らくらくスマートフォン me F-01L 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

Source by nttdocomo

docomo with(ドコモ ウィズ) スマホ評価レビュー ドコモ 2018-2019年冬春モデル

らくらくスマートフォン me F-01L 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

更新日:

「らくらくスマートフォン me F-01L」はドコモから2018-2019年冬春モデルとして2019年2月15日(金)に発売された「らくらくスマホ」。

製造メーカーは富士通で、2018年の2月に発売された「らくらくスマートフォン me F-03K」の後継モデルとなっています。

この記事では、「らくらくスマートフォン me F-01L」を実際に購入してカメラの性能や使用感などを徹底レビューしているので、購入を検討している人はぜひ参考にしてみて下さい。

※只今更新中です

らくらくスマートフォン me F-01L のカラーバリエーション

らくらくスマートフォン me F-01L 評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「らくらくスマートフォン me F-01L」のカラーバリエーションは、

  • ピンク
  • ブラック
  • ゴールド

の3色。

ピンク
らくらくスマートフォン me F-01L 評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

ブラック
らくらくスマートフォン me F-01L 評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

ゴールド
らくらくスマートフォン me F-01L 評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

今回レビューするのは「ゴールド」になります。

くろねこ
女性にはピンク、男性にはブラックが人気。ゴールドは男女ともに選ばれている印象ですね

らくらくスマートフォン me F-01L のスペック詳細

らくらくスマートフォン me F-01L らくらくスマートフォン me F-03K
CPU Snapdragon 450 Snapdragon 625
外側カメラ 約1,310万画素 約1,310万画素
内側カメラ 約500万画素 約500万画素
ディスプレイ 約4.7インチ HD(1,280×720) 約4.5インチ HD(1,280×720)
RAM 3GB 2GB
ROM 32GB 16GB
SDカード microSDXC(最大400GB) microSDXC(最大256GB)
電池容量 2,110mAh 2,100mAh
連続待受(LTE) 410時間 約560時間
高さ×幅×厚さ 約143x70x9.3(mm) 約137×67×9.9(mm)
重量 約143g 約138g

CPUは前作「らくらくスマートフォン me F-03K」の「Snapdragon 625」から「Snapdragon 450」になった事で処理能力が少しダウン。

RAMは3GB、ROMは32GBにアップして、ディスプレイは約4.7インチに大きくなり、新たに「有機EL」が採用されました。

電池容量はほぼ前作と同じですが、有機ELの影響からか電池持ちが悪くなっているのが気になりますね。

「らくらくスマートフォン me F-01L」はスペックよりも、らくらくタッチパネルの復活やハンドソープで洗えるなどの便利機能が充実した印象です。

らくらくスマートフォン me F-03K との違いと進化したポイント

画面が大きくなって見やすくなった

らくらくスマートフォン me F-01L 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

「らくらくスマートフォン me F-01L」は、前作の4.5インチから4.7インチに進化して、より大きく見やすい画面になりました。

画面が大きくなると、比例して本体も重くなってしまう機種が多いですが、片手で快適に操作できる重さに収まっているが良いですね。

年齢が高めのユーザーが使用する用のスマホですから、画面はできるだけ大きいほうが操作しやすいと思います。

ポートレートモード

らくらくスマートフォン me F-01L 評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「らくらくスマートフォン me F-01L」のカメラには、新しく被写体を強調して背景をぼかす「ポートレートモード」が搭載されました。

これにより、ハイエンドモデルのようなSNS映えする写真を撮影する事ができます。

花ノート

らくらくスマートフォン me F-01L 評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「らくらくスマートフォン me F-01L」には、カメラで撮影した花の名前がわかる「花ノート」アプリを搭載しています。

「花ノート」では、名前だけでなくインターネットで詳しい情報を検索する事も可能。

約400種類の花写真を手帳のように収集して楽しむ事ができます。

血管年齢をいつでも測れる

らくらくスマートフォン me F-01L 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

「らくらくスマートフォン me F-01L」から、新しく血管年齢がいつでも測れる「脈波センサー」が本体裏面に搭載されました。

血管年齢を計測すると、そのほかに「体のストレスレベル」と簡易的なアドバイスが表示されるのも嬉しいですね。

らくらくスマートフォン me F-01L 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

日々の計測記録や、計測する時間にアラームを設定したりなど、直感的に操作できる仕組みになっているのも使いやすかったです。

くろねこ
「血管年齢」が測れるのは、ドコモのスマホの中でも「らくらくスマートフォン me F-01L」だけの特徴です

ハンドソープで洗える

らくらくスマートフォン me F-01L 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

同じ富士通のスマホ「arrows Be F-04K」で好評だったハンドソープで洗える機能が「らくらくスマートフォン me F-01L」でも使えるようになりました。

常にスマホを清潔な状態に保てるので、小さいお子さんがいる家庭でも安心ですね。

ただし、使えるハンドソープは「泡タイプ」のみなので注意して下さい。

らくらくスマートフォン me F-01L のカメラ性能レビュー

約1,310万画素のアウトカメラ

らくらくスマートフォン me F-01L 評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「らくらくスマートフォン me F-01L」には、約1,310万画素のアウトカメラが搭載されています。

画素数は前作「らくらくスマートフォン me F-03K」と変わらないものの、「ポートレートモード」や「花ノート」など、機能面で大きく進化しています。

約500万画素のインカメラ

らくらくスマートフォン me F-01L 評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「らくらくスマートフォン me F-01L」には約500万画素のインカメラを搭載。

こちらは前作から据え置きの性能となっています。

らくらくスマートフォン me F-01L の特徴と使用レビュー

らくらくスマートフォン me F-01Lの便利機能
テザリング
おサイフケータイ
ワンセグ:フルセグ 〇:×
赤外線通信 ×
ハイレゾ ×
ワイヤレス充電 ×
イヤホンジャック
Bluetooth Bluetooth4.2
防水:防塵 IPX5 / IPX8:IP6X
スピーカー モノラルスピーカー
生体認証 ×

らくらくスマートフォン me F-01L のデザインとボタン配置

らくらくスマートフォン me F-01L 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

「らくらくスマートフォン me F-01L」は、角に丸みのあるスリムなデザインが採用されていて、背面には真ん中の上部に上から、

  • アウトカメラ
  • フラッシュ/ライト
  • 脈波センサー

が並び、左側に「背面マイク」、右側に「NFC(おサイフケータイ)」と「スピーカー」が配置されています。

らくらくスマートフォン me F-01L 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

ディスプレイ面には画面上部に左から、

  • 近接/照度センサー
  • お知らせランプ
  • 受話口
  • インカメラ

で、画面の下に「ホームボタン」という配置ですね。

らくらくスマートフォン me F-01L 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

右側面には「ワンセグアンテナ」と「カメラボタン」。

らくらくスマートフォン me F-01L 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

左側面には上から、

  • 音量ボタン
  • 電源ボタン
  • SIMカード/microSDメモリーカードトレイ

が配置されています。

らくらくスマートフォン me F-01L 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

本体上部には「イヤホンジャック」のみ。

らくらくスマートフォン me F-01L 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

本体下部には左から、

  • ストラップホール
  • USB Type-C接続端子
  • 送話口/マイク

が並んでいます。

全体的にツルっとした質感ですが指紋が目立たない素材なので、ケースを着用しなくても使用できると思います。

今どきのスマホでは珍しく、「ワンセグアンテナ」と「ストラップホール」が本体に内蔵されているのが特徴的ですね。

直感的に操作しやすい

待受画面

ホーム画面

実際に「らくらくスマートフォン me F-01L」を操作してみましたが、文字やボタンが大きくてレイアウトもわかりやすいので、かなり使いやすい印象ですね。

1日に何度も確認したい「歩数」や時計は待受画面に、使用頻度が高い電話帳やメール、ワンタッチダイヤルはホーム画面の上のほうにあって、スマホを使い慣れない人でも直感的に操作できるように設計されています。

スマホは操作できるかちょっと不安っていう人でも、これなら問題なく操作できると思います。

くろねこ
ワンタッチダイヤルは9件まで、家族や友達の電話番号を登録する事ができる機能です

反応はワンテンポ遅い時がある

らくらくスマートフォン me F-01L 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

「らくらくスマートフォン me F-01L」には、スタンダードモデルで主流になっている比較的処理能力の低めなCPU「Snapdragon 450」が採用されているので、アプリの起動やネット検索などの動作はハイエンドモデルと比べるとワンテンポ遅いですね。

スタンダードモデルの全ての機種に言える事ですが、サクサク動くっていう感じではないので注意して下さい。

ただし、ストレスを感じるほど遅いわけではないので、基本的には快適に操作できると思います。

健康管理アプリがインストールされていて便利

らくらくスマートフォン me F-01L 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

らくらくスマートフォン me F-01L 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

購入直後からインストールされている健康管理アプリ「ララしあコネクト」を使えば、

  • 歩数/歩速
  • 心拍数
  • 睡眠時間
  • 血管年齢

などを簡単に管理する事ができます。

特に高齢の方は歩数計を使用している人が多いですから、一緒に心拍数や睡眠時間なども管理できるのは便利ですね。

らくらくタッチパネルは使いづらい

らくらくスマートフォン me F-01L 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

前作では採用されなかった画面を「押し込む」事で操作を認識する「らくらくタッチパネル」は「らくらくスマートフォン me F-01L」で復活しましたが、正直使い勝手は良くないですね・・・。

画面をタップするだけであれば押し込みを再現しているので使いやすいかなと思ったんですが、文字を入力したり細かい操作をする場合には絶望的に使いづらいです。

初期状態では「らくらくタッチパネル」がオンになっているので、使いづらいなと感じたらオフにしてみて下さい。「らくらくタッチパネル」がオフの状態でも画面タップ時に振動を感じるようになっているので、そちらのほうが使いやすいと思いますよ!

くろねこ
「らくらくタッチパネル」の設定は、ホーム画面から 本体設定 → 簡単モード切替 → らくらくタッチ からオンオフの切替ができます

「らくらくホンセンター」がすごく便利!

ドコモ「らくらくスマートフォン me」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「らくらくスマートフォン me F-01L」では、専用ボタンを押すだけですぐに「らくらくホンセンター」に電話をする事ができ、操作方法やわからない事を通話料無料で教えてもらう事ができます。

よくありがちな、電話をしてみたもののナビダイヤルに繋がるという事もなく、直接オペレーターに繋がるので使い勝手はかなり良いですね。

いつでも電話で詳しい人に操作方法を聞けるので、安心して使用できると思います。
※「らくらくホンセンター」の受付は午前9時~午後20時までです

くろねこ
個人的にはドコモの「らくらくホン」の中でダントツ1番の便利機能です

らくらくスマートフォン me F-01L のベンチマークスコアと発熱テスト

らくらくスマートフォン me F-01L のベンチマークスコア

  • らくらくスマートフォン me F-01L 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

    Antutu 7.1.4

  • らくらくスマートフォン me F-01L 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

    Geekbench 4.3.2

  • らくらくスマートフォン me F-01L 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

    Geekbench 4.3.2

これは、実際に計測した「らくらくスマートフォン me F-01L」のベンチマークスコアですが、

  • Antutu 7.1.14:70,828
  • Geekbench 4.3.1:シングル 776 / マルチ 3,966
  • Geekbench Compute:3,280

となりました。

前作「らくらくスマートフォン me F-03K」から少し処理能力は下がっていますが、高画質ゲームをプレイするユーザーがほとんどいない「らくらくスマホ」としては十分な処理能力だと思います。

本体はかなり発熱する事がある

らくらくスマートフォン me F-01L 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

1回目

らくらくスマートフォン me F-01L 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

2回目

これは、「らくらくスマートフォン me F-01L」に大きな負荷をかけ続けてパフォーマンスの安定性を計測する「ストレステスト」を行った際のバッテリー温度をグラフ化したものですが、ピーク時で40度までバッテリー温度が上がる事が確認できました。

「Snapdragon 450」搭載機種でここまでバッテリー温度が上がる事はかなり珍しく、排熱性能は他機種に比べて大きく劣っている事がわかります。

ハイスペック機ではほとんどの機種で40度前後までバッテリー温度が上がるので問題があるわけではありませんが、ちょっと残念な結果でした。

らくらくスマートフォン me F-01L の付属品

らくらくスマートフォン me F-01L 実機で徹底レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

「らくらくスマートフォン me F-01L」に同梱されている付属品は「かんたん操作ガイド」のみ。

本体を充電するのに必要な「USB Type-C ACアダプタ」は同梱されていないので、持っていない場合にはあらかじめ購入しておく必要があります。

くろねこ
パソコンにつないで写真などを管理したい場合には、「USB Type C ケーブル」と「アダプタ」が切り離せるタイプを購入すると便利ですよ

らくらくスマートフォン me F-01L の発売日と価格・月額料金の目安

らくらくスマートフォン me F-01L 評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

らくらくスマートフォン me F-01L の本体価格

新規契約 / 機種変更 / 乗り換え(MNP)
本体価格 43,416円
(1,809円×24)
docomo with -38,880円
(-1,620円×24)
実質負担金 4,536円
(189円×24)

※上記の価格は2019年2月現在の金額です。時期によって本体価格と割引金額は変動するので注意して下さい。

「らくらくスマートフォン me F-01L」の発売日は2019年2月15日(金)で、本体価格は43,416円(税込)。

「らくらくスマートフォン me F-01L」は、docomo with の対象機種なので「月々サポート」がない代わりに毎月1,500円(税抜)の割引を次の機種変更までずっと受ける事ができます。

実質価格は税込価格で4,536円となっていて、かなりお得な価格設定になっていますね。

らくらくスマートフォン me F-01L の月額料金シミュレーション

家族に代表回線を契約
している人がいる場合
1人で利用する場合
通話プラン  1,058円
(シンプルプラン)
 1,058円
(シンプルプラン)
 spモード  324円 324円
データプラン 540円
(シェアオプション)
3,132円
ベーシックパック(1GB未満)
端末代金 1,809円 1,809円
docomo with -1,620円 -1,620円
月額料金 2,111円
(3年目以降302円)
4,703円
(3年目以降2,894円)

これは「らくらくスマートフォン me F-01L」を購入した場合の月額料金を最安値で計算した月額料金シミュレーションです。

1人で利用する場合には月額4,703円から、シェアオプションで利用する場合には月額2,111円から契約できる事がわかりますね。

 

【公式サイト】で最新情報をチェック

 ドコモ公式オンラインショップ

 ⇒au公式オンラインショップ

 ソフトバンク公式オンラインショップ

-docomo with(ドコモ ウィズ), スマホ評価レビュー, ドコモ 2018-2019年冬春モデル
-, , ,

Copyright© おすすめスマホを徹底比較レビュー!くろねこのみみ , 2019 All Rights Reserved.