大手4キャリアの対応バンド(対応周波数帯)一覧表

docomo(ドコモ) SIMフリースマホ

大手4キャリアの対応バンド(対応周波数帯)一覧表

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルで使われいる対応バンド(対応周波数帯)の一覧表です。

くろねこ
これからSIMフリースマホを買おうとしている人は、自分が持っているSIMの電波に購入予定のスマホが対応しているかを確認してから購入して下さいね!

ドコモが使っている電波の周波数帯

4G LTE 2.0GHz帯 B1
1.7GHz帯 B3
800MHz帯(プラチナバンド) B19
1.5GHz帯 B21
700MHz帯(プラチナバンド) B28
3.5GHz帯 B42
5G 3.7GHz帯(Sub6) n78
4.5GHz帯(Sub6) n79
28GHz帯(ミリ波) n257

ドコモSIMやドコモ系の格安SIMを使っている人がSIMフリースマホを購入する際に確認しておきたい対応バンドは、

  • B1
  • B3
  • B19

の3つ。

ドコモが使っている電波の周波数帯は他にもありますが、上記の3つのバンドだけつかめれば基本的には問題なく使用できます。

もちろん全てのバンドをつかめるスマホを購入したほうが電波の繋がりやすさは上がりますが、基本的にB28はドコモで販売しているスマホの中でもハイエンドモデルのみが対応、B21とB42はミドルスペック以上のスマホが対応しているバンドであり、主に使われているB1、B3、B19を補完する役割として使われているため、そこまで気にする必要はありません。

くろねこ
ドコモで販売されているスマホでも、スタンダードモデルはB1、B3、B19にしか対応していない機種がたくさんあります

5Gは、現在普及している電波のほとんどがSub6と呼ばれるn78、n79なので、5Gスマホを購入する場合にはn78、n79に対応しているかを確認しておきましょう。

n257(ミリ波)は電波の届く範囲が狭く、障害物の影響を受けやいという特徴があり、普及したとしてもイベント会場やスポーツ観戦時に使われる性質の電波であり、環境が整うのも2、3年後と言われているので、今は無視してしまっても問題ありません。

auが使っている電波の周波数帯

4G LTE 2.0GHz帯 B1
1.7GHz帯 B3
1.5GHz帯 B11
800MHz帯(プラチナバンド) B18
800MHz帯(プラチナバンド) B26
2.5GHz帯 B41
3.5GHz帯 B42
5G 700MHz帯 ※転用5G n28
3.7GHz帯(Sub6) n77
4.5GHz帯(Sub6) n78
28GHz帯(ミリ波) n257

auSIMやau系の格安SIMを使っている人がSIMフリースマホを購入する際に確認しておきたい対応バンドは、

  • B1
  • B3
  • B18
  • B26

の4つ。

ただし、B26はB18を内包しているので、800MHz帯のプラチナバンドはB18かB26のどちらかに対応していれば問題なく利用できます。

もちろん全てのバンドをつかめるスマホを購入したほうが電波の繋がりやすさは上がりますが、基本的にB11とB41はauで販売しているスマホの中でもハイエンドモデルのみが対応していて、主に使われているB1、B3、B18を補完する役割として使われているため、そこまで気にする必要はありません。

5Gは、現在普及している電波のほとんどがSub6と呼ばれるn77、n78なので、5Gスマホを購入する場合にはn77、n78に対応しているかを確認しておきましょう。

n28は、4Gの電波を5Gに転用(なんちゃって5G)したバンドであり、つながったとしても4Gと同じ速度になる点に注意。

n257(ミリ波)は電波の届く範囲が狭く、障害物の影響を受けやいという特徴があり、普及したとしてもイベント会場やスポーツ観戦時に使われる性質の電波であり、環境が整うのも2、3年後と言われているので、今は無視してしまっても問題ありません。

ソフトバンクが使っている電波の周波数帯

4G LTE 2.0GHz帯 B1
1.7GHz帯 B3
900MHz帯(プラチナバンド) B8
1.5GHz帯 B11
700MHz帯(プラチナバンド) B28
3.5GHz帯 B42
5G 1.7GHz帯 ※転用5G n3
700MHz帯 ※転用5G n28
3.7GHz帯(Sub6) n77
28GHz帯(ミリ波) n257

ソフトバンクSIMやソフトバンク系の格安SIMを使っている人がSIMフリースマホを購入する際に確認しておきたい対応バンドは、

  • B1
  • B3
  • B8

の3つ。

ソフトバンクが使っている電波の周波数帯は他にもありますが、上記の3つのバンドだけつかめれば基本的には問題なく使用できます。

もちろん全てのバンドをつかめるスマホを購入したほうが電波の繋がりやすさは上がりますが、B11とB42はソフトバンクが販売しているスマホの中でもハイエンドモデルが対応しているバンドであり、主に使われているB1、B3、B8を補完する役割として使われているため、そこまで気にする必要はありません。

5Gは、現在普及している電波のほとんどがSub6と呼ばれるn77なので、5Gスマホを購入する場合にはn77に対応しているかを確認しておきましょう。

n3、n28は4Gの電波を5Gに転用(なんちゃって5G)したバンドであり、つながったとしても4Gと同じ速度になる点に注意。

n257(ミリ波)は電波の届く範囲が狭く、障害物の影響を受けやいという特徴があり、普及したとしてもイベント会場やスポーツ観戦時に使われる性質の電波であり、環境が整うのも2、3年後と言われているので、今は無視してしまっても問題ありません。

楽天モバイルが使っている電波の周波数帯

4G LTE 1.7GHz帯(楽天モバイル回線エリア) B3
800MHz帯(パートナー回線エリア) B18
800MHz帯(パートナー回線エリア) B26
5G 3.7GHz帯(Sub6) n77
28GHz帯(ミリ波) n257

楽天モバイルSIMを使っている人がSIMフリースマホを購入する際に確認しておきたい対応バンドは、

  • B3
  • B18
  • B26

の3つ。

ただし、B26はB18を内包しているので、800MHz帯のプラチナバンドはB18かB26のどちらかに対応していれば問題なく利用できます。

5Gは、現在普及している電波のほとんどがSub6と呼ばれるn77なので、5Gスマホを購入する場合にはn77に対応しているかを確認しておきましょう。

n257(ミリ波)は電波の届く範囲が狭く、障害物の影響を受けやいという特徴があり、普及したとしてもイベント会場やスポーツ観戦時に使われる性質の電波であり、環境が整うのも2、3年後と言われているので、今は無視してしまっても問題ありません。

-docomo(ドコモ), SIMフリースマホ
-

© 2021 おすすめスマホを徹底比較レビュー!くろねこのみみ