440円
(-2,810円×24)
実質負担金 17,280円
(720円×24)
35,520円
(1,480円×24)
26,880円
(1,120円×24)
45,120円
(1,880円×24)

ソフトバンクで「iPhone 8」を購入する場合には「月月割」という割引が適用され、ユーザーが実際に支払う金額は「月月割」を引いた「実質負担金」となります。

また、端末代金の支払いを48回払いにして、24ヵ月以上利用する事で、その後に機種変更をした場合に残債が免除されるというオプションサービス「半額サポート for iPhone」で申し込む場合は、上記の金額からさらに半額になります。

iPhone 8のカメラ性能

世界でのトップレベルのシングルカメラ

花畑

桜の花

夜の風景

パンケーキ

「iPhone 8」には、f値1.8の開口部に6枚構成の広角レンズを採用した、約1,200万画素のアウトカメラが搭載されています。手振れ補正機能は、静止画と動画で「光学式手振れ補正」が採用され、最大で5倍のデジタルズームに対応。

カメラのスペック的には「iPhone 7」から大きな変化はないものの、HDR(ハイダイナミックレンジ)やホワイトバランスなどが調整された事で、より高画質な撮影が可能になりました。

正直な感想としては、確かに進化はしているものの「iPhone 7」と比べて明らかに高画質!というわけではないので、「iPhone 7」からカメラ目的で買い替えるメリットはそれほどなさそう。ただし、「iPhone 6s」以前のモデルからの買い替えであれば、かなり進化した事が実感できると思います。

シングルカメラでは世界でもトップレベルの性能になっているので、十分高画質な写真撮影が楽しめますよー。

カメラ性能の評価サイトで「iPhone 8」が高評価に

「iPhone 8」の評価!スペックや評判のレビューまとめ

有名なカメラの評価サイト「DxOMark」でスコアが更新され、

となり、発売日時点では「iPhone 8 Plus」が史上最高得点で1位、「iPhone 8」が2位になりました。

同時に発表されたiPhoneの中では唯一シングルカメラの「iPhone 8」ですが、それでも十分に高性能だという事がわかりますね。

4K 60fpsの動画撮影が可能

「iPhone 7」では4K 30fpsまでだった動画撮影が、「iPhone 8」では4K 60fpsまで対応できるようになりました。
※fps(フレームレート)は1秒あたりのコマ数の事。

正直、4K 30fpsでも十分に高画質だったので、素人では違いがわからないレベルですが、「iPhone 8」ではさらに滑らかな4K動画が撮影できるようになっています。

上の動画は、教会でのワンシーンを4K 60fpsで撮影した動画ですが、視聴して確認する場合には「4K対応ディスプレイ」で再生しないと4K画質にはならないので注意して下さい。

そのまま再生しても、普通の映像を見るよりは綺麗だという事が充分にわかると思いますけどね。

1080p HD/240fpsのスローモーション撮影が可能に

「iPhone 7」では1080p HD/120fpsまでだったスローモーション撮影が、「iPhone 8」で1080p HD/240fpsまで進化しました。

動画は川の流れを撮影したものですが、より滑らかなスローモーション撮影ができるようになっていますね!また、手持ちで撮影しているので、手ぶれ補正の効果などもチェックしてみて下さい。

約700万画素のインカメラ

室内での撮影

野外での撮影

「iPhone 8」のインカメラにはf値2.2、約700万画素の「FaceTime HDカメラ」が搭載されています。

上の写真は「iPhone 8」のインカメラで撮影した写真ですが、スペック的には「iPhone 7」から大きな変化はしていないものの、十分に高画質な写真が撮影できると思います。

iPhone 8の特徴と使用感

背面ガラスパネルデザイン

「iPhone 8」から新たに背面パネルがガラス素材になりました。

写真ではわかりにくいですが、「iPhone 7」と比べるとかなり透明感があり手触りもツルツルした感じに仕上がっています。高級感もあり見た目もカッコイイですが、どうしても落として割れてしまった時の事を考えちゃいますよね。

強靭なガラスパネルを使用していると発表されていますが、心配な人はカバーケースを着用したほうが良いと思います。

True Tone ディスプレイ


「True Tone」とは、周囲の光に合わせてホワイトバランスを自動的に調整してくれるという機能の事。

「iPad Pro」で初めて採用され評判の良かった技術が、「iPhone 8」からiPhoneにも搭載されるようになりました。

コレ、かなり画面が見やすくなったと感じました。

特に寝る前に電気を消して「iPhone 8」を操作していると、ホワイトバランスを調整している様子が確認できるんですけど、暗いなかでも必死に画面が見やすいように調整している様子は「がんばれ!」って感じですよ。

A11 Bionic

「iPhone 8」の評価!スペックや評判のレビューまとめ

「iPhone 8」は最新のCPU「A11 Bionic」を搭載した事により、CPUで最大25%、GPUで最大30%の高速化を実現しています。

ベンチマークスコアでも「iPhone 7」から1.3倍程度のスコアになっていて、かなり優秀な処理能力となっていますが、「iPhone 7」や「Xperia XZs」などのハイスペック機と比べて速くなったかと言われると、体感では違いがわからないというのが正直な感想。

アプリの起動やネット検索ではほぼ違いはなく(多少は速いのかも・・・)、「ディズニー ツムツム」くらいのゲームアプリではプレイ中でも違いを感じる事はありませんでした。

ただし、重いと評判の「シムシティ」をプレイしてみたところ明らかにサクサク動く。

「iPhone 7」ではモッサリしてしまう場面であっても「iPhone 8」ならスムーズに動きます。

処理能力に関しては、細かな動作が速くなるというよりは、より高負荷な動作にも耐えられるという認識のほうが良いかもしれませんね。

最大25%音圧がアップしたスピーカー

「iPhone 8」のスピーカーは、「iPhone 7」に比べて最大で25%音圧がアップし、大音量になっているとAppleは発表しています。

動画では、同じ環境下で「iPhone 7」と「iPhone 8」のスピーカー性能を比較していますが、明らかに「iPhone 8」のほうが音に厚みがある事がわかりますよね。

ワイヤレス充電

「iPhone 8」の評価!スペックや評判のレビューまとめ

「iPhone 8」は、iPhoneシリーズで初めて「ワイヤレス充電」に対応しました。

置くだけで充電ができて、一般的なケースカバーであれば付けたままでも充電できるのは便利ですね。ワイヤレス充電器は安いものなら2,000円以下で購入できるのでおすすめ。

Appleの公式サイトで紹介されている mophie製Belkin製 のワイヤレス充電器は最大出力7.5Wの高速充電に対応しているので、値段も高い分、高性能になっています。

iPhone 8の評価と感想

iPhone 8」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価まとめ/進化したポイントをチェック!

「iPhone 8」は、「iPhone 7」の後継モデル。

そこまで大きな進化はしていないものの、最新のCPU「A11 Bionicチップ」を搭載して処理能力が上がっていたり、「True Toneディスプレイ」や「ワイヤレス充電」などの新機能が搭載されていて、全体的な機能が底上げされています。

本体価格も容量を考慮すれば、「iPhone 8」が発表されて値下げする前の「iPhone 7」とほぼ同価格なので、お得感がありますよね。

ただし、カメラの性能や使用感は前作の「iPhone 7」とほぼ変わらないので、新機能を使いたい人でなければ「iPhone 7」から買い替える必要性は低いと思います。「iPhone 7」と「iPhone 8」でどちらを購入するか悩んでいる場合には間違いなく「iPhone 8」ですけどね。

iPhone X」の価格が10万円を超えているだけに、高機能な「iPhone X」に比べて、コストパフォーマンスに優れた「iPhone 8」といった印象ですが、指紋認証が付いていていつも通りに操作できる「iPhone 8」は使いやすいですよ!

私の場合は「iPhone X」と「iPhone 8」を両方購入しましたが、しばらく「iPhone X」を使ったあとに、結局「iPhone 8」に戻してしまいました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でくろねこのみみをフォローしよう!

-Apple, iPhone 8&iPhone X
-

Copyright© くろねこのみみ , 2018 All Rights Reserved.