【レビュー】Galaxy Note9 の評価!カメラ性能と評判情報まとめ

Source by galaxymobile

au 2018-2019年冬春モデル ドコモ 2018-2019年冬春モデル

【レビュー】Galaxy Note9 の評価!カメラ性能とスペック情報まとめ

更新日:

韓国メーカーのサムスンは、2018年8月9日にニューヨークで開催された「Unpacked」にて、Galaxy Noteシリーズの最新作「Galaxy Note9(ギャラクシーノートナイン)」を発表しました。

日本では2018年冬モデルとしてドコモ、auからの発売が予想されています。

「Galaxy Note9」の本体カラーバリエーション

「Galaxy Note9」のカラーバリエーションは4色で、

  • オーシャンブルー
  • ラベンダーパープル
  • ミッドナイトブラック
  • メタリックカッパー

です。

オーシャンブルー
【レビュー】Galaxy Note9 の評価!カメラ性能と評判情報まとめ

ラベンダーパープル
【レビュー】Galaxy Note9 の評価!カメラ性能と評判情報まとめ

ミッドナイトブラック
【レビュー】Galaxy Note9 の評価!カメラ性能と評判情報まとめ

メタリックカッパー
【レビュー】Galaxy Note9 の評価!カメラ性能と評判情報まとめ

「Galaxy Note9」のスペックの評価

Galaxy Note9のスペック詳細
CPU Snapdragon 845 / Exynos 9810
外側カメラ 約1,220万画素(デュアルカメラ)
内側カメラ 約800万画素
ディスプレイ 約6.4インチ Quad HD+(2,960×1,440)
RAM 6GB / 8GB
ROM 128GB / 512GB
SDカード microSDXC(最大512GB)
電池容量 4,000mAh
高さ×幅×厚さ 約161.9x76.4x8.8(mm)
重量 約201g

CPUは販売される地域によってクアルコムの「Snapdragon 845」と、サムスンの「Exynos 9810」に分かれますが、日本版では「Snapdragon 845」の搭載が予想されます。

処理能力は、2018年夏モデルとして5月18日に発売された「Galaxy S9+」と同じですね。

また、容量も

  • RAM6GB / ROM128GBモデル
  • RAM8GB / ROM512GBモデル

の2モデルに分かれていますが、どちらのモデルが日本で採用されるかはわかっていません。

SDカードが使えるスマホとしてはRAMが6GBもあればかなり快適に操作できる事から、どちらが採用されたとしても容量として十分でしょう。

カメラはアウトカメラとインカメラの両方で「Galaxy S9+」と同じものが搭載され、イメージとしては「Sペン」が使えるようになった「Galaxy S9+」という感じですね。

進化したポイントとしては、電池容量が4,000mAhの大容量になった事と、「Sペン」にBluetoothなどの新機能が追加された事。

特に「Sペン」は、画面のクリックやカメラのシャッター切る事ができたり、バッテリーが内蔵されたりと大幅な進化を遂げています。

「Galaxy Note9」の発売日と価格

「Galaxy Note9」は、ドコモ、auから2018年冬モデルとしての発売が予想されていて、例年通りであれば発売日は10月中旬以降。

また、本体価格は、

  • 128GBモデル:約110,000円
  • 512GBモデル:約139,000円

と予想されています。

「Galaxy Note9」のカメラ性能レビュー

Galaxy Note9のカメラスペック詳細
カメラ画素数 外側カメラ:約1,220万画素×2
内側カメラ:約800万画素
F値 広角レンズ:1.5/2.4
望遠レンズ:2.4
内側カメラ:1.7
オートフォーカス機能 静止画:○
動画:○
ズーム(最大)
※外側カメラのみ
静止画:光学2倍/デジタル10倍
動画:光学2倍/デジタル10倍
ISO感度(最大) 静止画:ISO2,500
動画:ISO2,500
手ブレ補正機能 外側カメラ 静止画:光学式/電子式
動画:光学式/電子式
内側カメラ 静止画:×
動画:電子式

広角レンズと望遠レンズのデュアルカメラ

【レビュー】Galaxy Note9 の評価!カメラ性能と評判情報まとめ

「Galaxy Note9」のアウトカメラは、

  • 約1,220万画素 広角カメラ
  • 約1,220万画素 望遠カメラ

の2つのカメラを搭載したデュアルカメラ仕様となっています。

2つのカメラを同時に使用した機能としては背景をぼかす「ライブフォーカス」や、背景ぼかしと美肌モードが同時に使える「ポートレートモード」が有名ですよね。

【レビュー】Galaxy Note9 の評価!カメラ性能とスペック情報まとめ

Galaxy S9+で撮影

また、望遠カメラでは最大で10倍までのデジタルズームと、2倍の光学ズームに対応しています。

デュアルアパチャー

【レビュー】Galaxy Note9 の評価!カメラ性能とスペック情報まとめ

「Galaxy Note9」の広角レンズにはF値1.5とF値2.4の2つのレンズが搭載された「デュアルアパチャー仕様」となっていて、環境に合わせて自動的にレンズを切り替えて綺麗な写真が撮影できるようになっています。

特に暗い場所や夜景などに使用されるF値1.5のレンズの評判は良く、黒つぶれや白飛びの少ない高画質な写真が撮影できます。

Scene Optimizer

【レビュー】Galaxy Note9 の評価!カメラ性能とスペック情報まとめ

「Galaxy Note9」のアウトカメラには、撮影時に被写体を認識して20種類以上の中から最適な設定を選んでくれる「AI機能」が搭載されています。

ユーザーは被写体にカメラを向けるだけで、料理なら明るく鮮やかに、風景なら緑や空の色を際立たせたりなど、環境に適した撮影が行えるのが便利ですね。

失敗写真を検出して通知

【レビュー】Galaxy Note9 の評価!カメラ性能とスペック情報まとめ

「Galaxy Note9」では、目をつぶってしまったり写真がブレてしまった場合に自動的に検出してお知らせしてくれる機能が新しく搭載されました。

写真の失敗だけでなく、レンズの汚れや逆光なども通知してくれるのは便利ですね。

スーパースローモーション

「Galaxy Note9」は、0.4秒の動画を最大12秒のスローモーション動画にするスーパースローモーション撮影に対応しています。

解像度は「HD」なものの、960fpsの迫力あるスローモーション動画が撮影でき、「逆再生」や「繰り返し再生」が使えるだけでなく、その場ですぐにGIFアニメに変換してSNSなどに投稿する事ができます。

AR絵文字

Galaxy S9+」で好評だった「AR絵文字」は「Galaxy Note9」にも採用されました。

「AR絵文字」は自撮りする事で自分そっくりの3Dアバターやディズニーキャラクター、動物の3Dアバターが作成できる機能。

自分に合わせてアバターも動くので、動作や音声を保存してLINEやツイッターなどのSNSで使用する事ができます。特に、自分のアバターを作成する「マイ絵文字」が楽しくて、作成と同時に18種類のスタンプも登録され自由に使用できるのが良いですね。

インカメラ

【レビュー】Galaxy Note9 の評価!カメラ性能とスペック情報まとめ

約800万画素のインカメラでは、「Galaxy Note9」からの新機能として「Sペン」のボタンを押すだけで事でシャッターを切れる機能が搭載されています。

「Galaxy Note9」の特徴

「Galaxy Note9」のデザイン

【レビュー】Galaxy Note9 の評価!カメラ性能とスペック情報まとめ

「Galaxy Note9」のデザインには、メタルフレームのダイアモンドカットが採用され、背面カメラのでっぱりをなくしたフラットなデザインが採用されています。

個人的にはイヤホンジャックがしっかりと残っている事は好印象ですが、頻繁に誤操作してしまって邪魔でしょうがなかった「bixbyキー」が「Galaxy Note9」でも採用されているのは残念な部分でした。

インフィニティ ディスプレイ

【レビュー】Galaxy Note9 の評価!カメラ性能とスペック情報まとめ

「Galaxy Note9」のディスプレイには、WQHD+「インフィニティ ディスプレイ」が搭載されています。

素材には有機ELが採用され、色鮮やかで高繊細な映像を楽しめるのが特徴ですね。

ただし、「インフィニティ ディスプレイ」にはエッジ部分があり、画面両端の文字がほんの少しだけ斜めに見えます。使っていればすぐに慣れますが、初めてエッジ部分があるディスプレイを見る人は違和感があるかもしれません。

「Sペン」にBluetooth機能を搭載

「Sペン」の新機能として「Galaxy Note9」から離れたところでも使えるBluetooth機能が搭載されました。

カスタマイズすれば、ボタンを押すだけで写真を撮ったりスライドをめくったり、YouTube動画の操作をする事ができます。

また、「Sペン」にはバッテリーが搭載されましたが、充電は「Galaxy Note9」に格納しておくだけで約40秒の充電で約30分使用することができます。

画面オフメモ

【レビュー】Galaxy Note9 の評価!カメラ性能とスペック情報まとめ

「Sペン」を引き出すだけで画面ロックを解除する事なく画面メモが使える便利機能「画面オフメモ」は「Galaxy Note9」でも採用されました。

思いついた時にすぐにメモがとれるこの機能はかなり便利ですよね。

生体認証

【レビュー】Galaxy Note9 の評価!カメラ性能とスペック情報まとめ

「Galaxy Note9」では通常のロック画面解除用に、

  • スワイプ
  • パターン
  • PIN
  • パスワード

の4つの方法から一つを選ぶ事ができ、さらに、

  • 顔認証
  • 虹彩認証
  • 指紋認証

の3つの生体認証を組み合わせて使用する事ができます。

また、顔認証と虹彩認証のどちらか早く認証したほうが採用される「インテリジェントスキャン」を使えば、3つ全ての生体認証を使用可能状態にしておく事も可能です。

「Galaxy Note9」のベンチマークスコア

「Galaxy S9+」のベンチマークスコア

「Galaxy S9+」のベンチマークスコア

これは、同じCPUを搭載した「Galaxy S9+」のベンチマークスコアですが、

  • Antutu 7.0.7:264,272
  • Geekbench 4.2.0:シングル 2,408/マルチ 8,265

となっています。

処理能力は現状で発売されているandroidスマホの中では最高レベルなので、最新ゲームや処理の多いアプリでも快適に操作できると思います。

「Galaxy Note9」の評価と感想

【レビュー】Galaxy Note9 の評価!カメラ性能と評判情報まとめ

「Galaxy Note9」は、日本では2018年冬モデルとしてドコモ、auからの発売が予想されています。

実際に使用してみた感想や評価は購入後に追記予定。

現状では「Galaxy S9+」とそれほど変わりのないスペックに見えますが、どんな仕上がりになっているか今から楽しみですね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-au 2018-2019年冬春モデル, ドコモ 2018-2019年冬春モデル
-

Copyright© おすすめスマホを徹底比較レビュー!くろねこのみみ , 2018 All Rights Reserved.