スマホおかえしプログラムはお得?デメリットと36回払いの注意点を解説

Source by nttdocomo

ドコモの料金プランや割引キャンペーン

ドコモ「スマホおかえしプログラム」はお得?デメリットと36回払いの注意点を解説

更新日:

ドコモ「スマホおかえしプログラム」は、36回払いで購入した対象機種を返却した際に、最大で12カ月分の分割支払金の支払いが不要になる端末補助プログラム。

2019年6月1日からdocomo with(ドコモ ウィズ)や「月々サポート」が廃止になった事に伴い、新たに提供が開始されたドコモの端末割引サービスです。

この記事では、「スマホおかえしプログラム」の割引内容やデメリット、注意点を詳しく解説していきます。

ドコモで新たに携帯電話を購入しようと思っている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

スマホおかえしプログラムの割引内容

スマホおかえしプログラムはお得?デメリットと36回払いの注意点を解説

ドコモ「スマホおかえしプログラム」は、36回払いで購入した対象機種を24カ月目以降に返却した際に、最大で12カ月分の分割支払金の支払いが不要になる端末補助プログラムです。

月額料金は無料

最大の12カ月分の割引を受ける為には対象機種を36回払いで購入後1カ月目~24カ月目の間にドコモに返却する必要があり、24カ月目以降は1カ月ごとに支払いが不要になる端末代金が目減りしていきます。

くろねこ
つまり、108,000円の携帯電話を購入した人が24カ月目にドコモに返却をすると36,000円分の支払いが不要になりますが、以降は1カ月ごとに3,000円分お得額が目減りしていき、35カ月目にドコモに返却しても3,000円分の支払いが不要になるだけという事です

スマホおかえしプログラムの加入条件

スマホおかえしプログラムの加入条件

ドコモ「スマホおかえしプログラム」の加入条件は、

  • 対象機種を36回払いで購入する
  • 対象機種購入時に「スマホおかえしプログラム」に申し込むこと

の2つのみ。

申し込む料金プランは自由に選べるので旧料金プランのままでも申し込む事が可能です。

スマホおかえしプログラムの利用条件

ドコモ「スマホおかえしプログラム」の利用条件は、

  • 対象機種を購入後1カ月目~24カ月目の間にドコモに返却する
  • ドコモの返却条件を満たしてること

です。

条件を満たしていれば対象機種の回線契約を解約した場合でも適用可能ですが、返却機種が壊れてしまっていて査定基準を満たしていない場合には20,000円(税抜)の故障時利用料を支払う必要があるので注意して下さい。
ケータイ補償サービス に加入済みの人は2,000円

ただし、「スマホおかえしプログラム」を利用しない場合には20,000円を支払う必要はありません。

<返却条件と査定基準>

  • 対象機種がドコモ正規店で購入されたものであり、不備や不正がないこと
  • 返却時に対象機種の分割支払金の未払いや料金の未払いがないこと
  • 対象機種に記録されているメモリ・データが消去できること
  • 改造していないこと
  • 加入者が対象機種の所有権を有していること
  • 故障、水濡れ、著しい外観破損および画面割れがないこと

スマホおかえしプログラムの対象機種

ドコモ「スマホおかえしプログラム」の対象機種は、

  • iPhone XS / XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8 / iPhone 8 Plus
  • Xperia 1 SO-03L
  • Galaxy S10 SC-03L
  • Galaxy S10+ SC-04L
  • Galaxy S10+ (Olympic Games Edition) SC-05L
  • AQUOS R3 SH-04L
  • HUAWEI P30 Pro HW-02L
  • Xperia XZ3 SO-01L
  • Galaxy Note9 SC-01L
  • Xperia XZ2 SO-03K
  • Xperia XZ2 Premium SO-04K
  • Xperia XZ2 Compact SO-05K
  • Galaxy S9 SC-02K
  • Galaxy S9+ SC-03K
  • HUAWEI P20 Pro HW-01K
  • AQUOS R2 SH-03K
  • M Z-01K
  • Google Pixel 3 / 3XL

となっていて、価格の高いハイエンドモデル限定の割引オプションという事になります。
※2019年5月現在の情報です

スマホおかえしプログラムの申し込み可能店舗

ウェルカムスマホ割の申し込み可能店舗の写真

ドコモ「スマホおかえしプログラム」は全国のドコモショップのほか、

で申し込みが可能です。

ドコモオンラインショップで申し込む場合には、申込時に「スマホおかえしプログラムを申込む」という欄があるので、忘れずにチェックを入れて下さいね!

「スマホおかえしプログラム」と「下取りプログラム」との違い

「スマホおかえしプログラム」と「下取りプログラム」との違い

「スマホおかえしプログラム」と同じく、使用中の携帯電話をドコモが買い取るサービスに「下取りプログラム」がありますが、「スマホおかえしプログラム」と「下取りプログラム」との違いは、

  • 「スマホおかえしプログラム」は機種購入直後から下取り価格が保証されている
  • 「下取りプログラム」はポイント還元なのに対し「スマホおかえしプログラム」は直接値引き

という点です。

「スマホおかえしプログラム」だと申し込み時から割引価格が保証されていますが、下取り価格は毎月変動する為にその時になってみないと価格がわかりませんよね。

ただし、「スマホおかえしプログラム」に加入したとしても、機種変更時に下取り価格のほうが高かった場合には「下取りプログラム」を選ぶ事もできるので、迷った場合でもとりあえず36回払いにして「スマホおかえしプログラム」に加入しておきましょう。

くろねこ
月額料金は無料なので、ユーザーにデメリットはありませんよー

スマホおかえしプログラムは加入するべきか

スマホおかえしプログラムはお得?デメリットと36回払いの注意点を解説

ドコモ「スマホおかえしプログラム」は、端末購入時にしか加入できない為、「損はしないのか」や「デメリットはないのか」など、心配になる人も多いと思いますが、2019年6月1日以降は他の端末割引が廃止された為、加入しておいて損はありません

36回払いになるので、24回払いや一括購入に慣れている人は違和感があると思いますが、

  • 唯一の端末割引サービス
  • 月額料金は無料

で、ユーザーにデメリットはまったくないので、よくわからいという人もとりあえず端末代金を36回払いにして「スマホおかえしプログラム」に加入しておきましょう。

くろねこ
逆に12回払いや24回払いにするメリットがなくなったので、ドコモスマホを分割で購入するなら36回払いがおすすめです

スマホおかえしプログラムのデメリットと注意点

購入したスマホを返却しないと割引されない

ドコモ「スマホおかえしプログラム」の最大のデメリットは、購入したスマホを返却しないと割引されない事です。

ただし、「スマホおかえしプログラム」に加入後でも購入したスマホを返却しないという選択もできるので、分割で購入するならとりあえず「スマホおかえしプログラム」には加入しておくのがおすすめです。

返却時期は24カ月目が最もお得!

「スマホおかえしプログラム」が最もお得に利用できる時期は、スマホ端末を購入した翌月を1カ月目として24カ月目です。

また、購入してから24カ月目以降は返却する時期が遅れると1カ月単位で割引額が目減りしていくという点に注意して下さい。

くろねこ
例えば、108,000円の携帯電話を購入した人が24カ月目にドコモに返却をすると36,000円分の支払いが不要になりますが、以降は1カ月ごとに3,000円分お得額が目減りしていき、35カ月目にドコモに返却しても3,000円分の支払いが不要になるだけという事です

解約や乗り換えをしても利用できる

ドコモの「スマホおかえしプログラム」の利用条件は、

  • 対象機種を購入後1カ月目~24カ月目の間にドコモに返却する
  • ドコモの返却条件を満たしてること

のみなので、他社に乗り換えをしたり解約してしまった人であっても利用する事ができます

auやソフトバンクの場合は、次回に機種変更をした際にしか割引が利用できませんから、ドコモの利用条件はかなり緩和されている印象です。

低価格機種(スタンダードモデル)は加入できない

ドコモ「スマホおかえしプログラム」は、本体価格の高いハイエンドモデル専用の割引プログラムです。

比較的に本体価格の安いスタンダードモデル

  • Xperia Ace SO-02L
  • Google Pixel 3a
  • arrows Be3 F-02L

などは「スマホおかえしプログラム」に加入する事ができないので注意して下さい。

くろねこ
残念ながら低価格スマホの割引はなくなってしまったので、「スマホおかえしプログラム」に加入できない機種を購入する場合は定価での購入という事になります

故障してしまった場合には20,000円支払う必要がある

購入したスマホが故障してしまっている状態で「スマホおかえしプログラム」を利用する場合、故障時利用料がかかります。

故障時利用料は「ケータイ補償サービス」に加入しているかによって料金が異なり、

  • ケータイ補償サービス加入者:2,000円
  • ケータイ補償サービス for iPhone & iPad加入者:2,000円
  • どちらも未加入:20,000円

です。

「ケータイ補償サービス」に加入していない人の場合、故障してしまうと「スマホおかえしプログラム」を利用する為には20,000円(税抜)を支払う必要があるので注意して下さい。

くろねこ
「スマホおかえしプログラム」を利用しないなら支払う必要はありません

スマホおかえしプログラムと併用できるドコモの割引キャンペーン

ケータイ補償サービス

スマホおかえしプログラムと併用できるドコモの割引キャンペーン

現在ドコモでは、購入した携帯電話が画面割れや水没などで故障してしまった時の補償サービスとして、

  • androidスマホやガラケーなら「ケータイ補償サービス」
  • iPhoneやiPadなら「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」

を提供しています。

月額料金と補償内容は購入する機種によって異なりますが、「ケータイ補償サービス」も「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」も申し込み日から31日間は無料となっているので、心配な人はとりあえず加入しておいて無料期間内でじっくりと考えて継続するか決めましょう。

途中で解約した場合には、次に端末を購入する時まで加入する事ができないので注意して下さい。

下取りプログラム

スマホおかえしプログラムと併用できるドコモの割引キャンペーン

ドコモの「下取りプログラム」は、機種変更や乗り換えで新しく携帯電話を購入した際に、以前使用していた携帯電話を下取りに出す事で「機種に応じたdポイント」が受け取れる割引サービスです。

受付方法には、

  • 店頭方式
  • 郵送方式

の2種類があり、店頭方式の場合はその場で値引き、郵送方式の場合は後日dポイントが進呈され、受け取ったdポイントは機種の購入代金や毎月の利用料金で「1ポイント=1円」として使用する事ができます。

下取り価格は毎月変動しているので、あらかじめドコモの公式サイトで確認しておくとスムーズだと思います。

ずっとドコモ割プラス

スマホおかえしプログラムと併用できるドコモの割引キャンペーン

「ずっとドコモ割プラス」は、dポイントクラブ のステージに応じて、

  • 毎月の利用料金から割引
  • 毎月dポイント進呈

のどちらかの割引が受けられるサービス。

申し込みは不要・自動適用となっていて、dポイント進呈を選んだ場合には料金割引の1.2倍のdポイントが受け取れます。ただし、シェアパックを利用している人は、代表回線のステージに応じた料金割引またはdポイント進呈になるので注意して下さい。

また、2年契約の満了後に「ずっとドコモ割コース」を選ぶと「更新ありがとうポイント」が3,000円分のdポイントがプレゼントされ、ドコモ商品の購入、dマーケット、dポイント加盟店で使用する事ができます。

シェアパック(料金割引/ポイント進呈)
料金プラン/ステージ 1st 2nd 3rd 4th プラチナ
ウルトラシェアパック100 -1,000円/1,200pt -1,200円/1,440pt -1,800円/2,160pt -2,500円/3,000pt
ウルトラシェアパック50 -800円/960pt -1,000円/1,200pt -1,200円/1,440pt -1,800円/2,160pt
ウルトラシェアパック30 -600円/720pt -800円/960pt -1,000円/1,200pt -1,200円/1,440pt
ベーシックシェアパック30GB -600円/720pt -800円/960pt -1,000円/1,200pt -1,200円/1,440pt
ベーシックシェアパック15GB -600円/720pt -800円/960pt -1,000円/1,200pt -1,200円/1,440pt
ベーシックシェアパック10GB -400円/480pt -600円/720pt -800円/960pt -1,000円/1,200pt
ベーシックシェアパック5GB -100円/120pt -200円/240pt -600円/720pt -900円/1,080pt
データパック(料金割引/ポイント進呈)
料金プラン/ステージ 1st 2nd 3rd 4th プラチナ
ウルトラデータLLパック -200円/240pt -400円/480pt -600円/720pt -800円/960pt
ウルトラデータLパック -100円/120pt -200円/240pt -600円/720pt -800円/960pt
ベーシックパック20GB -100円/120pt -200円/240pt -600円/720pt -800円/960pt
ベーシックパック5GB -100円/120pt -200円/240pt -600円/720pt -800円/960pt
ベーシックパック3GB -600円/720pt
ベーシックパック1GB -200円/240pt

ドコモ光セット割

スマホおかえしプログラムと併用できるドコモの割引キャンペーン

「ドコモ光セット割」は、自宅のインターネット回線とドコモの携帯回線をセットで利用している場合に、契約しているプランに応じて割引が受けられるサービス。

割引内容は、

家族でシェアパックを利用する場合
利用中のパケットパック 割引額/月
(マンション/戸建)
ウルトラシェアパック100 -3,500円
ウルトラシェアパック50 -2,900円
ウルトラシェアパック30 -2,500円
ベーシックシェアパック30GB -1,800円
ベーシックシェアパック15GB -1,800円
ベーシックシェアパック10GB -1,200円
ベーシックシェアパック5GB -800円
一人で利用する場合
利用中のパケットパック 割引額/月
(マンション/戸建)
ウルトラデータLLパック -1,600円
ウルトラデータLパック -1,400円
ベーシックパック20GB -800円
ベーシックパック5GB -800円
ベーシックパック3GB -200円
ベーシックパック1GB -100円
ケータイパック -500円(1年間のみ)

となっていて、インターネット回線と携帯回線をセットで利用している限りずっと割引が受けられるのが特徴です。

 

【公式サイト】で最新情報をチェック

 ドコモ公式オンラインショップ

 ⇒au公式オンラインショップ

 ソフトバンク公式オンラインショップ

-ドコモの料金プランや割引キャンペーン
-, ,

Copyright© おすすめスマホを徹底比較レビュー!くろねこのみみ , 2019 All Rights Reserved.