スマホやキャリア、格安SIMなど、ガジェット系の攻略レビューサイト。

くろねこのみみ


「DIGNO V」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

Source by kyocera

「DIGNO V」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

更新日:

「DIGNO V」は、国内メーカーの京セラが発売するスマホ。

UQモバイルの2017年夏モデルとして発表され、スペックと価格を抑えたコストパフォーマンス重視のスマホです。

DIGNO Vのカラーバリエーションとスペック詳細

「DIGNO V」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「DIGNO V」のカラーバリエーションは2色で、

・ホワイト
・ネイビー

となっています。

ホワイト
「DIGNO V」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

ネイビー
「DIGNO V」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

DIGNO Vのスペック詳細

DIGNO Vのスペック詳細
CPU Snapdragon 430
外側カメラ 約1,300万画素
内側カメラ 約500万画素
ディスプレイ 約5.0インチ
HD(1,280×720)
RAM 2GB
ROM 16GB
SDカード(最大) 256GB
電池容量 2,600mAh
連続通話(LTE) 約1,300分
連続待受(LTE) 約650時間
通信速度(最大) 150Mbps
高さ×幅×厚さ 約146×73×8.9(mm)
重量 約139g

CPUが「Snapdragon 430」でRAMが2GBなので、処理能力は低いですね。

ディスプレイの解像度やカメラの画素数も落とされ、スペックはかなり抑えられた機種となっています。

スペックが落とされているなか、バッテリー容量は通常の容量のものが搭載されているので、電池持ちは良い事がわかります。

DIGNO Vの機能&サービス

「DIGNO V」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

機能面では、

・Bluetooth4.2
・ジャイロセンサー
・テザリング
・防水/防塵
・おサイフケータイ

が利用可能ですが、

・フルセグ/ワンセグ
・USB Type C
・生体認証

などは使用できないので注意して下さい。

また、防水/防塵の保護等級も、防水(IPX5/8)、防塵(IP5X)となっていて、水没に対する保護機能では、連続的に水中に置いても有害な影響がないという最高ランクの防水性能となっています。

DIGNO Vのベンチマークスコア

「DIGNO V」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ「DIGNO V」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめSource by Geekbench

これは「DIGNO V」と同じCPUとRAM容量でシャープが発売しているauの「AQUOS U SHV37」のベンチマークスコアですが、シングルスコア平均が「609」で、マルチスコアが「1,831」となっています。

処理能力はかなり低いので、3Dゲームや処理の多いアプリを起動する習慣のある人にはおすすめできません。

DIGNO WとDIGNO Vの比較

DIGNO W DIGNO V
CPU Snapdragon 430 Snapdragon 430
外側カメラ 約1,300万画素 約1,300万画素
内側カメラ 約500万画素 約500万画素
ディスプレイ 約5.0インチ 約5.0インチ
HD(1,280×720) HD(1,280×720)
RAM 2GB 2GB
ROM 16GB 16GB
SDカード(最大) 200GB 256GB
電池容量 3,000mAh 2,600mAh
連続通話(LTE) 約1,300分 約1,300分
連続待受(LTE) 約760時間 約650時間
通信速度(最大) 150Mbps 150Mbps
高さ×幅×厚さ 142×71×10.4(mm) 約146×73×8.9(mm)
重量 約159g 約139g

これは、2017年の夏にUQモバイルから発売された前作「DIGNO W」と「DIGNO V」との比較です。

スペックではほぼ同じとなっていますが、「DIGNO W」のほうが電池持ちが良く、ワンセグが使用できたりなど、機能面では優れています。

前作となるので購入しづらいかもしれませんが、「DIGNO W」と「DIGNO V」のどちらかを購入するのであれば「DIGNO W」がおすすめです。

DIGNO Vの価格

「DIGNO V」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「DIGNO V」の本体価格は33,804円(税込)。

auのサブブランドであるUQ mobileでは、auの「毎月割」と同じように、「ぴったりプラン」か「おしゃべりプラン」への加入と同時にスマホも購入することで「マンスリー割」という割引が受けられます。

実際に支払う金額は、本体代金から「マンスリー割」という割引きを引いた金額となるので注意して下さい。

DIGNO Vの実質負担金額

DIGNO Vの実質負担金額
通話プラン おしゃべりプラン/ぴったりプラン
データ容量 プランS プランM・L
本体価格 33,804円
(1,404円×24)
33,804円
(1,404円×24)
マンスリー割 -22,800円
(-1,080円×24)
-33,804円
(-1,404円×24)
実質負担金額 7,876円
(324円×24)
100円

上記の表は分割契約にした場合の金額ですが、契約時に本体代金を一括で支払うこともできます。

その場合でも「マンスリー割」は適用されるので、24ヵ月間使用した場合は分割にしても一括にしても支払う金額に違いはありません。

DIGNO Vの月額料金

DIGNO Vの月額料金
通話プラン おしゃべりプラン/ぴったりプラン
データ容量 プランS プランM プランL
基本料金 1,980円 2,980円 4,980円
本体価格 1,404円 1,404円 1,404円
マンスリー割 -1,080円 -1,404円 -1,404円
月額料金 2,304円
(2年目以降3,304円)
2,980円
(2年目以降3,980円)
4,980円
(2年目以降5,980円)

※↑の価格は2017年7月現在のものです。
時期によって「マンスリー割」の割引金額と本体価格は変わるので注意して下さい。

UQモバイルでは、期間限定で

・最大13,000円キャッシュバック
・初期費用無料

のキャンペーンを実施しています。

かなりお得なキャンペーンになっているので、UQモバイルを検討している人はチェックしてみて下さい。

最大13,000円キャッシュバックキャンペンーンの詳細はこちら

DIGNO Vのカメラ性能

約1,300万画素のアウトカメラ

「DIGNO V」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

外側には約1,300万画素のアウトカメラを搭載し、独自の画像処理エンジン「AINOS Engine」によって、うす暗い場所でもキレイに撮影する事ができます。

約500万画素のインカメラ

「DIGNO V」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

内側には約500万画素のインカメラを搭載しています。

DIGNO Vの特徴

正面電源ボタン

「DIGNO V」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「DIGNO V」では、端末の正面に電源ボタンが配置され、端末を持ち替えることなく画面を点灯、消灯する事ができます。

温度耐久・耐振動

「DIGNO V」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「DIGNO V」は、防水・防塵だけでなく米国国防総省の調達基準の6項目、

・落下
・振動
・高温動作/高温保管
・低温動作/低温保管

に準拠し、厳しい温度環境や振動にも耐えられるように設計されています。

スマートソニックレシーバー

「DIGNO V」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

音と振動で相手の声を伝える京セラの独自機能「スマートソニックレシーバー」によって、耳をあてる位置を気にせず、騒がしい場所でも相手の声がクリアに聞こえます。

聞こえ調整

「DIGNO V」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

聞える音を好みに合わせることができる「聞こえ調整」機能により、

・甲高い音を軽減する「やわらかく」
・こもった音を明瞭にする「はっきりと」
・うるさく感じる音を小さくする「おさえめに」

など、細かい調整が可能です。

DIGNO Vの評価と感想

「DIGNO V」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

 

「DIGNO V」は、かなりスペックの抑えられたスマホ。

CPUが「Snapdragon 430」でRAMが2GBでは、最新の3Dゲームや処理の多いアプリを起動する習慣のある人にとっては快適とは言えないでしょう。

また、スペックの低かった「DIGNO W」から、さらに機能面を削ってあるので、最新機種というよりは「DIGNO W」の廉価版といった印象です。

価格も「DIGNO W」と同じ実質0円となっているので、在庫があるうちは「DIGNO V」よりも「DIGNO W」を購入したほうが良いと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「くろねこのみみ」をフォローしよう!

-UQモバイルのスマホ機種まとめ
-

Copyright© くろねこのみみ , 2017 All Rights Reserved.