ドコモ・au・ソフトバンクのスマホや格安SIMなど、ガジェット系の攻略レビューサイト。

くろねこのみみ

格安スマホ・SIMフリー・MVNOをザックリわかりやすく解説

格安SIM・格安スマホ・MVNOとは何なのかザックリわかりやすく解説

更新日:

携帯料金が大幅に安くなるという事で注目を集めている「格安SIM」。

今回は、格安SIMを検討する上で絶対に理解しておいたほうが良いと思われる、

・格安SIM
・格安スマホ
・MVNO

についてザックリとわかりやすく解説していきます。

簡単に言ってしまえば、「格安SIM」というのはドコモ、au、ソフトバンクの国内3大キャリア以外の通信会社と契約した「SIMカード」のこと。

格安SIMの通信会社は2017年現在で国内で200社以上存在し、ユーザーはその中から自由に選んで契約する事ができます。

格安SIMとMVNO

格安スマホ・SIMフリー・MVNOとは何なのかザックリわかりやすく解説

「格安SIM」の会社の正式な名称は「仮想移動体通信事業者」と言います。

英語では「Mobile Virtual Network Operator」となり「MVNO」と略されるのが一般的ですね。

「仮想移動体通信事業者」も「MVNO」もわかりにくいので、格安で利用できるSIMカードという事で「格安SIM」と呼ばれています。

なので、

格安SIM=MVNO

という認識で問題ありません。

反対に、ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアは「MNO」と呼ばれます。

あまり使われていないので聞いた事がない人が多いと思いますが、「MNO」っていうのは「Mobile Network Operator」の略で、日本語では「移動体通信事業者」という意味。

3大キャリアが自社で設備投資をして通信環境を提供しているのに対して、「MVNO」の会社は自社設備を一切持っていない事から「仮想」という言葉が加えられていると考えるとわかりやすいと思います。

MVNOは3大キャリアから通信設備を借りている

自社設備を一切持っていない「MVNO」の会社は、ドコモやソフトバンクから料金を支払って通信設備を借りる事でサービスを提供しています。

各「MVNO」の会社のホームページに「ドコモと同じように使えます」や「auと同じように使えます」って書かれているのはこの為ですね。

格安スマホとSIMフリースマホ

格安スマホ・SIMフリー・MVNOとは何なのかザックリわかりやすく解説

「格安スマホ」は、一般的に3大キャリア以外で購入したスマホの事を言います。

以前はスペックも低く、価格も安かった事から「格安スマホ」と呼ばれていますが、格安SIMが普及し始めた現在では「iPhone」や「Xperia」にも負けないほど高スペックで価格も高いスマホから、低スペックで低価格なスマホまで幅広い種類があります。

また、大手キャリアで購入したスマホのように「SIMロック」がかかっていない事から、「SIMフリースマホ」の事を格安スマホという場合もありますね。

SIMフリースマホとは

携帯電話というのは、メーカーが作った端末に通信事業者が作った「SIMカード」を挿入する事で通話やネットが使用できるようになります。

つまり、ドコモで購入した「iPhone」にドコモ以外の会社で契約したSIMカードを入れても普通に使えるわけです。

そこで大手キャリアは、自社が販売したスマホ端末に「SIMロック」をかけて、他社のSIMカードを入れても通信できないようにしているんですね。

このSIMロックは、一定期間使用した後に購入したキャリアで手続きする事で解除する事ができますが、こういった手続きを経て「SIMロック」が解除されているスマホや、元々「SIMロック」がかかっていないスマホの事を「SIMフリースマホ」と言います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「くろねこのみみ」をフォローしよう!

-格安SIM・格安スマホ

Copyright© くろねこのみみ , 2017 All Rights Reserved.