ドコモ・au・ソフトバンクのスマホや格安SIMなど、ガジェット系の攻略レビューサイト。

くろねこのみみ

Source by nttdocomo

「ずっとドコモ割」と「フリーコース」はどちらがお得か

更新日:

ドコモでは契約から2年満了後に、引き続きドコモを利用する場合に、

  • 再び2年契約の自動更新で契約する「ずっとドコモ割コース」
  • いつ解約しても違約金がかからない「フリーコース」

のどちらかを選択する事ができます。

どちらのコースもメリットとデメリットが存在し、利用するユーザーによってどちらがお得かも変わってくるので、内容を把握した上で自分に合ったコースを選択するようにしましょう。

「ずっとドコモ割」の概要

シェアパック
料金プラン/利用年数 4年以上 8年以上 10年以上 15年以上
ウルトラシェアパック100 -1,000円 -1,200円 -1,800円 -2,500円
ウルトラシェアパック50 -800円 -1,000円 -1,200円 -1,800円
ウルトラシェアパック30 -600円 -800円 -1,000円 -1,200円
シェアパック15 -600円 -800円 -1,000円 -1,200円
シェアパック10 -400円 -600円 -800円 -1,000円
シェアパック5 -100円 -200円 -600円 -800円
データパック
料金プラン/利用年数 4年以上 8年以上 10年以上 15年以上
ウルトラデータLLパック -200円 -400円 -600円 -800円
ウルトラデータLパック -100円 -200円 -600円 -800円
データMパック -100円 -200円 -600円 -800円
データSパック -600円
ケータイパック -200円

「ずっとドコモ割」は、契約年数によって利用料金から上記の金額が毎月割引される割引サービス。

申し込みは不要となっていて、継続年数と契約プランから自動で計算され、利用料金から割引されます。

また、2年契約の満了後に「ずっとドコモ割コース」を選ぶ事で「更新ありがとうポイント」が3,000ポイント分プレゼントされ、ドコモ商品の購入、dマーケット、dポイント加盟店で使用する事ができます。

「ずっとドコモ割」のメリット

  • 毎月の利用料金から割引が受けられる
  • 2年ごとに「更新ありがとうポイント」が貰える

「ずっとドコモ割」のデメリット

  • 2年契約の自動更新である
  • 更新月以外で解約すると9,500円(税抜)の違約金がかかる

更新ありがとうポイントの注意点

「ずっとドコモ割」と「フリーコース」はどちらがお得か

「更新ありがとうポイント」は、2年契約の満了後に「ずっとドコモ割コース」を選ぶ事で3,000ポイント分のdポイントが受け取れるという特典ですが、いくつか注意点があります。

dポイントクラブサイトでの申込みが必要

「更新ありがとうポイント」を受け取る為には、「ずっとドコモ割コース」を選んだ後にユーザー自身が、

  • dポイントクラブサイトで申し込み手続きをする
  • 専用獲得ダイヤル「*8118」へ電話して申し込み手続きをする

のどちらかの方法で申し込み手続きをする必要があります。

自動適用ではなく、自分で申し込みを行う必要があるので注意して下さい。

ポイントの有効期限は6ヵ月間

「ずっとドコモ割」と「フリーコース」はどちらがお得か

「更新ありがとうポイント」で受け取るdポイントの有効期限は6ヵ月間です。(通常のdポイントの有効期限は48ヵ月間)

これは、ポイントを獲得してから6ヵ月間ではなく、2年契約の契約更新期間終了の翌月から6ヵ月間なので注意して下さい。

料金の支払いには使用できない

「更新ありがとうポイント」で受け取ったdポイントは用途が限定されたdポイントとなっているので、

  • スマホ等のドコモ商品の購入
  • dポイント加盟店
  • dケータイ払いプラス
  • ギフトコ

などで利用できますが、

  • ポイント交換商品(JALやPontaなど)
  • ケータイ料金の支払い
  • データ量の追加

には利用できません。

「フリーコース」の概要

「ずっとドコモ割コース」と「フリーコース」はどっちがお得?

「フリーコース」は、ドコモの継続4年目以降に割引が受けられないかわりに、2年契約満了後はいつ解約や乗り換え(MNP)をしても違約金がかからない契約コース。

「フリーコース」に変更する為には2年ごとにある2ヵ月間の契約更新月にコースを選択する必要があり、「フリーコース」から「ずっとドコモ割コース」へはいつでも変更する事ができます。

ドコモの料金プランでは、

月額基本使用料
(カケホーダイプラン)
2年定期契約あり 2,700円
2年定期契約なし 4,200円

という表記をよく目にしますが、「フリーコース」の場合は2年定期契約ありのほうの料金が適用されるのが最大の特徴です。

「フリーコース」のメリット

  • いつ解約や乗り換え(MNP)をしても違約金がかからない

「フリーコース」のデメリット

  • 継続4年目以降に割引が受けられない
  • 代表回線が「ずっとドコモ割コース」の場合はシェアプランで「フリーコース」は選択できない

「ずっとドコモ割コース」と「フリーコース」はどちらがお得か

「ずっとドコモ割コース」と「フリーコース」はどっちがお得?

「ずっとドコモ割コース」と「フリーコース」でどちらにしようか悩んだ場合には、自分がずっとドコモを利用し続けるかどうかで判断しましょう。

「フリーコース」はいつでも解約や乗り換えができるという特徴がある反面、そもそもドコモ利用し続ける人にメリットはありません。

逆に、現在よりも好条件のキャリアがあれば乗り換えしたいと思っている人は「フリーコース」にしておいたほうが安心かもしれませんね。

特に1人で利用する「データパック」を契約している人は「ずっとドコモ割」の還元率が低いので、「フリーコース」にしておくメリットは大きいと思われます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「くろねこのみみ」をフォローしよう!

-ドコモの料金プランやサービス

Copyright© くろねこのみみ , 2018 All Rights Reserved.