「Galaxy S9+」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価まとめ

Source by docomo

au 2018年夏モデル docomo(ドコモ)2018年夏モデル スマホ評価レビュー

「Galaxy S9+」の評価!スペックや価格・カメラ性能の評判レビューまとめ

更新日:

韓国メーカーのサムスンは、2018年の夏モデルとして、

の2機種を発表しました。

今回は「Galaxy S9+」を実際に購入して、カメラの性能や使用してみた感想などを徹底レビューしているので、購入を検討している人はぜひ参考にしてみて下さい。

「Galaxy S9+」のカラーバリエーション

「Galaxy S9+」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価まとめ

「Galaxy S9+」のカラーバリエーション2色で、

  • ミッドナイトブラック
  • チタニウムグレー

です。

ミッドナイトブラック
「Galaxy S9+」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価まとめ

チタニウムグレー
「Galaxy S9+」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価まとめ

「Galaxy S9+」のスペックの評価

Galaxy S9+のスペック詳細
CPU Snapdragon 845
外側カメラ 約1,220万画素(デュアルカメラ)
内側カメラ 約800万画素
ディスプレイ 約6.2インチ Quad HD+
RAM/ROM 6GB/64GB
SDカード microSDXC(最大400GB)
電池容量 3,500mAh
連続通話(LTE) ドコモ 約1,310分/au 約2,330分
連続待受(LTE) ドコモ 約400時間/au 約430時間
高さ×幅×厚さ 約158x74x8.5(mm)
重量 約187g

CPUが「Snapdragon 845」でRAMが6GBという事で処理能力はandroidスマホの中では最高レベル

アウトカメラでは広角レンズと望遠レンズが搭載されたデュアルカメラが採用され、2倍光学ズームや「スーパースローモーション撮影」、「AR絵文字スタンプ」などにも対応します。

世界的に有名な音楽機器メーカーのAKGがチューニングを担当した「ドルビーアトモス」機能が楽しめるステレオスピーカーや、有機ELを採用したQuad HD+ディスプレイなど、フラッグシップモデルに相応しい超高スペックスマホになっていますね。

また、ドコモ版とau版でスペックに違いはないものの、使用する電波の違いにより、電池持ちに多少の違いがあります。

Galaxy S9+の機能&サービス

テザリング
おサイフケータイ
ワンセグ:フルセグ 〇:〇
赤外線通信 ×
ハイレゾ
ワイヤレス充電
イヤホンジャック
Bluetooth Bluetooth5.0
防水:防塵 IPX5/IPX8:IP6X
生体認証 指紋認証センサー
顔認証センサー
虹彩認証センサー

機能面では、赤外線通信を除いたほぼ全ての機能が使用できる「全部入り」となっていて、ハイスペック機では唯一、ワイヤレス充電とイヤホンジャックの両方に対応した機種となっています。

「Galaxy S9+」のカメラ性能レビュー

Galaxy S9+のカメラスペック詳細
カメラ画素数 外側カメラ:約1,220万画素×2
内側カメラ:約800万画素
F値 広角レンズ:1.5/2.4
望遠レンズ:2.4
内側カメラ:1.7
オートフォーカス機能 静止画:○
動画:○
ズーム(最大)
※外側カメラのみ
静止画:光学2倍/デジタル10倍
動画:光学2倍/デジタル10倍
ISO感度(最大) 静止画:ISO2,500
動画:ISO2,500
手ブレ補正機能 外側カメラ 静止画:光学式/電子式
動画:光学式/電子式
内側カメラ 静止画:×
動画:電子式

広角レンズと望遠レンズのデュアルカメラ

「Galaxy S9+」実機レビュー/カメラ性能の評価とスペック・価格情報まとめ

「Galaxy S9+」のアウトカメラは、広角レンズと望遠レンズが搭載されたデュアルカメラ仕様になっています。

広角レンズにはF値1.5とF値2.4の2つのレンズが搭載されていて、環境に合わせて自動的にレンズを切り替えて綺麗な写真が撮影できるようになっているほか、撮影モードは、

  • 自動
  • ライブフォーカス
  • パノラマ
  • スーパースローモーション
  • ハイパーラプス
  • 食事
  • AR絵文字
  • プロ

の8つのモードから撮影時にスワイプで簡単に切り替える事ができ、プロモードではF値やISO感度、ホワイトバランスなどを手動で調整して、より自分好みの設定で撮影する事もできます。

明るい場所での撮影

「Galaxy S9+」実機レビュー/カメラ性能の評価とスペック・価格情報まとめ

「Galaxy S9+」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価まとめ

昼間の撮影ではかなり綺麗な写真が撮れました。

光量が多い明るい場所での撮影は、カメラが最も得意な環境なので画質の違いは出づらいですが、撮影スピードもサクサクで快適に撮影する事ができます。

暗い場所での撮影

「Galaxy S9+」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価まとめ

「Galaxy S9+」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価まとめ

暗い場所や夜の撮影ではカメラが自動的にF値1.5のレンズに切り替えて、鮮明に撮影できるように調整してくれます。

昼間の写真に比べれば多少のザラつきやにじみはあるものの、かなり綺麗に撮影できていますよね。

Galaxy S9+

HUAWEI P20 Pro

※クリックで拡大できます

これは、夜の撮影では最高性能と言われている「HUAWEI P20 Pro」との比較写真ですが、比べてしまうと「Galaxy S9+」の白飛びが気になってしまうものの、全体的にみれば十分高画質だと思います。

ズーム撮影

「Galaxy S9+」実機レビュー/カメラ性能の評価とスペック・価格情報まとめ

通常撮影

2倍ズーム

10倍ズーム

※クリックで拡大できます

「Galaxy S9+」のアウトカメラでは、2倍の固定光学ズームと最大で10倍までのデジタルズーム撮影が行えます。

2倍の光学ズームは撮影画面からワンタップですぐに切り替えができるようになっていて、望遠レンズが搭載されているだけあって画質はほぼ劣化なしですね。

2倍以降は徐々に画質が粗くなってくる感じですが、それでも距離を考えれば、かなり綺麗な写真が撮れてるんじゃないでしょうか。

ライブフォーカス

ライブフォーカス

「ライブフォーカス」は被写体を選択して背景をぼかす事で、より被写体を強調させた写真が撮影できるモード。

「Galaxy S9+」ではリアルタイムで写真の仕上がりを確認する事ができ、好みに合わせて「ボケの強さ」や「肌のトーン」を調整する事もできます。

「Galaxy S9+」実機レビュー/カメラ性能の評価とスペック・価格情報まとめ

「Galaxy S9+」実機レビュー/カメラ性能の評価とスペック・価格情報まとめ

シングルカメラ機種とは違い、ピントさえ合えば「背景ボケ写真」が通常撮影と同じスピードでサクサク撮れるのも「Galaxy S9+」の大きな魅力ですね。

画質はかなり綺麗で、背景のぼけかたが不自然になるという事もありませんでした。また、「ライブフォーカス」で撮影された写真は同時に広角モードでも撮影されていて、両方の写真を保存しておく事ができます。

食事モード

「Galaxy S9+」実機レビュー/カメラ性能の評価とスペック・価格情報まとめ

食事モード

「Galaxy S9+」実機レビュー/カメラ性能の評価とスペック・価格情報まとめ

ライブフォーカス

「食事モード」は主に料理などを撮影する際に、より美味しそうに見えるようにカラーバランスが調整されたモード。

「食事モード」で撮った写真は鮮やかなカラーバランスになっているので、見栄えがかなり良いですよね。また、「Galaxy S9+」は「ライブフォーカス」が優秀なので、背景をぼかしても雑誌のような写真が撮れて楽しいです。

「Galaxy S9+」実機レビュー/カメラ性能の評価とスペック・価格情報まとめ

食事モード

ただし、黄色系のカラーバランスはちょっと濃すぎる感じがするので好みが分かれそうですね。

赤系のカラーが多いデザートなんかは鮮やかで美味しそうに撮れているのが確認できると思います。

動画撮影と手ぶれ補正

「Galaxy S9+」の動画撮影は、

  • 4K/60fps
  • 4K/30fps
  • QHD/30fps
  • フルHD/60fps
  • フルHD/30fps
  • HD/30fps

の解像度から動画サイズを選ぶ事ができます。ただし、最高画質の4K60fpsの撮影時間は5分までで、手振れ補正にも対応していない為、使う事はほとんどなさそう・・・。

試しに手持ちで撮影してみましたが、手振れ補正が機能していないとやっぱりガタガタになっちゃいますね。

上の動画は「HUAWEI P20 Pro」との動画撮影の比較ですが、「Galaxy S9+」は手ぶれ補正機能も優秀でかなり綺麗な動画を撮影する事ができました。

スーパースローモーション

スローモーション撮影では、HD 960fpsのスーパースローモーション動画を撮影する事ができ、「逆再生」や「繰り返し再生」が使えるだけでなく、その場ですぐにGIFアニメに変換してSNSなどに投稿する事ができます。

最大画質はHDなものの、手動と自動の両方で撮影する事ができるので、素人でも滑らかで本格的なスローモーション動画が撮影できますね。

AR絵文字

「AR絵文字」は自撮りする事で自分そっくりの3Dアバターやディズニーキャラクター、動物の3Dアバターが作成できる機能。

自分に合わせてアバターも動くので、動作や音声を保存してLINEやツイッターなどのSNSで使用する事ができます。特に、自分のアバターを作成する「マイ絵文字」が楽しくて、作成と同時に18種類のスタンプも登録され自由に使用できるのが良いですね。

約800万画素のインカメラ

自分撮り

肌のトーン強め

※クリックで拡大できます

「Galaxy S9+」では、約800万画素のインカメラでも、

  • 自分撮り
  • 背景をぼかす「自分撮りフォーカス」
  • ARで装飾できる「AR絵文字」
  • 背景を広く撮影する「ワイド自分撮り」

の4つのモードを選ぶ事ができ、「自分撮りフォーカス」では撮影時に「血色」と「肌のトーン」を8段階で調整する事もできます

自分撮りフォーカス

AR絵文字

※クリックで拡大できます

画質はかなり良くて、好みの設定にできるのが使いやすいですね。

古い機種を使っていた人は「Galaxy S9+」にするだけで、自撮り撮影時にアプリが必要なくなるかもしれませんよー。

「Galaxy S9+」の特徴と使用レビュー

デザイン

「Galaxy S9+」実機レビュー/カメラ性能の評価とスペック・価格情報まとめ

「Galaxy S9+」実機レビュー/カメラ性能の評価とスペック・価格情報まとめ

「Galaxy S9+」は光沢のあるデザインになっていて、背面には指紋認証センサーと縦に並んだデュアルカメラが配置され、ディスプレイ上部には左から、

  • 通知LED
  • 虹彩認証LED
  • 近接・照度センサー
  • 受話口一体型スピーカー
  • フロントカメラ
  • 虹彩認証用カメラ

が並んでいます。

※クリックで拡大できます

本体上部はSIMカードトレイと送話口一体型マイクが配置され、下部には左から、

  • スピーカー
  • 送話口一体型マイク
  • USB Type C ポート
  • イヤホンジャック

ですね。

側面は右側にbixbyキーと音量ボタン、左側は電源ボタンのみとなっています。

bixbyキーはいらない

「Galaxy S9+」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価まとめ

前作の「Galaxy S8+」でもあれだけ邪魔と言われていた「bixbyキー」は「Galaxy S9+」でも採用され、さらに「Galaxy S8+」では押してしまっても起動しないようにできた設定もなくなっています。

bixbyキーは「Bixby Home」という「Google Now」のサムスンバージョンのようなwebサイトを起動する物理ボタンなんですが、意図せず押してしまって「ああっ」ってなります。それも頻繁に!

「Galaxy S9+」を使用していて1番の不満点なので、次作では消えている事を願うばかりです・・・。

インフィニティ ディスプレイ

「Galaxy S9+」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価まとめ

「Galaxy S9+」のディスプレイには、アスペクト比18.5:9のWQHD+「インフィニティ ディスプレイ」が搭載されています。

素材には有機ELが採用され、色鮮やかで高繊細な映像を楽しめるのが特徴ですね。

ただし、「インフィニティ ディスプレイ」にはエッジ部分があり、画面両端の文字がほんの少しだけ斜めに見えます。使っていればすぐに慣れますが、初めてエッジ部分があるディスプレイを見る人は違和感があるかもしれません。

改良された指紋認証センサーの位置

「Galaxy S9+」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価まとめ

「Galaxy S9+」では、前作の「Galaxy S8+」で使いづらいと評判だった指紋認証センサーの位置がカメラ横からカメラ下に移動しています。

この位置でも慣れるまではカメラに触れてしまうので、欲を言えばもうちょっとだけカメラを上にしてほしかったところですが、不便というほどではないので比較的快適に使用できています。

選べるロック解除方法と生体認証

「Galaxy S9+」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価まとめ

「Galaxy S9+」では通常のロック画面解除用に、

  • スワイプ
  • パターン
  • PIN
  • パスワード

の4つの方法から一つを選ぶ事ができ、さらに、

  • 顔認証
  • 虹彩認証
  • 指紋認証

の3つの生体認証を組み合わせて使用する事ができます。

顔認証と虹彩認証のどちらか早く認証したほうが採用される「インテリジェントスキャン」を使えば、3つ全ての生体認証を使用可能状態にしておく事ができるので、手に取った瞬間にどれかの生体認証がロックを解除をしてくれていて便利です。

ドルビーアトモス対応ステレオスピーカー

「Galaxy S9+」に搭載されたステレオスピーカーは、オーストリアの音響機器メーカー「AKG」がチューニングを担当し、前作「Galaxy S8+」から約1.4倍も音量がアップしています。

特に、映画館でも採用されるサウンドシステム「ドルビーアトモス」が優秀で、立体的なサウンドが楽しめるのが良いですね。

動画は「Galaxy S9」と「Xperia XZ2」の音量を最大にして比較したものですが、「Galaxy S9」のほうが少しだけ音量が大きく、音割れもなく音質も良い事が確認できると思います。

「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」とではスピーカー性能に違いはないので、参考にしてみて下さい。

ワイヤレス充電

「Galaxy S9+」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価まとめ

「Galaxy S9+」は、ワイヤレス充電と急速充電に対応しています。

置くだけで充電ができて、一般的なケースカバーであれば付けたままでも充電できるのでかなり便利ですね。ワイヤレス充電器は安いものなら2,000円以下で amazon で購入できるのでおすすめです。

ただし、急速充電で充電したい場合には専用の充電器が必要になるので注意。

電源系の事は難しくてよくわからないという人は、Galaxyの純正ワイヤレス充電器「wireless charger stand」がおすすめです。

「Galaxy S9+」の不具合情報

「Galaxy S9」で勝手に写真が送信される不具合が発生

「Galaxy S9+」実機レビュー/カメラ性能の評価とスペック・価格情報まとめ詳細ページはこちら

現在、サムスンの最新スマートフォン「Galaxy S9」や「Galaxy Note 8」で持ち主の意思に関係なく勝手に端末内に保存された写真が送信されるという不具合が発生しています。

不具合の報告はサムスンの公式フォーラムやアメリカの大手ネット掲示板「Reddit」で多数挙がっていて、内容は連絡先に登録されている相手に無作為に写真を送ってしまうというものでした。

また、写真を送った側には一切送信履歴が残されないのも、この不具合の大きな特徴となっています。

報告では、無作為に複数人に写真を送っているものもあれば、ギャラリー内の全ての写真を1人に送ってしまっているケースもあり、現在でも原因はわかっていません

現在、最も有力な情報はサムスンの純正メッセージアプリの不具合ではないかと言われていて、サムスンもこの問題は把握しており、すでに調査を開始していると発表しています。

サムスンの純正メッセージアプリを使用する習慣のない日本ではまったく発生していない不具合ですが、心配な人は「Galaxy S9」や「Galaxy S9+」の購入は正式に対応されるまで控えたほうが良いかもしれませんね。

すでに購入している人は、念の為に「サムスン純正メッセージアプリ」の権限からカメラはオフにしておいたほうが安心だと思います。

「Galaxy S9+」のベンチマークスコアと発熱テスト

「Galaxy S9+」のベンチマークスコア

「Galaxy S9+」のベンチマークスコア

これは、実際に計測した「Galaxy S9+」のベンチマークスコアですが、

  • Antutu 7.0.7:264,272
  • Geekbench 4:シングル 2,408/マルチ 8,265

となっています。

前モデルのCPU「Snapdragon 835」に比べて約1.3倍も処理能力が向上していますね。

CPUパフォーマンスとバッテリー温度

1回目

1回目

2回目

2回目

※クリックで拡大できます

これは、「Galaxy S9+」に大きな負荷をかけ続けてパフォーマンスの安定性を計測する「ストレステスト」を行った際のCPUパフォーマンスとバッテリー温度をグラフ化したもの。

1回目のテストでは、CPUパフォーマンスは2分~4分にかけて謎の45%があったものの、100%から45%の間で15分間同じように推移していて、それに伴いバッテリー温度も上昇し続け40度まで上がりました。

2回目のテストでは、本体が37度くらいの熱を持った状態からスタートしましたが、11分過ぎからCPUパフォーマンスが調整をするかのように45%程度になり、その影響からバッテリー温度は42度あたりをピークに上昇が止まる結果になっています。

テスト結果を見る限り、「Galaxy S9+」のバッテリー温度は40度前後でCPUの調整が入り、それ以上温度が上昇しないように制御されているようですね。

ゲームアプリで動作テスト

「Galaxy S9+」実機レビュー/カメラ性能の評価とスペック・価格情報まとめ

最後に動作テストとして、最新3Dゲームで有名な「PUBGモバイル」をプレイしてみました。

グラフィック設定は、

  • クオリティ:HDR
  • フレーム設定:ウルトラ
  • アンチエイリアス:有効
  • グラフィックの自動調整:無効

です。

さすがに思いっきり画面を左右に振れば一瞬カクつく事がありましたが、基本的には最高画質設定でも快適に操作する事ができました。

負荷のかなり多い最新の3Dゲームの最高画質設定でこれだけ動いてくれれば、現状ではどんなゲームアプリでも快適に楽しめると思います。

「Galaxy S9+」の付属品

「Galaxy S9+」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価まとめ

※クリックで拡大できます

「Galaxy S9+」には、

  • TVアンテナケーブル
  • AKG マイク付きイヤホン
  • Micro USBケーブル
  • USB変換アダプタ
  • クリアケース

が同梱されています。

特に、純正クリアケースはよくできていて、「Galaxy S9+」の本体にピッタリの薄型になっているのが良いですね。

ただし、「Galaxy S9+」の本体を充電するのに必要な「USB Type C ACアダプタ」は同梱されていないので注意して下さい。

「Galaxy S9+」の発売日と価格

ドコモ版「Galaxy S9+ SC-03K」の本体価格

乗り換え(MNP) 新規/機種変更
本体価格 111,456円
(4,644円×24)
111,456円
(4,644円×24)
月々サポート -63,504円
(-2,646円×24)
-46,656円
(-1,944円×24)
実質負担金 47,952円
(1,998円×24)
64,800円
(2,700円×24)

※上記の価格は2018年5月現在の金額です。時期によって本体価格と割引金額は変動するので注意して下さい。

ドコモ版「Galaxy S9+ SC-03K」の発売日は2018年5月18日で、本体価格は111,456円(税込)。

購入する場合には「月々サポート」という割引が適用され、ユーザーが実際に支払う金額は割引総額を引いた「実質負担金」となります。

au版「Galaxy S9+ SCV39」の本体価格

新規/機種変更/乗り換え(MNP)
本体価格  112,320円
(4,680円×24)
毎月割 -48,384円
(-2,016円×24)
実質負担金 63,936円
(2,664円×24)

※上記の価格は2018年5月現在の金額です。時期によって本体価格と割引金額は変動するので注意して下さい。

au版「Galaxy S9+ SCV39」の発売日は2018年5月18日で、本体価格は 112,320円(税込)。

購入する場合には「毎月割」という割引が適用され、ユーザーが実際に支払う金額は「毎月割」を引いた「実質負担金」となります。

また、新料金プラン「ピタットプラン/フラットプラン」で申し込む場合は、「毎月割」が発生しないかわりに アップグレードプログラムEXに加入する事ができ、最大で半額の本体価格になります。

「Galaxy S9+」の評価と感想

「Galaxy S9+」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価まとめ

「Galaxy S9+」は、スマホの世界シェア1位のSamsung(サムスン)が製造する2018年のフラッグシップモデル。

サムスンが発表したスマホの中では最上位モデルとなっていて、カメラ性能や処理能力、スピーカーなど、全ての機能がフラッグシップモデルに相応しい超ハイスペック性能になっています。

特に「ライブフォーカス」の性能が素晴らしくて、「背景ボケ写真」が好きな私にとっては出掛けるのに手放せない1台になってますね。

使っていての不満点は「bixbyキー」と、片手で操作するには大きすぎるサイズと重さでしょうか。サイズに関してはわかっていて使用しているわけですから、両手で使用するスマホと割り切るしかないですね。

各メーカーの最上位モデルはなぜかサイズも大きくする傾向がありますが、Galaxy S9」と同じサイズで「bixbyキー」を廃止してくれたら最高の機種だったなあと思いました

 

【公式サイト】で最新情報をチェック

 ドコモ公式オンラインショップ

 ⇒au公式オンラインショップ

 ソフトバンク公式オンラインショップ

-au 2018年夏モデル, docomo(ドコモ)2018年夏モデル, スマホ評価レビュー
-,

Copyright© おすすめスマホを徹底比較レビュー!くろねこのみみ , 2018 All Rights Reserved.