ソフトバンク「Android One S5」を2018年12月21日に発売!本体価格は30,720円から

Source by softbank

ソフトバンク 2018-2019年冬春モデル

ソフトバンク「Android One S5」を2018年12月21日に発売!本体価格は30,720円から

ソフトバンクがAndroid One S5(アンドロイド ワン エスファイブ)を2018年12月21日(金)に発売すると発表しました。

本体価格は30,720円。

製造しているのは国内メーカーのシャープで、「Snapdragon 450」を搭載したスタンダードモデルスマホという事になります。

Android One S5 のカラーバリエーション

「Android One S5」のカラーバリエーションは、

  • クールシルバー
  • ダークブルー
  • ローズピンク

の3色です。

クールシルバー
ソフトバンク「Android One S5」を発表!スペックと価格を抑えたスタンダードモデルがシャープから

ダークブルー
ソフトバンク「Android One S5」を発表!スペックと価格を抑えたスタンダードモデルがシャープから

ローズピンク
ソフトバンク「Android One S5」を発表!スペックと価格を抑えたスタンダードモデルがシャープから

Android One S5 のスペック詳細

Android One S5 のスペック詳細
CPU Snapdragon 450
外側カメラ 約1,200万画素
内側カメラ 約800万画素
ディスプレイ 約5.5インチ フルHD+(2,160×1,080)
RAM / ROM 3GB / 32GB
SDカード microSDXC(最大512GB)
電池容量 2,700mAh
連続待受(LTE) 約650時間
高さ×幅×厚さ 約148x71x8.4(mm)
重量 約149g

CPUは低価格スマホでは主流の「Snapdragon 450」で、RAMは3GB。

アウトカメラは約1,200万画素、インカメラは約800万画素という事で、ほぼ先日シャープから発売になった「AQUOS sense2」と同スペックになっています。

評判の良いインカメラの新機能「AQUOS beauty」も搭載され、防水/防塵にも対応と、かなり使いやすいスタンダードモデルに仕上がっていますね。

ただし、Android Oneシリーズになった事で生体認証の「指紋認証」と「顔認証」、おサイフケータイは非搭載となっているので注意。

最大の特徴は、省エネ効果の高い「IGZO液晶ディスプレイ」が採用されている事で、現在発売されているスマホの中でもトップレベルの電池持ちになっています。

Android One S5 の発売日と本体価格

新規/機種変更/乗り換え(MNP)
本体価格 30,720円
(1,280円×24)
月月割 -14,400円
(-600円×24)
実質負担金 16,320円
(680円×24)

※上記の価格は2018年12月現在の金額です。時期によって本体価格と割引金額は変動するので注意して下さい。

「Android One S5」の発売日は2018年12月21日(金)で、本体価格は30,720円(税込)

月月割」の割引が適用されるのは、機種変更で現在利用中の旧プランを継続した場合のみ。その他のプランでは、端末代金の支払いを48回払いにして「半額サポート for android」を適用させる事で、25カ月目以降の機種変更時に最大で半額にする事ができます。

ただし、「半額サポート for android」が適用されるのは次回機種変更をした場合のみで、その場合も購入した「Android One S5」の本体は回収されるので注意して下さい。

 

【公式サイト】で最新情報をチェック

 ドコモ公式オンラインショップ

 ⇒au公式オンラインショップ

 ソフトバンク公式オンラインショップ

-ソフトバンク 2018-2019年冬春モデル
-

Copyright© おすすめスマホを徹底比較レビュー!くろねこのみみ , 2019 All Rights Reserved.