「AQUOS sense」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

Source by sharp

au 2017~2018年冬春モデル docomo with(ドコモ ウィズ) docomo(ドコモ)2017~2018年冬春モデル

「AQUOS sense」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

更新日:

国内メーカーのシャープが2017~2018年冬春モデルとして「AQUOS sense」を発表しました。

「AQUOS sense」は、機能面を充実させ、スペックと価格を抑えた廉価モデルとなっていて、国内では

  • ドコモ
  • au
  • UQモバイル

が取り扱いを発表しています。

AQUOS senseのカラーバリエーションとスペック詳細

「AQUOS sense SHV40」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「AQUOS sense」のカラーバリエーションは7色で、

  • シルキーホワイト
  • ベルベットブラック
  • シャンパンゴールド(ドコモ限定)
  • フロストラベンダー(ドコモ限定)
  • オパールグリーン(au限定)
  • ミスティピンク(au限定)
  • エアリーブルー(UQモバイル限定)

です。

シルキーホワイト
「AQUOS sense」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

ベルベットブラック
「AQUOS sense」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

シャンパンゴールド
「AQUOS sense」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

フロストラベンダー
「AQUOS sense」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

オパールグリーン
「AQUOS sense」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

ミスティピンク
「AQUOS sense」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

エアリーブルー
「AQUOS sense」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

AQUOS senseのスペック詳細

AQUOS senseのスペック詳細
CPU Snapdragon 430
外側カメラ 約1,310万画素
内側カメラ 約500万画素
ディスプレイ 約5.0インチ
フルHD(1,920×1,080)
RAM 3GB
ROM 32GB
SDカード(最大) 256GB
電池容量 2,700mAh
連続通話(LTE) 約1,330分
連続待受(LTE) 約650時間
高さ×幅×厚さ 約144×72×8.6(mm)
重量 約148g

CPUが「Snapdragon 430」でRAMが3GBという事で、処理能力は低め。

カメラ性能もフラッグシップモデルに比べれば全体的に性能が下げられています。

ディスプレイにはフルHDの「IGZOディスプレイ」が採用され、おサイフケータイや防水など、機能面は充実している印象ですね。

2,700mAhのバッテリーを搭載して電池持ちも良く、シャープらしいバランスのとれたスタンダードモデルとなっています。

AQUOS senseの機能&サービス

「AQUOS sense SHV40」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

機能面では、

  • Bluetooth
  • テザリング
  • 防水/防塵
  • 指紋センサー
  • おサイフケータイ

が利用可能ですが、

  • フルセグ/ワンセグ

は利用できないので注意して下さい。

また、防水/防塵の保護等級は「IP5/8」となっていて、水没に対する保護機能では「連続的に水中に置いても有害な影響がない」という最高ランクの防水性能となっています。

AQUOS senseのベンチマークスコア

「AQUOS sense」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ「AQUOS sense」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめSource by Geekbench

これは、ドコモから発売された「AQUOS sense SH-01K」のベンチマークスコアですが、シングルスコア平均が「642」で、マルチスコアが「2,099」となっています。

処理能力はかなり低いので、ゲームや処理の多いアプリを使用する習慣がある人には向かないでしょう。

動画を観たり、ネット検索やLINEなど、一般的な操作しかしない人向けの機種だと思います。

AQUOS senseの価格

「AQUOS sense」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

ドコモ AQUOS sense SH-01Kの実質負担価格

契約方法 のりかえ(MNP) 新規契約 機種変更
本体価格 30,456円
(1,269円×24)
30,456円
(1,269円×24)
30,456円
(1,269円×24)
docomo with -38,880円
(-1,620円×24)
-38,880円
(-1,620円×24)
-38,880円
(-1,620円×24)
実質負担金額 -8,424円
(-351円×24)
-8,424円
(-351円×24)
-8,424円
(-351円×24)

※上記の価格は2017年10月現在のものです。時期によって本体価格と割引金額は変動するので注意して下さい。

ドコモ公式サイトで現在の価格を確認する

au AQUOS sense SHV40の実質負担価格

契約方法 のりかえ(MNP) 新規契約 機種変更
本体価格 32,400円
(1,350円×24)
32,400円
(1,350円×24)
32,400円
(1,350円×24)
毎月割 -8,424円
(-351円×24)
-8,424円
(-351円×24)
-8,424円
(-351円×24)
実質負担金額 23,976円
(999円×24)
23,976円
(999円×24)
23,976円
(999円×24)

※上記の価格は2017年10月現在の金額です。時期によって本体価格と割引金額は変動するので注意して下さい。

au公式サイトで現在の価格を確認する

UQモバイル AQUOS senseの実質負担価格

料金プラン おしゃべりプラン/ぴったりプラン
プランS プランM プランL
本体価格 31,212円
(1,296円×24)
31,212円
(1,296円×24)
31,212円
(1,296円×24)
マンスリー割 -18,144円
(-756円×24)
-31,104円
(-1,296円×24)
-31,104円
(-1,296円×24)
実質負担金額 12,960円
(540円×24)
108円
108円

※上記の価格は2017年11月現在の金額です。時期によって本体価格と割引金額は変動するので注意して下さい。

「AQUOS sense」の現在の価格はこちら

AQUOS senseのカメラ性能

新画質エンジン搭載アウトカメラ

「AQUOS sense」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「AQUOS sense」の約1,310万画素のアウトカメラには新画質エンジンを搭載。

従来機種に比べ、暗くて写りづらかった被写体も綺麗に撮影することができます。

あとからキャプチャー

「AQUOS sense」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

アウトカメラでは、「あとからキャプチャー」機能により、撮影した動画から1秒間に最大120枚の静止画を切り出す事ができ、写真として保存する事ができます。

インテリジェントフレーミング

Source by YouTube

「AQUOS sense」には、撮った写真の構図を補正してくれる「インテリジェントフレーミング」機能を搭載。

撮影した画像と構図補正した画像を自動で保存し、好きなほうを選ぶ事ができます。

インカメラフラッシュ

「AQUOS sense」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「AQUOS sense」では、フラッシュとして画面が発光し、人物を明るく照らしながら撮影する事が可能。

また、複数人での撮影時に起こりがちな目線のズレも、視線を集めるUI表示で解消できます。

美肌調整 & 小顔補正

「AQUOS sense」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「AQUOS sense」では、インカメラ機能で評判の良かった「美肌調整」に加え、「小顔補正」も搭載し、レンズの歪みを補正する事でより自然な仕上がりに調整する事ができます。

AQUOS senseの特徴

シームレスデザイン

「AQUOS sense」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「AQUOS sense」では、側面から背面にかけての継ぎ目のない「シームレスデザイン」が採用され、手になじむなめらかなボディになっています。

5.0インチフルHDディスプレイ

「AQUOS sense」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

ディスプレイには、5.0インチの省エネ効率に優れた「IGZO液晶ディスプレイ」を搭載。

フルHDの解像度で高画質な映像が楽しめます。

画面に水滴がついてもスムーズな操作

「AQUOS sense」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

キャップレス防水構造を採用している「AQUOS sense」では、水濡れに強いタッチパネルの採用により、画面に水滴がついていてもスムーズな操作が行えます。

エモパー

Source by YouTube

「AQUOS sense」では、スマホに搭載された人工知能「エモパー」がさらに進化。

3つのキャラクターから選択でき、Google Playからダウンロードしてキャラクターを追加することもできます。

AQUOS senseの評価と感想

「AQUOS sense」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「AQUOS sense」はスペックと価格を抑えた廉価モデルスマホ。

処理能力はかなり低いので、ゲームや処理の多いアプリを使用する習慣がある人には向きませんが、動画を観たり、ネット検索やLINEなど、一般的な操作しかしない人にとっては機能が充実していて使いやすいと思います。

本体価格もかなり抑えられているので、価格を考慮すれば十分なパフォーマンスだと言えるでしょう。

「IGZOディスプレイ」や防水、「エモパー」など、シャープならではの機能がたくさん搭載されているので、普段はスマホをあまり使わないけれど、機能が充実していて使いやすい機種を探している人におすすめです。

-au 2017~2018年冬春モデル, docomo with(ドコモ ウィズ), docomo(ドコモ)2017~2018年冬春モデル
-,

Copyright© くろねこのみみ , 2018 All Rights Reserved.