「AQUOS sense2」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

au 2018-2019年冬春モデル docomo with(ドコモ ウィズ) スマホ評価レビュー ドコモ 2018-2019年冬春モデル

AQUOS sense2 評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ(SH-01L / SHV43)

更新日:

国内メーカーのシャープが2018年の冬に発売するモデルとして、

の2機種を発表しました。

「AQUOS sense2」はCPUに「Snapdragon 450」が搭載され、スペックと価格を抑えたスタンダードモデルスマホ。

国内では、ドコモとauから2018-2019年冬春モデルとしての取り扱いが発表されました。

AQUOS sense2 のカラーバリエーション

「AQUOS sense2」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「AQUOS sense2」のカラーバリエーションは、

  • シルキーホワイト
  • ニュアンスブラック
  • シャンパンゴールド(ドコモ限定)
  • ブロッサムピンク(ドコモ限定)
  • アイスグリーン(au限定)
  • ピンクゴールド(au限定)

の6色。

基本色のシルキーホワイトとニュアンスブラックはドコモとauで共通ですが、その他の2色はそれぞれのキャリアの限定カラーになっています。

AQUOS sense2 のスペック詳細

AQUOS sense2 AQUOS sense
CPU Snapdragon 450 Snapdragon 430
外側カメラ 約1,200万画素 約1,310万画素
内側カメラ 約800万画素 約500万画素
ディスプレイ 約5.5インチ フルHD+(2,160×1,080) 約5.0インチ フルHD(1,920×1,080)
RAM / ROM 3GB / 32GB 3GB / 32GB
SDカード microSDXC(最大512GB) microSDXC(最大256GB)
電池容量 2,700mAh 2,700mAh
連続通話(LTE) 未発表 ドコモ 約850分 / au 約1,330分
連続待受(LTE) 未発表 ドコモ 約540時間 / au 約650時間
高さ×幅×厚さ 約148x71x8.4(mm) 約144×72×8.6(mm)
重量 約155g 約148g

CPUは低価格スマホでは主流の「Snapdragon 450」で、RAMは前モデルの「AQUOS sense」と同じ3GB。

アウトカメラは約1,310万画素から1,200万画素になっていますが、イメージセンサーが25%大型化した事により多くの光を取り込めるようになり、暗い場所での撮影に強くなっています。

さらにインカメラでは、画素数が800万画素に上がっただけでなく、新機能「AQUOS beauty」も搭載。

省エネ効果の高い「IGZO液晶ディスプレイ」に加え、防水・防塵も引き続き搭載され、全体的なスペックが底上げされた使いやすいスタンダードモデルになっています。

AQUOS sense との違いと進化したポイント

処理能力の向上

「AQUOS sense2」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

搭載されているCPUが前作の「Snapdragon 430」から最新の「Snapdragon 450」になった事により、「AQUOS sense2」は処理能力が20%向上しました。

そもそも処理能力の低めなSnapdragon 400シリーズですから、このスペックアップは嬉しいですね。

18:9の縦長ディスプレイ

「AQUOS sense2」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「AQUOS sense2」では、これまでの画面比率16:9のディスプレイから、流行りの18:9縦長ディスプレイになりました。

5.5インチ フルHD+ディスプレイになった事により、表示エリアも広くなり、より大画面で操作ができるようになっています。

アウトカメラに「AIオート」機能を搭載

「AQUOS sense2」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

アウトカメラには、ハイスペックに採用されているような「AIオート」が搭載され、被写体を自動で認識して7つのシーンを自動で切り替えてくれるようになりました。

イメージセンサーが25%大型化した事により暗所にも強くなり、カメラ性能は大幅に強化されています。

AQUOS beauty

「AQUOS sense2」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「AQUOS sense2」のインカメラには広角ワイドインカメラが採用され、「美肌」や「小顔」などが調整できる新機能「AQUOS beauty」を搭載。

さらに美しい自撮り写真が撮れるように進化しています。

顔認証&指紋認証

「AQUOS sense2」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「AQUOS sense2」では、従来の指紋認証センサーに加え、新たに顔認証センサーも搭載されました。

「顔」と「指紋」のどちらでもロック解除できるのは、かなり便利ですよね!

AQUOS sense2 の特徴

テザリング
おサイフケータイ
ワンセグ:フルセグ ×:×
赤外線通信 ×
ハイレゾ 未発表
ワイヤレス充電 ×
イヤホンジャック
Bluetooth
防水:防塵 IPX5/IPX8:IP6X
スピーカー 未発表
生体認証 指紋認証センサー
顔認証センサー

省電力「IGZOディスプレイ」

「AQUOS sense2」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「AQUOS sense2」には、省エネ性能に優れた「IGZOディスプレイ」を採用。

液晶テレビAQUOSの技術を受け継いだ「リッチカラーテクノロジーモバイル」も搭載され、美しい画面と「電池持ち」が両立されています。

かんたんモード

「AQUOS sense2」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「AQUOS sense2」には、初めてスマホを使用する人でも使いやすいように大きなアイコンのホーム画面や大きなフォント、見やすい色彩調整などの「かんたんモード」が用意されています。

AQUOS sense2 のベンチマークスコア

ドコモ「arrows Be F-04K」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価・価格情報まとめ

ドコモ「arrows Be F-04K」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価・価格情報まとめ

これは、「AQUOS sense2」と同じCPUを搭載している「arrows Be F-04K」のベンチマークスコアですが、

  • Antutu 7.0.8:70,754
  • Geekbench 4.2.3:シングル 765/マルチ 3,824

となっています。

Snapdragon 400シリーズの進化によって、「Snapdragon 450」はかなり実用的な処理能力になりましたね。

GPUのスコアが物足りないものの、高画質設定などにしなければほとんどのゲームアプリは問題なくプレイできると思います。

AQUOS sense2 の発売日と価格

ドコモ版「AQUOS sense2 SH-01L」の本体価格

新規契約 / 機種変更 / 乗り換え(MNP)
本体価格 31,752円
(1,323円×24)
docomo with -38,880円
(-1,620円×24)
実質負担金 -7,128円
(-297円×24)

ドコモ版「AQUOS sense2 SH-01L」の発売日は今冬で、本体価格は31,752円(税込)

「AQUOS sense2 SH-01L」は、docomo with の対象機種なので「月々サポート」がない代わりに毎月1,500円(税抜)の割引を次の機種変更までずっと受ける事ができます。

実質価格は税込価格で0円以下となっていて、かなりお得な価格設定となっていますね。

AQUOS sense2 の評価と感想

「AQUOS sense2」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「AQUOS sense2」は、省エネ性能とコストパフォーマンスに優れたシャープのスタンダードモデル。

前作の「AQUOS sense」から大きな変化はないものの、スペック面が全体的に底上げされていて、さらに使いやすく進化しています。

個人的には、RAMが据え置きだったのが残念な部分ですが、それでも低価格スマホの後継機としては十分高性能に仕上がっていると感じました。

本体価格も前作から据え置きとなっていて、かなりお得感がありますね。

「AQUOS sense2」は、コストパフォーマンスに優れた低価格スマホがほしい人におすすめです。

 

【公式サイト】で最新情報をチェック

 ドコモ公式オンラインショップ

 ⇒au公式オンラインショップ

 ソフトバンク公式オンラインショップ

-au 2018-2019年冬春モデル, docomo with(ドコモ ウィズ), スマホ評価レビュー, ドコモ 2018-2019年冬春モデル
-, ,

Copyright© おすすめスマホを徹底比較レビュー!くろねこのみみ , 2018 All Rights Reserved.