ソフトバンク「AQUOS zero」を2018年12月21日に発売!本体価格は99,840円実質負担金は45,120円

Source by softbank

ソフトバンク 2018-2019年冬春モデル

ソフトバンク「AQUOS zero」を2018年12月21日に発売!本体価格は99,840円実質負担金は45,120円

更新日:

ソフトバンクが「AQUOS zero」を2018年12月21日(金)に発売すると発表しました。

本体価格は99,840円。

「AQUOS zero」は、CPUに最新の「Snapdragon 845」が搭載され、ディスプレイにAQUOSシリーズでは初となる有機ELディスプレイが採用されたシャープのフラッグシップモデルです。

「AQUOS zero」のカラーバリエーション

「AQUOS zero」のカラーバリエーションは「アドバンスドブラック」のみ。

シャープでは珍しく1色展開になっています。

「AQUOS zero」のスペック詳細

AQUOS zeroのスペック詳細
CPU Snapdragon 845
外側カメラ 約2,260万画素
内側カメラ 約800万画素
ディスプレイ 約6.2インチ QHD+(2,992×1,440)
RAM / ROM 6GB / 128GB
SDカード 非対応
電池容量 3,130mAh
連続待受(LTE) 約555時間
高さ×幅×厚さ 約154x73x8.8(mm)
重量 約146g

CPUは「Snapdragon 845」、RAMが6GBという事で現行の「AQUOS R2」からRAMは2GB増量。

アウトカメラには「AQUOS R2」と同じ約2,260万画素のカメラを搭載するものの、動画用カメラは搭載せず、シングルカメラ仕様となっています。

インカメラは約1,630万画素から約800万画素にスペックダウンですね。

特徴となるのは、AQUOSシリーズでは初となる有機ELディスプレイが採用されている事と、画面サイズが6インチ以上で電池容量3,000mAh以上のスマホの中では「世界最軽量」となる146gの本体重量です。

「AQUOS zero」の発売日と価格

新規/機種変更/乗り換え(MNP)
本体価格 99,840円
(4,160円×24)
月月割 -54,720円
(-2,280円×24)
実質負担金 45,120円
(1,880円×24)

※上記の価格は2018年12月現在の金額です。時期によって本体価格と割引金額は変動するので注意して下さい。

「AQUOS zero」の発売日は2018年12月21日で、本体価格は99,840円(税込)

月月割」の割引が適用されるのは、機種変更で現在利用中の旧プランを継続した場合のみ。その他のプランでは、端末代金の支払いを48回払いにして「半額サポート for android」を適用させる事で、25カ月目以降の機種変更時に最大で半額にする事ができます。

ただし、「半額サポート for android」が適用されるのは次回機種変更をした場合のみで、その場合も購入した「AQUOS zero」の本体は回収されるので注意して下さい。

 

【公式サイト】で最新情報をチェック

 ドコモ公式オンラインショップ

 ⇒au公式オンラインショップ

 ソフトバンク公式オンラインショップ

-ソフトバンク 2018-2019年冬春モデル
-,

Copyright© おすすめスマホを徹底比較レビュー!くろねこのみみ , 2019 All Rights Reserved.