スマホやキャリア、格安SIMなど、ガジェット系の攻略レビューサイト。

くろねこのみみ


楽天モバイルの評判・メリットとデメリットを徹底解説!

楽天モバイルの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

更新日:

楽天モバイル は、楽天市場や楽天トラベルなどを運営する楽天グループの格安SIMの会社。

ドコモ回線のSIMを取り扱っていて、シェア率が高く、サービスが充実しているのが特徴です。

選べる端末の種類や支払い方法なども充実していて料金も安めなので、バランスがとれていて人気の格安SIMですね。

楽天モバイルの料金プラン

 プラン 通話SIM 050データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
ベーシックプラン 1,250円 645円 525円
3.1GBプラン 1,600円 1,020円 900円
5GBプラン 2,150円 1,570円 1,450円
10GBプラン 2,960円 2,380円 2,260円
20GBプラン 4,750円 4,170円 4,050円
30GBプラン 6,150円 5,520円 5,450円

楽天モバイルの料金プランには、毎月使用したいデータ容量のプランを選び、

・通話SIM
・050データSIM
・データSIM

の3つの中から「契約種別」を選ぶ基本プランと、通話SIMに「楽天でんわ5分かけ放題」のオプションは組み合わせた「コミコミプラン」の、2つのプランがあります。

通話SIM

通話SIMは、「電話番号」がついているSIMの事。

新規申し込みの場合は、通話SIMで申し込む事で「新しい電話番号」が発行され、その番号を使用して通話をする事になります。

乗り換え(MNP)の場合は、現在使用している電話番号をそのまま使用して、楽天モバイルの通話SIMに申し込むという事になります。

データSIM

データSIMは、「電話番号」がついていないSIMの事。

データ通信専用のSIMで、電話番号がないので通話ができないほか、SMS(ショートメールサービス)も使用する事ができません。

050データSIM

楽天モバイルの評価と評判!メリットとデメリットを徹底解説!

050データSIMは、専用アプリを使用する事で通話が可能なデータSIMの事。

データ通信専用のSIMですが、「050」から始まる電話番号が発行されるので通話ができ、SMS(ショートメールサービス)も使用する事ができるのが特徴です。

ただし、通話にはデータ通信とは別に通話料が発生するほか、「050」から始まる電話番号を他社で引き継ぐ事はできないので注意して下さい。

また、乗り換え(MNP)契約で050データSIMを選ぶ事はできません。

スーパーホーダイ

楽天モバイルの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

「スーパーホーダイ」は、

・プランS(2GB) 月額2,980円
・プランM(6GB) 月額3,980円
・プランL(14GB) 月額5,980円

の通話SIMに、通話オプションの「楽天でんわ5分かけ放題」が付いたプラン。

登録&年会費無料の「楽天会員」のユーザーIDを登録する事で、上記の金額から1年間毎月1,000円が割引され、さらに楽天会員ランクがダイヤモンドだった場合はプラス500円の合計1,500円が1年間毎月割引されます。

また、最低利用期間を、

・12ヵ月間
・24ヵ月間
・36ヵ月間

から選ぶ事ができ、選んだ最低利用期間によって同時に購入したスマホ端末の割引金額と契約解除料金が変動。

楽天モバイルの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

最低利用期間36ヵ月を選べば、購入するスマホ端末が20,000円の割引、24ヵ月を選んだ場合は10,000円の割引を受ける事ができ、割引額が端末価格を上回った場合は差額が「楽天スーパーポイント」で支払われます。
※SIMのみの契約の場合は全額が「楽天スーパーポイント」で支払われます。

楽天モバイルの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

最低利用期間が経過した場合の「自動更新」もないので、「楽天でんわ5分かけ放題」に魅力を感じる人にとっては、かなりお得なプランとなるでしょう。

また、「スーパーホーダイ」では、当月のデータ容量を使い切って速度制限状態になったとしても、最大で1Mbpsの通信速度は維持できるという特徴があります。

他社の速度制限が最大300kbps~150kbpsになってしまう事を考えると良心的な設定となっていますね。

新料金プラン「スーパーホーダイ」の詳細はこちら: 楽天モバイル

楽天モバイルの最低利用期間と契約解除料金

楽天モバイルの評判・メリットとデメリットを徹底解説!

楽天モバイルの「スーパーホーダイ」以外のプランの最低利用期間は「通話SIM」にだけ設定されていて、開通月を1ヵ月目として12ヵ月間までに解約したり、他社へ乗り換える場合は9,800円(税抜)の契約解除料金がかかります。

・データSIM
・050データSIM

には最低利用期間はありませんが、キャンペーンと一緒に申し込んだ場合に限り、6ヵ月の最低利用期間が設定される場合があります。

楽天モバイルのメリット

楽天スーパーポイント

楽天モバイルの評価と評判!メリットとデメリットを徹底解説!

楽天モバイルなら、楽天市場や楽天トラベルなどで買い物をした時に貯まる「楽天スーパーポイント」で料金の支払いができます。

また、通話SIMを契約している場合は、楽天市場でのポイントが2倍になります。

楽天でんわかけ放題

楽天モバイルの評価と評判!メリットとデメリットを徹底解説!

楽天モバイルでは、

・でんわかけ放題 月額2,380円
・でんわ5分かけ放題 月額850円

のオプションがあり、専用アプリから通話する事で「でんわかけ放題」にする事ができます。

高速通信ON/OFF

楽天モバイルの評価と評判!メリットとデメリットを徹底解説!

楽天モバイルでは、アプリで簡単に高速通信ON/OFFの切り替えをする事ができ、ツイッターやLINEなど、高速通信でなくても快適に使用できるものは高速通信をOFFにする事でデータ通信量を節約する事ができます。

余ったデータ容量は翌月に繰り越せる

楽天モバイルの評価と評判!メリットとデメリットを徹底解説!

余ったデータ容量は上限なく、翌月まで繰り越す事が可能です。

速度制限がない

楽天モバイルの評価と評判!メリットとデメリットを徹底解説!

楽天モバイルには全プランで速度制限がないので、当月のデータ容量を使い切るまで高速通信を行えます。

クレジットカードがなくても契約できる

楽天モバイルの評価と評判!メリットとデメリットを徹底解説!

楽天モバイルは、クレジットカードがなくても申し込みができる数少ない格安SIMのひとつ。

料金の支払い方法には、

・クレジットカード
・デビットカード
・口座振替
・楽天スーパーポイント

の4種類があり、好きな支払い方法を選ぶ事ができます。

楽天モバイルのデメリット

通信速度の安定性

通信会社 下り実行速度平均
au 37.96Mbps
UQモバイル 34.16Mbps
ドコモ 13.44Mbps
ワイモバイル 6.7Mbps
IIJmio(タイプA) 2.21Mbps
LINEモバイル 1.77Mbps
楽天モバイル 1.33Mbps
IIJmio(タイプD) 0.83Mbps
DMM mobile 0.7Mbps
エキサイトモバイル 0.7Mbps
BIGLOBE SIM 0.62Mbps
イオンモバイル 0.59Mbps
mineo(Dプラン) 0.58Mbps
mineo(Aプラン) 0.19Mbps

詳細ページ

これは、2017年3月29日にまったく同じ条件で計測した、ランチタイムの混雑する時間帯の東京都千代田区のデータで、主要な格安SIMの通信速度を比較したものです。

初めて実測値を見た人はビックリするかもしれませんが、上記の計測は都内のビジネス街のランチタイムというかなり極端な例なので、この状況で1Mbps以上のスピードが出ていれば格安SIMとしては優秀。

楽天モバイルの通信速度は、格安SIMの中では平均的なレベルなので、人が多い場所でのランチタイムやゴールデンタイムでの通信速度は速いとは言えないでしょう。

ただし、極端に混雑する状況でない限りは、大手キャリアと格安SIMの会社とで通信速度に体感できるほどの差はありません。

専用メールアドレスがない

楽天モバイルの評価と評判!メリットとデメリットを徹底解説!

楽天モバイルには「○○○○@rakuten.ne.jp」のようなメールアドレスはなく、新規申し込みをしたからといってメールアドレスが割り振られる事はありません。

メールを受信する事はできるので、GmailやYahoo!メールなどで代用する事になります。

データシェアプランが不便

楽天モバイルの評価と評判!メリットとデメリットを徹底解説!

楽天モバイルには、翌月に繰り越されたデータ容量を月額利用料100(税抜)で指定した楽天モバイル契約者と分け合う「データシェアプラン」がありますが、前月に余ったデータ容量の繰り越し分だけで、当月に未使用のデータ容量を分け合えるわけではないので注意して下さい。

Wi-Fiスポットの利用が有料

UQモバイルの評判・メリットとデメリットを徹底解説!

全国に63,000ヶ所以上あるWi-Fiスポットを利用するには、月額362円のオプション「楽天モバイルWiFi by エコネクト」に加入する必要があります。

ドコモ端末はテザリング不可

楽天モバイルの評価と評判!メリットとデメリットを徹底解説!

楽天モバイルは、ドコモ回線を使用した格安SIMですが、ドコモで購入したスマホ端末はSIMロック解除をしたとしても楽天モバイルで「テザリング」を使用する事はできない場合が多く、楽天モバイルは公式で「ご利用いただけません」と発表しています。

SIMフリースマホを購入するか、楽天モバイルでスマホを購入した場合に限り、端末が対応していれば「テザリング」を使用する事ができます。

楽天モバイル おすすめスマホランキング

1位 HUAWEI P10

楽天モバイルの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

HUAWEI P10の月額料金
プラン 通話SIM
3.1GBプラン 5GBプラン 10GBプラン
基本料金 1,600円 2,150円 2,960円
端末代金 2,871円 2,871円 2,871円
月額料金 4,471円 5,021円 5,831円

「HUAWEI P10」は、SIMフリーのスマホの中ではトップレベルの性能を誇るハイスペックスマホ。

処理能力やカメラ性能では「Galaxy S8」や「Xperia XZ Premium」にも引けを取りません。

最新の3Dゲームや処理の多いアプリを起動する人であっても快適に動作するスマホとなっているので、「格安SIMでも高性能なスマホを使いたい」という人におすすめ。

格安SIMで取り扱う端末としては本体価格が高めではあるものの、価格に見合った性能と言えるでしょう。

2位 HUAWEI P10 lite

楽天モバイルの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

HUAWEI P10 liteの月額料金
プラン 通話SIM
3.1GBプラン 5GBプラン 10GBプラン
基本料金 1,600円 2,150円 2,960円
端末代金 1,349円 1,349円 1,349円
月額料金 2,949円 3,499円 4,309円

「HUAWEI P10 lite」は、性能と価格のバランスのとれたミドルスペックスマホ。

「HUAWEI P10」からスペックと価格を落としたモデルとなっています。

処理能力は一定水準以上なので、最新ゲームや処理の多いアプリを起動する習慣のある人でも問題なく使用できるでしょう。

お手頃な価格で性能も良いので、かなり人気のモデルとなっています。

3位 HUAWEI nova lite

楽天モバイルの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

HUAWEI nova liteの月額料金
プラン 通話SIM
3.1GBプラン 5GBプラン 10GBプラン
基本料金 1,600円 2,150円 2,960円
端末代金 981円 981円 981円
月額料金 2,581円 3,131円 3,941円

「HUAWEI nova lite」は、コストパフォーマンス重視型のスマホ。

本体価格が2万円前後と圧倒的に安価なモデルながら、処理能力は一定水準以上なので、最新ゲームや処理の多いアプリも十分に楽しむ事ができます。

できるだけ価格は安いほうが良いけれど、平均レベルの処理能力はほしいという人におすすめ。

コストパフォーマンスはSIMフリースマホの中ではトップレベルと言えるでしょう。

楽天モバイルのキャンペーンまとめ

月額基本料が1ヶ月無料

楽天モバイルの口コミや評判・メリットとデメリットを徹底解説!

楽天モバイルでは、「コミコミプラン」以外のプランを新規に申し込む事で、月額基本料が1ヶ月無料になるキャンペーンを行っています。

楽天モバイルの評価と感想

楽天モバイルの「コミコミプラン」は本当にお得なのか計算してみました

楽天モバイル の最大の特徴は、楽天グループを利用する際のポイント還元がお得になるところ。

楽天モバイルを使っているだけで「楽天市場」のポイントが2倍になったり、楽天スーパーポイントで携帯料金が支払えたりなど、グループ企業ならではのサービスがたくさんあり便利です。

格安SIMでのシェア率もトップクラスで、取り扱い機種も多く、クレジットカードがなくても契約できるところも人気の理由でしょう。

楽天モバイルを利用しているだけで「楽天スーパーポイント」の還元率がかなり上がるので、普段から「楽天市場」や「楽天トラベル」など、楽天グループで買い物をする習慣のある人には間違いなく1番おすすめの格安SIMです。

楽天モバイルの評判と口コミ情報【随時更新】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「くろねこのみみ」をフォローしよう!

-楽天モバイル
-,

Copyright© くろねこのみみ , 2017 All Rights Reserved.