「らくらくスマートフォン me F-03K」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

Source by fmworld

docomo with(ドコモ ウィズ) docomo(ドコモ)2017~2018年冬春モデル スマホ評価レビュー

ドコモ「らくらくスマートフォン me」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

更新日:

ドコモが2017~2018年冬春モデルとして新機種「らくらくスマートフォン me F-03K」を発表しました。

「らくらくスマートフォン me」は国内メーカーの富士通が製造するスマホで、年配者向けにわかりやすく簡単に使えるように配慮されているのが特徴の機種となっています。

ドコモ「らくらくスマートフォン me」のカラーバリエーションとスペック詳細

「らくらくスマートフォン me F-03K」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「らくらくスマートフォン me」のカラーバリエーションは2色で、

  • ブルー
  • ゴールド
  • ピンク
  • ブラック

です。

ブルー
「らくらくスマートフォン me F-03K」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

ゴールド
「らくらくスマートフォン me F-03K」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

ピンク
「らくらくスマートフォン me F-03K」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

ブラック
「らくらくスマートフォン me F-03K」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

らくらくスマートフォン meのスペック詳細

らくらくスマートフォン meのスペック詳細
CPU Snapdragon 625
外側カメラ 約1,310万画素
内側カメラ 約500万画素
ディスプレイ 約4.5インチ
HD(1,280×720)
RAM 2GB
ROM 16GB
SDカード(最大) microSDXC(256GB)
電池容量 2,100mAh
連続通話(LTE) 約800分
連続待受(LTE) 約560時間
高さ×幅×厚さ 約137×67×9.9(mm)
重量 約138g

CPUが「Snapdragon 625」でRAMが2GBという事で処理能力は低め。

カメラ性能や画面解像度など、全体的にスペックは抑えられています。

らくらくスマートフォンシリーズは一般的な操作しかしない人向けの機種となっていて、大きく見やすいホーム画面や、操作方法を無料で相談できる「らくらくホンセンター」などのサービスが受けられるのが特徴。

スマホを初めて持つ人でも安心して使用できるように設計されています。

らくらくスマートフォン meの機能&サービス

「らくらくスマートフォン me F-03K」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

機能面では、

  • Bluetooth
  • テザリング
  • 防水/防塵
  • ワンセグ
  • おサイフケータイ

が利用可能ですが、

  • フルセグ
  • 生体認証

は利用できないので注意して下さい。

また、防水/防塵の保護等級も、防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)となっていて、水没に対する保護機能では連続的に水中に置いても有害な影響がないという最高ランクの防水性能となっています。

ドコモ「らくらくスマートフォン me」のベンチマークスコア

ドコモ「らくらくスマートフォン me」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめドコモ「らくらくスマートフォン me」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめSource by geekbench

これは、「らくらくスマートフォン me」のgeekbenchでのベンチマークスコアですが、シングルスコア平均が「865」で、マルチスコア平均が「4,220」となっています。

シングルスコアの低さが目立つものの、マルチスコアではかなり健闘している事がわかりますね。

「らくらくスマートフォン」としては十分なパフォーマンスと言えるでしょう。

らくらくスマートフォン4とらくらくスマートフォン meの比較

らくらくスマートフォン4 らくらくスマートフォン me
CPU Snapdragon 625 Snapdragon 625
外側カメラ 約1,310万画素 約1,310万画素
内側カメラ 約500万画素 約500万画素
ディスプレイ 約4.5インチ 約4.5インチ
HD(1,280×720) HD(1,280×720)
RAM 2GB 2GB
ROM 16GB 16GB
SDカード(最大) microSDXC(256GB) microSDXC(256GB)
電池容量 2,100mAh 2,100mAh
連続通話(LTE) 約690分 約800分
連続待受(LTE) 約580時間 約560時間
高さ×幅×厚さ 約137×67×9.9(mm) 約137×67×9.9(mm)
重量 約138g 約138g

これは、2016~2017年冬春モデルとして発売された前作「らくらくスマートフォン4」と「らくらくスマートフォン me」のスペックの比較。

スペックからデザインまで同じなので、ほぼ名前が変わっただけの機種になっていますが、「らくらくスマートフォン me」は格安プラン「docomo with」の対象機種となっているのが大きな違いです。

スマホ本体の価格や月額料金を安く抑える事ができるので、初めてスマホを購入する人に最適な機種だと思います。

ドコモ「らくらくスマートフォン me」の価格

「らくらくスマートフォン me F-03K」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「らくらくスマートフォン me」の発売日は2018年2月28日で、本体価格は38,880円(税込)。

「らくらくスマートフォン me」は「docomo with」の対象機種になっているので、実際に支払う金額はここから「docomo with」の割引き額を引いた金額となります。

らくらくスマートフォン meの実質負担価格

契約方法 のりかえ(MNP) 新規契約 機種変更
本体価格 38,880円
(1,620円×24)
38,880円
(1,620円×24)
38,880円
(1,620円×24)
docomo with -38,880円
(-1,620円×24)
-38,880円
(-1,620円×24)
-38,880円
(-1,620円×24)
実質負担金額 0円
0円 0円

※上記の価格は2018年2月現在のものです。時期によって本体価格と割引金額は変動するので注意して下さい。

ドコモ公式サイトで現在の価格を確認する

らくらくスマートフォン meの月額料金

家族に代表回線を契約
している人がいる場合
1人で契約する場合
通話プラン  980円
(シンプルプラン)
1,700円
(カケホーダイライトプラン)
 spモード  300円 300円
データプラン 500円
(シェアオプション)
3,500円
(データSパック)
端末代金 1,500円 1,500円
docomo with -1,500円 -1,500円
月額料金 1,780円 5,500円

これは「らくらくスマートフォン me」を購入した場合の月額料金(税抜)を最安値で計算したものです。

1人で利用する場合には月額5,500円から、シェアオプションで利用する場合には月額1,780円から契約できる事がわかりますね。

ドコモ「らくらくスマートフォン me」のカメラ性能

らくらくスマートフォン meのカメラスペック詳細
カメラ画素数 外側カメラ:約1,310万画素
内側カメラ:約500万画素
撮像素子種類 CMOS
F値 外側カメラ:2.0
内側カメラ:2.4
オートフォーカス機能 静止画:○
動画:○
手ブレ補正機能 静止画:電子式手ブレ補正
動画:×
ズーム(最大) 静止画:×
動画:×

タッチシャッター&サイドキー撮影

ドコモ「らくらくスマートフォン me」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

アウトカメラでは、被写体にタッチするだけで簡単にピントが合いシャッターを切る事ができる「タッチシャッター」と、本体のサイド部分に搭載された「サイドキー」の好きなほうを選んで撮影する事ができます。

スマイルムービー

ドコモ「らくらくスマートフォン me」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

写真と動画を同時に撮影できる「スマイルムービー」では、撮影した写真の直前の約3秒間も自動で動画を保存。

シャッターを押した瞬間だけでなく、動きのあるシーンも思い出として保存しておく事ができます。

クイック動画切り替え

ドコモ「らくらくスマートフォン me」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

写真を撮影中に動画を撮りたくなったら「クイック動画切り替えボタン」を押す事ですぐに切り替える事が可能。

直感的に操作できるのでわかりやすいと思います。

ドコモ「らくらくスマートフォン me」の特徴

専用ホーム画面

ドコモ「らくらくスマートフォン me」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「らくらくスマートフォン me」のホーム画面は、文字やボタンの大きさ、見やすさ、分かりやすいレイアウトなどに配慮された専用のホーム画面になっています。

らくらくホンセンター

ドコモ「らくらくスマートフォン me」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「らくらくスマートフォン me」では、専用ボタンを押すだけですぐに「らくらくホンセンター」に電話をする事ができ、操作方法やわからないことなどを通話料無料で教えてくれます。

頑丈設計

ドコモ「らくらくスマートフォン me」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「らくらくスマートフォン me」は、米国国防総省の調達基準「MIL-STD-810G」の14項目、

  • 耐衝撃
  • 防湿
  • 耐日射
  • 高温動作

などに準拠し、防水・防塵だけでなく、衝撃や高温にも耐える「頑丈設計」になっています。

ドコモ「らくらくスマートフォン me」の評価と感想

「らくらくスマートフォン me F-03K」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「らくらくスマートフォン me」は、年配者向けにわかりやすく簡単に使えるように配慮されている簡単スマホ。

2017年に発売された前作「らくらくスマートフォン4」からスペックは変わらないものの、「docomo with」の対象機種になって実質0円で購入できるのが魅力ですね。

「らくらくホンセンター」や頑丈設計などの機能面が充実しているので、スマホの初心者でも安心して操作する事ができるでしょう。

なるべく安い料金でスマホを持ちたい年配の人におすすめの機種となっていて、この価格であればコストパフォーマンスはかなり優秀だと思います。

-docomo with(ドコモ ウィズ), docomo(ドコモ)2017~2018年冬春モデル, スマホ評価レビュー
-,

Copyright© おすすめスマホを徹底比較レビュー!くろねこのみみ , 2018 All Rights Reserved.