ドコモ AQUOS R2が機種変更で月額972円に値下げ!料金・価格からお得なキャンペーンまで徹底解説

docomo(ドコモ)2018年夏モデル ドコモのスマホ 機種変更で値下げされた安い機種情報まとめ

ドコモ AQUOS R2が機種変更で月額972円に値下げ!料金・価格からお得なキャンペーンまで徹底解説

投稿日:

ドコモが2019年1月18日から「AQUOS R2 SH-03K」の本体価格の値下げを発表しました。

これにより「AQUOS R2 SH-03K」の機種変更での本体価格は23,328円となり、24回払いの分割で購入する場合、月額の実質負担金は972円となります。

この記事では「AQUOS R2 SH-03K」に機種変更した場合の月額料金や価格、お得な割引キャンペーンを紹介していきます。

ドコモの「AQUOS R2 SH-03K」への機種変更を検討している人は参考にしてみて下さい。

くろねこ
実質負担金とは、毎月の請求から割引額を引いた「実際に支払う本体代金」の事です

ドコモ AQUOS R2 の機種変更時の本体価格

AQUOS R2 機種変更時の本体価格

ドコモ AQUOS R2 の機種変更時の本体価格

新規契約 / 乗り換え / 機種変更
本体価格 90,720円
(3,780円×24)
月々サポート -67,392円
実質負担金 23,328円
(972円×24)

「AQUOS R2 SH-03K」の本体価格は90,720円(税込)。

実際に支払う金額はここから「月々サポート」という割引きを引いた「実質負担金」になります。ただし、ドコモ公式オンラインショップ の5,184円割引はすでに価格に反映されているので注意して下さい。

AQUOS R2 の機種変更時の月額料金シミュレーション

1人で契約する場合 家族に代表回線を契約
している人がいる場合
通話プラン  1,058円
(シンプルプラン)
 1,058円
(シンプルプラン)
 spモード  324円 324円
データプラン 3,132円
ベーシックパック(1GB未満)
540円
(シェアオプション)
端末代金 972円 972円
月額料金 5,486円(税込) 2,894円(税込)

これは、「AQUOS R2 SH-03K」を24回払いで購入したとして、ドコモの料金プランの中でできるだけ料金が安くなるように計算した月額料金のシミュレーションです。

1人で利用する場合には、毎月使用するデータ容量を1GB未満に抑えれば月額5,486円から、シェアオプションで利用する場合には月額2,894円から利用する事ができます。

くろねこ
ただし、「ベーシックパック」は使用したデータ容量によって最大で7,374円まで料金が上がる可能性があるので注意して下さいね!

ドコモ AQUOS R2 の本体カラーとスペック

AQUOS R2 のカラーバリエーション

「AQUOS R2」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価まとめ

「AQUOS R2 SH-03K」のカラーバリエーションは、

  • プレミアムブラック
  • プラチナホワイト
  • コーラルピンク

の3色で、「コーラルピンク」はドコモのみの限定カラーになっています。

プレミアムブラック
AQUOS R2 SH-03Kのカラー「プレミアムブラック」

プラチナホワイト
AQUOS R2 SH-03Kのカラー「プラチナホワイト」

コーラルピンク
AQUOS R2 SH-03Kのカラー「コーラルピンク」

AQUOS R2 のスペック詳細

AQUOS R2のスペック詳細
CPU Snapdragon 845
外側カメラ 約2,260万画素+約1,630万画素
内側カメラ 約1,630万画素
ディスプレイ 約6.0インチ(3,040×1,440)
WQHD+ 液晶ディスプレイ
RAM / ROM 4GB / 64GB
SDカード(最大) microSDXC(最大400GB)
電池容量 3,130mAh
連続待受(LTE) 約530時間
高さ×幅×厚さ 約156×74×9(mm)
重量 約181g

「AQUOS R2 SH-03K」のCPUにはクアルコムの「Snapdragon 845」が搭載され、RAMは4GB。

アウトカメラは、静止画用の約2,260万画素のカメラに加え、動画用の約1,630万画素のカメラを搭載していて、世界初となる動画と静止画を同時に撮影できるデュアルカメラ仕様となっています。

また、「AQUOS R compact」で採用されていた狭額縁デザイン「EDGEST fit」が「AQUOS R2」でも採用され、6インチに大画面化しながらも前作「AQUOS R」とほぼ同サイズなのは好印象ですね。

さらに、スマートフォンとしては初めてとなる「ドルビービジョン」と「ドルビーアトモス」の両方に対応するなど、フラッグシップモデルらしい高性能な1台になっています。

ドコモ AQUOS R2 のおすすめポイント

画面の動きが滑らかで綺麗

AQUOS R2 SH-03Kのディスプレイ

「AQUOS R2 SH-03K」のWQHD+高画質液晶ディスプレイには、IGZOのテクノロジーと最適なチューニングが施され、前作「AQUOS R」から応答速度が25%向上しています。

操作していると明らかに他の機種よりもなめらかでヌルヌルな動きを実感できるので、ディスプレイの動きのなめらかさは「AQUOS R2」の大きな特徴のひとつですね。

くろねこ
画面スクロールが滑らかでかなり綺麗です

電池持ちがすごく良い

AQUOS R2 SH-03Kを持っている様子

「AQUOS R2 SH-03K」は省エネ設計に優れたIGZO液晶ディスプレイを搭載していて、電池持ちはかなり良いです。

他メーカーのフラッグシップモデルと比べてもバッテリー消費の違いを実感できるレベルなので、電池持ちの良いスマホを探している人におすすめです。

料理が明るく鮮やかに撮影できる

AQUOS R2 SH-03Kで撮影した料理の写真

「AQUOS R2 SH-03K」のカメラには「AI」が搭載されていて、被写体によって設定を自動で切り替えてくれるんですが、料理の写真はかなり綺麗に撮れると感じました。

特に、全体を明るく鮮やかにしながらも肉眼に近いカラーバランスで撮影できるのが使いやすいですね。

試しに「Xperia XZ2」と撮り比べてみましたが、

AQUOS R2

Xperia XZ2

※クリックで拡大できます

こんな感じ。

店内の薄暗い雰囲気のまま撮れている「Xperia XZ2」に比べて、「AQUOS R2」のほうは明るく鮮やかで美味しそうに撮れていますよね!

かなり高画質な写真が撮れるので、インスタグラムやツイッターにアップしたりなど、料理を頻繁に撮影する人におすすめです。

処理能力が高い

AQUOS R2 SH-03Kでゲームをプレイしている様子

「AQUOS R2 SH-03K」のCPUには「Snapdragon 845」が搭載されていて、2018年夏時点のandroidスマホとしては最高レベルの処理能力になっています。

大きめの画面で処理能力が高いスマホがほしい人におすすめですね。

くろねこ
最新の3Dゲームもサクサク操作する事ができます

ドコモ AQUOS R2 のデメリット

超広角撮影は歪みがすごい

AQUOS R2 SH-03Kの写真画像

「AQUOS R2 SH-03K」の外側に搭載された動画用の約2260万画素のカメラは「ドラマティックワイドカメラ」と名付けられ、最大で135°の超広角撮影ができます。

ただし、最大の135°の超広角撮影にすると画面の両端がかなり歪むので注意ですね。上のスクリーンショットは135°の超広角撮影にした場合の撮影画面ですが、ぐわっと歪んでいるのが確認できると思います。

シャープが公開している「ドラマティックワイドカメラ」の紹介動画 でも同じくらい歪んでいるので、超広角撮影はこういうものなのかもしれませんが、どちらにしろ超広角撮影モードでは手ぶれ補正がオンにできないので、使用する事はほとんどなさそう・・・。

AQUOS R2 SH-03Kの写真画像

これは手ぶれ補正をオンにした場合の撮影画面ですが、超広角撮影に比べると画角は狭くなるものの、歪みもかなり抑えられていますよね。

現実的には、この設定で撮影する事が多いと思います。

「背景ボケ写真」の精度がかなり低い

AQUOS R2 SH-03Kの写真画像

「背景ボケ写真」はポートレートモードとも呼ばれ、背景をぼかす事で被写体を強調させる事ができる撮影モード。

特に人物を撮影する時に頻繁に使われている撮影モードですが、「AQUOS R2 SH-03K」の「背景ボケ写真」の精度はかなり低いです。

ちょっと難しい被写体だと、

AQUOS R2 SH-03Kの写真画像

こんな感じの写真になってしまうので注意ですね。

背景ボケモードにすると撮影スピードもかなり遅くなってしまうので、「背景ボケ写真」はおまけ程度に考えたほうが良いと思います。

夜のカメラ性能が他機種に劣る

AQUOS R2

HUAWEI P20 Pro

※クリックで拡大できます

「AQUOS R2 SH-03K」の夜のカメラ性能は、滲んだ印象になってしまって高画質とは言えないと思います。

上の写真は夜の東京駅を撮影した写真ですが、「HUAWEI P20 Pro」と比べると全体的にぼやけて見えますよね。カメラの性能が悪いというわけではありませんが、綺麗な夜景の写真を撮影したいという人は注意して下さい。

くろねこ
「HUAWEI P20 Pro」はカメラ性能に特化した機種なので、比較するのはちょっとかわいそうだったかもしれません・・・

機種変更前に確認しておきたい割引キャンペーン

2019年「ドコモの学割」

ドコモの契約前に確認しておきたい割引キャンペーンまとめ

2019年「ドコモの学割」は、25歳以下の人が対象契約で申し込をした場合に、申込み当月(日割り計算)+12か月間、毎月の利用料金から1,500円が割引されるキャンペーン。

対象契約は、

  • 乗り換え(MNP)
  • 新規契約
  • 契約変更(FOMA→Xi)

のみ。

条件を満たす事で自動適用になるので、申込みは不要です。

ただし、人気の割引キャンペーンdocomo with」や「ウェルカムスマホ割」との併用は不可で、同時に適用条件を満たした場合には割引期間の長い「docomo with」が優先されるので注意して下さい。

 
併用可能な割引キャンペーン

家族まとめて割

ドコモの契約前に確認しておきたい割引キャンペーンまとめ

「家族まとめて割」は、同一シェアグループ内で2台以上対象機種を購入した場合に、それぞれ5,184円(税込)が割引されるキャンペーン。

キャンペーン期間は、

2018年12月1日(土)~2019年3月31日(日)

となっていて、適用条件は、

  • シェアパックかシェアオプションで同一シェアグループ内の契約である事
  • キャンペーン期間内に2台以上の「家族まとめて割」対象機種の購入

です。

対象機種には、割引対象になる機種と、2台以上の購入の計上対象にはなるが割引対象にはならない機種があるので、必ず購入予定の端末が「家族まとめて割」の対象機種になっているか確認をしておきましょう。

 
併用可能な割引キャンペーン

ドコモオンラインショップ SPECIAL CAMPAIGN

ドコモのスマホ 契約前に確認しておきたい割引キャンペーンまとめ

「SPECIAL CAMPAIGN」は、

  1. 対象機種購入で5,184円割引
  2. 648円~のお得な機種の追加
  3. AQUOSシリーズ購入で10,000ptプレゼント
  4. 3月4日~3月14日限定で10,000ptプレゼント
  5. XPERIAロゴ入りボールペンプレゼント

の5つの特典が受けられるドコモ公式オンラインショップ 限定の割引キャンペーン。

キャンペーンの受付期間は、

2019年2月1日~2019年5月31日

までで、特に日にち限定でdポイント10,000ptがプレゼントされるSPECIAL DAYS(スペシャルデイズ)がお得なので、ぜひチェックしてみて下さい。

 
併用可能な割引キャンペーン

ご家族紹介特典

ドコモの契約前に確認しておきたい割引キャンペーンまとめ

「ご家族紹介特典」は、すでにドコモを契約している人が家族を紹介してドコモで乗り換え(MNP)契約をした場合に、一人紹介につき10,000ptのdポイントが貰えるキャンペーン。

キャンペーン期間は、

2018年12月1日(土)~2019年3月31日(日)

までとなっていて対象機種は、

  • iPhone
  • Google Pixel
  • androidスマートフォン
  • ドコモらくらくホン
  • 通常ケータイ(ガラケー)※キッズケータイ除く

のほぼ全機種。

dポイントの進呈は、対象機種を購入した月の翌々月上旬に行われます。

 
併用可能な割引キャンペーン

ウェルカムスマホ割

ドコモの「ウェルカムスマホ割」なら月額0円も可能?!適用条件と申し込み方法を徹底解説

「ウェルカムスマホ割」は、ドコモのフィーチャーフォン(ガラケー)からの機種変更や、他社ガラケーからの乗り換え(MNP)でドコモのスマホを契約した人を対象に、利用料金から毎月1,500円が13カ月間割引されるキャンペーン。

適用条件は、

  • FOMA(ガラケー)からXi(スマホ)への契約変更
  • 他社ケータイからの乗りかえでスマホの新規契約

となっています。

 
併用可能な割引キャンペーン

機種変更応援プログラム/プラス

ドコモの契約前に確認しておきたい割引キャンペーンまとめ

ドコモには、購入した端末の24ヵ月の割賦支払い終了を待たずに機種変更をする事ができるオプションサービスとして、

があります。

機種変更応援プログラムプラス」は「iPhone 8」以降のiPhone専用のオプションサービスで、「機種変更応援プログラム」がそれ以外の機種に適用できるオプションサービスとなっていて、端末の購入時にしか加入する事ができません。

どちらのサービスも、ずっとドコモを利用し続ける人にとってはお得なオプションとなっているので、端末を購入する前に加入するかどうかを決めておきましょう。

 
併用可能な割引キャンペーン

ケータイ補償サービス

ドコモのスマホ 契約前に確認しておきたい割引キャンペーンまとめ

現在ドコモでは、購入した携帯電話が画面割れや水没などで故障してしまった時の補償サービスとして、

  • androidスマホやガラケーなら「ケータイ補償サービス」
  • iPhoneやiPadなら「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」

を提供しています。

月額料金と補償内容は購入する機種によって異なりますが、「ケータイ補償サービス」も「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」も申し込み日から31日間は無料となっているので、心配な人はとりあえず加入しておいて無料期間内でじっくりと考えて継続するか決めましょう。

途中で解約した場合には、次に端末を購入する時まで加入する事ができないので注意して下さい。

 
併用可能な割引キャンペーン

下取りプログラム

ドコモの契約前に確認しておきたい割引キャンペーンまとめ

「下取りプログラム」は、機種の購入時に現在使用している携帯端末を下取りに出す事で「dポイント」が受け取れるプログラム。

新規契約(MNP含む)、機種変更で利用可能で、「dポイント」は機種の購入代金や毎月の利用料金で「1ポイント=1円」として使用する事ができます

適用条件は、

  • dポイントクラブ に加入している事
  • 申し込み時点で正常に動作する機種である事
  • 各種ロックがかかっていない事

となっていて、全国のドコモショップ、ドコモ取扱い店舗、ドコモ公式オンラインショップ でのみ申し込み可能です。

下取りに出す携帯端末の買取価格は毎月変動しているので、あらかじめドコモの公式サイトで確認しておくとスムーズですよ。

 
併用可能な割引キャンペーン

ずっとドコモ割プラス

ドコモの契約前に確認しておきたい割引キャンペーンまとめ

「ずっとドコモ割プラス」は、dポイントクラブ のステージに応じて、

  • 毎月の利用料金から割引
  • 毎月dポイント進呈

のどちらかの割引が受けられるサービス。

申し込みは不要・自動適用となっていて、dポイント進呈を選んだ場合には料金割引の1.2倍のdポイントが受け取れます。ただし、シェアパックを利用している人は、代表回線のステージに応じた料金割引またはdポイント進呈になるので注意して下さい。

また、2年契約の満了後に「ずっとドコモ割コース」を選ぶと「更新ありがとうポイント」が3,000円分のdポイントがプレゼントされ、ドコモ商品の購入、dマーケット、dポイント加盟店で使用する事ができます。

シェアパック(料金割引/ポイント進呈)
料金プラン/ステージ 1st 2nd 3rd 4th プラチナ
ウルトラシェアパック100 -1,000円/1,200pt -1,200円/1,440pt -1,800円/2,160pt -2,500円/3,000pt
ウルトラシェアパック50 -800円/960pt -1,000円/1,200pt -1,200円/1,440pt -1,800円/2,160pt
ウルトラシェアパック30 -600円/720pt -800円/960pt -1,000円/1,200pt -1,200円/1,440pt
ベーシックシェアパック30GB -600円/720pt -800円/960pt -1,000円/1,200pt -1,200円/1,440pt
ベーシックシェアパック15GB -600円/720pt -800円/960pt -1,000円/1,200pt -1,200円/1,440pt
ベーシックシェアパック10GB -400円/480pt -600円/720pt -800円/960pt -1,000円/1,200pt
ベーシックシェアパック5GB -100円/120pt -200円/240pt -600円/720pt -900円/1,080pt
データパック(料金割引/ポイント進呈)
料金プラン/ステージ 1st 2nd 3rd 4th プラチナ
ウルトラデータLLパック -200円/240pt -400円/480pt -600円/720pt -800円/960pt
ウルトラデータLパック -100円/120pt -200円/240pt -600円/720pt -800円/960pt
ベーシックパック20GB -100円/120pt -200円/240pt -600円/720pt -800円/960pt
ベーシックパック5GB -100円/120pt -200円/240pt -600円/720pt -800円/960pt
ベーシックパック3GB -600円/720pt
ベーシックパック1GB -200円/240pt

 
併用可能な割引キャンペーン

ドコモ光セット割

ドコモの契約前に確認しておきたい割引キャンペーンまとめ

「ドコモ光セット割」は、自宅のインターネット回線とドコモの携帯回線をセットで利用している場合に、契約しているプランに応じて割引が受けられるサービス。

割引内容は、

家族でシェアパックを利用する場合
利用中のパケットパック 割引額/月
(マンション/戸建)
ウルトラシェアパック100 -3,500円
ウルトラシェアパック50 -2,900円
ウルトラシェアパック30 -2,500円
ベーシックシェアパック30GB -1,800円
ベーシックシェアパック15GB -1,800円
ベーシックシェアパック10GB -1,200円
ベーシックシェアパック5GB -800円
一人で利用する場合
利用中のパケットパック 割引額/月
(マンション/戸建)
ウルトラデータLLパック -1,600円
ウルトラデータLパック -1,400円
ベーシックパック20GB -800円
ベーシックパック5GB -800円
ベーシックパック3GB -200円
ベーシックパック1GB -100円
ケータイパック -500円(1年間のみ)

となっていて、インターネット回線と携帯回線をセットで利用している限りずっと割引が受けられるのが特徴です。

 
併用可能な割引キャンペーン

ドコモの機種変更で15,000円以上安く購入する方法

ドコモ 2018年夏モデル おすすめ人気ランキング

ドコモでスマホを購入するならドコモ公式オンラインショップ が圧倒的におすすめです。

公式オンラインショップでの購入には、

  • 送料無料
  • 頭金なし
  • 事務手数料無料

というメリットがあり、ドコモショップや店頭で購入する際に通常3,000円~10,000円程度かかる「頭金」もかかりません

さらに、2019年5月31日までの購入であれば5,184円割引のキャンペーン特典が受けられ、全契約で「事務手数料」も無料になるので、ドコモショップや店頭との差は20,000円以上になる事も・・・。

事務手数料 ドコモショップや店頭 ドコモオンラインショップ
頭金 3,000円~10,000円 0円
新規・MNP 3,000円 0円
契約変更 3,000円 0円
機種変更 2,000円 0円

操作方法など、ショップで接客を受けたい場合も、オンラインショップでお得に購入してから、受け取り方法を近隣のドコモショップにする事で「無料」で接客を受けられるので、ドコモオンラインショップを活用してお得にスマホを購入しましょう。

くろねこ
接客を受ける為に長時間待たされたり、公式価格より高い値段でぼったくられる時代はもう終わってますよー!

ドコモの「頭金」はボッタクリ!?頭金なしで契約できる店舗はSource by docomo

 

【公式サイト】で最新情報をチェック

 ドコモ公式オンラインショップ

 ⇒au公式オンラインショップ

 ソフトバンク公式オンラインショップ

-docomo(ドコモ)2018年夏モデル, ドコモのスマホ 機種変更で値下げされた安い機種情報まとめ
-, , ,

Copyright© おすすめスマホを徹底比較レビュー!くろねこのみみ , 2019 All Rights Reserved.