スマホやキャリア、格安SIMなど、ガジェット系の攻略レビューサイト。

くろねこのみみ


iPhone6sの評価!気になるスペックや価格・評判をレビュー!

au docomo(ドコモ) softbank(ソフトバンク)

iPhone6sの評価!気になるスペックや価格・評判をレビュー!

更新日:

ついにiPhone6sが発売になりました。

今年は中国でも同時に発売されたので、大きな混乱はない印象。
さすがに発売直後に在庫を抱えているような店舗はないと思いますが、予想どおりローズゴールドは一瞬でも店舗に在庫として存在する事無く、予約待ち状態となっています。

今回はiPhone6sの発売に伴い、ベンチマークスコアなども判明してきましたので、改めて機能やスペックなどをレビューしてみたいと思います。

iPhone6sのスペックとカラーバリエーション

iPhone6sの評価!気になるスペックや価格・評判をレビュー!photo by Apple.com

iPhone6sのカラーバリエーションは4色でシルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドです。

噂どおりの新色ローズゴールドが追加されました。見た目もかわいくて女性を中心に人気色となりそうですね。

iPhone6sのスペック詳細

iPhone6sのスペック詳細
CPU Apple A9
外側カメラ画素数 約1,200万画素
内側カメラ画素数 約500万画素
ディスプレイ 約4.7インチ HD(1,334×750)
RAM 2GB
ROM 32GB・128GB
SDカード 未対応
電池容量 1,715mAh
連続通話時間(LTE) 約840分
連続待受時間(LTE) 約240時間
通信速度(最大) キャリアに依存
高さ×幅×厚さ 138.3×67.1×7.1(mm)
重量 約143g

事前情報ではトリプルコアという噂もあったCPUですが、解析でデュアルコアという事が確定しました。

Appleの発表では、処理能力は「iPhone6」に搭載されているCPUの「Apple A8」と比べて70%、GPUは90%も向上したという事。

カメラ機能は画素数では低いものの、Appleの最先端技術によって最高レベルの写真を撮る事が可能。
カメラのベンチマークサイト「DxOMark」では82スコアをマークして、2015年夏モデルでは「Galaxy S6」や「Xperia Z5」の87スコアに次ぐ3番目の性能という事になりました。

ディスプレイの解像度は1,334×750という事で、フルHDに対応するんじゃないかと噂されていただけに残念な部分。
電池容量は解析で1715mAhという事が確定しました。

iPhoneユーザーが待ち望んだRAMは「iPhone6」の倍の2GBになったので、より快適にアプリなどの操作ができるようになります。

iPhone6の1GBでは、アプリ操作中に強制終了してしまう場面がけっこうありましたからね。

iPhone6sの機能&サービス

スペックや処理能力ではかなり高評価の「iPhone6s」ですが、機能面となると日本メーカーのandroidスマホに比べてできない事が多いので注意して下さい。

「iPhone6s」は世界基準なので、

・ワンセグ/フルセグ
・おサイフケータイ
・防水・防塵

の機能はありません。

特に、今現在「おサイフケータイ」を使用している人は「iPhone6s」にすると使用できなくなるので注意ですね。

iPhone6sのベンチマークスコア

iPhone6sの評価!気になるスペックや価格・評判をレビュー!photo by antutu.com

これは、ベンチマークスコアでは有名な「antutu」が発表した、スマホのベンチマークテストの結果です。

「iPhone6s」のベンチマークテストの結果は133,781となっており、2015年の発表直後はぶっちぎりの性能であった事がわかります。

これだけの性能であれば、今後2年以上「iPhone6s」を使用する前提で購入しても、スペックで困る事はないでしょう。

現状で発表されている3Dゲームやアプリなどもサクサク動くと思うので、ストレスを感じる事もないと思われます。

iPhone6とiPhone6sとの比較

iPhone6 iPhone6s
CPU Apple A8 Apple A9
外側カメラ画素数 約800万画素 約1,200万画素
内側カメラ画素数 約120万画素 約500万画素
ディスプレイ 約4.7インチ HD(1,334×750) 約4.7インチ HD(1,334×750)
RAM 1GB 2GB
ROM 32GB・128GB 32GB・128GB
SDカード 未対応 未対応
電池容量 1,810mAh 1,715mAh
連続通話時間(LTE) 約840分 約840分
連続待受時間(LTE) 約240時間 約240時間
通信速度(最大) キャリアに依存 キャリアに依存
高さ×幅×厚さ 138.1×67×6.9(mm) 138.3×67.1×7.1(mm)
重量 約129g 約143g

比較表を見て、数値での違いでわかりやすく向上しているのはカメラ機能とRAMです。

また、コア数は同じですが、CPUもiPhone6と比べると80%程度処理能力が向上。

デザインに関しては、見た目はほとんど同じですが、iPhone6sのほうがちょっとだけ大きく、14g重くなっているんですね。

電池容量は「iPhone6」よりも「iPhone6s」のほうが100mAh程度減っていますが、Appleは電池持ちに違いないと発表しています。

iPhone6sの価格

iPhone6sの評価!気になるスペックや価格・評判をレビュー!photo by Apple.com

「iPhone6s」の本体価格は、

・32GB  :61,800円(税別)
・128GB:72,800円(税別)

です。
※2016年9月現在

大手キャリアで契約する場合は、この価格に「○○割」という割引が入りますので、実質の負担金額は2~3万円程度の場合が多いです。

iPhone6sのカメラ性能

iPhone6sの評価!気になるスペックや価格・評判をレビュー!photo by Apple.com

今ではスマホの重要な機能となった「カメラ」。

あまり使わないから処理性能はそこまで求めていないけど、カメラ性能はできるだけ良いほうがいいって人もけっこういますよね。

ここでは、そんなカメラの性能や特徴などをまとめたいと思います。

iPhone6sのカメラ性能の評価

iPhone6sの評価!気になるスペックや価格・評判をレビュー!photo by dxomark.com

「iPhone6s」のカメラ性能は、カメラのベンチマークサイト「DxOMark」で82スコアをマーク。

これは、2015年夏モデルでは「Galaxy S6」や「Xperia Z5」の87スコアに次ぐ3番目の性能という事になります。

他機種と比べ画素数が大幅に少ないカメラですが、最先端のセンサー、新しい画像処理プロセッサ、先進的なピクセルテクノロジーなど、Apple独自の技術で、他機種にも引けを取らないカメラ性能を実現。

このあたりは、さすがAppleってとこでしょうか。

Live Photos

iPhone7の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「iPhone6s」のカメラ機能の代表的なひとつである「Live Photos(ライブフォト)」。

このLive Photosは、あらかじめ「LIVEモード」を選択しておけば、通常の写真を撮影する時と同じようにシャッターを切るだけで、撮影した瞬間の前後約1.5秒を動画としてサウンドと共に撮影できるというもの。

撮った写真はロック画面などにも設定できるので、いつでも撮った時の瞬間を楽しむ事ができます。

4K動画撮影

iPhone6sの評価!気になるスペックや価格・評判をレビュー!photo by Apple.com

「iPhone6s」のカメラでは4K動画を撮影する事ができます。

4Kっていうのは解像度の事で、フルHDと呼ばれているもので解像度が1,920×1,080、4Kはその倍なので3,840×2,160の解像度という事。

つまり、すっごいキレイな画質の動画が撮影できるという事なんですね。

ただし、現状フルHDにも対応していない「iPhone6s」のディスプレイで、4Kのキレイな動画は楽しめないので注意して下さい。再生はできますけどね・・・。

タイムラプス撮影

「iPhone6s」のカメラでは「タイムラプス撮影」にも対応。

「タイムラプス撮影」というのは、長時間の動画を短時間に縮小して再生する動画の事。

景色の良い場所に「iPhone6s」を固定して「タイムラプス撮影」する事で、ドラマのワンシーンのような動画を撮影する事が可能です。

スローモーション撮影

「iPhone6s」のカメラでは「スローモーション撮影」をする事もできます。

素早く過ぎ去っていくようなものを撮影して、スローモーション再生するとかなり面白い動画になったりしますよね。

iPhone6sの特徴

iPhone6sの評価!気になるスペックや価格・評判をレビュー!photo by Apple.com

スマホにはスペックだけでなく各メーカーの特徴もあり、そのメーカーにしかない機能やこだわりなどもあったりします。

スペックや性能面にそこまでこだわりがない人は、こういった特徴で機種を選ぶのも良いかもしれませんね。

指の圧力を認識する「3D Touch」

iPhone6sの評価!気になるスペックや価格・評判をレビュー!

 

AppleはiPhoneの操作性が劇的に便利になる「3D Touch」を発表、「iPhone6s」に搭載しました。

「3D Touch」とは、通常の操作に加え、指を画面に押し込む事でさらに「押し込み」を認識、操作をより簡単にできるというものです。

クイックアクション

iPhone6sの評価!気になるスペックや価格・評判をレビュー!photo by Apple.com

「iPhone6s」にはアイコンを押し込む事によって候補が表示される「クイックアクション」機能が搭載されています。

メッセージアイコンを軽く押すと新規のメッセージが候補として表示されすぐに読む事ができたり、地図アイコンを押すと自宅への経路という候補がすぐに表示されたりなど、できるだけタップする回数が少なくなるように設計されているんですね。

Touch ID

iPhone6sの評価!気になるスペックや価格・評判をレビュー!photo by Apple.com

「iPhone6s」には「Touch ID(タッチ アイディー)」といわれる指紋認証機能があります。

あらかじめ自分の指紋を登録しておくだけで、ロック画面からの復帰が一瞬で可能になります。

純正イヤホン「EarPods」とUSB電源アダプタが同梱

iPhone6sの評価!気になるスペックや価格・評判をレビュー!photo by Apple.com

「iPhone6s」には純正イヤホン「EarPods」とUSB電源アダプタが同梱されます。

androidスマホの場合は、純正イヤホンどころか電源アダプタさえも同梱されない事が多いですから、「iPhone6s」ならでは特徴ですね。

iPhone6sのフィルムやカバーなどの関連商品

iPhone6sの評価!気になるスペックや価格・評判をレビュー!photo by Apple.com

世界では第2位のシェア率である「iPhone」も日本では人気ナンバー1スマホ。

日本でのiPhoneシェア率は7割にもおよび、フィルムやカバーなどの関連商品はダントツで1番多いです。

・フィルムカバー
・ガラスフィルムカバー
・スマホカバー
・手帳型スマホカバー

など、お洒落なケースやフィルムが自由に選べて、自分好みのスマホにカスタマイズできるというのも「iPhone」の魅力の一つとなっているので参考にしてみて下さい。

最後に

iPhone6sの評価!気になるスペックや価格・評判をレビュー!photo by Apple.com

一時期のようにiPhoneの性能やカメラが飛び抜けて良いという時代は終わりましたが、それでもまだまだ人気ナンバー1機種である事に変わりはありません。

性能やカメラ機能はトップレベルで、しかも日本の場合はキャリアがiPhoneを優遇している為、価格が同時期発売のandroidスマホに比べると安いというのも魅力ですよね。

フィルムやカバーなどの関連商品もかなり豊富ですし、今後2年以上使う事を想定しても「iPhone6s」であれば後悔する事はないでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「くろねこのみみ」をフォローしよう!

-au, docomo(ドコモ), softbank(ソフトバンク)

Copyright© くろねこのみみ , 2017 AllRights Reserved.