スマホやキャリア、格安SIMなど、ガジェット系の攻略レビューサイト。

くろねこのみみ


SIMカードとは サイズや種類、仕組みをわかりやすく解説!

SIMカードとは サイズや種類、仕組みをわかりやすく解説!

更新日:

SIMカード(シムカード)とは、電話番号が記録され、スマホに挿入して使用するICカードのこと。

「SIM」と呼ばれる事もありますが、「SIM」と「SIMカード」はまったく同じものです。

スマホが普及する以前の携帯電話では、電話番号は携帯電話自体に記録されていましたが、スマホが普及した現在では電話番号はSIMカードに記録され管理されています。

SIMカードの役割

SIMカードとは サイズや種類、仕組みをわかりやすく解説!

SIMカードの役割は大きく分けて、

・電話番号の管理
・モバイルデータ通信の管理

の2つ。

「モバイルデータ通信の管理」というのは、どの携帯電話の会社の電波を使用してデータ通信するかの管理ですね。

例えば、ドコモで「iPhone」を購入した場合は、渡されたらすぐに携帯電話として使用できるようになっていますが、正確には「iPhoneの本体」と「ドコモの電波が使用できるSIMカード」を購入して、iPhoneの本体にSIMカードを挿入して使用しているわけです。

電話番号とモバイルデータ通信の管理をSIMカードで行っているわけですから、「iPhone」からSIMカードを抜いてしまうと、電話もドコモの電波を使ったネットも使用できなくなります。

SIMカードのサイズや種類

SIMカードとは サイズや種類、仕組みをわかりやすく解説!

SIMカードには、

・標準SIM
・マイクロSIM
・nanoSIM

の3つの種類があり、それぞれサイズが異なります。

どのSIMでもSIMカードとしての役割は変わらないので、単純に「3種類ある」という認識で問題ありませんが、スマホ端末によって対応しているSIMカードが違うので注意。

例えば「nanoSIM」に対応したスマホに「マイクロSIM」は挿入する事ができません。

大手キャリアなどでスマホを購入した場合は、何も言わなくても対応したSIMカードを挿入してもらえますが、スマホ端末とSIMカードを別々に購入する場合には、購入したスマホ端末の対応SIMカードを確認してからSIMカードを購入しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「くろねこのみみ」をフォローしよう!

-格安SIM・格安スマホ

Copyright© くろねこのみみ , 2017 AllRights Reserved.