au 2018年夏モデル docomo(ドコモ)2018年夏モデル ソフトバンク 2018年夏モデル

【実機検証】「Xperia XZ2」のAntutuベンチマークスコアと発熱テスト

投稿日:

2018年夏モデルとしてドコモ、au、ソフトバンクから発売された「Xperia XZ2」のベンチマークを、

  • Antutu
  • Geekbench

の2つのベンチマークアプリで計測してみました。

「Xperia XZ2」はQualcomm(クアルコム)のCPU「Snapdragon 845」を搭載した機種となっていて、発売後に実機で計測しているので、「Xperia XZ2」のベンチマークスコアが気になる人は参考にしてみて下さい。

「Xperia XZ2」のAntutuベンチマークスコア詳細

Antutuベンチマークスコアの見方
CPU スマホの処理能力。基本的にこの数値が高いほどサクサク動きます。
GPU ゲームや動画、グラフィックなどの画像描写の性能。CPUスコアが高くてもこの数値が低いと画面がカクカクしやすいです。
UX UX(ユーザーエクスペリエンス)は、データのセキュリティや画像処理など、操作性の高さを表すスコア。
MEM RAMやROMなど、情報を書き込んだり記録されている情報を読み出したりする性能。

【実機検証】「Xperia XZ2」のAntutuベンチマークスコアと発熱・ゲームテスト

Xperia XZ2」の Antutu 7.0.8 でのベンチマークスコアは260,031。

かなり高い処理能力ですね。特にGPUのスコアが高く、ゲームに向いている機種だという事がわかります。

他メーカーの「Snapdragon 845」搭載機種と比べてもほとんどスコアが変わらない事から、端末のほうでパフォーマンスを抑える事もなく、しっかりと「Snapdragon 845」の性能を引き出せていると思います。

また、ベンチマーク後のバッテリー温度は41度まで上昇しました。

CPUパフォーマンスとバッテリー温度

CPUパフォーマンス

バッテリー温度

※クリックで拡大できます

これは、「Xperia XZ2」に大きな負荷をかけ続けてパフォーマンスの安定性を計測する「ストレステスト」を行った際のCPUパフォーマンスとバッテリー温度をグラフ化したもの。

CPUパフォーマンスはバッテリー温度が低い最初のほうは100%になる事もありましたが、温度が上がるに連れ40~70%の間で推移するという結果になりました。これは発熱を抑える為だと思われ、他の「Snapdragon 845」搭載機種も同じような計測結果になっています。

15分間の温度測定では、計測開始から徐々に温度が上昇していき、6分30秒くらいで40度に到達。その後は43度程度まで上がったものの、それ以上は温度が上昇する気配を見せず終了となりました。

普段使用している分にはそこまで温度が上がる事もありませんが、3Dゲームや最新の負荷の多いゲームを長時間プレイする場合には43度くらいまでバッテリー温度が上昇するので注意ですね。

「Xperia XZ2」のGeek benchベンチマークスコア詳細

【実機検証】「Xperia XZ2」のAntutuベンチマークスコアと発熱・ゲームテスト

Xperia XZ2」の Geekbench 4.2.3 でのベンチマークスコアは、

  • シングル 2,339/マルチ 8,312

となっていて、こちらも他メーカーの「Snapdragon 845」搭載機種と比べてもほとんど変わりはありませんでした。

PUBGモバイルで動作テスト

【実機検証】「Xperia XZ2」のAntutuベンチマークスコアと発熱・ゲームテスト

最後に最新3Dゲームで有名な「PUBGモバイル」の最高画質設定でプレイしてみましたが、たま~に一瞬カクつく事がありますが、基本的にはサクサク快適にプレイする事ができます。

グラフィック設定は、

  • クオリティ:HDR
  • フレーム設定:ウルトラ
  • アンチエイリアス:有効
  • グラフィックの自動調整:無効

です。

さすがに、最新3Dゲームの最高画質設定になるとバッテリー温度は40度前後になりますが、止まったりする事もなくプレイし続ける事ができました。処理能力はかなり優秀ですね。

-au 2018年夏モデル, docomo(ドコモ)2018年夏モデル, ソフトバンク 2018年夏モデル

Copyright© おすすめスマホを徹底比較レビュー!くろねこのみみ , 2018 All Rights Reserved.