ソフトバンク「機種変更先取りプログラム」は必要?デメリットと注意点を解説

Source by softbank

ソフトバンクの料金プランやサービス

ソフトバンク「機種変更先取りプログラム」は必要?デメリットと注意点を解説

更新日:

「機種変更先取りプログラム」は、月額300円を支払う事で24ヵ月の割賦支払い終了を待たずに機種変更をする事ができるオプションサービス。

端末の購入時にしか申し込みができない為、「損はしないのか」や「デメリットはないのか」など、心配になる人も多いと思うので、「機種変更先取りプログラム」の特徴やデメリット、注意点について詳しく解説していきます。

「機種変更先取りプログラム」の概要

ソフトバンク「機種変更先取りプログラム」は必要?デメリットと注意点を解説

「機種変更先取りプログラム」は、月額300円を最大48ヵ月間支払う事で、18ヵ月以上使用したスマホ端末を機種変更した場合に、最大で7ヵ月分の機種代金が実質無料になるという割引サービス。

また、前倒し手数料2,000円を支払う事で、13ヵ月目から機種変更をする事も可能となっています。

「機種変更先取りプログラム」の利用料金と申込み方法

「機種変更先取りプログラム」の利用料金は月額300円で、携帯端末の購入時にのみ加入が可能。

また、申し込みは

のみとなっていて、機種変更時に特典を利用しなかった場合には全額が返金されます。

「機種変更先取りプログラム」の適用条件

「機種変更先取りプログラム」に加入し、実際に適用させる為には、

  • 旧機種を正常な状態で回収
  • 携帯電話代金の未払いがないこと
  • 12ヵ月以上同一機種を利用して、13か月目以降に新たな機種に機種変更すること

という条件があり、さらに機種変更後も、

のいずれかに継続加入するという条件を満たしている必要があります。

特に、故障や水濡れ、画面割れなどがある機種の場合には「機種変更先取りプログラム」を適用させる事ができないので注意して下さい。

「機種変更先取りプログラム」の適用例

13カ月目に機種変更して特典を利用した場合

13カ月目に機種変更して「機種変更先取りプログラム」の特典を利用した場合は、

  • 前倒し手数料2,000円を支払う
  • 13~18ヶ月目の機種代金は「月月割」の適用なしで支払う
  • 19~25ヶ月目の機種代金は請求も来るが同じ金額の割引も行われ実質0円となる
  • 19~25ヶ月目の機種代金を一括清算はできない
  • 旧機種は回収される

となります。

19カ月目以降に機種変更して特典を利用した場合

19カ月目以降に機種変更して「機種変更先取りプログラム」の特典を利用した場合は、

  • 残りの機種代金は請求も来るが同じ金額の割引も行われ実質0円となる
  • 残りの機種代金を一括清算はできない
  • 旧機種は回収される

となります。

下取りプログラムとの違い

ソフトバンク「機種変更先取りプログラム」は必要?デメリットと注意点を解説

「機種変更先取りプログラム」と「下取りプログラム」との違いは、

  • 月額300円がかかる
  • 機種購入直後から下取り価格が保証されている

という点です。

ただし、「機種変更先取りプログラム」に加入したとしても、機種変更時に下取り価格のほうが高かった場合には「下取りプログラム」を適用させる事ができ、「機種変更先取りプログラム」の月額料金は返金されるので、ユーザーが損をする事はありません。

「機種変更先取りプログラム」のデメリットと注意点

半額サポート for iPhone/Androidの対象機種に注意

ソフトバンクには「機種変更先取りプログラム」と同じようなサービスで、さらに条件が優遇された

の2つのサービスがあります。

「半額サポート for iPhone/Android」の対象機種を確認して、対象外の機種を購入する場合に限り「機種変更先取りプログラム」への加入を検討して下さい。

乗り換えや解約時には最大14,400円が無駄になる

「機種変更先取りプログラム」の月額料金300円×利用月数(最大48ヵ月)は、乗り換えや解約をする場合には無駄になります。

故障端末は回収できない

小さなキズなどは問題ありませんが、電源が入らなかったり画面割れなどがある機種は「機種変更先取りプログラム」を適用させる事ができません。

返金は利用料金から差し引かれる

「機種変更先取りプログラム」の月額料金300円×利用月数(最大48ヵ月)は、「機種変更先取りプログラム」を適用させなかった場合には返金されますが、返金方法は利用料金から差し引く(相殺)方法となります。

「機種変更先取りプログラム」は加入するべきか

ソフトバンク「機種変更先取りプログラム」は必要?デメリットと注意点を解説

「機種変更先取りプログラム」は、2年を待たずに機種変更をしたい人用のオプションサービス。

月額料金がかかる為に「損をする事があるんじゃないか」と思われがちですが、

  • 料金は最大で14,400円(300円×48ヵ月)
  • 利用しなかった場合は全額返金

という特徴があり、前倒し手数料2,000円を支払ったとしても損をしない仕組みになっているので、これからもソフトバンクを利用し続け、2年以内の機種変更を繰り返す人にはメリットのあるオプションサービスです。

逆に、乗り換えや解約を視野に入れた利用をする人は最大で14,400円損をする可能性があるので注意。

また、携帯端末をお得に購入しようと思ったら、24ヵ月間以上使用して「月月割」の恩恵を最大限受けるというのが賢い選択になってくるので、1度購入したら2年以上携帯端末を使用するという習慣のある人にとっては必要のない割引サービスとなるでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でくろねこのみみをフォローしよう!

-ソフトバンクの料金プランやサービス

Copyright© くろねこのみみ , 2018 All Rights Reserved.