ソフトバンク ガラケーの最安プランとおすすめ料金プランを解説

ソフトバンクの料金プランや割引キャンペーン

ソフトバンク ガラケーの最安プランとおすすめ料金プランを解説

投稿日:

ソフトバンクで通常ケータイ(ガラケー)を契約する場合の月額料金や最安値料金プランを解説していきます。

これからソフトバンクでガラケーの購入を検討している人や、現在のソフトバンクのガラケーの料金プランを知りたい人は参考にしてみて下さいね!

ソフトバンク ガラケーの料金プランの仕組み

ソフトバンク 通常ケータイ(ガラケー)の最安値おすすめ料金プランを解説

ソフトバンクのガラケーの月額料金は、

  1. 通話プラン
  2. インターネットの基本料金
  3. データ容量プラン
  4. 携帯機種代金

の4つの料金の合計で計算され、ユーザーは「通話プラン」と「データ容量プラン」を自由に組み合わせる事で料金を調整する事ができます。

ただし、インターネットの基本料金である「ウェブ使用料」は、ネットやメールを使用する限り必ず必要になる料金なので変更や調整はできません。

通話プランのみでも契約は可能

ソフトバンクのガラケーの場合は、通話プランのみで契約する事も可能です。

ただし、

  • 月月割」が適用されない
  • Eメールが使用できない
  • データ通信ができない

というデメリットがあるので注意して下さい。

特に、「月月割」は携帯電話を半額以上の割引率で購入できる割引サービスなので、新しくガラケーの購入を考えている人は注意。

機種変更と同時に携帯電話も購入するなら、使わなくても「ウェブ使用料」と「データ容量プラン」は契約したほうが月額料金はお得になります。

4G ケータイと3G ケータイについて

ソフトバンク 通常ケータイ(ガラケー)の最安値おすすめ料金プランを解説

ソフトバンクの公式サイトで料金プランを調べると、「4G ケータイ向け」と「3G ケータイ向け」で料金プランが分かれていますが、

そもそも4G ケータイと3G ケータイの違いがわからん

という人の為にザックリと解説しておきます。

「4G」や「3G」は電波の種類の名称です。

ソフトバンクでは2002年に第3世代移動通信システム(3G)が発表され、「3G ケータイ向けプラン」が登場しました。

その後、2012年に第4世代移動通信システム(4G)となる「4G LTE」を発表。

「4G LTE」は、ドコモでは「Xi(クロッシー)」とも呼ばれ、現在では主流になっている通信方式です。

ソフトバンクでは、2019年11月末日をもって 3G ケータイの大半の機能が利用できなくなる ほか、3G対応機種の取り扱いはすでに終了している為、今後新たに携帯端末をソフトバンクで購入する場合は全て「4G ケータイ向けプラン」での契約と覚えておいて下さい。

ソフトバンク ガラケーの通話プラン

料金プラン プラン内容 月額料金
スマ放題 24時間国内通話かけ放題 2,200円
スマ放題ライト 1回5分以内の国内通話が何度でも無料 1,200円

ソフトバンクのガラケーの通話プランは上記の2種類。

スマホの通話プランとプラン名やプラン内容に違いはありませんが、月額料金が500円安くなっているのが特徴ですね。

現在、ホワイトプランなどの旧プランを利用している人はそのままのプランで機種変更をする事もできますが、新規に申し込みできる通話プランは上記の2種類のみとなります。

ソフトバンク ガラケーのデータ定額プラン

データ容量 スマ放題 スマ放題ライト 月額料金
データ定額ミニ 1GB 2,900円
データ定額ミニ 2GB 3,500円
データ定額 5GB 5,000円
データ定額 20GB 6,000円
データ定額 50GB 7,000円
データ定額S
(パケットし放題S)
0円~
4,200円

通話プランと組み合わせる事ができるデータ定額プランは上記の6種類。

どちらの通話プランを選んでも、ほとんどのデータ定額プランと組み合わせる事ができますが、

  • スマ放題ライト+データ定額ミニ 2GB

のみ、組み合わせる事ができないので注意して下さい。

データ定額S(パケットし放題S)の詳細

ソフトバンク 通常ケータイ(ガラケー)の最安値おすすめ料金プランを解説

「データ定額S」は、ガラケー専用の2段階制データ定額プラン。

毎月500KBまでのデータ通信は0円、それ以降は1KBあたり0.04円で課金され、上限額が4,200円となるデータ定額プランです。

基本的にソフトバンクでガラケーを利用するなら、この「データ定額S」がおすすめ

ネットを利用しない人でも、「データ定額S」を選ぶ事で「月月割」が適用されるようになるので、携帯端末を購入する場合には最低でも「データ定額S」を選びましょう

ソフトバンク ガラケーの最安値料金プラン

スマ放題ライト
通話プラン 1,200円
(スマ放題ライト)
ウェブ使用料 300円
データ定額 0円~4,200円
(データ定額S)
月額料金(税抜) 1,500円~5,700円

これは、ソフトバンクのガラケーを契約する場合に、できるだけ月額料金が安くなるように計算した料金シミュレーション。

ただし、ネットをまったく使用せず、「月月割」が適用されなくてもよいのであれば「通話プラン」のみで契約する事もできます。

どのプランにしたらいいかわからない場合には、とりあえず「スマ放題ライト+データ定額S」にしておくのがおすすめ。1回5分以内の国内通話が何度でも無料というわかりやすいプラン内容で、料金的にも安いので、使いやすいと思います。

くろねこ
ただし、LINEやネット検索でインターネットを利用する場合は、「データ定額ミニ 1GB」や「データ定額ミニ 2GB」で申し込みしたほうが月額料金は安くなると思います

契約前に確認しておきたい割引サービス

ガラケー通話し放題割

ソフトバンク「ガラケー通話し放題割」とは/割引内容と対象機種を解説

「ガラケー通話し放題割」は、他社の通常ケータイ(ガラケー)からソフトバンクの通常ケータイに乗り換えた場合に、毎月1,000円が3年間割引になるキャンペーン。

「スマ放題」専用となっていますが、割引率が高く、通話をたくさんする人にとってはかなりお得なキャンペーンとなっています。

ガラケータダで機種変更プログラム

ガラケータダで機種変更プログラム

「ガラケータダで機種変更プログラム」は、ソフトバンクのガラケーを60か月以上利用している人が、

  • スマ放題
  • スマ放題ライト

のいずれかの料金プランで対象機種に機種変更する場合に、購入するガラケーの機種代金が実質0円になる割引キャンペーンです。

適用条件は、料金プランと対象機種以外にはありませんが、機種変更前に使用していたガラケーはソフトバンクで正規に購入された端末である必要があるので注意して下さい。

対象機種

  • AQUOS ケータイ3
  • AQUOS ケータイ2
  • DIGNO ケータイ2
  • DIGNO ケータイ
  • かんたん携帯10
  • かんたん携帯9

下取りプログラム

ソフトバンク「ガラケー通話し放題割」とは/割引内容と対象機種を解説

ソフトバンクの「下取りプログラム」は、機種変更や乗り換えで新しく携帯電話を購入した際に、以前使用していた携帯電話を下取りに出す事で毎月の利用料金から一定額が割引されるサービスです。

下取りプログラムには、

  • 下取りプログラム(機種変更)
  • 下取りプログラム(のりかえ)

の2種類がありますが、違いは申し込みした場合の「下取り価格」のみ。

全国のソフトバンクショップ、ソフトバンク取扱い店舗、ソフトバンク公式オンラインショップ で申し込みができます。

ソフトバンク ガラケーのおすすめ機種

ソフトバンク ガラケーの最安プランとおすすめ料金プランを解説

現在、ソフトバンクで取り扱っている通常ケータイ(ガラケー)は、

の3機種。

処理能力やカメラ性能、本体価格はほぼ横並びになっているので、単純に製造メーカーやデザインで選んで問題ありません。

くろねこ
年配の方で操作が不安な人は「かんたん携帯10」、それ以外の人は最新機種の「AQUOS ケータイ3」がおすすめですね

 

【公式サイト】で最新情報をチェック

 ドコモ公式オンラインショップ

 ⇒au公式オンラインショップ

 ソフトバンク公式オンラインショップ

-ソフトバンクの料金プランや割引キャンペーン
-,

Copyright© おすすめスマホを徹底比較レビュー!くろねこのみみ , 2019 All Rights Reserved.