Galaxy A52 5G 購入レビュー!スペックや評価・カメラ性能まとめ

Source by docomo

docomo(ドコモ) docomo(ドコモ)2021年夏モデルまとめ スマホ評価レビュー

Galaxy A52 5G 購入レビュー!スペックや評価・カメラ性能まとめ

「Galaxy A52 5G」をレビューします。

「Galaxy A52 5G」は、ギリギリ5万円台に価格を抑えつつ、トリプルカメラを搭載していることと、4500mAhの大容量バッテリーを積んでいるのが特徴のサムスンのミドルスペックスマホです。

価格は、ドコモ価格で59,400円。

この記事では、「Galaxy A52 5G」を実際に購入して、カメラの性能や使用感などを徹底レビューしています。

くろねこ
「Galaxy A52 5G」の購入を検討している人はぜひ参考にしてみて下さいね!

Galaxy A52 5G

ドコモ公式サイトで詳細をチェック



Galaxy A52 5G の発売日と本体価格

Galaxy A52 5G の発売日と本体価格

「Galaxy A52 5G」の発売日は2021年6月3日で、本体価格は59,400円(税込)。

36回払いにした場合の毎月の請求額は1,650円で、「スマホおかえしプログラム」に加入する事で最大で3分の2の負担額となる39,600円(税込)になります。ただし、「スマホおかえしプログラム」は特典の利用時に購入した本体をドコモに返却する必要があるので注意。

また、乗り換え(MNP)の場合は「5G WELCOME割」が自動適用されるので、22,000円が本体代金から割引されます。
※本体価格は発売日に発表されたものです

Galaxy A52 5G のカラーバリエーション

Galaxy A52 5G のカラーバリエーション

「Galaxy A52 5G」のカラーバリエーションは、

  • オーサムバイオレット
  • オーサムホワイト
  • オーサムブラック

の3色です。

くろねこ
今回レビューするのは「オーサムブラック」になります

オーサムバイオレット
Galaxy A52 5G のカラーバリエーション

オーサムホワイト
Galaxy A52 5G のカラーバリエーション

オーサムブラック
Galaxy A52 5G のカラーバリエーション

Galaxy A52 5G のスペック詳細と使用レビュー

Galaxy A52 のスペック
CPU Snapdragon 750G
外側カメラ 約6,400万画素
約1,200万画素
約500万画素×2
内側カメラ 約3,200万画素
ディスプレイ 約6.5インチ(2,400×1,080)
FHD+ 有機ELディスプレイ
RAM / ROM 6GB / 128GB
SDカード microSDXC(最大1TB)
電池容量 4,500mAh
高さ×幅×厚さ 約160x75x8.4(mm)
重さ 約188g

CPUはクアルコムの「Snapdragon 750G」でRAMは6GB。

使用感は、ネット検索は特に遅いなと感じる事もなくかなりサクサクみれて、ツイッターも多少のひっかかりはあるものの、スムーズでストレスなく見れます。

ゲームはアプリの立ち上がりに時間がかかったり、多少モッサリ感がでてくるので、ここは好みが分かれそう。

Galaxy A52 5Gでゲームをしている様子

やっぱりゲームになると違いが出てくるので、ゲームをサクサクプレイしたいって人は家電量販店なんかで実際に操作して確かめてみるのが確実だと思います。

ROMは128GBで、そこまで大きいというわけではありませんが、「Galaxy S21」と違って1TBまでのSDカードが使えるので、ここは明確に「Galaxy S21」よりも優れている部分です。

ディスプレイは約6.5インチの有機ELディスプレイで、解像度はFHD+。

「Galaxy S21」が6.2インチなので、ちょうど一回りくらい「Galaxy A52 5G」のほうが大きくて、ディスプレイの形状もエッジディスプレイではないフラットなものが採用されています。

Galaxy A52 5Gのディスプレイの様子

細かな設定だと、画面を暖色にしてくれる機能や、ホワイトバランスを自由に調整できる機能、文字を大きくしたり太字にしたり、フォントを変えたりなどができるほか、「エッジパネル」という、よく使うアプリを登録しておいて画面横からスッと引き出せる機能もあります。

リフレッシュレートは、上位モデルと同じく120Hzに対応しているので、ハイエンドのような滑らかなスクロールで操作する事ができます。

デザインは、背面はザラザラした質感のプラスチック素材が使われいて、指紋はぜんぜん目立ちません。

Galaxy A52 5Gの背面デザイン

カメラ部分は「Galaxy S21」と比べるとスタイリッシュさは劣りますが、その他はほとんど「Galaxy S21」と変わらなくて、本体横の金属部分も黒光ってて、高級感があってカッコいいです。

本体重量は188gで、持った印象はかなりズシッとしているので、両手で操作する前提だと思います。

Galaxy A52 5G の便利機能

テザリング
おサイフケータイ
ワンセグ:フルセグ
ハイレゾ
ワイヤレス充電
イヤホンジャック
Bluetooth
防水:防塵 IP68
耐衝撃
スピーカー ステレオスピーカー
生体認証 顔認証センサー
指紋認証センサー

便利機能では、おサイフケータイ、IP68の防水・防塵には対応していますが、ワンセグフルセグ、ワイヤレス充電には対応していません。

スピーカーは、画面の上下にスピーカーがあるステレオスタイプで、ドルビーアトモスにも対応していて音質もかなりいいです。

比較しても上位モデルの「Galaxy S21」とほとんど変わらなくて、イコライザーや、年齢によって聞こえやすい音にするなどの細かな設定も一緒なので使いやすいと思います。

ただし、生体認証は「Galaxy S21」と明らかに違っていて、顔認証はS21よりもワンテンポから2テンポ遅いし、指紋認証の精度もかなり落ちています。

Galaxy A52 5Gの指紋認証の様子

顔認証はまあ、これが1秒2秒遅いからなんだって感じなんですけど、問題は指紋認証で、Galaxyの画面内認証はただでさえ反応があまり良くないのに精度はかなり落ちていて、野外だと平気で2、3回連続でロック解除に失敗する事もあり、精度は本当に悪いと感じました。

1日使っていると平気で2、3回は認証に失敗するので、「指紋認証の精度はすごく大事だよ!」人には絶対おすすめしません。

Galaxy A52 5G の電池もち

Galaxy A52 5G の電池もち

「Galaxy A52 5G」の電池容量は4,500mAhで、かなり大きめのバッテリーを搭載していますが、意外と電池もちは良くないです。

試しに、充電して100%の状態から、

  • You Tube
  • ゲーム
  • ネット検索
  • 音楽

を2時間ずつ使ってみましたが、26時間経過した時点で残量は27%になっていました。

アプリを8時間使っても1日以上は電池がもっているので「電池もちが悪い」というわけではありませんが、大容量バッテリーを搭載しているから電池もちはいいんでしょって感じ買っちゃうと後悔すると思います。

ちなみに、これはリフレッシュレート120Hzで試してみたんですけど、60Hzに下げてもほとんど変化はありませんでした。

電池もちを気にして60Hzにするのは、単に快適性をそこなっているだけって事なので、割り切って120Hzで快適に使いましょう。

Galaxy A52 5G のAntutuベンチマークスコア

  • Galaxy A52 5G のAntutuベンチマークスコア

    Antutu 9.0.12

  • Galaxy A52 5G のGeekbenchベンチマークスコア

    Geekbench 5.4.1

  • Galaxy A52 5G のGeekbenchベンチマークスコア

    Geekbench 5.4.1

これは、実際に計測した「Galaxy A52 5G」のベンチマークスコアですが、

  • Antutu 9.0.12:385,555
  • Geekbench 5.4.1:シングル 644 / マルチ 1,883
  • Geekbench Compute:1,317

になりました。

ネット検索やTwitter、LINEなどの普段使いでは問題なく快適に操作できますが、ハイエンドの半分くらいのスコアしかないので、ゲームは多少モッサリしたりカクついたりする場面があると思います。

くろねこ
ベンチマークスコアはスマホの処理能力を数値化した点数です

Galaxy A52 5G のカメラ性能

Galaxy A52 5Gの背面カメラの様子

「Galaxy A52 5G」のアウトカメラは、

  1. 広角
  2. 超広角
  3. マクロ

の3つのカメラと、深度カメラっていう構成になっていて、

撮影モードには、

  • ファン
  • シングルテイク
  • 写真
  • 動画
  • その他

があり、その他のところに「ナイトモード」や「ポートレートモード」などがあります。

Galaxy A52 5G のカメラで撮影した風景

※クリックで拡大できます

実際に撮影してみましたが、昼間の写真はかなり綺麗にとる事ができました。

カラーバランスは現実に近い色合いになっていて、見たまんまに近い写真が撮れます。

Galaxy A52 5G のカメラで撮影した風景

超広角カメラ

Galaxy A52 5G のカメラで撮影したマクロ

マクロ撮影

※クリックで拡大できます

超広角も、歪みとかはほとんどなく綺麗に撮れますね。

マクロ撮影は、最上位のウルトラは被写体に近づくだけでマクロ撮影に切り替えてくれましたが、「Galaxy A52 5G」は毎回マクロ撮影モードに切り替えなければならないっていうひと手間はあるものの、画質はかなり綺麗です。

Galaxy A52 5G のカメラで撮影した風景

通常撮影

Galaxy A52 5G のカメラで撮影した風景

2倍ズーム

Galaxy A52 5G のカメラで撮影した風景

10倍ズーム

※クリックで拡大できます

望遠は、ワンタッチで2倍、そのあとは10倍までできますが、デジタルズームなのでズームすればするほど画質は荒くなります。

実用的なレベルは2倍くらいまでですかね。

Galaxy A52 5G のカメラで撮影した夜景

Galaxy A52 5G のカメラで撮影した夜景

Galaxy A52

Galaxy S21 5G のカメラで撮影した夜景

Galaxy S21

※クリックで拡大できます

夜の撮影は、さすがGalaxyって感じの超高画質な写真が撮れました。

上位モデルの「Galaxy S21」とは味付けが違って、「Galaxy S21」は現実よりもグッと明るさをプラスしてライトのふわっとした雰囲気も伝わってくるような写真なんですけど、「Galaxy A52 5G」は現実よりも若干暗くて、その分パリッとした印象の調整になっています。

どっちも高画質なので好みのレベルですが、白飛びだけで言えば「Galaxy A52 5G」のほうがしっかりと抑えられていて細部まで撮れていました。

ハイエンドと変わらない画質と言ってしまってもいいと思います。

Galaxy A52 5G のカメラで撮影したピザ

Galaxy A52 5G のカメラで撮影したパイ

※クリックで拡大できます

料理の写真は、専用の食事モードっていう撮影モードがあって、普段の撮影よりも明るさと鮮やかさをプラスして美味しそうに撮る事ができます。

Galaxyの食事モードは、かなり素材の色を鮮やかにする印象がありますが、この機種は単純に明るさだけをプラスしたような調整になっていて、鮮やかさは控えめになっていました。

店内が薄暗いお店でもこれだけ明るく撮影してくれるので、かなり使いやすいと思います。

Galaxy A52 5G のカメラで撮影したポートレート

Galaxy A52 5G のカメラで撮影したポートレート

※クリックで拡大できます

ポートレートも深度カメラを搭載しているだけあって、物にも対応していて高画質な写真が撮れました。

8段階の美肌補正も同時に設定できるので、使いやすいですね。

Galaxy A52 5G の評価と感想まとめ

人気     ★★★★☆
処理能力   ★★★☆☆
写真性能   ★★★☆☆
動画性能   ★★★☆☆
電池持ち   ★★★☆☆
画面の綺麗さ ★★★☆☆
価格の安さ  ★★★★☆

ココがおすすめ

  • カメラ性能が良い
  • 120Hzで滑らかな画面
  • スピーカー性能が良い
  • イヤホンジャックとSDカードが使える

ココがいまいち

  • 望遠カメラがない
  • 電池持ちが良くない
  • 指紋認証の精度が悪い
  • 動画が「フルHD30fps」以外まともに撮れない

-docomo(ドコモ), docomo(ドコモ)2021年夏モデルまとめ, スマホ評価レビュー
-, , , ,

© 2021 おすすめスマホを徹底比較レビュー!くろねこのみみ